物販

食の仕入れなら断然スーパー「メトロ」!驚きのメリットや店舗情報大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食の仕入れで絶対外せないのが、会員制業務スーパー「メトロ」です。日本に上陸したのは2002年で、初めに千葉店がオープンしました。飲食店や中小企業を主に対象としており、一般の入店は出来ません。ドイツに本社があり、日本を含めた29ヵ国で展開しているものの、一般人からするとあまりよく知られていないのが現状ですね。

今回は魅力たっぷりの「メトロ」について、メリットと店舗情報などを一挙に大公開していこうと思います。

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




会員制の完全業務用スーパーだから特別感がある

食のプロなら誰もが知っている「メトロ」ですが、仕入れをするにあたって条件があります。

・経営者や事業者でないと利用できない
・会員登録を済ませていないと利用できない

誰でも自由に入店できるわけではないのですね。会員になって初めて利用が出来るのです。

食のプロのみが対象で一般客は入店することは出来ません

コストコなど大型の倉庫店も一般ユーザーに人気が高く「大量だけど分け合えば安く済む!」「うちは大量に必要だからコストコ」「子供会があるからコストコのような大型倉庫店の方が大量買いが出来るので良い」などの理由で利用する人が多いです。

メトロも大量買いが出来るのですが、大きく異なっているのが「飲食店・ホテル・ケータリング・小売業などの事業者、つまり食のプロ向けである」ということです。食料品から雑貨、店舗使用用品など、あらゆるタイプの商品を食のプロ、または事業者の方だけに卸売価格で提供しているのです。

さらに大型商品の店舗らしく、店内をフォークリフトが巡回しており、危険回避の意味からも「家族であっても15歳未満は入店禁止」とされています。

登録には身分証明書や営業許可証などの書類が必要になる

メトロを利用するにあたって会員登録が必要なのですが、登録には次のような書類が必要になることがあります。

【食品を扱う事業者】
①営業許可証(食品・飲食等)のコピーなど(有効期限3ヶ月以上のもの)
②カード発行希望者の公的な身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
③酒販免許があればそのコピー

※法人様の場合、登記簿謄本のコピーのご提出が必要になることもある

【食品を扱わない事業者】
①会社概要がわかる書類など(会社パンフレット・登記簿謄本など)
②カード発行希望者の公的な身分証明書(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)

ご登録申込書ダウンロード

個人名でなくても団体名で登録できる

こんなに便利なスーパーであれば、食の事業者以外であっても、子供会や役員会などの大量に消費する予定があれば利用したいですよね。この場合、メトロでは団体名でも登録できます。手続き方法と注意事項は次のとおりです。

【必要書類】
・団体の役員名簿のコピー
・3人分の免許証のコピー
・買い物の際に免許証のコピーを提出

【注意事項】
・活動している拠点を報告(必要であれば、建物の外観の写真をとって提出)
・代表者1名につきカード会員3名まで登録可能。
・代理人手続きの場合は、METRO本部から代表者に確認の電話が入る。
・代表者もカード会員も、後ほど変更可能
・1枚のカードに付き、会員+同伴者3名の計4名が入場可能。
・15歳未満の子どもは入場不可。
・場内は冷蔵庫の中のような気温であるため、真夏でも上着が必要である

その他、分からないところはメトロのサービスカウンターまで問い合わせてみましょう。

メトロ サービスカウンター
【電話番号】0120-410-098
【メールアドレス】information@metro-cc.jp

業務用スーパーならでは!すべてビックサイズなのがお得

業務用スーパーということもあり、当然のことながらすべてがビックサイズ!

野菜

肉類

日用品

価格は一般非公開ながら、とても格安なのだそうです。

すべてがビックサイズだからカートも当然ビックサイズ!

すべての商品がビックサイズなので、当然カートも巨大でないと収まりません。飲食店経営の方など、事業者の方は特に様々な商品を大量に購入しますので、店内は巨大カートがあちこちを行きかいます。

コストコに1度でも行ってみたことのある人なら想像できそうですが、コストコカートのさらに2倍ほどなのだとか!このカートでないと、すべて入りきらないのでしょうね。

肉10キロ?とにかく量が多い

普段のスーパーでの買い物で、豚バラ肉などは何グラムほど買いますか?2~4人の家族でバーベキューなんて言っても、1~2キロもお肉があれば結構満腹になるものです。メトロではなんと10キロなどの単位でも販売しています。しかもこれがメトロでは小分けの部類になるのだとか。

商品補充はフォークリフトでないと無理!

業務用スーパーだけあって、商品サイズは超ビックサイズばかりで、さらに重量も半端ありません。商品補充や商品移動の際に、段ボール1つずつ持ってくるだけでは間に合わないのです。そのため、店内では常にフォークリフトが巡回しています。

ですので、危険を避ける意味でも15歳未満の入店は禁止されており、より商品選びに集中できるように努力しているのです。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

さすが食のプロ向けのスーパー!驚愕の品ぞろえ

こんなに大量でサイズも多いのなら、さぞかし商品数は少ないのだろうと思っていませんか?メトロの商品数はなんと12,500種類以上なのです!これなら食にこだわるプロでも、納得のいく商品を見つけることが出来そうですね。さらに大量買いだから、商品も格安で手に入るのだから人気が出ないわけがないのです。

肉類はほぼすべての部位がある

牛肉・豚肉・鶏肉と、肉類はほぼすべての部位が用意されています。肉類のコーナーへ行っても、大きすぎて、どの肉類で、どの部位なのかも素人では分からないほど。

また、個人で購入する場合は小分けパックで購入することがほとんどですが、メトロは違います。小分けと言ってもキロ単位ですし、また、さらに大量であっても指定すれば切って販売してもらうことも可能です。大量すぎて仕入れが大変だった食のプロたちも、メトロがある今はスムーズに買い物が出来て困ることはあまりなさそうです。

野菜の種類が豊富すぎるから食のプロも楽しめる

野菜も大容量で販売されています。

忙しい顧客のために「千切りキャベツ」や「大根おろし」などの時短商品なども用意されています。海外の珍しい食材も扱っており、食のプロでも買い物を十分楽しめる内容となっています。専門スタッフが駐在していますので、積極的に質問してみて下さい。

ソムリエがいるので本当に欲しいワインが手に入る

お酒の種類も豊富で、特にワインコーナーでは膨大な種類を取り揃えています。こんなにあると選ぶのも一苦労しますが、メトロではソムリエがいますので、その心配はありません。希望を詳しく伝えて、より理想に近いワイン選びをしてください。

ドイツ本社で毎年オリジナルワインを開発していることから、一般にはないメトロでしか購入できないワインも存在し、非常におすすめです。そのあたりも特別感があって、お客様にきっと喜ばれることでしょう。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

メトロの意外な特徴とは

メトロが完全業務スーパーであり、多種類の食材が大量に1度で購入できるということが分かりましたが、メトロの魅力はそれだけではありません。いかに会員が快適に楽しく買い物が出来るかを考えて日々工夫をしているのです。メトロの3つの工夫を見ていきましょう。

①コーヒースペースで休息のひと時

メトロでの買い物はとにかく大量で、店内を周るだけでもかなり重労働です。また食のプロたちは仕入れだけが仕事ではありません。仕入れが終わっても、これから仕事が大量にあるのです。メトロでは、そんな忙しくお疲れである会員様のために「コーヒースペース」を用意しています。

それだけではなく、仕入れの検討・商談をするためにコーヒースペースを利用することも可能ですし、会員同士の交流の場にも利用できます。仕事をする上で、相談が出来る場所や同じような業種の仲間たちとのネットワーク作りに役立つ場があるというのは本当にありがたいですね。

②マグロの解体ショーが人気

メトロではマイナス60度の冷凍庫でマグロを常時置いており、ブロック単位で売ることが多いです。さらにそれとは別にマグロの解体ショーも行うことがあり、とても好評を得ています。

鮮魚コーナーでは、毎朝築地で仕入れられた質の良い商品が並びます。旬の魚はもちろん、お買い得品もあり、それぞれがキロ単位で売られています。

③質の良い食材を!品質保持のために店内は常に寒い

商品の状態を保持するには温度は非常に重要です。肉類・魚介類などはもちろん、野菜や冷凍食品、それだけではなく、日用品に至るまで適切な温度で管理を徹底しています。ですから、店内は非常に寒い!

生鮮食品コーナーに至っては0度近く、冷蔵庫の中にいるような感覚です。より良い食材をより安く提供したい、そのためには必要不可欠なのでしょうね。そんな寒い店内でも快適に買い物が出来るように、メトロでは「貸し出し用防寒ジャンパー」も用意されています。

店内にいる顧客全員の分を必ず用意できるとは限らないので、自分で持参した方が確実でおすすめです。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!
>>> 講師募集要項を確認する

興味を持ったら即行動!メトロの店舗情報を知ろう

メトロはドイツに本社を置いている世界最大級の食品卸売メーカーです。ヨーロッパを中心に750以上の店舗、日本では関東を中心に10店舗存在します。

50年以上!意外に古い歴史を持つ世界的な企業

日本では店舗数も少なく、2002年に1号店がオープンしてからまだ浸透しきっていないメトロですが、その歴史は意外に長いのです。ドイツが発祥であり、1号店は1964年にオープンしています。1964年といえば、前回の東京オリンピックがあった年です。長い間、顧客の信用を勝ち取ってきた優秀な企業であることが分かりますね。

いかに食のプロたちが仕入れをするのが大変であるか、また、いかにメトロはその大変さを上手くカバー出来ているかということなのです。

メトロ蒲田店が大盛況!

2017年3月30日(木)に、都心の繁華街近くでは初の出店となる都市型卸売りセンターとして「メトロ蒲田店」がオープンしています。

1階 レジ・お客様カウンター
2階 生鮮食品・野菜
3階 加工食品・消耗品・備品など。メトロカフェ・ワインカウンターがあり、試飲試食が可能
4階 メトロキッチンスタジオ

フロアごとに商品が完備されており、非常に買い物がスムーズです。4Fメトロキッチンスタジオでは新商品の試食やおすすめ商品の試食、調理デモンストレーションなどもあります。一番大変だともいえるメニュー開発などのヒントも得られ、また経営情報を知ることも出来ます。積極的に立ち寄ってみましょう。

営業時間が長いからとても便利

これだけ大量の食材や商品を扱っているのにも関わらず、営業時間は朝の6時~19時までと長めです。飲食業は店舗によって開店時間も異なり、仕入れや仕込みにかける時間も違いますね。出来るだけ多くの顧客が不自由なく仕入れが出来るように、長めの営業時間を設けているのです。

悪天候であろうが、元旦を除く364日しっかり営業していますので、仕入れが出来なかったなど困ることはほとんどありません。安心して利用できるのです。

食の仕入れはメトロで間違いなし!

まだまだ日本では浸透しきっていないメトロですが、一般人でも行きたくなるほど魅力たっぷりの業務スーパーでしたね。品質が良くて安い!そしてほとんどの食材が確実に仕入れられる!食の仕入れでこの条件があるのはメトロくらいではないでしょうか。

食材の仕入れを考えているなら、メトロを活用してみるのが賢明です。事業者でないといけないなどの条件がありますが、条件を満たしているのなら、早速、登録に行ってみましょう!

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法