スキル

ホームページとは何か? その基本と使い方を解説

普段、あたり前のように使っている言葉でも、「それってどういう意味?」と問われて、答えに詰まってしまうことがあります。例えば、「ホームページ」「ウェブサイト」の違いはどうでしょうか。あたり前に使っていても、違いをすんなり答えられる人は少ないはずです。

ホームページとウェブサイトは、別々の意味を持つインターネット用語です。ウェブサイトとウェブページも同様で、実は、今さら聞けないインターネットの基本用語は意外に多いのではないでしょうか。

ここでは、そんなインターネットの基本用語について解説していきます。ホームページ制作に関する基礎知識も紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

Contents

そもそも「ホームページ」とは何なのか?

ホームページをひと言でいうと、「ブラウザを開いて最初に表示されるページ」となります。ですが、実際は異なる意味でも使われ、用途が曖昧になっています。整理するために、まず、ホームページとは何かを詳しくみていきましょう。

ブラウザの最初のページが「ホームページ」

前述したように、ウェブブラウザを立ち上げたとき、最初に表示されるページが「ホームページ」です。主に使われるウェブブラウザは、Microsoft Edge、Chrome、firefox、safariなどでしょう。ニュースサイトを設定している人がいれば、Yahoo!、msnなどのポータルサイト、お気に入りのアーティスト・アイドルのページ、中には空白のページを設定している人もいます。

どのページを設定するかは人それぞれであり、つまり、ウェブブラウザを使う人の数だけホームページがある、といえるのです。要は、ブラウザのホームボタンを押すと表示されるページで、Chromeをホームページに設定しておくと、こういうページが表示されます。

ウェブサイトの最初のページを「ホームページ」と呼ぶことも

ウェブサイトのトップページ(最初のページ)をホームページと呼ぶこともあります。整理すると、ウェブブラウザを立ち上げて、最初に表示されるページ、またはウェブサイトのトップページという意味で、ホームページという言葉は使われています。

ブログは「Weblog」の略で、ウェブサイトの1つ

インターネット上には、情報発信を行うさまざまなウェブサイトがありますが、ブログもその一つです。「Web」上に「Log(記録)」を残す、「Weblog(ウェブログ)」を略したものが「ブログ」であり、インターネット上の日記のように、文章がメインになっています。

ブログの種類も多種多様で、個人が趣味で開設しているものがあれば、企業がカスタマーコミュニケーションの一貫として開設するもの、広告収入を目的としたブログもあります。ブログで公開されている一つひとつの記事が「ウェブページ」であり、全体を総称して「ウェブサイト」と呼びます。

「ホームページ」と「ウェブサイト」をどう使い分ける?

ウェブページをまとめたものがウェブサイトで、住所にあたるのがドメインです。ポータルサイト、企業サイト、ショッピングサイト、個人ブログサイトもすべてウェブサイトですが、日本では、「ウェブサイト」を「ホームページ」と呼ぶのが一般的になっています。ある企業が「詳しくはホームページをご覧ください」というとき、厳密には「詳しくはウェブサイトをご覧ください」が正解なのですが、日本では「ホームページ」が定着しています。

日本人が使う「ホームページ」は和製英語

本来は、「ブラウザを立ち上げて最初に表示される」ものがホームページで、ウェブページを集約したウェブサイトとイコールではありません。ではなぜ、日本ではウェブサイトをホームページと呼ぶかというと、答えは「よくわからない」です。

インターネットが普及するどこかの時点で、ウェブサイトをホームページと呼ぶようになり、それが慣習として定着していきました。「Fench fries(フレンチフライ)」を日本では「フライドポテト」、「Night game(ナイトゲーム)」を日本では「ナイター」と呼ぶように、和製英語のようなもの、と考えてください。「ノートパソコン」は英語で「Laptop(ラップトップ)」、「ブラインドタッチ」は英語で「Touch typing(タッチタイピング)」と呼ぶのと同じです。

海外とのやり取りでは「ホームページ」「ウェブサイト」を使い分ける

本来の意味から少し離れ、現代の日本ではウェブサイトをホームページと呼ぶのが一般的です。IT、Web業界の会社でも、本来の意味ではなく、「ホームページ=ウェブサイト」と呼びますが、そのほうが浸透しているため、説明しやすいからです。検索対策、いわゆる「SEO対策」という側面もあります。

企業や商品の情報を検索するとき、または制作会社を探すとき、「〇〇 ホームページ」「ホームページ制作」と検索する人が多く、「ホームページ=ウェブサイト」として使ったほうが検索されやすくなります。ウェブサイト、ホームページを本来の意味で使い分けてもいいし、同じ意味の言葉として使っても、日本国内なら問題はありません。ただ、海外の会社、顧客とやりとりする際は、それぞれ本来の意味で使い分けたほうがいいでしょう。

私たちはどうやって「ホームページ」を見ているのか?

では、ホームページの基本的な原理についてみていきましょう。当然ですが、ホームページを閲覧するには、PC、スマホ、タブレットをインターネットに接続する必要があります。では、なぜインターネット接続が必要なのでしょうか?

答えは、「自分のPC、スマホ、タブレットの中にはないファイルを見るため」です。インターネットに接続することで、他の場所にあるファイルを手元で見られるようになります。また、今、そのファイルを見てるのはあなただけではなく、世界中の誰もが、インターネットを使って見ることができます。

従って、このようにいうこともできるでしょう。ホームページとは、「あるコンピュータに置かれているファイル群で、インターネットにつなぐことで、複数の人たちが見ることのできるもの」。

今さら聞けない「サーバー」と「ブラウザ」

他の場所にあるコンピュータのファイルを見るために、PC、スマホ、タブレットをインターネットにつなぐわけですが、どんなデバイスからでも自由自在に見られるわけではありません。例えば、インターネットに接続されている自宅のPCに保存しているファイルを、誰でも見られるとなると、とても怖いはずです。

そうしたことができないように、インターネットに接続しても、「あるコンピュータに置かれたファイル」だけを、一時的にダウンロードする仕組みが構築されました。「あるコンピュータ」の中の特定の場所に置いたファイルを、インターネットを通じて、不特定多数に公開する仕組みで、その仕組みのために必要なのが「wwwサーバー」というソフトウェアのインストールです。

そして、「wwwサーバー」がインストールされたコンピュータを「サーバー・マシン」、または単に「サーバー」と呼んでいます。ざっくりいうと、「ホームページ用のファイルが置かれたコンピュータはサーバーと呼ばれる」となります。

また、サーバーに置かれたファイルは、インターネットに接続すれば誰でも見られるわけではありません。見たい人は、PC、スマホ、タブレットなどのデバイスから「ファイルを見せて欲しい」とリクエストを送り、その後でダウンロードを行い、ようやく自分のデバイスで見られるようになるのです。

デバイスで見やすいよう表示するにはソフトウェアが必要であり、これを「ウェブ・ブラウザ」、または単に「ブラウザ」と呼んでいます。誰でも、ホームページを見るには、このブラウザが必要です。「そんなもの、インストールした覚えはない」といっても、このウェブページを見ているなら、ブラウザを使っています。PC、スマホ、タブレットなど、インターネットに接続してホームページを見られるデバイスには、ほとんどの場合、ブラウザがプリインストールされているのです。

定番といえるのはMicrosoft Edge、Google Chromeの2つで、firefox、safariなどを使っている人は、購入後、自分でインストールしているはずです。ブラウザの種類は、下記を参照してください。

参考:フレッツNTT西日本公式ホームページ

ホームページ同士は「リンク」でつながれている

ブラウザには閲覧中のURLを表示するアドレスバーがありますが、ホームページを見るとき、アドレスバーにアドレスを入力することはあまりありません。

よく見るホームページならブックマークされているでしょうし、任意の文字を入力して検索して、一覧から気になるものをクリックすることもあります。

最初に表示されるホームページがポータルサイトなら、ニュースやスポーツ、天気などの情報がまとめられているため、該当部分をクリックすればそのウェブページを閲覧できます。

インターネット上にあるホームページのファイルは、それぞれつながっているため、クリックだけで閲覧でき、こうした関係を「リンク」と呼びます。

つまり、ホームページはお互いにリンクし合って構成され、そのリンクを通じて同じサーバーのページにも、世界中の別サーバーのページにも自由に行き来できるのです。

これが、インターネット上のホームページの最大の特質といえるでしょう。

ここでのまとめはこうなります。

「ホームページはサーバーに置かれているファイル群で、インターネットにつないでいる複数の人がブラウザを通じて見ることのできるもの。ファイルは互いにリンクし合って構成され、同一サーバーだけでなく、全く別のサーバーのホームページにも関連づけることで、ユーザーはホームページ間を自由に行き来できる」

Facebookがあればホームページはいらない?

最近はSNSを情報発信に使うケースも増え、特に飲食店では、メニュー写真を豊富に掲載できるFacebookで店の魅力を発信することが多くなっています。もちろん、ブログで情報発信を行うお店もあります。

では、飲食店などのお店を運営する場合、ホームページ、ブログ、Facebookはどう使い分ければいいのでしょうか。Facebookでいろんなことができれば、ホームページは不要なのでは? と思う人がいるかもしれません。ホームページ、ブログ、Facebook、それぞれの特徴、役割、使い方についてまとめてみましょう。

Facebookはお客様との接点づくりに向いている

飲食店などの店舗、また個人でも、アカウントを取得し、Facebookを開設するのは珍しくありません。基本的に、Facebookは本名でアカウントを取得して使うものですんが、個人名以外にもお店の名前や、会社の名前、イベントの名前などで投稿が上がってきます。

これは「Facebookページ」と呼ばれ、登録している人なら簡単に作ることができます。Facebookは、情報を時系列で発信したり、いろいろな人とコミュニケーションを取るのに向いたSNSです。お金をかけず宣伝することもできる、というのも大きなメリットでしょう。

一方、メニューやアクセス方法、地図、営業時間、定休日などの基本的な情報、お店の雰囲気などを、わかりやすく整理して見せることには向いていません。Facebookを接点として、お店のホームページなどへ誘導するのが効果的な使い方でしょう。

お店の「顔」になるのがホームページ

Facebookがお客様との接点を作るものだとしたら、ホームページは「お店をもっとよく知ってもらう」ためのものです。お店のホームページには、営業時間等の基本的な情報、住所、電話番号、交通アクセス、地図、メニュー、内装の雰囲気を伝える写真などが、メニュー別に掲載されています。

仕事に出た先で、おいしいものを探したり、今度の飲み会に使える店を探したりする人が見るのはもちろん、Facebookで見つけた人が、「どんなお店だろう」と確認するために見たりもします。こんな雰囲気のお店で、こんな料理があり、予算はだいたいこれくらいを、簡潔に、わかりやすく伝えるのがお店のホームページです。Facebookのように、日々情報を発信していくツールと、お店の基本情報を整理して見せるホームページは、それぞれの役目を補完し合う関係にあるともいえます。

「ブログ」は内容を詳しく伝えるオウンドメディア

ホームページとFacebookがあれば、お客様とのコミュニケーションは十分、と考える人がいるかもしれません。ですが、ブログにはブログの役割があり、ホームページを開設したら、ブログを始めるお店も多くあります。

役割の違いをあげると、飲食店のホームページは、お客様にお店の基本情報やメニュー、雰囲気などを分かりやすく伝えるものです。ブログはというと、基本情報以外の内容をより深く訴求し、利用者の増加につなげるものです。

ブログ=日記と思う人も多いでしょうし、日記として使っているタレントも大勢います。ですが、飲食店のブログは日記としての使い方以外に、オウンドメディア的な役割もあります。

企業などが「所有しているメディア」がオウンドメディア(ownedmedia)で、自ら商品、お店の情報を発信していくメディアのことです。ホームページは写真と基本情報をわかりやすく、簡潔に載せるため、文章量はあまり多くありません。

一方、飲食店のブログは、料理や接客などに込めた思い、お客様とのやり取りなどを、ある程度のボリュームの文章としてまとめていきます。ブログのコンテンツが増えていくと検索にひっかかりやすくなります。ブログからお店に興味を持ち、ホームページへ誘導することも可能です。

ホームページには「3つの種類」がある

では、ホームページを作成する場合、どこから手をつけたほうがいいのでしょうか。ひと言でホームページといって種類があり、ここでは一般的な3つの種類、「ショールーム型」「営業拠点型」「店舗型」について、それぞれの特徴を説明していきます。また、作成の際のポイントにもふれていきしまょう。

1.ショールーム型ホームページ

実店舗のショールームの目的は、お客様に商品を見てもらったり、資料やパンフレット等を渡すことです。商品を売ることより、情報提供と自社製品や会社のアピール、そしてお客様との関係構築が主な目的になります。

ショールームは立地が重要で、全国展開している企業が何か所ものショールームを運営すると、維持コストは相当のものになります。インターネット上のホームページにも、この「ショールーム型」がよく見られます。

見てくれるお客様に、自社の製品を紹介したり、歴史や企業理念などのアピールをするページになります。実店舗のショールームには立地の制約があり、来店できるお客様も、また営業時間も限られています。

ですが、「ショールーム型ホームページ」なら、24時間365日、いつでも誰に対しても情報の提供が可能です。日本中、いや世界中のお客様に対して、24時間365日営業のショールームをオープンするイメージでとらえてください。

2.営業拠点型ホームページ

次は「営業拠点型」ですが、一般の企業なら「支店・支所」のイメージです。

営業マンのベースキャンプであり、この営業拠点を基点に、地域のお客さんを訪問し、関係を築いていくわけです。インターネット上の「営業拠点型ホームページ」でも、同じように商売を拡大することが可能です。

リアルの「営業拠点」では営業マンがお客様を訪ねますが、営業拠点型ホームページでは、「電子メール」が営業マンに相当します。電子メールを使った営業を行うベースキャンプが、「営業拠点型ホームページ」というわけです。

具体的には、ホームページ上でお客さんに電子メールのアドレスを登録してもらい、そのアドレスに対して電子メールを送信することにより営業活動を行います。

前述したショールーム型ホームページは、情報提供が目的であり、直接の売上げにはつながりません。電子メール、そしてホームページにより、新規顧客の獲得や、既存顧客との関係強化を図ることで、新たな売上げにつなげられるのが営業拠点型ホームページです。

リアルの営業拠点では、お客さんが電話をかけて営業マンに質問をしたり、資料の送付を依頼したりします。
営業拠点型ホームページでは、ホームページにアクセスして資料を読んだり、電子メールなどで質問したりするわけです。
また、営業拠点型ホームページはかなりの低コストで運営することも可能です。

3.店舗型ホームページ

3つ目は「店舗型ホームページ」ですが、スーパーマーケットの新店舗オープンをイメージするとわかれやすいでしょう。営業拠点に、お客様が直接商品を買いに来るのはまれですが、「店舗」の場合、お客様の目的が商品の購入です。

この「店舗型ホームページ」をインターネット上では「オンラインショップ」や「ネットショップ」と呼びます。ホームページ上で自社の商品を紹介し、購入までしてもらうわけです。

リアルの店舗は1日の来店数に限りがあり、オープン時間も9時から19時までなどの制限があります。「店舗型ホームページ」なら、世界中のお客様を相手に、24時間365日休みなしで商売が可能です。また、人件費を抑えられるため、実店舗よりかなりの低コストで運営できます。

タイプ別によって作成の難易度も異なる

ホームページを3つのタイプに分けてみましたが、では、ホームページの作り方の難易度はどうでしょうか。

ショールーム型ホームページ→比較的簡単
営業拠点型ホームページ→すこし高度なノウハウ必要
店舗型ホームページ→かなり高度なノウハウ必要

ショールーム型ホームページは、情報を用意してまとめれば完成するため、作成は比較的簡単です。多くの企業のホームページはこのタイプで、物販でなければ、最初はここから始めることをオススメします。最も難易度が高いのは店舗型ホームページです。

インターネット上には数多くの店舗型ホームページ、つまりオンラインショップがありますが、充分な売上げを立てているのは、高度なノウハウを持ったオンラインショップに限られる、ともいわれます。ホームページを作成するなら、どの種類のホームページを作るのかを、最初に十分検討しなければいけません。どういうホームページにするかを考えないで、システムベンダーにいわれるまま進め、高いお金を払ったものの、理想とは全然違うホームページが出来てしまった、という失敗は避けるためです。

ホームページ作りの失敗例に学ぶ

ある銀行で、ホームページを作成することになりました。銀行は「お金に細かい」という印象がありますが、社内システムに関してはコスト管理が甘いところがあるといいます。その時の作成コストは約2,000万円だったといいますが、大企業にはこの何倍もの費用でホームページを作るところもあり、銀行内では評価されたそうです。

ですが、今考えると、コストをかけすぎだったのでは、という疑問があります。作成したのは、典型的な「ショールーム型ホームページ」で、銀行の商品を説明しているだけのものでした。

そもそも「ショールーム」は売上げに直結しないため、なるべくコストを抑えるのが鉄則です。大企業の場合、会社のイメージアップを兼ねて豪華なショールームをいくつも運営していますが、中小企業ではそうもいきません。

この事例の場合、他の銀行が豪華なホームページを作成しているため、差をつけられたくないという思いが先に立ち、目的や効果などはあまり考えずに進められたようです。会社の規模には関係なく、ホームページを作るときは、目的と効果をよく考えなくてはいけません。

ホームページのそもそもの目的を考える

会社はなんのために存在しているのでしょうか。業種業態、社風はそれぞれだとしても、共通するのは「利益をあげること」で、それによって雇用の維持、社会貢献を果たすのが企業の務めです。

そう考えると、ホームページも企業の利益に貢献することが大原則になります。例えば、ネット通販を行うホームページなら、売り上げはそのまま利益へとつながります。

売上げを伸ばすためには、ユーザービリティの向上や切れ目のないコンテンツの提供が求められます。また、お得意様、リピーターを増やすために、ポイントカードや優待券など、再来店を促す施策も強化する必要があります。

逆に、不定期顧客を多く取り込みたいなら、広告や広報に注力しなければなりません。どんなホームページを作成するかによって、考えるべきことは変わってくるです。

どんなホームページでも「利益」を念頭に置く

売上げには直接つながらないホームページでも、やはり「利益」抜きに作成、運営はできません。ホームページの目的が自社の「宣伝」なら、Webプロモーションによってチラシなど既存の広告費を削減すれば、「差額」が利益となります。カスタマーサポートも、お客様の満足度を高めることで売り上げアップさせ、利益の拡大を目指しています。

また、お客様が探している商品を説明するのはもちろん、派生商品を紹介する、ある種の狡猾さをホームページに持たせることもできます。どんなタイプであれ、ホームページを運営するには、最終的な「利益」を念頭に置かなくてはいけないのです。

「作ればなんとかなる」が通用した時代もあった

ホームページの目的を明確にせず、利益という視点を持たないケースは少なくありません。以前は確かに、「ホームページを作りさえすればどうにかなる」という考えが通用していました。担当者が見よう見まね作成したため、無駄に大きな画像ファイルがたくさん使われ、また以前は回線環境も貧弱でしたから、トップページを開くのに10分以上かかる通販サイトがありました。

そんなホームページでも、毎月コンスタントに売り上げをあげていましたが、それが通用したのは通販サイトそのものが珍しかった時代の話です。現在は、どんなホームページであれ、最終的な利益につながるように考え、作り込まなくてはいけない時代なのです。

ブームの背景には受給のミスマッチがある

インターネットの普及によって、さまざまな新しいサービスが生まれましたが、普及期には特別な集客が必要ありません。21世紀になったばかりの頃は、メルマガを新規発行するだけで簡単に1万人を超える読者を集められました。その後、ブログブームがあり、次にやってきたのがSNSブームです。

国内ではmixiが草分け的な存在で、Twitter、Facebook、Instagramなどが生まれました。それぞれの「普及期」には、簡単に集客ができ、ビジネスが急成長する時期があったのです。そうした状況が生まれる理由の一つが「コンテンツ不足」です。

普及期には、コンテンツの供給とユーザーの需要の間にミスマッチが生まれ、短期間でスター的な存在になれる構造が、インターネット世界にはあるのです。成功が大きくクローズアップされるため、ホームページを作っただけ、SNSに取り組んだだけで成功する、と短絡的に考えるのでしょうが、それを期待するには極めて危険といえます。

作っただけで「やったつもり」になっていないか

インターネット上で新しいサービスが生まれると、どの分野にもある種の「天才」があらわれます。カリスマブロガー、カリスマTouTuberなども含まれますが、そうした天才の存在に触発され、「誰でもできる」という雰囲気に流されることもあります。当然ですが、誰でも人気者になれるわけではありません。

そもそも、企業やお店のホームページは、利益の最大化をアシストするのが目的です。「ビジネスモデル」を「マネタイズ」するためのツールの一つがホームページであり、各種SNSです。

ホームページを作成した、SNSを始めたで「やったつもり」になってしまうのは、手段と目的をはき違えているといえます。つまり、利益という視点のないホームページは、企業活動からかけ離れた無用の長物、ともいえるでしょう。ここは十分注意する必要があります。

まとめ

ホームページについて、基本的な役割や使い方をまとめてきました。今や、世界中の人々が、インターネットを使って情報を収集するだけでなく、自ら発信できるようになっています。企業であれ個人であれ、発信するための基盤となるのがホームページなので、今一度、基本に立ち返ってその役割を考えるのも、必要なことかもしれません。

そして、作成するときは、見た目の前に「目的」を明確にしてください。「そのホームページで何をしたいのか」から発想していけば、進むべき道が見えてくるはずです。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。