南アフリカ旅行に行く方必見!南アフリカのクレジットカード事情をご紹介

海外旅行でクレジットカードは必須アイテムです。それは南アフリカ旅行でも同じです。

しかし、旅先となる国に焦点を当てた準備をしておかないと、予期せぬトラブルに見舞われる可能性があります。「日本で使っているカードでも大丈夫だろう」と思っていると、旅先では使用不可だったために決済できないという事態に直面してしまうかもしれません。

「事前準備を怠ったために旅行が全く楽しめなかった…」なんてことにならないように、今回の記事では、南アフリカのクレジットカード事情についてお話していきます。南アフリカに訪れる予定のある方は、ぜひご覧ください。

目次

南アフリカ旅行でクレジットカードが必需品である4つの理由

南アフリカに限らず、海外旅行にはクレジットカードが必需品だという声を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ここでは、南アフリカに行くという方向けに、クレジットカードが必需品と言われる理由を4つご紹介していきます。

理由1. 現金支払いより手数料が安い

クレジットカードを使ったほうがいい理由の一つ目は、現金払いに比べて手数料が安く済むことです。

現金払いの場合、両替が必要になります。両替自体は、旅行前に日本で、移動中の空港で、あるいは現地でなど、様々な場所で行うことができますが、どこで行なっても手数料が高くついてしまいます。

高いところだと10%の手数料がかかるところもあります。10万円分両替すると1万円も損してしまう計算です。

一方、クレジットカードなら、具体的な手数料率はカード会社によって異なりますが、ほぼ1〜3%の範囲内に収まるので現金支払いに比べるとはるかに安く上がります。

そのため、クレジットカードが使えないところ以外では、基本的にクレジットカードで決済するのがオススメです。

理由2. 旅行中に残金の心配をしなくて良い

旅行というのは、想定外の出費が多く発生するものです。そのため、事前に必要だと思っていた以上にお金を使ってしまいがちになります。

そんな旅行において現金しか持っていなければ、常に残金を気にしながら観光して回る羽目になります。旅行の終盤で買いたいものを我慢しなければならなくなることもあるでしょう。

しかし、クレジットカードを持っていればその心配がありません。また、いざという時のために現地通貨を余らせておく必要もなくなります。

理由3. 海外旅行保険がついているカードがある

一部のクレジットカードには、無料で海外旅行保険がついてきます。

一般に、海外旅行保険に加入するには数千円〜1万円程度かかるので、一回の旅行のためだけに加入するのはもったいない気もします。

ですが、もし保険に加入していない状態で南アフリカを旅行中に病気になったりしてしまうと、高額な診療代を請求されてしまうおそれが生じます。また、病気にならないよう四六時中注意し続けなければならないのでは、思い切って旅行を楽しめなくなってしまうかもしれません。

その点、無料で海外旅行保険がついてくるカードを持っていれば、そのような心配をする必要がなくなります。海外旅行保険の加入料が高いと感じる方は、海外旅行保険が無料でついているクレジットカードを所持しておきましょう。

理由4. 盗難のリスクを下げることができる

クレジットカードを主な決済手段にして、現金はなるべく持ち歩かないようにすれば、手持ちの貴重品の量を減らすことができます。

残念ながら、南アフリカは日本よりも治安の悪い国です。盗難に遭う可能性も日本よりグッと高まります。そのため、万が一盗難に遭ったとしても、被害を最小限に抑えられるようにしておく必要があります。

クレジットカードなら、仮に盗難に遭っても一時的に使用をストップさせれば盗んだ人はそのカードを使えなくなるので、被害を抑えることができるのです。

南アフリカ旅行で所持しておくべきクレジットカードは?

せっかくクレジットカードを持っていっても、現地で使えなければ意味がありません。南アフリカで使えるクレジットカードの種類をここで押さえておきましょう。

持って行くべきカードは「Visa(ビザ)」と「Master card(マスターカード)」

南アフリカ旅行に行くならぜひ持っておきたいカードは2種類。「Visa(ビザ)」と「Master card(マスターカード)」です。南アフリカではこの2つのブランドを取り扱っている店舗が多いためです。また、どちらかが使えない店舗に出くわす可能性も考えられるため、2種類とも揃えておくことが望ましいです。

日本で作ったビザカードやマスターカードでも問題なく使用可能なので、持っていない場合は旅行前に作っておくと良いでしょう。

NGなカードは「アメリカンエキスプレス」「ダイナース」「JCB」

逆に、持っていかない方が良いカードもあります。それは、「American Express(アメリカンエキスプレス)」「ダイナース」「JCB」です。

これらのカードには、高級店でしか使えない、取扱店舗が少ない、手数料が他のカードに比べて高い、といったデメリットがあるからです。

もしこれらのカードしか持っていないのであれば、上でご紹介した「Visa(ビザ)」と「Master card(マスターカード)」を作っておくことをオススメします。

南アフリカ旅行にオススメの二大クレジットカード

ここでは南アフリカ旅行にオススメな、二つのクレジットカードをご紹介します。

旅先でトラブルが起きる可能性も踏まえ、旅行保険にも注目して選んでみました。ぜひ参考にしてください。

自動付帯の保険がつく三井住友カードA

南アフリカ旅行にオススメのカードの1つ目は、「三井住友カードA」です。「三井住友カード」とはまた別のカードなので、間違えないようにしてください。

このカードの大きなメリットは、自動付帯の旅行保険がついていること。自動付帯とは、保険適用に条件のない保険のことで、そのカードで決済していなくても補償がおりる仕組みになっています。

2年目以降は年会費が1,500円になるため少し割高ですが、保険の自動付帯に加え、割引特典やプレゼントなどの優待が受けられる「世界のお得なお店ガイド」のサービスが利用できるので、南アフリカ旅行にはぜひとも持参しておきたいカードです。

補償額強化に最適のエポスカード

南アフリカ旅行でオススメのクレジットカードの2つ目は、エポスカードです。

こちらも「三井住友カードA」と同じく自動付帯の海外旅行保険がついています。しかも年会費が無料なので、保険の合算用として最適なカードと言えます。

また、エポスカードはマルイ店舗で即日発行ができるので、出発直前でも作成しやすくなっています。その場合は事前にインターネットで申し込みの上、店頭でカードを受け取るようにすると手続きがスムーズに進むのでオススメです。

南アフリカでクレジットカードを使う前に確認すべき、5つのチェックポイント

南アフリカ旅行は、クレジットカードを持っている方が便利です。ただ、クレジットカードの使用に関しては、事前に確認しておくべきことが5つあります。

これらを確認しておかないと現地に行ってから慌てることになる可能性もありますので、ぜひ旅行前に確認しておくことをオススメします。

1. 暗証番号を確認する

クレジットカードの暗証番号は、旅行に行く前に確認しておきましょう。

日本だと、暗証番号を入力しなくても認証が通ったり、あるいは忘れてしまってもサインで済んだりするので、暗証番号の入力が必要な機会はそれほど多くありません。

しかし、海外では基本的に暗証番号の入力を求められると思っておいた方がよいです。セキュリティの厳しいアフリカに行くならなおさらです。

何度か間違えて入力すると、カードの利用が停止されてしまうこともあります。そのような事態の発生を避けるためにも、きちんと暗証番号を確認しておきましょう。

2. 決済前に決済金額を確認する

クレジットカードを利用する場合は、「決済金額」が合っているかをきちんと確認してから決済しましょう。

なぜかというと、日本国内とは違って店員さんが決済金額を間違えて入力することがままあるからです。ゼロの数が一つ多い、ということにでもなれば金額が大きく変わってしまいます。

一度行った決済を取り消すためには煩雑な作業が必要になることもあるので、決済前によく確認しましょう。

3. 多少の現金は持ち合わせておく

現金よりもクレジットカードのほうが便利なのは確かですが、現金をまったく持ち歩かないのも考えものです。

理由は、クレジットカードが使えない場所があるからです。田舎や小さな店舗などでは使えない可能性が高いので、多少の現金は持ち合わせておいた方が無難です。

ただ、前述した通り盗難のリスクもありますので、なくなったとしても惜しくない程度の金額に抑えるようにしましょう。

4. カード紛失時の連絡先を確認しておく

前述の通り、アフリカは治安面でのリスクが日本より高いので、所持品を盗まれることがないとは言えません。

クレジットカードが盗まれた場合でもコールセンターに電話をかければ使用を止めてもらえるので、被害を最小限に抑えることはできます。しかし、連絡が遅くなってしまうと、使用を止める前にカードを使われてしまう可能性があります。そのため、盗まれてもすぐに連絡できるように、予め連絡先を確認しておきましょう。

5. クレジットカードを複数枚用意しておく

1枚のクレジットカードで安心せず、複数枚用意しておきましょう。

1枚のみだとそのカードを決済に使えないお店に遭遇する可能性もありますし、盗難に遭うと文無しになってしまい、にっちもさっちもいかない状況に陥ってしまう可能性があるからです。

その点、予備のカードがあれば、被害に遭ったとしても慌てずに済みます。少しでも気持ちに余裕を持って快適に旅行ができるように事前に準備しておきましょう。

現金が必要なシーンと、オススメの両替方法

南アフリカ旅行では決済にクレジットカードを使うのが良いとお伝えしてきましたが、前述した通り現金も少なからず必要になります。

ここでは、現金が必要となるシーンと現地通貨に両替する際のオススメのやり方について解説していきます。

チップを支払う時に現金が必要

現金を持ち合わせておくべき理由としてカードが使えない場所があるからだと前述しましたが、実はもう一つ理由があります。

それは、チップを渡す時に必要になるからです。日本人にはあまり馴染みのない文化ですが、海外の多くの国ではサービスを受けた際にチップを払うのが習慣として定着しています。そして、チップの支払いは現金でというのが基本なのです。

チップを支払う主なシーンは、ホテルや飲食店、タクシーを利用した時などです。

なお、支払うチップの金額は国によって異なるので、旅行会社が提示する目安を確認しておきましょう。

円→ドル→現地通貨の順番で両替しよう

現金を用意するとなれば、円を現地通貨に両替する必要があります。その場合は、まず日本で円をドルに両替して、旅先で現地通貨に両替するというやり方がオススメです。

一度ドルに両替する理由は、日本円から現地通貨に直接両替しようとすると、レートが悪くなってしまうからです。

多少手間はかかるかもしれませんが、少しでも良いレートで両替するために、ぜひ試してみてください。

ATMでの両替がオススメ

現地で両替する際は、ATMでクレジットカードを使って両替することをオススメします。理由は、手数料が約1~2%程度と非常に安く抑えることができるからです。

両替できる場所自体は、空港や銀行、ホテル、ショッピングモールなど様々ありますが、場所によっては約5%~10%の手数料がかかることがあります。

手数料で損をしないためにも、両替はATMで行うようにしましょう。また、ATMで両替するときは、防犯という観点から、銀行に併設されているATMやショッピングモール内のATMがオススメです。

南アフリカ旅行は事前準備が大事!

以上、本記事では南アフリカ旅行でクレジットカードを使用するメリットについて様々な観点から解説してきました。

南アフリカでは、お金から食事、交通手段、文化風習に至るまで、全てが日本とは異なります。現地到着後に「もっとちゃんと調べておけばよかった…」となってしまっては、旅行が楽しめなくなってしまいます。

南アフリカ旅行は、それ相応の時間とお金を投じることになります。となれば、可能な限り充実した旅行にしたいと考えるはずです。そのためには、事前の準備を怠ってはいけません。

ぜひ、こちらの記事だけでなく、海外旅行にまつわる情報が掲載されているサイトやガイドブックなどを見て、しっかり準備してから現地に向かっていただければと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次