スキル

「働きたくない!人と関わりたくない!」と思った時に考えるべきこと

「働く」ことは、生活をしていくうえで必要なことです。人は人生のうち約40年は働かなくてはなりません。

しかし、「働きたくない」と思っている人がいることも事実です。特に、人間関係の問題で働くことにストレスを抱えている人は大勢います。

今回は、そんな人に向けて、人と関わらずに生きていく方法をお話します。無理に人と関わらずとも幸せになれる方法があることがわかっていただければ幸いです。

「働きたくない」人は大勢いる

「働きたくない」と思いながら毎日通勤している人は少なくありません。実際、どのくらいの人が「働きたくない」と思っているかご存じでしょうか?

しらべぇが2016年6月に行った調査によると、「できるなら働きたくない」と思っている人の割合は51.2%と、実に過半数を占めているのです。

さらに2019年10月に行われたBizHitsの1,000人を対象としたアンケート調査では、「働きたくないと思ったことがある」と答えた人の割合は84%にも上ります。働いている人の実に8割が働きたくないけれど仕方なく働いているという状況なのです。

さらにその理由として「人間関係がつらい」が1位となっています。人間関係が上手くいかないと精神的にストレスが溜まりますし、「人と良い関係が築けないなんて自分はダメな人間だ」と悲観的になることもありますよね。

人と関わりたくないのは才能があるから?

企業に雇われて仕事をしていると、チームで仕事を進めることも多いでしょう。個人でやっていると思える仕事でも、上司や取引先など、関わらなければならない人はたくさんいて、本当に1人で完結する仕事は少ないものです。

チームで仕事をするなら協調性が大事だと言われますが、本当にその通りでしょうか?

人と関わることで仕事が思うように進まない、他の人の意見がノイズとなって集中できない等、職場での人間関係がかえって本来のパフォーマンスを阻害している可能性もあります。特に、無駄に長い会議や、社員との関係づくりと称した仕事とは無関係な飲み会がストレスになる人は多いでしょう。

実は、このように人間関係が嫌で働きたくないと感じるのは、その環境では自分本来の実力や才能を発揮できないと無意識に感じているからなのです。

孤独の中で開花する才能とは?

仕事上での人との関わりあいが不毛と感じるのであれば、あなたには個人で仕事を進める才能があると言えます。

その才能とは、自己決定力自己責任能力です。一人で仕事を進めるということは、全てを自分で考えて行動し、結果に対する責任を自分一人が負うことを意味します。自己決定力や自己責任能力がない人は、「何かあっても周りの人や会社が何とかしてくれる」と考えがちです。この点、仕事で他人と関わりたくないと思う人には自己決定力や自己責任力があるので、実際に自分だけで仕事を進めていけば、その能力が発揮されることでしょう。

また、一人でやるからこそ、周りの雑音をシャットアウトして集中できたり、他の主張に左右されずに考えたりできるので、大勢で話し合うより良いアイデアが出ることもあります。孤独には元々ある才能を開花させ、伸ばす効果もあるのです。

どうして人間関係が嫌になるのか

元々明るい性格で他人と関わるのが好きという人でも、仕事をしていく中で人間関係が嫌になることがあります。

人間関係が嫌になってしまうのには、いくつか理由があります。それをここから見ていきましょう。

【1】コミュニケーション能力が低い

人と上手く話せない、初対面の人と話すことが苦手という人は、上手く話せないことにストレスを感じて人と関わることを避けてしまいがちです。

元々コミュニケーション能力が低いことから人との関わりあいを避けているうちに、ますますコミュニケーション能力が低下してしまい、結果として人間関係が嫌になってしまうことは珍しいことではないのです。

【2】自己否定的で被害妄想をしてしまう

他人が話している内容が気になってしまうことはありませんか?

例えば、「もしかして自分の事を言われているのではないか」「自分は嫌われているのではないか」等と考えて人間不信になってしまうことがあります。しかし、多くの場合は被害妄想で、自分で自分を苦しめているだけです。

過去にいじめにあった経験があったり、人間関係が上手くいかずにつらい経験をしたりしたことがある人は、自分に自信がなくなって自己否定的な考え方をしてしまいがちです。まずは、自分に自信を持つことが大切です。

【3】他人への関心がない

これまでのパターンとは違い、他人に対して全く関心がない人がいます。

人と関わらなくても自分一人で生きていけると思っている人、「おひとりさま」の方が好きな人は、人と関わるのが煩わしく感じて、大勢でいる場が苦手になる傾向があります。

結果、人間関係が嫌になりストレスを感じてしまうことになります。

【4】自分と他人を比較してしまう

自分が今いる環境と、周りの人の環境を比較して「自分は恵まれていない」と感じたり、「自分には才能がない」と考えたりして他人に対して劣等感を感じてしまう人もいます。

隣の芝生は青く見えてしまうものです。周りを気にして比較ばかりしていると、どんどん卑屈になっていき、しまいには人間関係が苦手になってしまいます。

人と関わりたくないと思った時にするべきこと

人と関わりたくないと思っていても、生きていくためには稼ぐ必要があります

あなたが「働きたくない」と思う理由が人間関係にある場合、まずは次の3点を考えてみてください。

【1】フリーランスという選択

働きたくない理由が、「人と関わりたくない」「上司や会社との関係が煩わしい」ということであれば、フリーランスになるという選択肢があります。

フリーランスで働けるような技術や実績が無いという方でも、今はクラウドソーシングで仕事を探せば初心者歓迎という募集もあります。

文章を書くのが得意であれば、ライターやブロガーになることもできます。他にも、プログラミングが得意であればプログラマーに、絵を描くのが好きならイラストレーターやグラフィックデザイナーにといった具合に、フリーでできる仕事は多数あります。

クラウドソーシングなら、自分の得意なことや興味のあることを仕事にできる上に自宅でできる仕事がほとんどですので、人との関わりあいを必要最小限度に抑えることができるでしょう。

【2】好きなことを突き詰める

職業を選択する際に「こんな仕事がしたい」というものが無い人は一度「仕事」という考え方をやめて好きなことを突き詰めてみてはいかがでしょうか。

仕事だからといってやりたくない事をやっても、ストレスを抱えるばかりでうまくいきません。しかし、好きなことであれば続けることができるでしょう。そして、好きなことのレベルが上がれば、今度はその好きなことで稼げるようになります(インストラクターになるのも良いでしょう)。もちろん、稼げるようになるにはそれなりのレベルに到達するための努力が必要ですが、好きなことであればそんな努力も苦になりません。

「好きを仕事にする」というのは理想の働き方ですし、好きなことで楽しく稼ぐことができればそれ以上に良いことはないでしょう。

【3】生活に必要な金額を把握する

「働かなくてはいけないから仕方なく働いている」人の多くは、「生活のために稼がなくては」と必死になります。そんな方は一度、「自分は必要以上に働いていないか?」と考えてみてください。自分の生活に必要な最低限の金額をきちんと把握できていれば、「頑張ってたくさん稼がなければ」というプレッシャーは無くなります。

確かに、より多くの収入を得ることができれば、その分生活も豊かになるかもしれません。しかし、必死に働いた結果、仕事が忙しくてプライベートが無くなった、稼いでもお金を使う暇がなくなったという人も多いのです。

そうなるよりは、自分が生活できる最低限の金額を稼いでプライベートの時間を確保する方が生活は充実するでしょう。

働きたくないと思った時の解決策

人間関係が原因というわけでなく、そもそも「働きたくない」と思っている人、換言すると、働くことに疲れてしまった人は、以下で紹介する方法で一度気分を切り替えてみてください。

【1】休息をとる

心身ともに疲れた結果、「働きたくない」と思うのは当然です。そのままの状態で働き続けると、最悪の場合、精神的に病んでしまい鬱病を発症してしまうかもしれません。そうなる前に思い切って休職してみてください。

休職期間中は家でゆっくり過ごすのも良いですし、旅行に行ったり、体を動かしたり、自分の好きなように過ごせば気分がスッキリします。大切なのは、仕事のことを考えないことです。せっかくの休みでも仕事のことが頭にあると休んだ気にならず、結局疲れたままということになります。

休職や長期の休暇が難しい場合でも、普段の休日でリフレッシュすることは可能です。休日でも仕事の連絡を待っていたり、今ある仕事のことを考えていたりということはありませんか?可能ならば、休日は仕事用の携帯の電源を切る、仕事のことは一切考えないなど、休息を取ることを第一に考えて過ごしてみてください。

【2】あいさつから始めてみよう

どんな職場でも少なからず苦手な人というのは存在します。そんな人とコミュニケーションを取るのは疲れるし難しいと感じます。

しかし、初めから相手の事を「気難しい」「苦手だ」「嫌いだ」と思っていませんか?コミュニケーションを取るのが難しい人だと思って接していると余計に上手くいかなくなります。実際のところ、相手は何も考えていなかったり、あなたに対する悪意も持っていなかったりするものです。

職場では誰しも何らかのストレスを抱えて疲れています。疲れていると無口になり、職場の空気もどこか殺伐としてしまいますが、そんな時こそ挨拶や「ありがとう」「お疲れ様」などの簡単な一言をかけてみましょう。人は感謝や労いの言葉をかけられると喜びを感じ、相手に心を開くことができます。

上手くコミュニケーションを取ろうと考えなくても、簡単な一言で職場の空気は良くなりますし、そうすることでより円滑にコミュニケーションを取ることができるようになります。

【3】目標を持つ

自分がやっている仕事に何の意味があるのか分からずにモチベーションが下がっていることってありませんか?

ゴールが分からないままやり続ける仕事はしんどいものです。そういう時は、自分で目標を設定しましょう。「プロジェクトを成功させる」というような大きな目標でなくても構いません。例えば、会議で使う資料をまとめるのであれば「読む人が分かりやすい資料を作る」とか、「会議がスムーズに進むような順番でデータをまとめる」といったちょっとした目標で良いのです。目的を持って仕事をするとモチベーションも上がります

自分で「どうすればより良い仕事ができるか?」「より効率よく仕事ができるか?」と考えながら働くと仕事の質が良くなるので、周りからの評価も高くなるでしょう。

働かずに収入を得る5つの方法

「働かずにお金を稼ぎたい」一見矛盾した考えのようですが、働かずにお金を得る方法はあります。

厳密にはお金を得るための行動は必要ですが、サラリーマンのように労働をしているという感覚なしに、かつ、面倒な人間関係にも悩まされずに収入を得る5つの方法をご紹介します。

【1】YouTuber

動画クリエーターとしてYouTubeに動画を投稿するYouTuberは、小学生の将来なりたい職業ランキングの上位にもランクインし、今や職業の一つとして確立しています。

実際にYouTubeに投稿されている動画を見ると、面白いと思ったことや、やってみたいことを撮影して投稿しているものがほとんどです。今はモーニングルーティーン等の日常生活を切りとったVlogと呼ばれる種類の動画や、メイク動画、料理動画など自分の好きなことを撮影した動画も多いので、面白いことを考えたり、喋ったりするのは自信がないという人でも動画投稿ができます。

カメラや照明などの機材があれば理想的ですが、スマホで撮影した動画だけでも投稿できるので、まずはスマホで始めてみましょう。高価な機材は軌道に乗ってから揃えれば十分です。ただし、動画の編集技術は必要です。

【2】株・FX・投資信託

株・FX・投資信託なら、パソコン一つで稼ぐことができます。

しかし、簡単に始められるわけではなく、専門知識は必要です。知識もないまま始めても自分の資産がマイナスになるだけなので、事前の勉強は必須です。

自分の資金を出資して利益を得るという方法ですので、原資も必要です。

社会への関心が高い人、勉強が好きな人には向いているでしょう。

【3】せどり

せどりとは、商品を安く購入して高く売るという転売ビジネスのことです。

実店舗やネットで商品を仕入れて、ヤフオクやAmazon等のインターネット通販サイトで販売するというシンプルな仕組みなので、初心者でも始めやすいですが、その分ライバルも多いのが特徴です。

商品が売れなければ赤字になってしまうので、赤字を出さないように世間の流行や需要をリサーチする力や、損得勘定の能力は必要ですが、慣れれば月に数十万円、多ければ数百万円稼ぐことも可能です。

【4】ライティング

フリーライターになれば会社に属することなく収入を得ることができます。文章を書いて稼ぐ仕事には、自分でブログを書いたり、委託されて記事を書いたりと様々ですが、文章を書くのが好きな人には向いています。

ブログを書いたことは無いし、ライターの経験も無いという初心者でも、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトなら初心者でも応募できる仕事が多数あります。経験を積めばより高単価の仕事を受けることもできます。

自分のブログを作って好きな記事を書けば、誰とも関わらずに自分一人で仕事をすることができます。ただし、読者がつかなければ意味がないので、興味をそそるようなテーマで書く必要はあります。

参考:クラウドワークス

【5】ハンドメイド商品を売る

ものづくりや細かい作業が得意な人は、ハンドメイドアクセサリーを作成してメルカリやラクマ、minne等のネットサイトで販売するのも良いでしょう。

今では、TVでハンドメイド作家の特集が組まれることも多く、主婦の方も活躍しています。

ただし、個性的で魅力的なハンドメイドアクセサリーを作るにはセンスが必要です。また、どんな商品が売れるのか判断できるようになるまでには時間がかかるので、まずは副業で始めてみると良いでしょう。一度人気が出ればTVで紹介されたり、インスタグラム等のSNSで話題になったりするので、購入者の数もアップするでしょう。

人と関わらなくても働くことはできる

今回は人と関わらずに働く方法をご紹介しました。

「会社勤めをするのが当たり前」という世間の考え方にとらわれる必要はありません。人と関わらずに働くという選択肢はアリなのです。

なぜ働きたくないのか、何がしたいのかをよく考えて、自分にあった働き方を見つけてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。