物販

おすすめの独自ドメイン取得サービス8選。決める際のポイントも解説

このページでは、独自ドメインを取得するメリットやおすすめの独自ドメイン取得サービスについて解説していきます。企業やお店、個人としてホームページを作成したい方へ向けた記事です。

当記事をご覧になることで、独自ドメインについての理解を深めることができます。ホームページを作成するつもりの方には参考になる内容なので、是非最後までご覧ください。

独自ドメインとは何なのか?

独自ドメインとは、インターネット上にあるオリジナル住所のことです。WEBサイトやブログのアドレス・URLを分かりやすい文字列で表したもののことを言います。

ドメインの構造としては、以下の画像の通りです。

.comや.jpのような最後尾につくものをトップレベルドメイン(TLD)、もしくは第1レベルドメインと呼びます。その前に表示されている部分は第2レベルドメインと呼びます。

第1レベルドメインは選択肢の中から好きなものを選ぶことが可能です。知名度や人気の度合いによって価格は変動します。

第2レベルドメインには自分の好きな文字を入れることが可能です。企業名やサービスの内容を表すものを入れるとわかりやすいでしょう。

すでに誰かに使用されている綴りは選ぶことができません。正真正銘、世界に1つだけの住所ということになります。

トップレベルドメインについて

トップレベルドメインは大きく分けると2つの種類があります。

分野別トップレベルドメイン(gTLD)と国別のコードに割り当てられたトップレベルドメイン(ccTLD)です。例えば、日本のccTLDは「jp」になります。

代表的なトップレベルドメインの一例としては以下の通りです。

トップレベルドメインの種類によって、取得条件や取得金額、見た人からの印象は変わってきます。WEBサイトの利用目的や、ドメイン名の文字列との組み合わせも考慮し、最適なものを選んでいきましょう。

独自ドメインを取得するメリット

次に、独自ドメインを取得するメリットについて解説していきます。無料ドメインと比べた時の大きなメリットとしては、以下の5つです。

1.商用利用が可能
2.サーバーの引越しが手軽にできる
3.サーバー会社が倒産しても問題ない
4.少しだけSEO効果が期待できる
5.ユーザーからの信頼性が高くなる

商用利用が可能

独自ドメインを取得すれば商用利用が可能になります。例えば、WEBサイトにGoogleアドセンスという広告を掲載して収益化することも可能です。

一方で、無料ドメインや無料ブログサービスを利用する場合、商用で使うことが規約で禁止されているケースがあります。規約に違反した場合は、記事やアカウントが削除される恐れがあるので注意が必要です。将来的に、WEBサイトで収益化していきたいと考えているのであれば、独自ドメインを取得しない手はありません。

サーバーの引越しが手軽にできる

独自ドメインを使ってWEBサイトを構築していれば、レンタルサーバーの引越しを手軽に行うことができます。サーバーに不備が生じたり、高品質なサーバーに変更したいと思ったときでも、URLを変える必要はありません。

サーバー会社が倒産しても問題ない

独自ドメインを取得していれば、レンタルサーバーの会社が万が一倒産したとしても問題ありません。サーバーの引越しを簡単に行うことができるからです。大手のサーバーを使っていれば倒産の心配は無いでしょうが、格安のレンタルサーバーを使っている人にとってはちょっとした保険になります。

少しだけSEO効果が期待できる

独自ドメインでサイトを構築すれば、多少のSEO効果を期待できます。シンプルなURLだとクリックされやすいですし、ユーザーに覚えてもらいやすいです。そのため、クリック率の上昇や、指名検索によるアクセスの上昇が期待できます。

また、日本語ドメインは検索された際に太字表示されるので、こちらもクリック率にプラス効果をもたらします。

ユーザーからの信頼性が高くなる

独自ドメインでサイトを構築すると、ユーザーからの信頼性が高くなる傾向にあります。WEBを使ったサービスを展開するときや、会社のWEBサイトを立ち上げる際は必要になりますし、独自ドメインのメールアドレスを作れば、フリーメールよりも信頼性が上がるでしょう。

長期的なメディア運営に独自ドメインは必須なので、商用のWEBサイトを後悔する場合は取得しておくようにしてください。

独自ドメインを決める際のポイント

次に、独自ドメインを決める際のポイントについて解説していきます。独自ドメインを決める際のポイントは、以下の3つになります。

1.会社名と同じにする
2・短くてシンプルなものにする
3.分かりやすいスペルにする

会社名と同じにする

ドメイン名は、会社の印象を左右する重要な要素となります。会社名とドメイン名を同じにすることで、企業のイメージを強く押し出すことが可能です。また、検索された際にも、ユーザーが公式サイトだと認識しやすくなります。

例えば、Yahoo!やGoogleで検索した際、全く関連性のないドメイン名が表示されると訪問者に不安感を与えてしまいます。会社名、もしくは広く認知されている呼び方とドメイン名を同じにすることで、覚えやすくて分かりやすいドメインにすることができます。

短くてシンプルなものにする

独自ドメインは、短くてシンプルなものにしましょう。その方が、ユーザーに覚えてもらいやすいですし、指名検索される機会が触れるからです。

しかし、あまりにも省略しすぎて何か分からないドメイン名にするのはよくありません。WEBサイトで公開するコンテンツの内容とある程度一致し、そのうえでユーザーが不安を感じないドメインであることが重要です。

短くてシンプルなドメインとは、以下の条件を満たすドメインです。

・3文字以上63文字以下
・半角英数字文字 (A~Z・0~9) と半角のハイフン「-」

独自ドメインは単語で取得するのがベストですが、綴りによってはどうしても取得できない場合があります。そうした場合は、意味を分かりやすくするために単語の間でハイフン「-」を使うようにしましょう。ハイフン「-」を上手く使うことで、希望に合うドメインを取得できる可能性があがります。

1つの文字列(単語)で取得できることが理想ですが、どうしても取得できない場合があります。そんなときは意味がわかりやすくなる部分にのみハイフン「-」を使用する方法があります。希望のドメイン名に近いものが取得できる場合があります。

分かりやすいスペルにする

読み方を間違えやすい文字や、見て間違えやすい文字の組み合わせは極力避けるようにします。例えば、「rとl」「oと0」「cとk」「1とl」などです。単語を口頭で伝えたり、手書きで伝える可能性もあるということを考慮して決めるようにしてください。

独自ドメインを取得する際の注意点

では、独自ドメインを取得する際は、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?ここでは、独自ドメインを取得する際の注意点について解説していきます。主な注意点としては以下の通りです。

1.更新が必要になる
2.個人では取得できないドメインがある
3.Whois情報は誰でも閲覧できる

更新が必要になる

独自ドメインは1年ごとに更新が必要になります。更新する際はもちろん費用が発生します。

更新料は取得するドメインの種類によって変わってくるため、購入する前にチェックしておいた方が良いでしょう。購入時に発生するお金は認識しやすいですが、1年ごとに発生する更新料もしっかり計算に入れておいた方が良いです。

個人では取得できないドメインがある

独自ドメインは、種類によって個人では取得できないものが存在します。

例えば、以下のような独自ドメインです。

・co.jp
・or.jp
・ac.jp
・lg.jp

上記の独自ドメインは、企業や教育機関、地方の自治体などの限られた場合でしか取得することができません。仮に、個人が取得してしまうと、後にドメインを奪取されてしまうので注意するようにしましょう。

Whois情報は誰でも閲覧できる

独自ドメインを取得する際、登録者の氏名や住所、連絡先といった「Whois情報」を登録する必要があります。この「Whois情報」は、インターネットで検索すると誰でも閲覧することが可能です。

流出させたくない個人情報がある場合は、Whois情報公開代行サービスを利用するようにしましょう。これは、ドメイン所有者の個人情報に代わって、Whois情報公開代行サービス会社の情報を掲載してくれるというサービスです。企業の場合は、企業情報と連絡先を入力すれば問題ありません。

おすすめの独自ドメイン取得サービス8選

それでは、おすすめの独自ドメイン取得サービスを紹介していきます。サービスによって特徴やキャンペーンが異なるため、比較検討することをオススメします。

1.お名前.com

お名前.comとは、登録数1500万件という実績を持つ国内最大級のドメイン登録サービスです。540種類以上のドメインから、目的に応じて自分に合ったドメインを選びことができます。管理ツールもあるので、セキュリティ対策などのオプションサービスも簡単に設定できます。

2.ムームードメイン

ムームードメインは、シンプルで管理しやすいので初心者におすすめのサービスです。毎月ドメインの割引サービスも実施されているため、タイミング次第では安価でドメインを取得できます。同じ運営会社のレンタルサーバーも安価なので、セットで手軽に利用することが可能です。

3.Star Domain(スタードメイン)

スタードメインとは、「国内最安値に挑戦」のキャッチコピーの通り、ドメインを安価で取得できるサービスです。取得した独自ドメインごとにサーバーを1つ無料で利用することができます。できるだけ費用を抑えてホWEBサイトを立ち上げたい方にオススメです。

4.VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)

バリュードメインは、SSL証明書やメール代行など、豊富な機能が揃っているサービスです。同じ運営会社のレンタルサーバーとの組み合わせ次第では複数のコースを選ぶことができます。自社の用途に応じて利用したい方にはお勧めです。

5.Gonbei Domain(ゴンベエドメイン)

ゴンベエドメインは、世界中の特殊なドメインを取得できるサービスです。日本語のサイトで海外のドメインを取得できるため、珍しいドメインを取得したい方にオススメです。

6.アルファメール

アルファメールは、個人事業主と法人専用のサービスです。レンタルサーバーの運用費に独自ドメインの取得・管理・更新費用が含まれているため、経費を一括管理したい方にはオススメです。

7.Xdomain(エックスドメイン)

エックスドメインとは、独自ドメインを取得することでWordPressが使えるレンタルサーバーも無料で利用できるサービスです。ドメインを取得していない場合でも利用できますが、利用できる機能の容量などが減ります。

8.さくらインターネット

さくらインターネットは、創業20年以上の歴史があるレンタルサーバー会社です。セキュリティ対策がしっかりと行われているので、ドメインとセットで安定的に利用したい方にオススメできます。

まとめ

このページでは、独自ドメインを取得するメリットやおすすめの独自ドメイン取得サービスについて解説してきました。これから自社のWEBサイトを構築するという方は是非参考にしてください。最適な独自ドメインを取得し、ビジネスを更に成長させていきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。