物販

オークションサイトで利用する商品写真をきれいに撮影するコツ

オークションサイトを利用する人が参考にするのは、商品の「写真」です。商品自体は気になっても、商品写真が見づらかったり不鮮明だったりすると、購入を思い留まる人も少なくありません。それだけオークションサイトにおいて写真は重要なのです。

そこで今回は、オークションサイトに掲載する写真の撮り方やコツを紹介します。この記事を読んで、魅力的な商品画像を撮ってくださいね。

オークションサイトで利用する商品の写真

たいていのオークションサイトでは、複数枚の写真を登録できるようになっています。だからといって、同じような写真を載せていては意味がありません。複数の写真にそれぞれ役割をもたせましょう。

どんな商品か分かる写真を撮影する

1枚目は、どんな商品かが分かるように、商品全体が映った写真を使いましょう。ただし、ブランド品の場合はブランドのロゴのアップ写真を1枚目に持ってきても構いません。

商品自体と付属品全てが写った写真

2枚目に使う写真は、出品している商品自体と付属品の全てがわかるものを使いましょう。メイン商品だけでなく、付属品もまとめて写り込んだ写真を使うのがポイントです。箱がある場合は、これも写真に加えておくと良いでしょう。

スペック情報やタグ

3枚目は、商品のスペックや洋服のタグを撮影したものを使いましょう。精密機器の場合は型番が写った写真を載せておくと、購入者も分かりやすいです。また、商品に傷がある場合は、その部分をアップで撮った写真を掲載すると親切です。

商品写真をきれいに撮影するコツ

オークションサイトに掲載する写真をキレイに撮るコツを紹介します。少しの手間で商品の見た目が大きく変わるので試してみてください。

明るい場所で撮影するときれいな写真になる

商品の撮影は必ず明るい場所で行いましょう。暗い場所で撮影すると、写真全体が暗い印象になり、商品も鮮明に映りません。

特に洋服の場合は注意してください。洋服はカラーが重要なのに、暗い部屋で撮影すると、カラーがハッキリと分からない写真になってしまう可能性があります。また、フラッシュをたくという手段も考えられますが、あまりおすすめできません。なぜなら、暗い部屋でフラッシュをたいて撮影した商品写真はキレイではなく、見た目の印象が悪いからです。

商品を一番自然に、かつきれいに撮影する方法は、昼間の明るい時間帯に窓の近くで撮影することです。直射日光が当たってしまうと商品全体が明るくなりすぎます。また、自分の影が入り込まない角度から撮影するようにしましょう。

窓の近くの自然光を利用しつつ、角度を色々変えながら撮影してみてください。商品をきれいに撮影できるアングルが見つかるはずです。

背景を画用紙などでスッキリ見せる

商品を撮影する際は、背景にも気を付けましょう。せっかく商品をきれいに撮影しても、商品の後ろがごちゃごちゃしていては印象が悪くなってしまいます。そのため、商品の後ろには何も映り込まないようにする工夫が必要です。

背景をきれいに見せるには、大きめの画用紙が役に立ちます。100円ショップやホームセンターで購入しておきましょう。

画用紙を商品の後ろに置いて、余計なものが映り込まないように撮影するのがポイントです。

撮影する角度にもこだわる

商品を撮影する時には、角度にも注意しましょう。特に角度へのこだわりが必要なのは洋服です。たとえば、ワンピースなどは、普通に撮影しているだけでは全体の形が分かりにくいものです。

洋服を撮影する際は、洋服をきれいに床に置き、少し離れた場所から全体を撮影します。もしくは、ハンガーにかけて撮影します。ワンピースの場合は、白い壁の前にハンガーでかけ、スカートを少し広げてセロハンテープで固定させます。すると、ワンピースのラインがはっきりと分かり、写真もきれいな印象になります。

また、正面からだけでなく、斜め上からの角度で撮影すると、まるでネットショップの洋服写真のようにきれいに映せます。さらに下から撮影してみたり、左右で角度を少し変えてみたりと、色々調整しながら試してみましょう。

商品のコンディションも明確にする

商品に傷や汚れがある場合でも、隠さずに撮るようにしましょう。商品状態がよく分かるような写真を載せておくことで、購入者も納得して購入ができるからです。

当たり前ですが、撮影前は商品を掃除・洗濯するなどして、汚れを落としておきましょう。

ぼんやりとした写真にしないための注意点

最近は手持ちのカメラで撮影することが多くなっています。しかし、写真のピンぼけには気をつけなければいけません。写真がぼんやりしてしまっては、商品の魅力が台無しです。

そこで、ピンぼけしにくくなる撮影方法を紹介したいと思います。以下の注意点を守って撮影すれば良い写真が撮れるでしょう。

ピントを合わせてから撮影する

ピントの合っていない、ぼやけた商品写真は、見た目の印象がとても悪いですよね。このような写真では、多くの入札は見込めません。

最近のデジタルカメラは高機能になっているので、ピンぼけ写真は少なくなっています。しかし、慌ててシャッターを切ってしまうと、ぼんやりした写真になりがちです。そうならないように、まずはカメラを向けてから商品が映っている部分をタップし、ピント調整を行いましょう。

商品写真の撮影方法を復習します。まずは、慌てずに商品の角度を調節します。そして、商品の映っている部分をタップし、ピントを調整しましょう。

ピントがきちんと合っていることが確認できたら、シャッターボタンをタップして撮影しましょう。

アップする時はマクロモードに切り替える

デジタルカメラの通常モードで撮影しようとすると、商品に近づくほどピンぼけしてしまいますよね。

そんな時は、デジカメのマクロモードを利用するとキレイに撮影できます。

カメラの種類にもよりますが、マクロモードへの切り替えは簡単です。カメラの「マクロ」の文字または「チューリップ」の画像をタップして切り替えましょう。

マクロモードに切り替えられたら、できるだけ手ぶれしないようにカメラをしっかり持って撮影してください。

ピント合わせを工夫する

淡い色の商品など、マクロモードに切り替えてもピント調整が難しい商品もあります。その場合は、別の物を使ってピントを合わせてから商品を撮影する方法がオススメです。例えば、表紙に文字が書かれてある「本」を使ってみましょう。

本の表紙は文字がくっきりと書かれており、明暗がはっきりしているので、カメラも認識しやすいです。本を商品の横においてピントを合わせ、ピントが合ったらカメラを商品に向けてみましょう。すると、すんなりとピントが合うことが多いです。

LEDライトで商品写真をより美しく

商品をよりきれいに写すためにもってこいのアイテムがあります。

それは、LEDライトです。

LEDライトで商品を照らして撮影することで、商品写真が見違えるほどきれいになります。

安定した明るさできれいな仕上がりになる

LEDライトで商品を照らして撮影すると、一定の光の中でシャッターを切れるため、ピントも合わせやすく、写真の仕上がりもきれいになります。

カメラのフラッシュを用いた撮影では、商品が白く映ってしまい美しい仕上がりにはなりません。しかし、LEDライトを用いることでネットショップの商品写真のような仕上がりが期待できます。

おすすめのLEDライト

以前は、写真撮影用のライトは高価なものでしたが、現在では比較的安い値段でLEDライトが手に入ります。

例えば、Amazonで販売されている「Neewer® CN-126 LEDビデオライト」は値段も安価でオススメです。

LEDライト全体は、このような外見です。

LEDライト本体の他にスタンドも付属しています。

本体には複数のLEDライトが取り付けられています。

スタンド取り付け用の部品も付属しています。

カラーフィルタも付いています。

スタンドは軽量で耐久性があります。

スタンドは付属品の他、別売りの物でも取り付けられます。

Amazonでセット販売されているので購入も簡単です。

互換バッテリーで使いやすい

「Neewer® CN-126 LEDビデオライト」は別売りの互換バッテリーが使用できます。

リチウムイオン充電池やアルカリ・ニッケル水素単三電池が使用できるので、携帯にも便利です。

バッテリーには、4レベルインジケータ付きワンタッチバッテリーチェックという機能がついています。

テストボタンを押して、「4-LED」がオンになればバッテリーのフル充電が完了です。

また、「1-LED」はバッテリーの残量が少ない状態を意味しています。

光の色味を調整できる

付属されているフィルターや別売りのフィルターをセットすることで、光の色味調整が可能です。

フィルターなしではクリアな印象です。

ホワイトカラーのフィルターをセットすると、柔らかい印象になります。

ピンクやオレンジ系のフィルターだと、温かい印象になります。

LEDライトを使った商品撮影

「Neewer® CN-126 LEDビデオライト」はダイヤルで明るさを調整できるので、光の強弱を微調整できます。

ただ、電池式なので、電池代がかかってしまうのがデメリットです。

LEDライト本体とスタンドがセットになっていますが、収納ケースは付属していないため、別途購入する必要があります。

カメラの横にLEDライトを置き、撮影します。

商品の後ろに白い布をかけておくことで、背景が白色のすっきりした写真になります。

LEDライトを使用して撮影した商品写真です。

スマホカメラで商品を撮影するコツ

最近、スマホカメラを使う人が増えてきましたよね。商品画像として使う写真は、スマホのカメラを使ってもきれいに撮ることができます。それでは、スマホカメラを使うコツを紹介します。

ズームは少しにする

スマホカメラで商品を撮影する時、ズームしすぎると画質が荒くなってしまうことがあります。そのため、スマホで商品撮影する時はズームはあまり使わないようにしましょう。

ただし、少しのズームならそれほど問題ありません。少しズームに設定しつつ、自分から商品に近づいて撮影すると良いでしょう。

外付けレンズで商品をアップする

商品をアップで撮影したいときは、スマホに外付けするタイプのレンズを取り付けます。レンズによって、商品がアップされた状態で撮影できます。また、家に虫めがねがあるのであれば、スマホカメラのレンズ部分に虫めがねを当てて撮影すれば、通常よりもアップで映せます。

三脚は必須アイテム

スマホで撮影する場合、気になるのが手ぶれですよね。手ぶれの心配は三脚の使用によって解消できます。

100円ショップに行くと小型の三脚が売られています。また、Amazonでも手ごろな価格の三脚が複数販売されているので、一つ購入しておくと良いでしょう。

ただし、安すぎる三脚は不安定な場合もあるので、ある程度の価格で購入者レビューの良い商品を選びましょう。

また、どうしても三脚を利用したくない場合は、腕をしっかりと固定してスマホがぶれないように集中して撮影しましょう。

きれいな商品写真を撮ろう

今回は、オークションサイトで利用する商品写真をきれいに撮るコツを紹介しました。オークションサイトでは、商品の写真は非常に重要です。本格的にネットオークションを始めるなら、商品をきれいに撮影するためのLEDランプや三脚を揃えておきましょう。

ファッション雑誌のようなきれいな商品写真を載せて、オークションライフを楽しみましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。