物販

eBayに出品するなら!カタログ化が鍵を握るワケと注意点まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、eBayに出品する際に必要なカタログの紐づけ方法だけでなく、自分が出品した商品を上位表示させるにはどんな事に気をつけるべきかも併せてご紹介していますので、ebayへの出品をお考えの方はぜひご覧ください。

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




eBayの特徴とメリット

世界最大のネットオークションサービスとして有名なeBay。英語が出来ないと辛いかな?と思いがちですが、仕組みはヤフオクや楽天オークションとほとんど同じなので、慣れれば全く問題ありません。まずは、ebayの特徴とebayに出品するメリットについて確認していきましょう。

海外でしか売っていないものが買える

最大の魅力は日本で売っていないものが買えることです。例えば、海外アニメのオモチャや、日本未発売のブランドバッグ、数量限定で発売されたスニーカーなどレアアイテムが目白押しです。コレクションものを入手するには最も適した市場です。

また、PC系のパーツやスマホのアクセサリーは日本での発売前にeBayに出品されることが多く、しかもより安く購入することが出来ます。

日本市場とeBay市場とで価格差がある商品が多数ある

価格差があるという事は、オイシイ思いが出来るチャンスです。

中古のiPhoneやブランド品などは日本市場のほうが安いです。その一方で、先ほども紹介しましたが、スマホアクセサリーなどはeBayの方が安く購入できます。

日本ではなかなか入手しづらい海外アーティストの「ライブDVD」なども、海外では溢れるほどあるため、本当に安く販売されています。

在庫リスクが無い

eBayなら、商品が売れてから仕入れをするということが出来ます。そのため、在庫を持つリスクがありません。なぜ、売れてから仕入れをしてもOKなのかというと、海外と日本では距離が離れているので、売れてから仕入れを行った場合と在庫商品を発送した場合とで落札した人の手元に商品が届く時間に違いがないからです。

無在庫販売が出来るのはかなりのメリットですが、初心者にはあまりオススメ出来ません。なぜなら、まずは評価を貯めるべきだからです。評価とは、ヤフオクなどにもあるように出品者が信頼できるかを判断するシステムのことです。特に問題なく取引が終了すると、「良い評価」をもらえます。この評価こそが、信用に繋がります。

信用度が低いと、ライバルに打ち勝てません。同じ商品であれば、開店したての店と、評価の高い老舗とでは、どちらが選ばれるかは明白です。そのため、初心者の方はまず在庫を仕入れてから販売する方法で取引数を増やしていき、評価が貯まってから無在庫販売をした方がいいのです。

簡単!eBayの出品方法

eBayの出品でまず気になるのは英語だと思いますが、どの部分をどんな風に埋めれば良いのかさえ理解できれば、問題なく出品することができます。

まずは「カテゴリ」から「タイトル」設定

まず、sellを選択します。

すると、「Tell us what you’re selling」というページが表示されるので、ここからカテゴリを決めていきます。カテゴリは検索窓の中に打ち込んでカタログを選ぶ方法と、検索窓下の「Browse categories」から選択する方法があります。

次にタイトルです。「Title」の箇所を埋めていきます。ポイントは、特殊文字(★、!、①等)を使わないことと、全角スペースを使わない事です。スペースは半角で入れないとエラーになってしまいます。また、キーワードは少しでもヒットしやすいように多く入れてください。

もしどんなタイトルを付ければいいかわからないというときは、他の人がどんな風にタイトルを入れているのか調べてみると良いです。また、売れたアイテムリストも参考にすると、どんなタイトルが売れやすいタイトルなのかが分かるのではないでしょうか。売れたものリストは、トップページのサーチの横に「Advanced」という文字があるので、そこをクリックし、表示された「Search including」の「Sold listings」にチェックを入れて検索すれば見ることができます。

次は「UPC」、「状態」、「画像」の設定

次に、商品のUPCを入れていきます。UPCとは米国の流通コードセンターが発行する商品の識別番号の事です。日本ならJAN・EANコードの事です。また、ASINコード(Amazonの商品識別番号)でもOKです。「does not apply(当てはまらない)」を選ぶ事も出来ますが、商品の出品作業の短縮や、検索上位表示される等メリットがありますので、わかる場合は必ず入力しましょう。

今回は、マウスを例にASINコードで入力していきます。

この登録情報部分に「ASIN B018XI27QU」とあるので、「B018XI27QU」を入力します。

尚、JANコードは下記から検索することが可能です。

JAN/EANコード検索

次はコンディションです。コンディションは、新品(NEW)か中古(USED)のどちらかの選択でOKです。

コンディション選択が終わったら、商品画像「Photos」を入れていきます。「Add photos」をクリックすると、自分のPCの中の画像が選択できます。

本来は商品画像を自ら撮影してアップするのが理想ですが、Amazonに掲載されている写真の転載でもOKです。
ただし、モノによっては著作権侵害に当たるものもあります。特に、大手ブランドなどは厳しくて、公式の画像を使って出品すると出品停止依頼がメールで来ることもあるため、注意してください。それでも使用したい時は、いったん画像を自分のPCに落としてからアップしてください。

今回はあくまでも参考にすぎないので、Amazonの販売サイトにある画像を使用したいと思います。

最後に「商品の詳細」や「その他各種」を埋めます

それから、「商品詳細」「商品の備考」「販売詳細」「送料」を入力していきます。

まずは「商品詳細」(Item specifics)はカテゴリにより入力する項目が変わります。今回紹介したマウスの場合、ブランドとMPNの項目は必須です。MPNとは製品の型番のことです。ここでは「JQ-57」と入力します。

わからない場合は必須のものだけでも良いですが、検索順位にも影響があるため、面倒だと思いますが細かく埋めていくことをお勧めします。

次は「商品の備考」(Item description)です。記入方法は「HTML」と「Standard」がありますので、HTMLで作れるならそちらを選択し、知識が無いならStandardで構いません。また、商品の説明はテンプレートがネット上で見つかるので参考にしてみて下さい。慣れないうちはそのままでも良いですが、オリジナルのほうが検索にも上がりやすいので慣れてきたら作ってみましょう。

「販売詳細」(Selling details)では、出品形式を決めていきます。形式は三種類あり、オークション形式、即決形式、オークション+即決形式の三つがあります。はじめのうちはトラブルを回避するという目的から、即決形式の「Fixed price」を選ぶことをお勧めします。

即決形式を選択すると、入力形式が変わります。「Duration」は出品期間、「Price」は価格です。価格はそこに利益や相場を考えた価格を入力します。

その下に「Best Offer」という項目がありますが、これは値切りなどの交渉に応じますか?という意味です。値切りOKの方が売れやすいのは事実ですが、最初は外しておけば英語でのやり取りを極力減らせます。

「Quantity」は数量、「Payment options」は支払い方法なので、「PayPal」にチェックを入れ、支払いを受けるメールアドレスを入力します。「Return options」は国内返品可、国際返品可ならチェックを入れてください。基本入れなくてOKです。

最後に送料「Shipping details」の項目ですが、「Domestic shipping」(アメリカに送った時の送料)と「International shipping」(アメリカ以外の国に送った時の送料)の二項目のみの設定で問題ありません。また、発送元が日本であってもアメリカにいる気持ちで設定するのがポイントです。

どちらも、「Flat same cost to all buyers(全ての購入者への送料は同一にする)を選択してください。配送方法は、Economy、Standard、Expeditedがあり、商品の価格で選択します。下記の料金表で確認しましょう。

国際郵便料金表

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

eBayセラーアップデート2018について

eBayでは、販売手数料が急に上がったりするセラーアップデートなるものがあります。利用者からすると痛手ですが、eBayの集客力を利用して出品するなら受け入れざるを得ません。

ここでは最近のセラーアップデートについてわかりやすくまとめておきました。

マーケットプレイスアップデート

これは、セキュアページの必須化と、手数料の値上げが主な変更点です。まず、セキュアページとは、 「 https://~ 」 からはじまるwebサイトのことです。非セキュアページというのはsがない「 http://~ 」のことです。Googleがセキュアページの必須化を推奨しているため、それに合わせたものです。出品する際に非セキュアなコンテンツがあると出品できなくなるので気を付けましょう。

次に手数料についてですが、高額出品セラーを対象にしたオプション手数料の値上げです。あまり利用している方は少ないと思いますが、最低落札価格に関しての手数料、サブタイトルオプション手数料、Value Packのオプション手数料の三つが引き上げられました。また、メディアカテゴリーの落札手数料も値上げになります。日本人の方は書籍やDVDなどで儲けている人も少なくないので、この値上げはかなりの痛手でしょう。

在庫の最適化

在庫の最適化とは、「eBayが提供しているカタログに出品商品を紐づけなければ出品できません。紐づけされていない商品は検索順位を落としてしまいますし、その商品のアカウントを持っている人は出品もできなくなる場合もあるので、今すぐカタログに沿って紐づけしてください。」ということです。

eBayカタログの中にある商品の場合、検索窓に商品名を打ち込むと検索窓の下にその商品が出てきます。この紐づけをして下さいということです。

しかし、日本の商品がカタログに載っていないことも多いので、注意しましょう。

サービス・メトリクスおよび配送

今回のアップデートによって、サービス・メトリクスという画面で「商品未発送」や「商品説明との相違」が分かるようになりました。これには、購入者の希望に応えられていない商品を特定するという目的があります。

「商品未発送」のリクエストが多い場合、セラーが出品時に設定した配送予定日時がebayによって強制的に延長されることがあります。配送予定日時が延長されるということは、購入者が商品を見た時に「このセラーは配送予定日時が遅いから別のセラーから買おう」となってしまい、結果的に購買率が低くなる可能性があるという事です。そのため、毎日ダッシュボードを確認して、配送の際には必ず追跡番号を付けて、購入者が配送状況を確認できるようにしておきましょう。

「商品説明との相違」とは、商品説明に記載されていた商品と違う物が送られてきたということですが、この「商品説明との相違」という理由で返品される率が高いセラーは、落札手数料が4%加算されてしまいます。対処法としては、商品説明の時に、オープンケースする前に直接連絡を入れてほしい旨の文章を付記しておくと良いです。

※オープンケースとはeBayの売買でセラーとバイヤーとの間で何かトラブルが発生した際に、トラブルを処理する「レゾリューションセンター」に間に入ってもらうことです。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法
>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

eBayのその他の注意点

先にもご案内した通り、eBayのカタログに紐づけることはとても重要です。なぜなら紐づけをしないと出品をすること自体が出来なくなるためです。

この紐づけによって、購入者はより素早く希望する商品を見つけることができるようになります。

カタログにQ&A機能を導入

この機能は、購入希望者の質問に対して最近同じ商品を購入した人がそれに答えられるというものです。本来ならば、購入者対販売者がQAの基本ですが、購入希望者(商品Aが欲しい人)対購入者(商品Aを持っている人)でのやり取りが可能になることにより、より精度の高いレビューが手に入ります。また、この機能はカタログに紐づけされた商品のみの機能になります。

販売者側も全ての質問に答える必要がなくなります。ただし、回答した場合は販売者の回答が上位表示されるようになりますので、購買意欲を掻き立てるような使い方もできます。eBay側で回答はチェックされ、不適切だと判断されれば削除されます。

写真は現物を撮るのが一番良い理由

eBayで出品する際は写真が絶対必要ですが、現物の写真が入手できない場合以外はカタログの写真を使うのはやめておきましょう。

高い評価がある出品者は良いですが、それほど評価を集めていない販売者がカタログ写真を使っていた場合、購入希望者は「その商品は本当に手元に届くのか」と不安になるものです。同じ写真を使いまわした場合も同じような印象を与えてしまうので、同じ商品を出す際は面倒ですが画像を取り直す、もしくは一部を取り直すことをお勧めいたします。未開封商品の場合は、新品同様なので、同じ商品の画像を違う角度から撮影し、いくつかを使いまわしても問題ありませんが、中古品の場合、傷などがありますのでそれがわかる画像を撮影して使うようにしましょう。

同様に、ほかの出品者の画像を勝手に使うことは許されません。これをやると、最悪アカウントが停止される場合もあります。

そのため、今後継続してeBayで出品していこうと思っている方は、「必ず自分で撮影した写真を使う」という事を守ってください。

eBayをアフィリエイト出来る

eBayをアフィリエイト出来るのはご存知でしょうか。

eBay パートナーネットワーク

ドルでの支払いになってしまいますが、かなり料率が良いです。

この料率は、落札金額ではなく、eBayの落札手数料からの料率になります。そのため、金額が高ければ高いほど落札手数料も高くなるため、アフィリエイト報酬も高くなります。

料率はジャンルによって異なりますが、高いものだと70%を越えるものもあります。あなたの発行したアフィリリンクからのクリックでその商品が売れた場合、あなたにその報酬が払われる仕組みになっているので、ブログやSNSを使って商品を紹介するのも一つの方法です。

eBayには日本に出回っていない商品や希少価値の高い商品がゴロゴロ転がっているので、オススメもしやすいです。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法
>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

eBayの上位表示対策について

eBayの中で上位表示されることはつまり、自分の販売している商品が売れやすくなるという事です。

eBayの中で自分の商品を上位表示させるにはどうすれば良いかを理解して、その対策を講じるのがeBay攻略の鍵です。

eBayとGoogleについて

eBayがAmazonを重要視しているという話は有名ですが、まず攻略しなければいけないのはGoogleです。

Googleはサイト内の重複コンテンツを嫌います。eBayでは、これまで同じ商品が多く売られていたため、Googleから重複扱いされてしまい、ある時期にはGoogleからeBayが消えたことがありました。

Amazonも同じ商品を大量に販売していますが、Googleから消えることはありません。このことからも、GoogleにとってAmazonは無視できない存在ですし特別扱いせざるをえないのがわかります。

eBayのなかでの上位表示対策

そんな中、eBayはGoogleでの上位表示対策として、「カタログ」を使った販売方法を進めているのです。

出品者はこのことを頭に入れて、出品する必要があります。eBayのGoogle対策を見れば、eBay内で上位表示させる方法も自ずとわかります。今なら、「カタログ」に紐づける事が必須となるわけです。

ちなみに、このカタログというのは、Googleでいうカテゴリの事です。一つの商品をカテゴリ化することによりグループ化されるので、重複とは判断されなくなります。

新しい出品は上位表示されます

eBayでは、新しい出品商品に「NEW LISTING」というタグがつきます。これは24時間有効で、このタグがついている商品は上位に表示されます。

その機能を逆手にとって、出品時間や再出品のタイミングを計算することにより、売れやすくなります。

これはセラーのみの機能なので、一般ユーザーは使えません。また、出品時に設定することは出来ません。

再出品の設定にはたくさん種類があり、色々なパターンの設定が可能です。

Googleでの検索結果はほとんど1ページ目しか見ないですよね。それと同じく、eBayの表示でも上位の出品しか見られない傾向にあります。そのため、上位表示されるかどうかが売上げに直結してくるので、上位表示対策を積極的に行っていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

敷居が高いと感じていたeBayでの出品についても、なんだか出来そうな気がしてきたのではないでしょうか。そして、カタログに紐づけることがなぜ必要なのかも合わせて説明しました。

eBayでの出品は、ポイントさえ押さえておけば難しいものではないので、最初のうちはじっくりと取り組んでみて下さい。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法