物販

2021年版Google広告の使い方!広告の使い方や重要ポイントを余すことなく解説!

この記事を監修した吉田です。
2021年9月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

これからはじめて広告を出すという方には、Google広告がオススメです。しかしながら、以下のような悩みをお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

「Google広告を使ってみたいけど、広告の出し方が分からない」
「Google広告にはどんな種類があるの?」
「Google広告を出しても結果が出なかった場合はどう改善すればいい?」

そこで今回の記事では、Google広告の特徴や使い方、重要なポイントなどをお伝えしていきます。ぜひこれからGoogle広告を使う際の参考にしてください。

Google広告のメリット・デメリット

まずは、Google広告のメリットとデメリットを紹介します。

Google広告を効果的に運用するためには、メリットを最大限に享受しつつデメリットは極力抑える必要があるので、ここでしっかりと理解しておきましょう。

Google広告のメリットとは?

Google広告のメリットは、何といってもリスクが小さいことです。500円という少額予算から始められますし、成果課金体系であるため費用が無駄になることもありません。

たとえばテレビや雑誌に出す広告の場合だと、出稿そのものに費用がかかってしまいます。そのため、成果の有無にかかわらず広告費用を支出しなければなりません。

その点、Google広告なら成果が出なければ広告費を支払う必要がないので、小さいリスクで始められるのです。

Google広告のデメリットとは?

Google広告のデメリットは、それなりの広告運用スキルがないと安定した成果を出すのが難しいことです。少額予算から始められるが故に出稿者も多いため、選定したキーワードによっては多くの競合との戦いを強いられる可能性があります。

また、表示されるテキストの文字数が少ないため、非常に限られた文字数でコンパクトにアピールする必要もあります。洗練された表現力がないと上手に訴求することができないのです。

ただ、逆に言うとスキルがあればライバルに差をつけることができ、安定して結果を残す手段になりえます

Google広告には5種類ある

ここでは、5種類のGoogle広告をそれぞれ紹介していきます。宣伝したい内容によって選ぶべき広告の種類も変わってくるので、ここでしっかりと各広告の特徴を押さえておきましょう。

リスティング広告

Googleで検索を行った際、検索結果ページで「広告」という文言を一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。これをリスティング広告と言います。

リスティング広告では、どのようなキーワードで検索されたときに広告を表示させるかを設定できるだけでなく、1つの広告に対して複数のキーワードを設定することも可能です。見込み客が検索しそうなキーワードを適切に設定できれば、効果的にアプローチできるようになります。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Googleが提携しているWebサイトやアプリの広告スペースに表示される広告です。バナーもしくは動画形式の広告であるためユーザーの目につきやすく、潜在顧客にアプローチできる可能性を秘めています。

ただし、ディスプレイ広告は入札制となっているため、人気のサイトに出稿しようとすればするほど高い費用が必要になってきます。そのため、使い所を見極めるのが重要だと言えるでしょう。

YouTube広告

YouTube広告とは、YouTube上の動画の最初や途中、あるいは最後に流れてくる広告のことです。動画は伝えられる情報量が多く、テキストだけではうまく伝えられない部分までアピールできるのが魅力です。

YouTubeは利用者の多いプラットフォームでもあるため、うまく使えば大きな効果を上げられる可能性を秘めている広告です。

アプリ広告

アプリ広告とは、スマートフォン等のアプリを宣伝するための広告のことです。Googleの検索結果画面や、Google Playストア内で表示させることができます。

ショッピング広告

ショッピング広告とは、商品名や商品カテゴリーなどを検索したときに、検索結果の画面上(または画面右側)に掲載される広告のことです。

商品の画像や、価格、ショップ名などを表示させることで、ユーザーに商品購入を促す効果があります。

Google広告スタートアップガイド

ここでは、はじめてGoogle広告を出稿するという方向けに、広告出稿するまでの流れをまとめました。まずは一通り読んでみて出稿までのイメージを掴んでください。

Google広告に登録する

最初のステップは、Google広告のアカウント登録です。Google広告のサイトで「今すぐ開始」をクリックします。

アンケートへの回答やお店の名前等の入力を求められるので、指示されたとおりに入力しましょう。その後、ウェブサイトのURLとメールアドレスを入力したら、「続行」を押してください。

キャンペーンを作成する

次は、広告キャンペーンの作成です。ここで広告の内容を設定していきます。具体的な設定内容は以下の通りです。

  • 1日あたりの広告予算
  • 広告の出稿地域
  • 広告の出稿場所
  • 広告を表示させるキーワード
  • 入札単価
  • 広告表示の文章

設定内容を決める際のポイントは、見込み客のニーズを想定することです。キャンペーンは複数作成することもできるので、見込み客をカテゴライズしてそれぞれに向けた広告を出稿するのも良いでしょう。

キーワードを洗い出す

Google広告を出稿する上で重要になってくるのが、キーワードの設定です。キーワードをいかに設定するかでターゲットユーザーにアプローチできるかが決まってきます。

キーワードを考える際は、Googleキーワードプランナーを使うのがオススメです。このツールにはキーワードの検索ボリュームや関連キーワード等を調べる機能が実装されているので、どのようなキーワードを設定すればよいかを考える際に役に立ちます。

予算を設定する

予算設定も、広告運用に慣れていない方にとっては悩ましいポイントです。自分で勘所がつかめていない間は、前述したキーワードプランナーの機能のひとつ「予測データ取得機能」を使うと良いでしょう。これは、キーワードや広告の表示期間等を入力すると、必要な広告費用を算出してくれる機能です。

自分の予測とどの程度一致しているかを確認するために使うのも効果的です。便利な機能は最大限活用していきましょう。

Google広告にログインし直す方法

Google広告にログインし直す場合は、Google広告のサイトにアクセスし、ログインボタンを押してメールアドレスとパスワードを入力すれば再ログインが可能です。

広告表示を確認する

広告を作成したら、実際にどのように表示されているかを確認しましょう。確認するときは、「広告プレビューと診断ツール」を使います。

なお、設定したキーワードを自分で検索してしまうとクリック率が下がり、広告の表示回数が減る可能性があるので注意が必要です。

広告用語の解説

広告やマーケティングに関する用語は、精通している人でないと意味が理解しにくいものが多くあります。ただ、広告を運用するなら常識として知っておかなければならないものなので、ここで代表的な用語をまとめて解説しておきます。これまでに出てきた単語の中でわからないものがあったという方は、ここでその意味を確認しておきましょう。

有料広告に関する基礎用語

有料広告に関する基礎用語には以下のようなものがあります。

  • インプレッション:ユーザーに広告が閲覧された回数
  • コスト:キャンペーンに要した費用の総額
  • クリック数:広告がクリックされた回数
  • コンバージョン:広告出稿にあたって掲げている特定の目標のこと(例:売上やメール登録数など)
  • CPM:広告が1,000回閲覧されるまでにかかるコスト
  • CPC(クリック単価):広告クリック1回あたりのコスト
  • CPA(コンバージョン単価):1つのコンバージョンを獲得するのに必要なコスト
  • CTR(クリック率):広告を目撃したユーザーがクリックをする確率
  • コンバージョン率:広告をクリックされた場合に、コンバージョンに到達する確率
  • ROAS(広告費用対効果):広告による収入額を広告費用で割った数値
  • AOV(平均注文額):1回あたりの注文金額
  • CLV(顧客生涯価値):顧客1人あたりが将来に渡って使うと予測される価値(LTVとも呼ばれる)

Google広告で使われる用語と概念

Google広告で使われる主な用語と概念は次のとおりです。

  • キャンペーン:1つの広告目的(トラフィックやコンバージョンなど)で包括した1つ以上の広告グループのまとまりのこと
  • 広告グループ:1つ以上の広告とターゲットを含む広告グループのこと
  • キーワード:検索エンジンにユーザーが入力する単語
  • 除外キーワード:広告を表示させない単語やフレーズを指定したもの。似ているけれど関係のないワードを外すときなどに用いる
  • 品質スコア:検索ワードやターゲットオーディエンス、広告との関連性を示すもの

Google広告で成果が出ない主な原因と改善策6選

Google広告を出稿したはいいもののなかなか成果が出ない、ということもあるでしょう。そんな時でも重要なことは、常に改善を続けていくことです。

ここでは、成果が出ていない場合に考えられる主な原因とその改善策を6パターン紹介していきます。

キーワードが抽象的

広告を多く表示させるために抽象的なキーワードを設定したくなりますが、あまりに抽象的なキーワードを選定してしまうとターゲット以外のユーザーの検索にも表示されることになってしまい、結果として広告費がかさんでしまいます。

クリック数を上昇させているキーワードを随時確認するなどして、ターゲットのみに届くキーワードに適宜調整・改善し続けていくことが効果的な広告運用には欠かせません。

キーワードと広告の関連性が薄い

見込み客にキーワード検索をしてもらったとしても、広告文でアピールしている内容が見込み客のニーズと合致していなければ、成果につながることはありません。

実際のところ、一度目の出稿で上手くいくことはほとんどないので、出稿する広告は微調整し続ける必要があります。Google広告では1つのキャンペーンで複数の広告を作成することができるので、A/Bテストを行いながら効果の大きい広告を見極めていくのが良いでしょう。

品質スコアが低い

品質スコアとは、広告の品質を評価するものです。

スコアが高いとユーザーの目に付きやすい場所に広告が表示されるようになり、成果が上がりやすくなります。逆にスコアが低いと、広告がユーザーに届きにくくなるためせっかく出稿してもなかなか成果が上がりません。

スコアはGoogleから開示されているので、随時チェックしてスコアが上がるよう改善し続けてください

ランディングページ(LP)が最適化されていない

ランディングページ(LP)とは、広告をクリックしてもらった後に表示されるページのことです。キーワードで見込み客を絞り込み、広告で興味をうまく引けたとしても、ランディングページでニーズに響くアピールができなければ売上にはつながりません。

宣伝文の内容やページのデザイン、画像やレイアウトなど、ランディングページを構成する要素全てが最適化されている必要があります。隅々までこだわりながら売上までの導線を設計していきましょう。

広告の設定を誤っている

広告の設定が意図した状態になっていないと、当然ながら成果は上がりません。そんなことあるわけないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、複数の広告を出稿していたりすると意外と間違っていることがあるのです。

  • 広告をクリックした後に表示されるページのリンクは正しいものになっているか?
  • 見出し文と説明文は整合しているか?
  • 見出し文や説明文に誤字脱字はないか?

せっかく広告を出稿したのに、設定違いのせいで成果が出ないのでは虚しすぎます。そういった事が起きないよう、くまなくチェックしておきましょう。

予算の上限設定が低い

予算の上限設定も重要な要素です。上限が低すぎると、すぐに広告が表示されなくなってしまうからです。たとえば、予算の上限が1日2,000円でクリック単価を200円に設定している場合、10回クリックされたらその日はもう広告が表示されなくなります。

より大きな成果を求めるのであれば、予算上限の引き上げも検討すべきでしょう。先立つ投資がなければリターンも得られないのです。

データ分析を行っていない

ここまで挙げてきたような観点も大事ですが、最も重要なのは「そもそもデータ分析をしているか?」です。言い換えると、「広告を出しっぱなしにしていないか?」ということです。

広告運用は試行錯誤が欠かせません。出すだけ出して後は放置、というやり方でうまくいくことはほぼありえません。上記で上げた観点以外にもGoogle広告では様々な分析が可能です。使える機能や手法を最大限活用しながら常に改善し続けることで少しずつ成果は出るものなのです。このことを肝に銘じておきましょう。

スキルが身につけば、ライバルたちをごぼう抜き!

今回の記事ではGoogle広告の概要からその使い方、重要なポイントまでをお伝えしてきました。

本文中でもお伝えしましたが、広告運用は試行錯誤が必要不可欠です。広告に関する全ての設定や、仕組み、導線などあらゆる要素が有機的に機能しあって初めて成果につながるのです。そして、それは一朝一夕に導き出せるものではありません。もっとも、一度スキルを身に着けてしまえば、ライバルたちを差し置いて安定した成果を出し続けることが可能になります。

あなたのビジネスを大きく飛躍させるために欠かせない広告運用のスキルを身に着ける際は、本記事を参考にしてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!