物販

ネットショップが手軽に開設できるBASE!手数料はいくらかかる?

BASEは、初期費用無料でネットショップが開設できる人気のサービスです。ただし、ネットショップで商品を販売した際には、手数料が発生します。

この記事では、BASEを利用する際にかかる手数料のことを中心に、BASEを使ったネットショップ開設について説明していますので、ネットショップを始めてみたいという方は、是非参考にしてください。

無料でネットショップが開設できる「BASE」

BASEを利用すると、ネットショップが無料で開設できます。初期費用がかからないだけでなく、月額費用も無料です。

ネットショップを文字通り開設するだけなら費用がかからないので、興味がある人は、会員登録から始めてみてください。

参考:BASE

最初から使えるBASEの機能

ネットショップの基本的な機能は、会員登録を済ませれば、無料ですぐに使えます。例えば、商品をショップに登録して販売すること、受注処理、決済処理といったものです。ただし、決済の際には、後でご説明するように手数料が発生します

無料で追加できる機能も豊富

最初から使える機能に含まれていない機能については、Appsを導入することで拡張していくことができます。例えば、納品書のダウンロード、CSVによる商品管理、顧客とのメッセージのやり取り、メールマガジンの配信、クーポンの作成といったものです。

商品管理や顧客管理を楽にするものや、販売促進活動に役立つものなど、数多くのAppsが無料で利用できます。一部有料のAppsもありますが、ほとんどが無料なので、費用の心配をすることなく、機能を追加していくことができます。

参考:BASE Appsのページ

BASEの手数料等の仕組み

無料でネットショップを開設することができるBASEですが、全く費用がかからないわけではありません。商品が売れると手数料が発生することになります。ここでは、BESEの手数料等の仕組みについて見ておきます。

BASEの決済方法「BASEかんたん決済」を利用した際の料金

BASEでネットショップを開設する際には、「BASEかんたん決済」を利用することを求められます。BASEかんたん決済というのは、BASEで利用できる決済方法の総称です。

具体的には、クレジットカード、銀行振込のほか、コンビニ決済、携帯会社のキャリア決済、PayPal(Webからのみ)、後払いの6通りの決済方法が利用できます。BASEかんたん決済以外の決済方法を取ることは禁止されています。

そして、BASEかんたん決済を利用すると手数料が発生します。「BASEかんたん決済手数料」「サービス利用料」の2つです。

BASEかんたん決済手数料は、1回の注文の決済について3.6%+40円です。サービス利用料は、同じく1回の注文の決済について3.0%です。

売上金の振込時にかかる料金

BASEでかかる料金は、もう一つあります。BASEで売上金を受け取る際には、振込申請を行うのですが、この際に振込手数料が250円かかります。

また事務手数料も500円かかります。ただし、事務手数料は申請額が2万円以上の場合は無料です。なお、振込申請は、振込可能額が751円以上から可能で、最大100万円まで申請できます。

BASEの手数料の計算例と注意点

上記を踏まえて、以下ではBASEで商品が売れた場合に、いくらくらいの手数料がかかるのか計算してみます。その際の注意点として、先ほどは「1回の注文の決済について」と書きましたが、これには送料も含みます。

そして、計算の方法ですが、BASEかんたん決済手数料とサービス利用料は双方とも、送料込みの合計金額に規定のパーセントを掛けて計算するので、手数料の計算の際には両者を区別する必要がありません。つまり、双方を合わせた6.6%に、かんたん決済の際に加算される40円と足せばいいということになります。以下では、これに従って計算します。

送料込み600円の商品が売れた場合

まず送料込み600円の商品が売れた場合を計算してみます。

600×0.066+40が計算式となります。計算した結果は79.6となります。小数点以下は四捨五入なので、手数料合計は80円です。

送料込み1,800円の商品が売れた場合

次は、3倍の送料込み1,800円の商品が売れた場合です。

同様に計算式は、1800×0.066+40となります。計算結果は158.8となりますから、四捨五入して手数料合計は159円です。

送料込み6,000円の商品が売れた場合

次は、最初の10倍の送料込み6,000円の商品が売れた場合です。

計算式は、6000×0.066+40となります。計算結果は436となります。小数点以下の端数は出ていないので、そのまま手数料合計は436円となります。

送料込み12,000円の商品が売れた場合

最後は、最初の20倍の送料込み12,000円の商品が売れた場合です。

計算式は、12000×0.066+40となります。計算結果は832となり、手数料合計は832円となります。

低額の商品では、BASEの手数料は割高になる

同じような計算を繰り返して何が言いたかったのかというと、低額の商品では手数料が高くつくということです。

先ほどの例で、600円の商品の手数料は80円ですから、約13.3%の手数料です。上で挙げた例について逐一計算することはしませんが、最後に計算した12,000円の商品の場合の手数料832円は、率に直すと約6.9%です。

つまり商品の送料込みの価格が上がるほど、手数料は割安になります。なぜこうなるかというと、BASEかんたん決済手数料のうち、40円分は商品の値段にかかわらず一律に加算されるからです。

したがって、低額の商品を多く販売する場合は、BASEよりも、後でご紹介するSTORESのようなサービスを利用した方が手数料を安くできる可能性があります。

BASEの手数料は、その都度差し引かれる

BASEの場合、お客様からの入金は一度BASEに預けられて管理されます。したがって、手数料は、その都度差し引き計算されます。別途手数料を請求されることはありません。

ただし、既に書いたように、振込申請時には、振込手数料と事務手数料が別途かかります。

他のサービスとの比較【ハンドメイド商品を売る場合】

BASEのようなサービスを利用したいと思っている人の中には、自分で作ったハンドメイドの商品を売りたいという人もいらっしゃるでしょう。

ハンドメイド商品を売る場合には、BASEのようなサービスを使ってネットショップを立ち上げる方法の他に、ハンドメイド商品を専門的に扱っている既存のサイトに出品するという方法もあります。

ハンドメイド商品を専門的に扱っているサイトの代表的なものに「minne(ミンネ)」「Creema(クリーマ)」があります。BASEと商品販売にかかる費用を比較すると、以下のようになります。

比較してみると、BASEの手数料が安めに設定されていることが分かります。

ネットショップ開設サービス「STORES」との比較

先ほど比較した「minne(ミンネ)」や「Creema(クリーマ)」はハンドメイド商品に特化したサービスでしたが、BASEと同じように様々な商品を販売できるネットショップの開設をサポートするサービスは他にもあります。

この記事の最後は、BASEと並んでネットショップ開設サービスとして有名な「STORES」との比較を行います。

毎月の固定費となる「月額料金」

BASEの月額料金は無料です。ただし、無料で使用する場合は、ショップにBASEのロゴが表示されます。このロゴを消したい場合には、月額500円でAppを購入する必要があります。

これは、いわゆる月額料金そのものではありませんが、ロゴを消して使いたい場合は、月々500円の固定費が発生することになります。

これに対して、STORESには、無料のプランと有料のプランがあります。「フリープラン」は、月額料金無料です。「スタンダードプラン」の場合は、月額料金1,980円です(初月無料)。STORESの場合も、フリープランではショップにSTORESのロゴが表示されます。スタンダードプランでは表示されません。

売上があった場合に発生する手数料

BASEの場合は、既にご説明した通り、BASEかんたん決済手数料とサービス利用料を合わせて6.6%+40円となります。

STORESの場合は、フリープランの場合は、決済手数料5%が発生します。スタンダードプランの場合は、3.6%です。なお、決済方法として、Amazon Payまたは代金引換を利用する場合、Amazonや顧客との直接のやり取りになるため、STORESには決済手数料を支払いません。

また売上金を受け取る際には、BASEでは振込手数料が250円と事務手数料500円がかかります。ただし事務手数料は2万円以上の場合は無料です。STORESの場合は、振込手数料が275円、事務手数料が275円かかります。

ショップの印象を左右する「テンプレート」

BASEもSTORESも、無料で使えるテンプレートが用意されていますから、ネットショップ開設が始めての人でも、手軽にショップのページが作成できます。

STORESは最初から48種類の豊富なテンプレートが使えますが、BASEは「DESIGN MARKET」でテーマを購入することができます。

参考:BASE DESIGN MARKET

「独自ドメイン」を使用する際の料金

ショップのURLを好きなものに変更する、独自ドメインの利用については、BASEもSTORESも特に料金は発生しません

ただし、STORESで独自ドメインを使用するためには、スタンダードプランの契約が必要になります。なお、BASEで独自ドメインを導入する際には、Appを無料インストールする必要があります。

集客・販売促進に効果的な「メールマガジン」

BASEもSTORESもメールマガジンの配信ができます。BASEでは、Appのインストールが必要です。STORESの場合、フリープランでもスタンダードプランでも配信可能です。

違いとしては、BASEは、購入経験がありメルマガの配信を希望している人への一斉送信になります。配信先を細かく指定することができません。

STORESは、購入者全員に送る以外にも、1か月以内に購入した人とか、リピート購入している人、ストア会員登録をしているが未購入の人といったように、配信する相手を限定して配信することができます。

問い合わせ対応の手間を省く「FAQ作成」

FAQを作成しておくと、問い合わせ対応の手間が省けますし、お客様にとっても便利です。しかし、BASEには、FAQを作成する機能がありません。

STORESには、FAQのページを作成する機能があります。フリープラン・スタンダードプランの双方で利用できます。

テンプレートのデザイン変更の可否

テンプレートのデザインを変更することができると、ショップの個性を演出できます。BASEでもSTORESでもデザインの変更が可能です。

BASEでは、HTML編集Appをインストールします。Appを使用するには、ある程度のHTMLなどの知識が必要です。

STORESでは、HTMLなどの知識がなくても編集ができるデザイン拡張機能が用意されています。この機能も、フリープラン・スタンダードプランの双方で利用できます。

何種類の商品を販売できるか「アイテム登録数」

アイテム登録数とは、ショップに何点まで商品を登録できるかを意味します。BASEもSTORESもアイテム登録数に制限はありません。STORESのフリープランでも、アイテム登録数は無制限です。

購入者が選べる「決済方法」の種類

BASEについては既に解説済みですが、クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済などの6通りの決済方法が利用可能です。

STORESは、クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込決済、キャリア決済、PayPal決済、翌月後払い決済(Paidy)、楽天ペイ、代引き、Amazon Payが可能です。ただし、代引きとAmazon Payについては、スタンダードプランで契約した場合のみ可能です。

STORESの方が、若干選択肢が増えることになります。

商品情報の「CSV一括管理」

CSVというのは、エクセルなどで開ける互換性が高いファイル形式です。CSVによるデータ管理ができると、事務手続にかかる手間を大幅に少なくできます。商品点数が多くなれば、是非欲しい機能となります。

CSVファイルについては、BASEではAppを利用することで可能になります。STORESでも、フリープラン・スタンダードプランにかかわらず、CSVファイルによる商品管理が可能です。

売上金の振込のタイミング

売上金の振込のタイミングも、BASEとSTORESは違います。BASEについては、既にご説明した通り、振込申請が必要になります。振込申請をしてから、土日祝日を除いた10営業日で振込がなされます。

STORESについては、月末締めの翌月払いで振込がなされます。特に申請は必要ありませんが、決済手数料・振込手数料を差し引いた後の入金金額が1万円以上であることが条件になります。ただし、振込設定の変更で、1万円未満でも振込みが可能になります。

入金が待てない事情がある場合には、BASEの場合、「お急ぎ振り込み」という機能があります。振込申請時に選択することで、最短翌営業日に振込みがなされます。振込申請金額の1.5%の手数料がかかります。

STORESの場合は、「スピードキャッシュ」というサービスがあります。このサービスを利用すると、翌日には振込みがなされます(翌日が休祝日の場合は翌々日)。フリープランの場合は3.5%、スタンダードプランの場合は1.5%の手数料がかかります。初回は手数料無料です。

まとめ

無料でネットショップが開設できるBASEについて、手数料などを中心に解説してきました。

ネットショップの開設をサポートしてくれるサービスにも色々ありますが、手軽に始めたい人にとっては、BASEは便利なサービスで、最初に検討すべきものとなります。

この記事でもご説明したように、初期費用は無料ですから、とりあえずチャレンジしてみても損はありません。ネットで売りたいものがある人は、BASEの利用を検討してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。