物販

日本の2018年ブラックフライデー事情と2019年ブラックフライデー予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ブラックフライデーは、以前はアメリカ国内での一行事でしたが、ここ数年で日本でも浸透してきました
特に、2018年は多くの企業がブラックフライデーにセールを開催し、大盛り上がりでした。

今回は2018年のブラックフライデー事情と、2019年のブラックフライデー予想を解説します。

ブラックフライデーとは?

まずは、ブラックフライデーとはそもそも何なのかを簡単に解説します。

ブラックフライデーの日時

ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の翌日の金曜日のことです。

そもそも11月の第4木曜日はアメリカ合衆国の感謝祭で、その翌日は1年で最もショッピングが多い日でした。
そこに目をつけた多くの企業が感謝祭の翌日から数日間大型セールを開催するようになったのがブラックフライデーの起こりです。

今では、ブラックフライデーはクリスマス商戦の初日と言われるほど有名になりました。

ブラックフライデーの意味

ブラックフライデーはなぜ「ブラック」なのでしょうか。
諸説ありますが、一番有力な説は「黒字」です。
セールによって売上が増えて、黒字になるお店が増えることから、ブラックフライデーと呼ばれるようになったと言われています。

ブラックマンデー・ブラックサーズデーとの違い

よく似た言葉に「ブラックマンデー」や「ブラックサーズデー」がありますが、こちらは株価が暴落した「暗黒の曜日」です。
ブラックフライデーとは全くの別物です。

日本とアメリカのブラックフライデー事情

続いて、日本とアメリカのブラックフライデー事情について解説します。

アメリカでは歴史も深く大フィーバー

アメリカでブラックフライデーが始まったのは1961年で、1975年には合衆国全土に浸透しました。

アメリカのブラックフライデーは単なる大型セールではなく、感謝祭の延長のようなもので、国を上げたお祭りになっています。
イメージとしては、日本のお正月恒例の福袋商戦をさらに熱くした感じです。

日本は歴史が浅い

それに対して、日本でブラックフライデーが始まったのは2016年頃で、大手ショッピングモール「イオン」が割引セールを開催したのが最初です。イオンは2017・2018年もセールを開催しています。

他にも日本航空も2016年にブラックフライデーに合わせてキャンペーンを実施しました。

日本ではまだ歴史も浅く、前日に感謝祭がないため、アメリカほどブラックフライデーは盛り上がっていません。
お祭りではなく単なるセールという位置づけです。

最近は日本にも浸透しつつある

ただ、日本でもブラックフライデーは広まりつつあります。

特に2018年には、多くの企業・チェーン店がこぞってブラックフライデーに大型セールを開催しました。
ファッションセンター「しまむら」は、ブラックフライデー限定の福袋を販売しました。

2019年は、さらなる盛り上がりが予想されます。

2018年に日本で開催されたブラックフライデー

続いて、2018年に日本でブラックフライデーにセールを開催した主な企業・ECサイトを紹介します。

ブラックフライデーを開催したオンラインショップ

楽天市場11月23日(金)10時〜26日(月)9時59分
オムニセブン11月23日(金)10時〜30日(金)
Qoo1011月22日(木)〜25日(日)
PlayStation Store11月16日(金)〜25日(日)
LINEショッピング11月23日(金)0時〜26日(月)23時59分
サンワダイレクト11月22日(木)10時~27日(火)18時
貝印11月22日(木)10時〜26日(金)24時
マイプロテイン11月19日(月)〜
エクスペディア11月23日(金)〜12月3日(月)
Hotels.com11月21日(水)〜27日(火)
Accor Hotels11月23日(金)〜26日(月)
JAL11月23日(金)〜26日(月)
Peach11月22日(木)〜25日(日)
Trip.com11月23日(金)〜26日(月)
ZOZOTOWN11月20日(火)正午~27日(火)
H&M11月15日(木)~11月25日(日)
Buyma11月23日(金)〜25日(日)
ナイキ11月23日(金)〜26日(月)
アディダス11月23日(金)〜26日(月)
トイザらス11月15日(木)21時~11月25日(日)

実店舗でブラックフライデーを開催したショップ・企業

イオン11月23日(金)〜25日(日)
イトーヨーカドー11月22日(木)〜26日(月)
カインズ11月21日(水)〜26日(月)
コストコ11月23日(金)〜25日(日)
しまむら11月21日(水)〜25日(日)
Rigt-on11月23日(金)〜25日(日)
GAP2018年11月23日(金・祝)~25日(日)
H&M11月14日(水)〜25日(日)
フォーエバー2111月23日(金)
カルディ11月23日(金)〜25日(日)
トイザらス11月16日(金)~11月25日(日)
ゴディバ11月23日(金)〜25日(日)

ブラックフライデーと同時に開催されたセール

ユニクロ誕生感謝祭( 11月22日(木)〜26日(月) )
丸井マルコとマルオの7日間( 11月22日(木)〜28日(水) )
無印良品無印良品週間( 11月16日(金)〜26日(月) )
IHGサイバーセール( 11月23日(金)~11月30日(金) )
エクスペディアサイバーマンデー( 11月26日(月) )
Amazonサイバーマンデー( 12月7日(金)~12月11日(火) )

イオンのブラックフライデー

ここからは、日本のブラックフライデーの火付け役となった、イオンショッピングモールのブラックフライデー事情を解説します。
イオンでは毎年ブラックフライデー当日から3日間セールが行われています。

2019年は11月29日から開催される見込みです。

ポイント・クーポンが多くなる

ブラックフライデーでは、ポイントプレゼントや割引クーポンが多くなります。
特に、イオンカードを利用すると、以下のようなお得なキャンペーンが利用できます。

  • 5,000円以上お買い上げで500円OFFクーポン
  • 10,000円以上お買い上げで1000ポイント
  • 20,000円以上お買い上げで最大3,333円OFFクーポン

イオンカードは年会費無料です。
ポイントも多く貯まるため作っておくと便利です。

他にも、

  • イオン公式アプリをダウンロードするだけで最大5,000円OFFクーポンが抽選でもらえる
  • イオン公式Twitterアカウントをフォロー&リツイートするだけで抽選でイオンギフトカードもらえる

などのキャンペーンもありました。

過去の主な目玉商品

【2016年】
冬物衣料品全品半額
dyson39800円
象印 圧力IH炊飯ジャー26800円
Panasonic 49型4K対応液晶テレビ149040円
ASBEE レディーススニーカー960円
ライトオン レディースモッズコート3000円
【2017年】
ビジネススーツ全品半額
冬物限定品全品半額
SHARP 50型4Kテレビ94,800円
GAP先着46名限定1人1点460円、先着96名限定1人1点960円
JINS先着20名限定「JINS SCREEN NIGHT USE」960円
【2018年】
有名ブランドウォッチ9600円(各日限定10本)
アソートストーンBOX960円(各日限定10個)
有名ブランドサングラス4600円(各日限定3個)
ファンケル ブラックフライデー特別セット9600円(各日限定10個)
TSUTSUMI Ptダイヤモンドネックレス96000円(数量限定)

オンラインショップでもブラックフライデー開催

イオンはオンラインショップでもブラックフライデーセールを開催しています。
人混みが苦手な人はオンラインショップをご利用ください。

オンラインショップのブラックフライデー

以下では、オンラインショップで開催されるでブラックフライデーに向けた対策を解説します。
ブラックフライデーだからといって衝動買いしてしまうと、思いがけず損してしまうこともあるので、事前の情報収集は怠らないようにしましょう。

事前に実店舗で確認しておくと良い

洋服などサイズのあるものを買う予定がある方は、ブラックフライデーが開催される前に実店舗で試着してサイズを確認しておきましょう。

裾上げなどに対応しているオンラインショップも多い

裾上げなどお直しは実店舗でないとしてくれないイメージがありますが、ユニクロなど大手ストアでは、オンラインでもお直しに対応している場合が多いです。

ブラックフライデー期間中に購入した洋服のサイズ直しに応じてくれるのか、きちんと確認しておきましょう。

返品・交換してくれるかはショップによる

オンラインショップで購入すると、しばしばイメージと違う商品が届く場合があります。
最近は返品・交換に対応してくれるショップが多いですが、対応していないショップもあります。

ブラックフライデー期間中の商品の返品・交換に関するポリシーはどうなっているのか、しっかり確認しておきましょう。
また、ブラックフライデーだからといって即買いするのではなく、商品写真や商品説明だけでなく、レビューもしっかりチェックしてから購入するようにしましょう。

2019年ブラックフライデーはさらに熱くなる

日本でもブラックフライデーは浸透しつつあります。
特に2018年は多くの企業がブラックフライデーセールを開催したため、認知度はかなり高まりました。
2019年はさらに熱くなる見込みです。
万全の体制でブラックフライデーを迎えられるよう準備しておきましょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る