スキル

チャンスを掴む人の特徴と今日からすべきこと

あなたは「自分にはチャンスが来ない。人生が思い通りにいかない。」と悩んではいませんか?

周りを見渡すと、みんながチャンスを手に入れて、幸せな人生を送っているように見えることもありますよね。

しかし、実際は、誰にだってチャンスは訪れます。ただ、当人が気づいていないだけなのです。

この記事では、あなたの元に舞い込んでくるチャンスの存在に気づき、それを掴むための方法をご紹介します。チャンスを逃さないためにも、最後まで読んでいただけると幸いです。

誰にでも訪れるチャンスとは

誰でも人生の中で何度かチャンスが訪れます。あなたも今までの人生で「これはチャンスだ!」と思った瞬間があることでしょう。

例えば、小学生の時、先生が問題を出題して「この問題わかる人?」と尋ねることがありますよね。それが、たまたま分かる問題だった時がチャンスです。「はい!」と手をあげてハキハキと解答すれば、先生やクラスメイトへのアピールに成功、つまりチャンスを掴んだことになります。

チャンスを逃してしまう人も多い

大小あるかもしれませんが、誰でも今までの人生で何かしらチャンスに遭遇しているはずです。しかし、「自分にはチャンスが掴めない」と思い込んでいる方もいますよね。

確かに、チャンスが舞い込んできたとしても、そのチャンスを掴んで成功を手に入れられる人は多くはありません。ほとんどの人は、まるでクジでハズレを引くようにチャンスを逃してしまっています。

チャンスを掴むために意識しておくべきこと

舞い込んできたチャンスを確実に掴める人になるには、一体どうすれば良いのでしょうか。ここからは、目の前にきたチャンスを掴むために意識しておくべきことを紹介します。

目標や将来の夢を考えておく

まずは、チャンスが来た時にすぐに掴めるよう、自分の目標や将来の夢を何となくでも考えておくのがポイントです。すると、自分の目標を達成するため、あるいは将来の夢を実現するためのチャンスが舞い込んできたときに、ここぞとばかりに手を伸ばすことができます。

例えば、Webデザイナーの仕事に憧れているAさんがいるとします。Aさんは、ただの憧れで終わらせるのではなく、3年以内にはWebデザイナーに転職したいと目標を定めました。

このようなAさんが何となくTwitterを眺めていたら、「半年でWebデザインを学べる」と謳うオンラインスクールの広告が目に飛び込んできました。Aさんなら「これはチャンスだ!」とばかりにオンラインスクールに申込み、半年後にWebデザイナーとしてデビューすることができるでしょう。

この場合、Aさんがただ何となくWebデザイナーに憧れていただけなら、Webデザインを学べるスクールの広告が表示されても、「半年で学べるのか、いいなぁ」としか思わなかったでしょう。

しかし、「3年以内にWEBデザイナーになる」と明確な目標を設定していれば、舞い込んできた機会をチャンスだと捉えることができるのです。

心に余裕を持つ

仕事や家事に忙しすぎて、目の前に現れたチャンスに気づけない人も多いです。そこで、チャンスに気付くためには、心に余裕を持つことも重要になってきます。

先ほどのAさんも、仕事が忙し過ぎていっぱいいっぱいの毎日を過ごしていたら、Twitterを見ることも、目標に近づくためのオンラインスクールの広告に気付くこともなかったでしょう。

そもそもチャンスとは?

「チャンスを掴め!」「チャンスを逃すな!」とよく言われますが、そもそもチャンスとは一体何なのでしょうか。「チャンス」は日本語の「好機」と同じ意味で使われますが、当然ながら「チャンス」も「好機」も目に見えるものではありません。

つまり、目の前に現れた「事象・現象」をチャンスと気付けるか、気付けないかが運命の分かれ道になります。

チャンスと思えたら、それはチャンス

「チャンス」というのは実に曖昧な表現で、自分の前に現れた「事象・現象」をチャンスと捉えられれば、それは「チャンス」となります。逆に、どんな「事象・現象」も「チャンス」と思うことができなければ、一生チャンスに巡り合うことはできないでしょう。

例えば、TwitterやFacebookにたびたび表示される広告を見て、「へぇ、こんな商品があるんだ!今度出かけたら探してみよう」と思えれば、良い商品と出会うチャンスを得られたことになります。

一方、「広告ウザいな」としか思えなかったら、良い商品と出会うチャンスや、広告からインスピレーションを得るチャンスなど、あらゆるチャンスを逃してしまいます。

チャンスを掴む人の共通点

チャンスをしっかりと掴める人には共通点があります。ここからは、チャンスを掴む人に共通する特徴を5つ紹介します。

失敗しても努力を続ける人

チャンスは、不思議と、努力した人や一生懸命頑張った人に訪れます。例えば、モデルを目指して毎日歩き方やポージングを練習していると、街で「オーディションに出てみない?」とスカウトされることがあるかもしれません。

ただ、オーディションを受けても、残念ながら不合格になってしまうかもしれません。それでも諦めずに努力し続けていれば、それから新たなチャンスが何度も舞い込んできます。

あなたも過去に似たような経験をしたことがあるのではないでしょうか。チャンスには数量制限がないので、あなたが努力しているかぎり何度でも舞い込んでくるのです。チャンスを掴む人は、何度失敗しても諦めずに努力を続けている人とも言えるのです。

気長に待てる人

チャンスは何度もやってくるとはいえ、いつ自分の元へやってくるかはわかりません。1分後かもしれませんし、1年後の可能性だってあります。つまり、自分の前にチャンスが現れるまで、気長に待っていられる人がチャンスを掴めます。

人は誰でも、自分の目標や夢を実現するための手段を見つけようと、焦ったりイラついたりしがちです。そうなると心の余裕がなくなり、せっかく現れたチャンスも逃してしまうことになります。

そのため、「次にチャンスがくるまでいくらでも待つぞ!」と気長に待てる人がチャンスを確実に掴んでいくのです。

何かを犠牲にする覚悟を持っている人

チャンスを掴むためには、何かを犠牲にしなければならないこともあります。まさに、運命の分かれ道ですよね。

例えば、将来海外で起業する夢を持っている会社員であれば、海外で起業するチャンスが舞い込んできた場合、今の会社員の生活を捨てなくてはいけない可能性があるということです。

もちろん、今の仕事をリモートワークに切り替えて海外で仕事しながら起業することだってできるかもしれません。しかし、今の仕事を引きずっていれば思い通りにいかないこともあるでしょう。チャンスを手にする人は、思い切って今の仕事に見切りをつけるなど、必要とあれば何かを犠牲にする覚悟を持っている人です。

誰にでも優しい人

多くのチャンスは人が運んできます。古くからの友人がチャンスを持ってきてくれることもあれば、たまたま職場のエレベーターで一緒になった人がチャンスを掴むきっかけを与えてくれることもあるでしょう。

しかし、人にキツく当たっていては、あなたにチャンスを運んできてくれる人がいなくなってしまいます。そのため、チャンスにめぐり逢いたければ、どんな人に対しても優しく接することが大事です。

感謝の気持ちを持っている人

チャンスを掴める人は日頃から、自分のまわりの人やあらゆる出来事に対して感謝の気持ちを持っています。感謝の気持ちを持てば自分の身の回りに起こる出来事を肯定的に捉えられるようになるので、チャンスに気付けるようにもなるのです。

チャンスを逃してしまう人の特徴

逆に、チャンスをいつも逃してしまう人も存在します。「自分にはチャンスがやってこない…」なんて思っていると、何だか暗い気持ちになってしまいますよね。

そこで、ここからはチャンスを逃してしまう人の特徴を解説しますので、「自分にも当てはまる!」と思った方は意識して改善していきましょう。

マイナス思考になっている人

「なぜか自分にはチャンスがやってこない」、そう悩んでいる方はいませんか?それはもしかすると、せっかく自分の前にやってきたチャンスに気づけていない可能性があります。

チャンスには色んな種類があります。出世のチャンス・より健康的になれるチャンス・異性にモテるチャンスなど、あらゆるチャンスが自分の近くにやってくるはずです。「どうせ私には関係ない」とマイナス思考になっていると、これらのチャンスを逃してしまうことになります。

失敗を恐れてしまう人

せっかくチャンスがやってきても、「失敗してしまうかもしれない」と恐れていてはチャンスを掴まずに終わってしまいます。いわゆる守りに入ってしまうタイプです。リスクを最小限に抑えるには、現状を維持するのが最善でしょう。

今の幸せな生活を維持するために守りに入ることは必ずしも悪いことではありませんが、せっかくのチャンスを全て逃してしまうのはもったいないですよね。

自己管理ができていない人

自己管理ができていない人はチャンスを見失いがちです。自己管理ができていないと、その場しのぎで心に余裕のない状態で毎日を過ごすことになります。そうなると、目の前にきたチャンスに気付くことすらできません。

チャンスを掴むためにやるべきこと

何度もいいますが、チャンスはどんな人の前にも必ず現れます。しかし、そのチャンスを掴んで自分のものにできるかどうかは、あなた次第です。そこで、ここからは、あなたがチャンスを掴める人になるために今すぐやるべきことをご紹介します。

上手くいかなくても諦めない

チャンスはいつやってくるかは分からない、という話を先ほどしました。チャンスはいつ訪れるのかは誰にもわかりません。そこで、いつ来るかわからないチャンスを掴むためには、今できることをしておくことが重要です。

例えば、Bさんは普通の会社員からプログラマーに転職するために80万円かけてスクールに通い始めました。しかし、プログラミング言語を思うように理解できず勉強が進みません。

Bさんは落胆し「80万円も時間も無駄になってしまった」と思い、勉強を止めようとしてしまいます。しかし、「いや、少しずつでもプログラミングができるようになっている!」とプラス思考に切り替え、コツコツと勉強を続けました。

そうこうしているうちに、会社の上司が「新しいシステムを構築したいんだけどなぁ」と話しているのを耳にしたBさん。それならばと立候補したBさんは勉強して得たプログラミングの知識を活かして、会社のプログラマーとしても活躍できるようになりました。

この話は、あながち絵空事とも言えません。Bさんのように、上手くいかない時期を乗り越えて努力し続けているうちにチャンスが舞い込んでくることは珍しいことではないからです。上手くいかない時期が続いても、諦めずにコツコツと頑張ることは本当に大事なことなのです。

自分の目標や夢を明確にしておく

チャンスはいつやってくるか分からないので、チャンスを確実に掴むためにも自分のスキルを高めておくと良いでしょう。しかし、具体的にどんなスキルを身に付けたら良いか分からない方もいらっしゃいますよね。

そんな時は、まずは、自分の目標や夢を明確にしましょう。その目標や夢を実現するためにどんなスキルが必要なのかが分かれば、自然と今やるべきことが見えてくるはずです。それでも分からなければ、YouTubeで目標や夢を検索してみましょう。

例えば、プログラマーになりたい方なら「プログラマーに必要なスキル」といった動画を試聴すると、身に付けておくべきスキルがわかります。

リスクを覚悟しておく

チャンスは自分にとって良いタイミングでやってくるとは限りません。悪いタイミングでやってくることもあります。先ほど、チャンスを掴み取る人はリスクを覚悟しているというお話をしましたが、実際のところ、リスクを取らなければチャンスを掴めないことはままあります。

積極的にリスクをとることで、舞い込んできたチャンスを得られることもあるということを覚えておいてください。

チャンスを掴もう!

チャンスは、いつどんな形で自分の元へ舞い込んでくるかは分かりません。とはいえ、チャンスは必ず訪れます。しかし、上手く掴めるかどうかはあなた次第です。

あらゆるチャンスを見逃さないためにも、今回ご紹介したチャンスを掴む方法を参考に、自分が今できることを考えてみてください。目標や夢の実現のために一生懸命頑張っていれば、必ずチャンスは訪れます。

来るべきチャンスに備えて、コツコツと努力を続けていきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。