物販

Twitterアカウント作成時に「問題が発生しました」と表示される原因と対処法

Twitterは基本的に誰でもアカウントを作成できますが、問題が発生してアカウントの作成に失敗することがしばしばあります。原因としては、電波状況やアカウント情報の不備などが挙げられます。

今回は、Twitterアカウント作成時に問題が発生する原因と対処法を解説します。

問題が発生しました!

Twitterアカウント作成時に発生するエラーには、いくつか種類があります。特に多いのが「問題が発生しました」と表示されるケースです。

通信状況が原因

「問題が発生しました」と表示される原因として考えられるのは、端末のネット接続状況に問題があるか、Twitterへのアクセスが集中して一時的に繋がらない状況となっているかです。まずはネットへの接続状況を確認しましょう。

Twitterアカウントが作成できない原因

通信状況以外にも、Twitterアカウント作成時にエラーが発生する原因はいくつかあります。主な原因を以下で説明します。

既に使われているメールアドレスを使用

複数のアカウントを所有していて、既に他のアカウントに登録してあるメールアドレスで新規アカウントを作成しようとするとエラーが表示されます。

使い捨てのメールアドレスの利用

ワンタイムメールなどの使い捨てメールアドレスでアカウントを作成しようとすると、これまたエラーメッセージが出ます。普段使っているメールアドレスを登録したくない時は、Yahoo!メールやGmailなどの大手フリーメールを作成し登録すると良いでしょう。

削除したアカウント情報の利用

Twitterアカウントは削除手続きをしても、すぐには削除されません。手続きから30日間ログインしない状態が継続してはじめて削除となります。

そのため、削除の手続きをしてから30日が経っていないアカウントに登録されていた個人情報で新規にアカウントを作成しようとするとエラーメッセージが出ます。

ロックされたアカウント情報

自動ツールを利用したり、スパムツイートを投稿したりするとアカウントがロックされます。ロックされたアカウントに登録していた電話番号と同じ電話番号では、新規アカウントを作成できません。仮に作成できてもすぐにアカウントがロックされます。

凍結アカウントを利用していた端末・IPアドレスでの登録

Twitterは凍結されたアカウントの所有者による新規アカウントの作成を厳しく取り締まっています。凍結アカウントに登録されていたのと同じ個人情報を使ってのアカウント作成はもちろんできませんし、違う個人情報でアカウントを作成したとしても、同じ端末・IPアドレスを使用していた場合はすぐに凍結されてしまいます。

パスワードの文字数が足りない

パスワードの文字数が少ないとアカウントを作成できません。Twitterでは10文字以上のパスワードが推奨されています。

パスワードに全角文字を使用

パスワードに使用できるのは半角英数字・記号だけです。全角文字などを入れるとエラーメッセージが出ます。

文字認証に何度も失敗

Twitterの利用状況によっては、アカウント作成時に文字認証を求められる場合があります。ロボットには読み取れない画像から文字を読み取って入力する認証です。これに何度も失敗するとアカウント作成に失敗します。

電話番号の認証に失敗

電話番号でアカウントを作成する場合は、SMSで認証コードが送られてきます。このコード入力に連続して間違うとアカウント作成に失敗します。

Twitter側の問題

Twitter側でサーバーのエラーやシステムダウンが起きている場合、アカウントを新規作成しようとしてもエラーが起きます。

Twitterのシステムやサーバーに障害が発生しているかどうかは、ダウンディテクターというサイトで確認できます。

また、システムやサーバーに異常がなくても、何らかの原因でTwitterのパフォーマンスが落ちていることがあります。Twitterのパフォーマンス状況は「Twitter Status」で確認できます。

Twitterアカウント作成時のエラーへの対処法

Twitterアプリでアカウントを作成できない場合は、アプリを再インストールしましょう。

時間を置く

Twitter側のシスムテエラーなどが原因でアカウントを作成できない場合は、1日ほど時間を置きましょう。

ロック・凍結の解除

自分が運用する他のアカウントがロック・凍結されている場合は、まずはそちらを解決しましょう。

電話番号で登録する

同じメールアドレスで複数のアカウントは作成できませんが、電話番号なら可能です。メールアドレスを入力して「既に使われています」と表示された場合は電話番号で登録しましょう。

Gmailの複製

1つのメールアドレスで複数のアカウントを作成したい場合は、Gmailのアドレスを複製しましょう。

例えば、Gmailアドレスが「example@gmail.com」だった場合は、以下のように複製します。

example+1@gmail.com
example+2@gmail.com
example+3@gmail.com
example+4@gmail.com
example+5@gmail.com

これらのアドレスは、Gmailでは全て同じ「example@gmail.com」と認識されますが、Twitterでは別のアドレスとして認識されます。

電話番号でログインできるアカウントは一つだけ

1つの電話番号で最大10個までTwitterアカウントを作成できます。しかし、電話番号を使ってログインできるアカウントは一つだけです。複数のアカウントに登録してしまった場合、電話番号ではログインできません。

メールアドレスかユーザーIDを設定する

電話番号でアカウントを作成した場合は、ログアウトする前にメールアドレスを登録するか、ユーザーIDを設定してください。そうしないとログインできなくなります。

ユーザーIDに関するエラー

ユーザーID設定時にもエラーが表示される場合があります。主な原因は以下の2つです。

既に使われている

他のユーザーが既に使っているユーザーIDや、ロック・凍結されたアカウントのIDは設定できません。

全角文字は使えない

ユーザーIDに使える文字列は半角英数字とアンダースコアだけです。全角文字などは設定できません。

Twitterは集客に使える?

Twitterアカウントを作成したら、後は好きな内容を自由にツイートできます。Twitterは利用者数が多く、情報の拡散力も高いため、ネット物販における集客ツールとして活用することも可能です。

ただ、闇雲に使っても集客効果は出ませんし、フォロワーが増えることもありません。ターゲットの性質や反響が出やすい時間帯を把握した上で、適切に運用することが大切です。

Twitterでの集客に初めて取り組む場合、以下のアプローチを検討することをオススメします。

Twitter運用ツールを利用する

Twitter運用ツールには、アカウント管理・自動投稿・ユーザー分析など、便利な機能がたくさん搭載されています。Twitterアカウントを効率的に運用したいなら、このようなツールが欠かせません。

数あるTwitter運用ツールの中でも、特にオススメなのがSocialDogです。キーワードに応じてユーザーを自動的にフォローする「キーワードフォロー」や、目的のツイートを自動的に収集する「キーワードモニター」など、フォロワー獲得に役立つ機能が満載となっています。

他にも以下のような機能が搭載されているため、集客の観点から見ても非常に有用です。

  • フォロー返し&フォロー解除
  • 自動化機能(予約投稿・RSS投稿など)
  • フォロワーのフィルタリング(30種類)
  • 複数アカウントの管理
  • 分析機能(フォロワー・フォローバック率・時間帯など)

また、SocialDogは個人向けのLiteプランなら無料、Lite+プランでも月額980円と安いので、気軽に始めることができます。Lite+などの有料プランを14日間無料お試しもできるため、こちらも要チェックです。

参考:スマートで効率的な Twitter アカウント運用ツール SocialDog

SNS運用代行業者に依頼する

Twitter運用に手が回らない場合、SNS運用代行業者に対応を依頼するのも一考です。投稿内容の企画や配信、フォロワー管理などすべて任せられるので、時間的な負担を大きく軽減できます。

その代わりTwitter運用ツールに比べると総じて料金が高く、安くても月額5万円くらいは必要となってきます。また、期待通りの結果を出せるかどうかは、業者の腕にかかっているため、事前に運用実績などをチェックすることが大切です。

アカウントの作りすぎにも注意

今回解説した対処法を実践してもアカウントを作成できない場合は、アカウントの作りすぎが原因の可能性が高いです。短期間にアカウントを大量に作成すると、新規作成が制限されるだけでなく、スパム目的と判断されて全てのアカウントがロック・凍結される恐れもあります。注意してください。