スキル

独自ドメインを取得出来る業者を比較!取得の際の基本的な知識

無料ブログを卒業して、WordPressのようなレンタルサーバーと独自ドメインが必要なブログを運用していく事を決意した人にとって、最初の大きな問題が、独自ドメインをどうするかです。

独自ドメインを選ぶ際に、基本的な知識が無いとしっかり比較する事は出来ません。この記事では、独自ドメインの基本的な知識をおさらいして、ドメイン取得サービスを比較します。

Contents

独自ドメインを取得する際に気をつけなければならない事とは?

独自ドメインを取得する際に、いくつか気をつけなければならない事があります。最初のステップでつまずいてしまわない為にもしっかりと目を通しておいて下さい。

独自ドメインって何?

独自ドメインとは、一言でいうとインターネット上の住所となるものです。一般的にレンタルサーバーはインターネット上の土地、独自ドメインは住所と比喩される事が多いですが、これは的確な例えです。

独自ドメインはサイトのURLの中に含まれます。独自ドメインを取得する事で、ホームページやネットショップ等のサイトのURL部分をブランディング出来ます。

中古のドメインを取得する事も出来ますし、新品のドメインを取得する事も出来ますが、やはり商品や店名、あなたの名前等、あなたの活動と関係したものを採用するのがいいでしょう。

中古のドメインを取得する際には、以前どのような運用の仕方をされていたかによって、検索エンジンからの信頼度が違ってくるので注意です。以前の運用が適切な物であれば、検索エンジンから信用されているので取得してすぐに新規で取得するより評価の高い状態となっている事もあります。

しかし、以前の運用の仕方が悪いと、マイナススタートとなる事もあります。中古ドメインを取得する際には、メリットにもデメリットにもなるという事を覚えておいて下さい。

「.com」や、「.jp」のようなよく見るドメインは、トップレベルドメインと呼ばれています。

トップレベルドメインには、分野別や国別に割り当てられていて、分野別のトップレベルドメインの事を「gTLD」と呼びます。国別のトップレベルドメインは「ccTLD」です。一応、「.com」は商業組織用、「.net」はネットワーク用等、意味が含まれていますが登録する条件がゆるいので誰でも登録出来ます。

独自ドメインを取得する際にどんな事に気をつけるべき?

独自ドメインは、取得したら一生自分の物になるわけではなく、登録期間が決まっています。更新には更新費用が必要なのです。忘れずに更新しましょう。

更新し忘れてしまうと、ドメインがなくなってしまいます。Whois情報に取得者の情報を記載する事になりますが、代行業者がいるので、抵抗がある場合は代行業者を使いましょう。

独自ドメインを取得する際に注意すべき点

独自ドメインを取得する際に注意しなければならない点をまとめました。

独自ドメインを取得・更新する際には費用がかかる

独自ドメインを取得する際に費用がかかります。毎年の更新のタイミングでも更新料がかかる事に注意しましょう。

独自ドメインを購入する際に、安いからといって飛びつくと危険な場合があります。何故なら、取得時の費用は安くても、更新料が高い場合があるからです。

更新料が高い独自ドメインだからといって、SEOに効果的という事はありません。

年間1000円くらいのドメインが多くあるので、安く済ませたい方はそれくらいの価格帯で選ぶといいでしょう。こだわりがあり、絶対に譲りたくない場合はこだわってみるのもありです。

更新費用が高いドメインでも、年間5000円程なので、払えない金額ではないでしょう。

取得するのに条件があるドメインについて

「co.jp」のように、特定の条件を満たさないと取得出来ない独自ドメインも存在します。

条件があるドメインに関しては、間違えて取得すると剥奪されてしまいます。剥奪されたら再度ドメインを取得しなおさなければならず二度手間になってしまうので、条件を満たしていない場合は、大人しく誰でも取得出来るタイプのドメインを取得しましょう。

独自ドメインにはどんな種類があるの?

独自ドメインには「gTLD」「ccTLD」があるというのはお伝えしましたが、この章ではより深く掘り下げていきましょう。

誰でも取得出来る一般トップレベルドメイン「gTLD」

「gTLD」は、誰でも取得出来る一般のトップレベルドメインです。比較的よく見かける「.com」や「.net」もこの部類に入ります。

一応ドメインごとに、こういう場合はこういうドメインを使いましょうというのが決まっていますが、好きなドメインを選んで大丈夫です。

例えば、本来「.com」というドメインは、コマーシャルを略してcomとなっています。主に商用利用する際に使うのが本来のこのドメインの使い方ですが、趣味のWordPressサイトを作る方が取得する事もあります。

〇〇.comというのがサイト名になっているサイトもよく見かけるくらいキャッチーさがあるドメイン名なので、なんでもいい場合は使ってみるのも良いです。

取得する国が問われる国別コードトップレベルドメイン「ccTLD」

「ccTLD」は、取得する国が問われる国別コードのトップレベルドメインです。「.jp」は誰でも取得出来ますが、「.co.jp」は企業や信用組合等の組織じゃないと取得出来ないので注意が必要です。

「ccTLD」は、誰でも取得出来るドメインも含まれますが、条件が決まっているドメインも多いです。例えば、「.jp」にも条件がありますが、日本に住んでいる方にとってはハードルは低いです。条件が、日本に住所があるという事だからです。

ただし、「.co.jp」となると話は変わってきます。「.co.jp」になると、日本に住所があるだけではダメで、日本に登記のある企業などの組織というのが条件になっています。さらに、「.co.jp」には1つの組織に対して1つしか取得出来ないという制限があります。

このように、「ccTLD」は取得に条件があるものが多いです。

独自ドメインを取得する際に検討すべき事

独自ドメインを取得する際に、検討すべき事をまとめました。

独自ドメインの取得費用と更新費用

すでに説明した通り、独自ドメインを取得する際には取得費用と更新費用が必要です。取得費用と更新費用は別なので、取得する際にあまり費用がかからなかったからといって、更新費用が安いとは限りません。

選択する独自ドメインによって更新費用は違ってくるので、予め確認しておきましょう。無料ブログが一般的になった現在、独自ドメインやレンタルサーバーにわざわざお金を支払う事を馬鹿らしく感てしまう方もいる事でしょう。

無料ブログは、無料で色んな人に使ってもらう事でドメインを強くしていっています。作成したブログに自分達が貼りたい広告を貼って、ユーザーにはブログ利用で使ってもらう一方、広告を出したい会社から宣伝費を受け取ります。

無料ブログを使っている限り、当然ですが、自分の独自ドメインが成長する事はありません。あなたのブログが人気になればなるほど、他人の独自ドメインが成長して、他人が広告費を稼ぎます。

あなたがあなたのブログやサイトで広告費で稼ぎ、独自ドメインを成長させていくには、レンタルサーバーと独自ドメインを用意しなければなりません。

未来への投資だと思って、支払っていきましょう。

取得する独自ドメインの種類をどれにするか

定番のドメインは、ある程度どこでも取得可能ですが、特殊なドメインは取得出来る場所が限られています。特にこだわりがない場合は、定番の独自ドメインで大丈夫です。こだわりがない場合は、更新費用が安い物を選びましょう。

サポートや管理画面が親切かどうか

複数の独自ドメインを管理する際に、管理画面が分かりやすいかどうかは重要なポイントとなります。また、分からない事があった時に親切に素早く対応してもらえるか、サポート面も無視出来ません。

移管出来るかどうか

移管とは、他のドメイン取得サービスで管理していた独自ドメインを、他のドメイン取得サービスに移す事を言います。これに対応しているかどうかは事前に確認しておきましょう。

Whois情報公開代行の手数料が無料かどうか

個人で独自ドメインを取得する場合、Whois情報公開を利用する方が多いです。こちらの代行が無料で対応してもらえるかどうかも重要なポイントです。

日本最大のドメイン販売業者「お名前.com」とは?

独自ドメインを取得した事がある方なら、お名前.comという名前を聞いた事がある方も多いでしょう。お名前.comについてまとめました。

「お名前.com」で独自ドメインを取得するデメリット

お名前.comで独自ドメインを取得する際に、まず気をつけないといけないのは、Whois代理公開を申し込む時にチェックを入れ忘れないようにする事です。これを忘れてしまうと、年間980円がかかり続ける事になってしまいます。

全般的に、おすすめや宣伝が多く、管理画面もゴチャゴチャしているので落ち着かない印象を持つ方もいるでしょう。シンプルな管理画面を希望する方は他のサービスを検討した方がいいです。

「お名前.com」で独自ドメインを取得するメリット

お名前.comは、GMOが運営しています。大手企業が運営しているという安心感はあります。特に、独自ドメインとレンタルサーバーは長年使い続けるものであり、頻繁に変更するようなものではないので、長く付き合える安心感がある所を選ぶべきです。

そういう点では、お名前.comは合格と言えるでしょう。

こちらも有名!「ムームードメイン」

独自ドメインをムームードメインで取得したという方も多い事でしょう。お名前.comと同じくらい有名な会社です。ムームードメインについてまとめました。

以前は、ムームードメインのサイトは古いイメージでした。

しかし、現在はこのように古めかしさはなくなりました。

「ムームードメイン」で独自ドメインを取得するメリット

ムームードメインで独自ドメインを取得するメリットとして、管理画面がシンプルだという事が挙げられます。上述した通り、管理画面の使いやすさは重要です。

お名前.comと同じ、GMOグループの会社、GMOペパボが運営しているので、倒産のリスクも小さい会社と比べると少ないです。全体的にお名前.comよりもシンプルな作りとなっている点もポイントが高いです。

「ムームードメイン」で独自ドメインを取得するデメリット

ムームードメインで独自ドメインを取得するデメリットはほとんどありません。お名前.comの方が、若干安く独自ドメインを取得出来る事が多いですが、お名前.comは宣伝メールが多い等のデメリットもあるので、好き嫌いで選んで大丈夫です。

ブロガーに人気!「エックスドメイン」

WordPressの簡単インストールに対応しているエックスサーバーのドメイン販売サービスがエックスドメインです。エックスサーバーを契約した流れでエックスドメインを使っている方も多いです。

エックスドメインは、エックスサーバーと統合されたので、個別で意識をする事は少ないですが、別々のサービスを使うより、やはりエックスサーバーとセットで契約出来るエックスドメインは相性がいいです。

エックスドメインについてまとめました。

「エックスドメイン」で独自ドメインを取得するメリット

エックスドメインで独自ドメインを取得するメリットは、なんといっても、エックスサーバーとの相性のいい所です。管理画面が使いやすい点もポイントが高く、分かりやすいのが魅力です。

通常、独自ドメインを取得する際には、めんどくさい手続きが必要なのですが、エックスドメインは、エックスサーバーと統合しているので、このめんどくさい手続きがほとんどありません。

「エックスドメイン」で独自ドメインを取得するデメリット

たくさんのドメインの中から選びたい時は、お名前.comやムームードメインに軍配が上がります。変わったドメインを取得したいという場合以外は問題ないので、特にこだわりがない方にとっては気になりません。

まとめ

独自ドメインを取得する際には、しっかりと比較検討をしてからどこで取得するかを決定しましょう。今回の記事をしっかりと読んでおけば、無駄な費用をかける事はなくなります。

ドメインは、あなたのネット上の活動における住所のような役割となるので、しっかり考えて決める事をおすすめします。一度決めるとずっと使い続ける事になるかもしれないので、愛着のわくようなドメインが良いです。

独自ドメインは、検索エンジンからの評価が高くなっていくと、上位表示される要素の1つになります。大切に育てていきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。