物販

初心者でも失敗しない! 商品写真の撮影、これが鉄則

ネットショップとリアル店舗の大きな違いの一つに、「お客様が商品を手に取って確認できるか」があります。ネットショップの場合、お客様はブラウザに表示される商品情報で比較検討し、購入するかどうかを決めます。

情報には、商品の説明文、ショップの概要、送料や決済方法、ユーザレビューなどがありますが、購入に至る強力なトリガーとなるのが写真です。同じ商品でも、いい加減に撮った写真と、商品の良さが際立つように撮った写真では、後者のほうが購入に至る確率は高くなります。

それはわかっていても、「プロじゃないのだから、狭いスペースで撮影するには限界がある」と思う人も多いでしょう。そこで、プロのような機材がなくても、アイデアと工夫で商品写真のクオリティを劇的に向上させる方法を紹介していきます。

写真のクオリティは準備で決まる

写真に自信がない人は、きれいで見栄えのいい写真を撮るには「プロのような機材と、ライティングのための広いスペースが必要」と思うはずです。広告ポスターに使う写真ならその通りですが、ネットショップの商品写真に、そこまでの環境は必要ありません。では、何が必要なのか? 準備から実際の撮影まで、順を追って説明していきましょう。

効率よく撮影するためのリストを作る

プロのカメラマンが商品写真の撮影をするとき、重視するのは撮影のリストです。その場合、単にどの順番に撮るかではなく、順番に意味を持たせます。例えば、大きさの同じようなものをグループに分け、グループごとに撮影していきます。大きさがほぼ同じなら、カメラの位置もレンズの交換もせずに、すぐに撮っていけるからです。

また、まずグループに分けて一つずつの全景写真を撮り、終わったら、レンズとカメラ位置を変えて、部分に寄った写真を撮っていけば効率的です。リストをしっかり作れば、どんな機材が必要かも見えてきます。

必要な機材、小物はリスト化して用意しておく

リストを作成したら、撮影の予定日を決め、必要な機材を揃えていきます。カメラやスマートホン、三脚などは必須ですが、撮影するもの、そして場所によって必要なものは変わってきます。撮影現場で「忘れた!」がないように、事前に用意しておいてください。

撮影に必須なアイテム

・カメラ、またはスマートホン
・撮影台(商品を乗せるテーブルなど、平らなもの)
・照明、ライトボックス、ディフューザー(自然光で撮る場合でもストロボは用意する)
・背景紙、スクリーン(白、グレー、黒など)
・三脚

あると便利なもの

・シャッターリリースケーブル
・リフレクター(レフ板)
・小物(バックスクリーンを固定するためのクリップなど状況に合わせて用意)
・マクロレンズ(小さい商品を撮るときや、商品の部分に寄った撮影をするとき)
・バックアップ類(カメラ用の予備のバッテリー、メモリーカード、カメラの充電器、スマホで撮影する場合は携帯電話の充電器)

照明には、ストロボ、自然光、LED、蛍光灯、ハロゲンライトなどの種類がありますが、初心者、中級者にはLEDとストロボをオススメします。LEDはスマホに内臓されるフラッシュライトと同じ光で、動画撮影などにもよく使われます。ストロボはプロのカメラマンが使う大型照明と同じ光ですが、初心者には小型のほうが使いやすいでしょう。レフ板には、白色・グレー・黒色があり、折り畳みタイプが一般的ですが、スチレンボードやアルミホイル、白や黒の布などでも代用できます。

被写体の右側に照明を置くと左側に暗い影ができます。そこで、被写体の左側に白いレフ板を立てて光を反射させ、左側を明るくするのが基本的な使い方です。黒いレフ板は光を吸収するため、あえて影を作りたいときや、商品のテカリを抑えたいときなどに有効です。

撮影時は、レフ板の向きを調整しながらイメージに近づけていきます。カメラのフラッシュの前面につける「ディフューザー」を用意してもいいでしょう。

光を柔らかくするのはもちろん、面積が広いものは光を拡散する効果もあります。プロは「ソフトボックス」や「傘トレ」と呼ばれるディフューザーを使いますが、半透明のトレーシングペーパーでも代用可能です。窓にトレーシングペーパーを貼り、直射日光をやわらげる、という使い方もできます。

背景にひと工夫するだけで仕上がりは大きく変わる

商品写真を撮るとき、慣れていないと商品だけに意識が向きがちですが、「背景をどうするか」にも同じくらいの注意を向けてください。同じ商品でも、白い背景で撮ったものと、オフィスの雑然とした背景で撮ったものとでは、印象がまったく異なります。商品写真の基本は、シンプルな背景で、ものを際立たせることです。そのほうが、お客様の視線が商品に向きやすくなります。

色は白、または無地の明るい色が定番で、小さな商品なら、折り目のない紙を用意すれば足りるはずです。同じ系統の商品を白背景にしたら、別の系統の書品は薄いグレー背景にするなど、使う色はいくつかに絞ったほうが、統一感のあるショップになります。

「BON LUX」というネットショップは、写真の背景は淡い色と決めていますが、扱うバス/ボディ商品を引き立てると同時に、ブランドとしての一貫性も表現しています。

参考:BON LUX

紙一枚で写真スタジオのような背景を用意できる

証明写真の撮影で写真スタジオを利用したことがあれば、背景に、白いロール紙を垂らしていることに気づいたはずです。あれはスタジオ撮影の基本で、しわや折り目のない白いロール紙を背景にすることで人物が強調されます。ネットショップ用の商品撮影も考え方は同じです。しわや折り目のない紙、または布を背景に垂らすのが最も簡単でしょう。

垂らした紙や布は、台や床につくところで折るのではなく、カーブさせるようにして伸ばします。商品はそのカーブより手前(カメラ側)に置くようにして、背景を固定するためのテープやクリップを用意しておきます。

背景素材でもショップのオリジナリティを出せる

背景に用意するものの基本は、白や薄い色の紙です。最もリーズナブルだし、用意するのも簡単なので、まずは紙から始めてみましょう。慣れてきたら、商品やショップの雰囲気によって、背景を変えてみてもいいでしょうし、競合との差別化にもつながります。

アウトドア関係の商品なら、木目調の背景素材が合うかもしれないし、布は素材自体に表情があるため、高級感が出ます。アクリル板は、照明と組み合わせれば見た目に大きな変化がつくため、かなり目立つはずです。


①紙(左上) ②木目(右上) ③布(左下) ④アクリル板(右下)

①紙     白ならコピー用紙でもOK。
②木目     木目調の背景素材はホームセンター等で購入可能。
③布   布はドレープなどを入れると高級感を演出。ジュエリー向き。
④アクリル板 鏡のように反射するため清涼感が出る。

写真のクオリティを上げる設定変更、6つのポイント

ネッショップ用の商品撮影には、デジタルカメラを使う人が多いでしょう。もちろんスマホでも撮影は可能ですが、デジカメと比較するとできることに限界があるため、見栄えのいい写真を撮るならデジカメがオススメです。

購入したままの状態では、「AUTO」に設定されているため、そのままでもすぐに撮影できます。人物や風景などなら、そのままでも大きな問題はありませんが、商品写真の場合、AUTOではなく設定を変えたほうが写真のクオリティは上がります。設定のポイントを、以下にまとめていきましょう。

1.「自然光」での撮影を考える

商品撮影の際、最も注意したいのは「明るさ」です。暗すぎると商品のディテールがわからないのはもちろんですが、明るすぎても、細部が白く「飛んで」しまい、やはり見にくくなってしまいます。では、どうすればいいのか。

ストロボなどに頼るのではなく、まず「自然光」で撮影できないかを考えてみてください。特に料理、洋服などは、自然光で撮ったほうがきれいに仕上がります。

自然光で撮影する場合、窓の向き、季節にもよりますが、午前9時~午後3時頃の光が撮影には向いています。部屋の照明はつけずに、窓の近くに商品を置き、自然光だけで写真を撮ってみましょう。直射日光だと光が強すぎ、写真に商品や撮影者の影が入りやすくため、レースカーテンなどで防ぐようにしてください。

2.ストロボの発光を禁止にして撮影する

自然光ではなく、商品を覆うようなボックスと、照明と組み合わせたセットで撮影する人もいるはずです。この場合、照明に加えてデジカメのストロボを発光させると、予想外の反射や影が映り込んだり、白飛びしたりして、「下手な写真」になることもあります。ストロボを発光させず、セットの照明のみで撮影したほうがきれいに写真になるケースも多いため、両方試してみるのもいいでしょう。

・ストロボを発光させた場合

不自然な影が写り、形状もはっきり見えません。

・ストロボの発効を禁止にして、セットの照明だけで撮影した場合

影が映らなくなり、形状もはっきりと見えます。

・ストロボ発光禁止の設定方法

フラッシュ → フラッシュ禁止

ほとんどのデジカメはフラッシュ(稲妻マークのボタン)を押せばオフになり、発光禁止モードとなります。この状態なら暗い場所でもストロボは発行しません。

※メーカー・機種によって異なるため、取説等で確認してください。

3.フォーカスロックで撮影の幅が広がる

ファインダーを覗き、中央にあるフォーカスフレームを被写体に合わせるとピピッと音が鳴り、ピントを合わせるオートフォーカスは、デジカメの標準機能です。いつも画角の中央に被写体が来ますが、フォーカスロックという機能を使うと、ピントを合わせたまま構図を変えられます。

ピントを合わせたい被写体が画角の中央に無い場合、フォーカスロックという技を使うと、撮影の幅が広がります。

・まず、ピントを合わせたい被写体にフォーカスフレームを重ね、シャッターボタンを「半押し」します。これで被写体に合わせたピントがロックされます。

・シャッターボタンを半押しにしたまま、カメラを振って、撮りたい構図を決めます。三脚を使うと左右への回転がスムーズになります。

・構図を決めたら、シャッターを「全押し」するだけで、半押し、全押しの両方でピントを合わせた写真が撮影できます。

フォーカスロックは簡単に使える機能ですが、商品撮影にも効果テキメンなのでぜひマスターしてください。

最近のデジカメは「フォーカスエリア」が中央だけでなく、複数のものが多く、その場合はカメラの「フォーカスモード」をシングルなどに設定してください。ピントを合わせるための「フォーカスエリア」を中央に選択でき、フォーカスロックの機能を生かせるようになります。

4.形にきれいに写すには、被写体から遠ざかること

わかりやすく、迫力のある写真をしようとして、多くの人が犯しがちな間違いがあります。それは、標準のズームレンズをつけたまま、被写体に寄ることです。

ズームレンズで被写体に近づいていくと、広角(W)にしないと全体が写りません。ところが、広角なら全体は入るものの、商品の形が歪んで写るはずです。

これはレンズの特性として仕方ないことで、商品の形をきれいに見せたいなら、被写体から離れ、ズームを望遠(T)にしてください。

望遠にすると、ピント合わせがワイドよりもシビアになりますが、ピントが合えば、全体がきれいに写った写真になるので、試してください。

・被写体に近づいてズーム機能を広角(W)にすると、形が歪んで見えてきます。

・広角(W)で被写体に近づくと、本来の形を再現できません。

・被写体から離れ、ズーム機能を望遠(T)で撮影します。

・歪みがなくなり、形をきれいに再現できます。

商品撮影の基本の1つが、「遠ざかって望遠(T)で」なのです。

5.露出補正で、白いものは自然な白へ、黒いものは自然な黒へ

洋服でも食器でも、白いものを写真に撮ると、実物よりも「暗く感じた」という覚えはないでしょうか。その原因はカメラの自動露出機能にあります。

自動露出がオンになっていると、白いものは「白くなりすぎないようやや暗めに」、黒いものは「黒くなりすぎないようやや明るめに」、カメラが自動で調整してくれます。

風景写真や人物ポートレートなどの撮影なら、ありがたい機能ですが、商品撮影は実物の色をできるだけ忠実に再現したいため、自動ではなく手動の露出補正機能を使いましょう。

設定は簡単で、数字を「+」方向に調整すれば、暗い場所でも明るく盗れるうになります(プラス補正)。逆に、「-」方向に調整すれば、明るさを抑えた撮影ができます(マイナス補正)。例えば、自動露出機能をオンにしたまま、黒いボディのカメラを撮影してみます。

見た目より黒が明るくにり、ちょっと安っぽい印象になってしまいます。そんなときは、手動露出でマイナス補正をかけて撮影します。本来の締まった黒が再現できるはずです。

次に、白い陶器を自動露出機能オンで撮影してみます。

手動露出補正でプラス補正をかけて撮影すれば、なめらかで、透明感のある白を再現できます。どの程度の補正をかければいいかは、撮影する商品によって変わるので、いろいろ試してみてください。

※露出補正方法はメーカーや機種により異なるため、詳しくは説明書やホームページをご確認ください。

6.光の状態に合わせてホワイトバランスを調整する

蛍光灯の下で撮影をしたら、全体が緑っぽくなったり、白熱電球の下で撮影をしたら、橙色っぽくなった、という経験をしている人は多いはずです。これは、蛍光灯、白熱電球の色が反射しているのが原因です。

料理の写真を蛍光灯の下で撮ると、緑っぽくてまったくおいしそうに見えないのは、仕方ないことなのです。そのようなときは、カメラの「ホワイトバランス機能」を活用してみましょう。ホワイトバランスとは、撮影環境での光の色の影響を補正して、白を白く写すための機能です。

下は、ホワイトバランスの設定を変えて撮影した写真です。(左上はホワイトバランスの設定名です)

・オート

・太陽光

・白熱電球

・白色蛍光灯

このように、ホワイトバランスを調整するだけで、見た目の印象は大きく変ります。被写体の色を最適に表現できるまで、いろいろ試してみてください。

良い写真と悪い写真の差はどこにあるのか?

ネットショップの商品写真は、大きく2つの役割があります。1つは、「商品の特徴を的確に伝えること」、もう1つは「商品を買うことで得られるメリットを伝えること」です。

商品の特徴は想像しやすいでしょう。洋服ならデザイン、色合い、生地の質感がわかるのが良い写真ですし、家電は全体のデザイン、ディテールがきちんと伝わるのが良い写真です。

メリットは、「その商品を購入した自分」を、お客様がポンッとイメージできるかどうかです。洋服なら、着ている自分がイメージできたり、家電なら家に置いている様子を、すぐに思い浮かべられたりするのが良い写真です。具体例をあげてみましょう。

良い例 悪い例

料理写真で最も大切なのは、なんといっても「おいしそうに見えるか」です。良い写真は、みたらし団子のタレの照り加減、焦げ目といった質感がくっきり写り、見ただけで食欲がそそられます。背景にさり気なく湯飲みが置いてあるのもポイントで、「お母さんに買っていってあげようかな」と、購入シーンまでイメージできます。

このタレの照り加減などの表現は「シズル感」と呼び、食品の撮影では、ライティング等でシズル感を強調するのが基本テクニックの1つです。悪い写真は、まず被写体から離れすぎているため、質感が伝わりません。また、蛍光灯の下で撮っているのか、全体に寒々しい印象で、お世辞にも食欲がそそられるとはいえません。

ピントがどこに合っているのかわかりにくいのもマイナスです。全体にピントを合わせようとすると、どうしても平板な写真になってしまいますが、良い写真のように、ズームレンズなら望遠(T)を使い、ピントを手前にあてて背景をボカすようにすると、プロっぽい写真になります。

背景は「なるべくシンプルに」が鉄則

写真に写っているものすべてが、見る人にとっては情報になります。撮影しているほうか、商品だけに集中しているつもりでも、画角に余計なものが少し入るだけで、見る人は気になってしまいます。余計な情報があると、商品を際立たせるのが難しくなるため、画角にはなるべく余計なものを入れないようにしてください。

例えば、洋服をモデルに着させて公演で撮影するとき、背景には「意味がありそうなもの」は極力入れないようにします。ジョギングしている人、散歩中の犬、自販機などが背景にあると、見る人は無意識に「そこに意味があるのか?」と感じてしまいます。

屋内で撮影するときは、テレビや洗濯カゴなど、生活感があるものが入らないように気をつけます。また、商品のディテールに寄って撮るときは、綿ぼこりや指紋、糸くずなども要注意です。 注意を払い、手間をかければ、写真はきれいに仕上がります。

撮影する角度によって、見る人の印象は変わる

写真を撮り慣れていない人は、どうしても被写体に対して水平の位置で撮影しようとします。間違いではありませんが、撮影する角度を変えることで、写真の印象は大きく変わることも知っておいてください。

例えば、高い目線から撮ったり、被写体から離れた撮ったりすると、商品を客観的に見ている印象になります。逆に、下から見上げるようにしたり、被写体にグッと近づくと、持っている、使っているシーンをイメージしやすくなります。

前者は、全体像をわかりやすく伝え、後者は見る人の興味関心を引き出す効果があるので、1つの商品に対して、両方の写真を用意してください。撮影確度は、上下左右にカメラを動かしたり、撮影する人がしゃがんだり、脚立に登ったりして変えていきますが、大切なのは、シャッターを押す前に「画面の水平がとれているか」を確認することです。

人は安定感のないものを見ると不安を覚えるといわれるため、写真がほんの少し傾いているだけで、違和感を感じてしまいます。また、陶器など表面にツヤのある商品の接写や、アクリルやガラスを台に使う撮影では、撮影する人が映り込んでしまうことがあります。角度を変えたり、映り込みを防ぐ黒レフなどを使うようにしましょう。

イメージカットは楽しみながら撮影しよう

商品写真は、その商品をできるだけわかりやすく伝えるのが目的なので、全体、ディテールの寄りを組み合わせるのが基本パターンになります。他に、例えばページのタイトルまわりなどに、背景込みの「イメージカット」を置いているネットショップもあります。商品写真だけでなくイメージカットもあると、「本格的なショップ」という印象になるので、チャレンジしてみましょう。

イメージカットを撮影するときのポイントは、使い方、メリットがわかるように、「実際に使っている状況」を再現することです。器類なら、テーブルクロス、フォーク・スプーン等のシルバー類も込みで撮影します。洋服なら、モデルに着させて、背景をボカした後ろ姿などもあります。

全体に光がにじみ、ふんわりとした雰囲気の写真を撮るなら、ソフトフォーカス・フィルターの使用がオススメです。他に、望遠レンズで商品の一部にピントを合わせ、他はボカしたり、商品の片側から照明をあてて陰影を強調したりと、イメージ撮影の方法はいろいろあります。

この商品を使うのは誰だろう? どんなときに使うのだろう? と、あれこれ想像しながら、撮影そのものを楽しむようにしてください。かっこいい、雰囲気のあるイメージ写真が撮れれば、他との差別化にもつながります。

5つの商品類別、ワンランク上の撮影テクニック

最後に、応用編としていくつかの商品別に撮影のコツをまとめていきましょう。商品撮影の基本は、プロの広告写真でも、ネットショップの商品写真でも、同じく白バックです。

それを押さえた上で、商品のイメージがより伝わりやすい撮り方を知っておけば、撮影が楽しくなります。以下、5つの商品類についてまとめていきます。

・洋服
・時計
・化粧品
・小物
・食品

洋服 陰影を強調して立体感を出す

洋服のイメージカットは、陰影を強調したほうが着用感を出せます。

撮影のポイント

・折りジワがあったら撮影前にアイロンをかけておく。
・着用している姿をイメージできるよう、ラインがしっかりわかるように。
・バッグ等の小物を使って、着用イメージを喚起する。
・のっぺりした印象にならないよう、シワの影を強調する。
・立体感を出すように、フェルトなどを入れて膨らみを表現する。
・平置きで上から撮影する場合、全体にピントがいくため、露出は開放気味でもOK。

時計 写り込みやすいので白で囲む

アナログ時計は、針の位置が「10時12分」にしますが、これはバランスがいいためです。電波時計の場合も、なるべくバランスのいい針の位置を意識したほうがいいでしょう。

撮影のポイント

・丸みを出すため、バンドはの内側に針金をまわして、装着している状態にする。
・背景、まわりは白で囲み、写り込みがないようにする。
・文字盤のガラスは光を反射しやすいので、照明のあて方に注意する。
・長針と短針、秒針が重ならないようにする。

化粧品 清潔感、透明感ある写真が基本

化粧品の購入者のほとんどは女性で、肌につけて使用するため、清潔感のある写真を使うのが鉄則です。

撮影のポイント

・パッケージは光沢があり、写り込みやすいものが多いので、白で囲むようにする。
・半透明ボトルの場合、背景は白にする。
・アクリル板の上に置き、あえて手前に写り込ませると印象がよくなる。

小物 使用シーンをイメージさせる

メガネなどの小物は、白バックの商品だけでなく、背景を作り込んだイメージ写真をメインにしたほうが伝わりやすいこともあります。

撮影のポイント

・メガネなら英字新聞、食器ならランチョンマットなどを背景にして、使用シーンが頭に浮かぶイメージで作り込む。
・自然光で撮るか、照明を使うかは状況によって変える。
・メガネはレンズに反射、写り込みやすいので、細心の注意を払う。
・白バックでの商品カット、背景を作り込んだイメージカットの組み合わせが効果的。

食品 逆光気味に撮ると立体感が強調される

プロと素人の写真で、最も違いがあらわれやすいのが食品写真です。シズル感があって食欲をそそるプロの写真に対して、素人が撮ると、どうしても平板な写真になりがちです。おいしそうに見せる基本は、まずパッケージのままではなく、きちんと器に入れ、食べるシーンを作り込みます。

基本的なテクニックとしてあげたいのは、「逆光気味に撮ること」です。やや後方から光をあてると立体感が出ておいしそうに見え、ドリンクは透明感が出てきれいな写真になります。

注意したいのは、後方からの光が強すぎると手前に濃い影ができ、ディテールが黒くつぶれてしまうことです。これだと、せっかくの料理がおいしそうに見えないため、「ほどよい逆光」となるように、時間をかけて調整してください。

またプロは、食品を撮影する際は、全体にピントを合わせるのではなく、特に強調したい、おいしそうに見せたいところにピントを合わせ、他はボカし気味にします。ズームの望遠(T)を使って、試してみてください。

まとめ

商品写真を撮影するポイントをまとめてきました。基本となる部分はどんな商品にも共通しますが、背景や照明のあて方、レンズの選択によっていろんな撮影が可能です。

扱う商品はどんな撮り方をしたら魅力的に見えるのか、お客様にどう感じて欲しいのかなど、想像力を働かせて撮影を楽しむようにしてください。大切なのは、ショップ目線ではなく、お客様にどう見えるかという目線を忘れないことです。

形や色などの基本情報をしっかり伝えながら、使用シーンをイメージできるように、複数の写真を組み合わせて使ってみてください。写真のクオリティが上がれば、ショップの印象も変わるはずです。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。