スキル

成果を出すための6つの習慣とは?圧倒的な速さで目標達成する方法も徹底解説!

「成果を出せないのはなぜだろう?」「努力しているのに目標が達成できない…」など、成果を出したい分野でなかなか結果が出ず、悩んでいる人は沢山います。成果を出せない人の中には、「自分には才能がないから」という理由で目標達成することを諦めてしまう人もいます。

確かに努力をしているのに成果が出なければ、挫折してしまいそうになる時もあるでしょう。けれども、「才能がないから成果が出ない」と思い込み、諦めてしまうのはもったいないです。成果を出せるか否かを分けるのは、「才能」ではないからです。

そこで当記事では、成果を出す人と出せない人との違いと、成果を出すための方法を解説します。今成し遂げたいことがある人にとっては役立つ内容なので、是非最後までご覧ください。

「成果を出す人」と「成果を出せない人」の8つの違いとは?

世の中には「成果を出す人」と「成果を出せない人」がいますが、まずはこの両者の違いについて解説していきます。成果を出す人と成果を出せない人との違いは、たったの8つに集約されます。

1.重要視する部分の違い
2.こなしている量の違い
3.仕事のやり方の違い
4.携わる分野の知識量の違い
5.追求していることの違い
6.評価する点の違い
7.学ぶ姿勢の違い
8.捉え方の違い

1つずつ解説していきます。

重要視する部分の違い

成果を出す人はとにかく行動することを重要視します。行動量は質を凌駕することを知っているからです。何をやる時も初めは質が伴いませんが、量をこなしていくことで徐々にクオリティ(質)も上げていきます。

一方で、成果を出せない人は、計画することを重要視します。初めから上手くいかなければいけないと考えているからです。

たとえば、新しいプロジェクトを進めていくときも、計画の会議や資料作成に膨大な時間を費やします。結果として、プロジェクトはなかなか進まず、隣ではどんどん行動していく人が成果を出しているのです。

こなしている量の違い

成果を出す人は大量行動をこなすことができます。とにかく最初は量をこなし、失敗から学ぼうとする姿勢があるためです。サイト運営者で例えると、初めはクオリティの高い記事をかけなくても、100記事、200記事と書いていく内に徐々に質の高い記事を書けるようになっていきます。

一方で、成果を出せない人は最初から「質」に拘り過ぎて量をこなせません。先程のサイト運営の例で言えば、記事をアップする前に何度も見直したり、書き直したりして「完璧な記事」を作ろうとします。

しかし、時間をかけて作った記事でもレベルの高い人から見れば「全然完璧では無い記事」なのです。そうこうしているうちに量をこなせる人は、「質の高い記事」を 書けるようになっています。

仕事のやり方の違い

成果を出す人は、自分の行動を振り返るという習慣があります。なぜなら、行動した結果にこそ成果を出すための鍵が隠されていることを知っているからです。

行動した結果失敗したのなら、改善点を考えます。成功した場合は、成功した要因を考えます。上手くいったことは継続し、失敗したことは排除することで、徐々に自分だけの成功法則を掴んでいきます。

一方で、成果を出せない人は自分の行動を振り返りません。なぜ失敗したのか?なぜ成功したのか?を考えることなく次の一手を打とうとします。結果や経験から学ぶことができないので、同じ失敗を繰り返してしまいます。

携わる分野の知識量の違い

成果を出す人は、自分が携わる分野の知識量が凄まじいです。成果を出すために、必要な知識を常日頃から取り入れているためです。

自分の知らないことは学び、素直に取り入れようとする努力を怠りません。次第に知識や経験が蓄積されていき、大きな成果を上げることにつながっていきます。

一方で、成果を出せない人は、自分が携わる分野での知識が乏しいです。分からないことがあっても知識を得ようとせず、現状維持の状態が続きます。

プライドが高いため、学ぶ機会があっても聞く耳を持ちません。その割に自己評価には敏感で、社内での評価を上げる方法には詳しかったりします。自己評価を上げるためには知識を深め、目に見える成果を上げることが大切です。

追求していることの違い

成果を出す人は、「できる方法」を常に追求しています。何か問題にぶつかっても「解決できる方法は必ずある」を信じている為、あらゆる試行錯誤を繰り返します。その結果、今まで誰もできなかったことを成し遂げてしまいます。

一方で、成果を出せない人は「できない理由」を常に追求しています。自分ができない理由を探し出し、周囲の人を納得させるための言い訳を考えます。結果として状況は好転することなく、「できない状態」が続いていくことになります。

評価する点の違い

成果を出す人は、努力することによって得られた「結果」に対して評価します。結果が「失敗」だった場合は改善策を考え、「成功」だった場合は成功した要因を考えます。結果に集中しているので、日々の努力を惜しみません。

一方で、成果を出せない人は、結果を得るまでの「過程」を評価します。努力していること自体を、評価するということです。

結果が「失敗」だったとしても、「自分はこれだけ努力したんだから」と正当化しようとします。結果に集中できないため、目標を達成するのが難しくなるのです。

学ぶ姿勢の違い

成果を出す人は、自分が知らないことを素直に学ぼうとします。自分が未熟だと思う分野では情報収集を欠かさず、より大きな結果を出すために努力を惜しみません。何かを学ぶ際も、謙虚な姿勢で取り組むことができます。

一方で、成果を出せない人は、人や物事から素直に学ぶことができません。無駄にプライドだけが高く、新しい知識を取り入れることができないのです。

その結果、中途半端な知識しか習得できず、突き抜けた成果を出すことができなくなります。圧倒的な成果を上げるためには、先人からの教えを素直に学ぶ姿勢が大切です。

捉え方の違い

成果を出す人は、物事をシンプルに捉えることができます。何か問題に直面しても単純化させて考えることができるため、すぐに解決策を思いつくのです。

一方で、成果を出せない人は、物事を複雑に捉えようとします。難しく考えるあまり、適切な解説策を思いつくことができません。

物事の本質を捉えきれないため、小手先のテクニックに頼ってしまう傾向もあります。成果を出すためには物事をシンプルに捉え、行動に移しやすくすることが大切です。

成果を出すためにはどうすれば良いのか?

では、実際に成果を出すためにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、成果を出すための方法を3つに厳選して解説します。

成果を出す習慣を取り入れる

成果を出すためには「成果を出すための習慣」を取り入れることです。成果を出すための習慣とは、主に以下の2つになります。

1.優先するべきことを決める
2.作業に時間制限を設ける

まずは、自分が成果を出すために何を最優先しなくてはいけないのかを考えます。優先度の低いものに時間をかけても成果は出ないからです。優先するべきことが決まったら、それをもとにスケジュールを作成しましょう。

また、優先するべき作業に集中する為には時間制限を設けることも大切です。人は追い込まれたときにこそ、本領を発揮できるようになっているからです。

たとえば「夏休みの最後の被で宿題を全部終わらせた」といった話はよく聞きますね。最優先事項に集中して取り組むことで、成果を出せる可能性が格段に上がります。

PDCAを習慣にする

先で述べた通り、成果を出す人は「振り返り」と「改善」を行っています。あなたも成果を出していきたいなら、この2つを取り入れていく必要があるのです。

そこで「PDCA」を習慣にしていきます。PDCAとは、以下の4つの工程を繰り返していくことですね。

P:Plan(計画)
D:Do(実行)
C:Check(見直し)
A:Action(改善)

成果を出せない人は「P→D」で終わっていることが多いので、「C→A」も取り入れるようにしましょう。それを習慣にすることで、あなたの行動の質はアップしていきます。

理想としている人の真似をする

理想としている人の真似をすることで、これまで以上のパフォーマンスを発揮できる可能性が高まります。なぜなら、既に成功している人の思考や行動を取り入れることで、新たな視点を得ることができるからです。

たとえば、理想としている人の仕草や話し方、立ち居振る舞いをそっくりそのまま真似るようにします。対象は、自分が尊敬できる人であれば誰でもOKです。

理想の人を真似することで、今までにはなかった考え方や行動ができるようになり、徐々に自信がついていきます。自信が付けば成功できる可能性も高まるため、理想としている人を真似した方が良いのです。

短期間で成果を出すために取り入れるべき習慣とは?

では、もっと短期間で成果を出すためにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、短期間で成果を出すために取り入れるべき習慣を紹介します。

公私をきっちり分ける

成果を出す人は、公私をキッチリと分けることができます。オンオフの切り替えが上手なので、仕事中も集中することができるわけです。

逆に、公私を分けられない人は、途中で集中力が途切れてしまい、仕事のクオリティが下がってしまいます。仕事で成果を出すためにも、公私を分ける習慣を付けていきましょう。

仕事量と時間に制限を設ける

成果を出すためには、仕事量と時間に制限を設けることも大切です。仕事量が多すぎると1つ1つのクオリティが下がってしまうからです。また、時間があり過ぎても作業の効率が下がってしまいます。

そこで、仕事量と時間に制限を設けることで、限られた仕事を効率良くこなすことができるようになります。「このくらいの仕事量で止めておく」「毎日○時には仕事を引き上げる」というように、制限を作ったうえで仕事に集中していきましょう。

仕事の合格点を下げる

成果を出せない人の特徴として、仕事を完璧にこなそうとする傾向があります。丁寧に仕事をするのは良いことですが、それが理由で仕事のスピードが落ちることもあるでしょう。仕事は効率性が重視されるので、スムーズにこなしていく能力が求められます。

そこで、なかなか仕事が進まないという時は「仕事の合格点」を下げてみましょう。今までは100点に設定していた合格点を80点に引き下げるのです。こうすることで仕事のスピードが上がり、成果を出すために必要な「量」をこなすことが可能になります。

潜在意識を活用する

潜在意識を活用して常に達成したいことを考えるのも重要です。なぜなら、私達が行っているほとんどの行動は潜在意識によるものだからです。

潜在意識を活用する為には、達成したいことを紙に書き出して、常に見えるところに貼っておくとよいでしょう。毎日見ていれば考える癖がついて目標を達成しやすくなります。

メモを取る

何かを常に記憶しておくのはエネルギーを消耗してしまいます。無駄にエネルギーを消耗しないためにも、メモをとる癖をつけましょう。メモをとれば、記憶しなくて済むためエネルギーの消耗を抑えることができます。

成果を出している人は例外なく皆行っているので、今日からでも取り入れてみてください。

マインドブロックを壊す

成果を出せない人は、自分の限界を決めつけて抑制している傾向にあります。これをマインドブロックと言いますが、例えば以下のようなことです。

・年収2000万円は無理
・起業しても上手くいかない
・自分には才能がない

多くの人は自分に制限をかけて過ごしているので、良いパフォーマンスを発揮できなかったりします。なので、上記のようなマインドブロックを壊し、新しいことでもどんどん挑戦していくべきです。成果を出している人は、色んなチャンスを掴み取っています。

爆発的な成果を出すためには「3ヶ月」を意識するべき

では、より短期間で大きな成果を出すためには何をすれば良いのでしょうか?

結論から言えば「3ヶ月」を強く意識して物事に取り組むことです。

Googleから学ぶ「3ヶ月サイクル」

世界的なIT起業のGoogleは、3ヶ月サイクルで業務を行っていることで有名です。これは、3ヶ月ごとに1つの目標に向かって仕事を進めていくことを言います。

3ヶ月で成果を出せなかったチームは次第に忘れ去られていき、周りのチームに置いていかれるのです。つまり、3ヶ月の間は1つの目標に向かって一点集中し、目に見える結果を出せなけば生きていけないということです。優秀な人材が集まる企業なだけに、非常に厳しい風潮があるわけですね。

とはいえ、Googleの社員はこの「3ヶ月サイクル」で仕事を行うことで大きな結果をだし、充実した毎日を送っています。あなたもこの「3ヶ月サイクル」を取り入れることで、大きな成果を出すヒントを得られるでしょう。

ここからは、3ヶ月で成果を出すための取り組み方を解説します。

3ヶ月で成果を出すための取り組み方

3ヶ月で成果を出すには以下の4つを意識して取り組むことです。

1.絶対にやらないことを決める
2.自分でコントロールできる目標を設定する
3.達成したいことは一点集中する
4.深掘りし過ぎない

絶対にやらないことを決める

3ヶ月間で成果を出したいことを決めたら、まずは「やらないこと」も一緒に決めます。やらないことを決めることで、最優先するべきことに一点集中できるからです。

例えば、「この仕事には3ヶ月間取り組まない」「●●に関連する会議には出ない」といった感じで「やらないこと」を決めていきます。最短距離で成果を出すには必要なことなので、今日からでも取り入れてみましょう。

自分でコントロールできる目標を設定する

目標には自分でコントロールできるものとできないものがあります。

例えば、「サイト運営で30万円の利益を出す」という目標は、お客さまによって左右されますね。自分ではコントロールできないため、こうした目標は設定しない方が良いです。

サイト運営で言うと、「3ヶ月間で100記事執筆する」「1日2時間は作業する」という目標であれば、自分でコントロールが可能です。こうした目標を設定すればやるべきことが明確になるので、成果を出せる可能性が高まります。

達成したいことは一点集中する

達成したいことを同時並行で進めていくよりも、一点集中して取り組んだ方が良いです。なぜなら、2つも3つもやることがあると、どうしても力が分散されてしまうからです。

「他にやることがあるから」ということを言い訳に、仕事を疎かにしてしまう可能性もあります。そうなればどの仕事も中途半端になり、目標を達成できなくなるでしょう。達成したいことは1つに決めて、それだけに注力するようにしましょう。

深掘りし過ぎない

3ヶ月間で成果を出すためには、仕事のスピードが求められます。知識を取り入れることは重要ですが、深掘りをし過ぎるとあっという間に時間は過ぎ去ってしまうでしょう。

どの分野を学ぶ場合でも様々な概念がありますが、その度に「そもそも○○とは何なのか?」といったことを考えているとキリがありません。なので、細かい部分に拘り過ぎず、全体像を把握した上で取り組むことが重要です。「深くは知らないけどとりあえず行動してみる」といった姿勢で取り組んでいきましょう。

まとめ

今回は「成果を出す人」と「成果を出せない人」の違い、それから成果を出すための方法を解説してきました。解説してきた内容を参考にして、「成果を出す人」の習慣を取り入れていきましょう。

成果を出す人が行っている習慣を取り入れることで、徐々に目に見える成果が出てくるはずです。「才能がないから」と言って諦めてしまうのは非常に勿体ないことなので、まずは習慣から見直してみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。