スキル

お金がないのが不安…経済的な悩みの解消法を大公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お金がないと不安や心配事が尽きません。奨学金や車のローンなど、大きな借金を抱えて、日々の生活さえ苦しいという人もいるはずです。また、今の生活は大丈夫でも、将来のことや万が一病気やケガをしたときのことを考えると、経済的な安定を得ている人は少ないのではないでしょうか。

このようなお金にまつわる不安から抜け出すには、考え方を変える必要があります。お金がないという不安をなくすための意識の持ち方を知り、お金がない状態からの脱却を目指しましょう。

お金がないという不安から抜け出す方法7選

さっそく、お金がない悩みから解放されるための方法をご紹介していきます。

①なぜ不安なのかを理解する

はじめに、不安の原因について考えてみましょう。何が心配で「お金がない」と感じているのでしょうか。

・本当にお金がないのか
・どれぐらい不足しているのか
・貯金はいくらなのか
・今後の出費はいくらぐらいか
・車や家のローン、子どもの学費などは払えるのか

現在の経済状況を見直し、今後生きていく中でどれぐらいのお金が必要になるのか、そして自分や配偶者がいくら稼げるのかを照らし合わせてみてください。もしかしたら「お金がない」という不安は杞憂かもしれませんし、反対に、思っていたよりも厳しい状況だというのが判明するかもしれません。

②家計簿をつけて収入と支出を把握

金銭的な不安が差し迫っている場合、家計簿をつけてきっちりと整理しましょう。まずは1ヶ月間でいいので、月の収支を理解しておくのは大切なことです。家賃や水道光熱費に始まり、保険料、ローン返済、通信費、娯楽費、交際費など、細かい部分まで記録することが大切です。すると、どれぐらいお金がないのかも把握しやすくなります。

③お金がいくらあれば安心できるかをはっきりさせる

家計簿で明らかになったデータをもとに、具体的にいくらぐらい収入があれば不安をなくせるのかをクリアにしておきましょう。あればあるだけ安心なのは誰でもそうですが、最低限必要な金額を現実的に理解する必要があります。今の収入や現在の貯蓄状況と、実際にかかっている生活費を照らし合わせれば、おのずと見えてきます。

④待遇の良い仕事に転職する

必要な収入が明確になったところで、次は行動編です。今の収入では厳しいのであれば、別の会社に転職するのも1つの方法です。

また、収入が良ければいいというものでもなく、ハードな労働環境では体を壊して長続きしないことも考えられます。

・残業がない
・きちんと休みがある
・有休などの融通が利く
・副業可能

働きやすい環境に身を置くことも大切です。副業できる企業なら、終業後や休日にアルバイトや在宅ワークをしてもいいのではないでしょうか。自分に合った待遇の仕事を見つけ、経済不安を少しでも減らしましょう。

⑤副業で収入アップ

今や副業は複業と表現されることもあるほどです。企業の統合や合併などによるリストラ、業績不振での倒産など、いつメインの収入源が断たれるかわからない現代社会では、複数の収入の柱を持つことはとても大切です。副業というと大変そうなイメージがあるかもしれませんが、家に眠っている不用品をフリマアプリやオークションで売るだけでも、ちょっとしたお小遣いにはなります。

・飲食店やサービス業のミステリーショッパー(覆面調査員)
・近所のコンビニ等でのアルバイト
・内職
・クラウドソーシングサービスでテレワーク(在宅ワーク)を受注する
・ブログやSNSでのアフィリエイト
・ポイントサイトでお小遣い稼ぎ

他にも、いろいろな副業があります。自分にできそうなものから始めてみてはいかがですか。

⑥固定費の見直し

収入を増やすことも大切ですが、節約できる部分から支出を減らすことも大事です。まずは毎月支払っている固定費に注目しましょう。

・家賃/家のローン
・水道光熱費
・通信費(携帯電話やインターネット費用など)
・区費
・税金(変動費になるものもあり)
・保険料
・奨学金等の返済

など、いろんな固定費がありますね。

月々の支払いを減額するのは難しくはありますが、たとえば家賃の安いところに引っ越すとか、ガスや水道の使い方を見直す、電力の自由化になったので電気会社の変更を検討するなどの方法があります。また、ローン返済は借り換えによって金利が下がることも。年間で5万円でも10万円でも減らせたら、ずいぶん家計が変化します。

⑦変動費の見直し

固定費の次は、変動費に注目しましょう。

変動費とは、必要時にその都度かかる費用です。たとえば

・食費
・娯楽費
・交際費
・日用品の購入費用

などです。

内容によってはあまり大きな節約にはなりませんが、毎月5回行っていた外食や飲み会を3回に減らすとか、つい買ってしまうお菓子やスイーツを控える、服や化粧品を買う量を減らすなどによって減額は十分可能です。無駄遣いを抑えて、家計の改善を目指しましょう。

お金がないという不安を脱出するための思考

お金に関する不安は、考え始めるとキリがないものです。あまり思い詰めてしまうと、仕事やプライベートに支障が出ることもあるので、「お金がなくてもないなりに生きていける」と割り切って考えることも大切です。ここからは、お金がない不安から抜け出すための考え方についてお伝えします。

他人と自分を金銭面で比べない

お金がない不安を取り除くための第一歩として、周りの友人や知人と、収入や貯金額を比べるのはやめましょう。自分のほうが少ないと、焦りを感じたり不安が強まったりします。それぞれ暮らし向きも違いますし、現在も将来も、必要な金額は異なります。

他人と比べて自分の手元のお金が少なくても、生きていけないわけではありません。また、本記事では改善するための方法もお伝えしていますので、参考にしてください。

現状に悩まない

仕事のスキル不足で給料が上がらないとか、収入が理想より少ないという現状がある人も、悩んだり落ち込んだりするのをやめましょう。できないことを嘆くよりも、今できることを全力でやることが大切です。

家族や行政に金銭的に頼るのは悪いことではない

「お金がない」「どうしても経済的に苦しい」そのようなときに家族や行政を頼るのは、決して悪いことではありません。本当に困っているときは、真摯に頼み込めば家族も協力してくれるでしょう。

頼れる家族がいなければ、生活保護を受給したり、各種手当を受けたりすることもできるかもしれません。たとえば離婚して子どもを1人で育てなければならず収入が足りないとか、体が弱くて外で働けないなど、個人個人でさまざまな事情があるでしょう。1人で悩まず、ぜひ相談に行ってみてください。

借金地獄に陥っている人は、債務整理をしましょう。法的に自己破産をすれば、借金を減らせたり無くせたりする場合もあります。

お金がないという不安を乗り越える人生の過ごし方

お金がないと、人はどうなるのでしょうか。今はお金に余裕があっても、今後お金が絶対になくならないという保証はないです。そこで、みなさんが知っておくべき「お金がない人の考え方や過ごし方」についてお話しします。

お金がないと自信を持てない?

「自信」という言葉の意味を調べてみると、「自分で自分の能力や価値を信じること」(goo辞書)と定義づけられています。つまり、自分を信じること=自信につながります。ということは、「お金がないから自信がない」のではなく、「お金がないと自分(の才能や価値)を信じることができない」ということになるのです。

しかし、この考え方は、半分本当、半分嘘です。お金がなくても自分を信じることは可能だからです。

周りにいる人を思い浮かべてみてください。お金がないのに自信に満ちあふれた人はいませんか?その人がなぜ、自信があるのかというと、お金以外に自分の価値や能力を信じられるものがあるからです。

お金がなくてもモテる人も存在する

貧乏なのにモテるという人もいます。たとえばある男性は、ルックスが特別いいわけでもないし、おしゃれなわけでもない、そのうえ収入は年収で200万円程度。なのに、いつも美人を連れて歩いています。

彼がなぜモテるのか、彼と一緒にいる女性に話を聞くと、とにかくレディファーストなんだそうです。女性が悩んでいるときは、話を聞いて的確なアドバイスをくれ、女性が寂しいときは、ずっとそばに居てくれるのだとか。

車に乗るとき、お店に入るときなどにエスコートするのは当たり前、そんな彼の周りには自然と女性が集まって、彼のためにお金を使いたくなるとのこと。女性の潜在的な欲求を満たしてくれるお返しなのでしょう。

お金がなくて不安になるのは当たり前

生きている限り、お金は必要になります。何でも物々交換で成り立っていた時代はとっくに終わりましたよね。食費や居住費、税金など、現金で払わなければならないお金がたくさんあります。暮らしの中で必ず必要なものだから、なくて不安になるのは当然のことなのです。

お金がないと気持ちに余裕がなくなるのも当たり前

生活するのに欠かせない「お金」。ないと心に余裕がなくなるのは当たり前のことです。些細なことでイライラするとか、自分を卑下する気持ちはわかりますが、頭に血が上ったりふさぎ込んだりしたときは、一旦気分を落ち着ける努力をしましょう。

お金がない不安から脱却するための方法3選

あなたはダイエットをした経験がありますか?実は、ダイエットと家計はどちらも自己管理が非常に重要で、共通点が多いと考えられています。

「気づくとお金を使いすぎていて、無くなっている(気づくと食べすぎていて、太った)」「将来について考えると不安が多く、考えたくない(ダイエットをしても上手くいくか心配で、痩せた未来の自分を想像することができない)」というように、お金とダイエットのことを関連付けながら見ていきましょう。

キャッシュレス決済やネット通販はムダな出費につながりやすい

目の前にお菓子があると、空腹ではなかったとしてもつい手を伸ばしてしまいませんか?ダイエット中でも、好きなものが簡単に手が届く場所にあると、無意識のうちに食べたくなります。対策としては、目に見える場所にお菓子を置かないこと。これだけで間食はかなり減らせるでしょう。

これと同じで、クレジットカードや電子マネーなどは物欲のハードルを下げてしまいます。簡単に買い物ができ、しかも、目に見える現金(財布の中のお金)は減らないからです。ネットショッピングも同様で、しかもお店に行かなくても買えるので、さらにハードルが低いです。

その結果、大して必要ではないものまで買ってしまい、なかなかお金が貯まらないということもありえます。キャッシュレスやネットショップは確かに便利ですが、使いすぎていないか一度チェックしてみましょう。思い当たる節がある人は、セーブすることを意識すると良いです。

収支を明確にしてお金がない不安を軽減

ダイエットをすると決めたら、まず現在の体重を計りますよね。怖くて体重計に乗れない…という人は、いつになってもダイエットをスタートさせることができないでしょう。

では、家計の面では何に対応するかというと、家計簿です。もっと細かくいえば、家計簿をもとに「キャッシュフロー表」という年間の収入と支出を記録する表と、「貸借対照表」という現在の貯金や借金(ローン)などを記録する表を作成します。

すると、おのずと現在の状況が見えてきます。ダイエットでいえば、今60kgで55kgを目標にしているのに、61kgになってしまったという事態や、思ったより早く57kgまで減らせたから目標まであと一歩だという状態。経済面では、もっと貯金できているつもりだったのに実際はほとんど残っていないとか、この部分の出費は減らせそうという推測などです。

方向性が定まらないと、何をしたらいいのかもわからず、不安に陥りやすいです。しっかり現状を把握し、目標を決めて一歩を踏み出すことが大切です。まずは家計簿をつけることを始めてみましょう。

何が不安なのかに目を向ける

今の仕事の行く末や、老後の暮らしなど、将来に不安を抱えている人はたくさんいるでしょう。一時期は「老後2000万円問題」も話題になっていました。不安を駆り立てるような雑誌・新聞の記事やインターネットサイトも数多く見られます。

ダイエットにおいては、「これを飲むだけでヤセる」とか「あなたの食べ方は間違っている!?」など、不安をあおったり怪しい雰囲気を出したりしている広告やキャッチコピーを見かけます。お金の面では、今後の世代は年金がもらえなくなるのではないかという話もあります。たしかに減ることはほぼ間違いないでしょうが、完全になくなることはないだろうという見方がされています。

不安に感じる人は、その分野における情報や知識を得ていないためです。情報を持っていれば、どのような行動を取るべきか、道筋が見えてきます。

自分が不安に思っている分野、たとえば年金や税金について、知識を磨きましょう。権威のあるマネー雑誌やサイトを調べたり、その道に詳しい人に話を聞いたりすると良いでしょう。正しい情報を得て、知識を身に着けて、将来への不安を少しでも軽くできれば、気持ちが楽になります。

考え方をチェンジする

お金がないという不安は、いくら収入が高くても尽きることがないものです。しかし、「お金は使うために存在する」という考え方にシフトすると、悩みが軽くなるかもしれません。

お金に対する心配は、誰しもが持っています。今月も貯金ができなかった、「赤字だ。」というような経済状況では、精神的に苦しいばかりです。

「5年前より収入は上がっているのに経済不安は消えない」お金に不安を感じる人は、どれだけ収入が上がっても、お金を稼いでいても、なかなか不安を払拭できません。お金への不安をなくすには、考え方を変えていきましょう。

お金を使うことに罪悪感を感じる

お金に対する不安を持っていると、普段買わないような高いものを買ったときに罪悪感を持ってしまいます。たとえばブランド品や高級外食などです。

普段しないような贅沢をしてしまい、「本当に買ってよかったんだろうか…」「ムダ遣いだったのでは」「なくても困らないのに」と罪悪感にさいなまれることがあるのです。

お金というものは、使うために存在している

ある本を読んで人生が変わった人もいます。その本には「お金は使うためにある」と書かれていたのです。お金がない不安から抜け出すには、この考え方が非常に重要です。

お金を使うことに罪悪感や恐怖を感じている人も、支払いの際にビクビクするばかりでなく、「お金は使うためにあるんだ」と思い出してみてください。もちろん、借金が溜まっているのに高いブランド物ばかり買うとか、高級インテリアをコレクションするというのはおかしいですが、きちんとやりくりできている範囲内でお金を使う分には、罪悪感を感じる必要はありません。

お金を気持ちよく使う

お金を使うことに恐怖を感じる人は、意識的にお金を使う練習をしてみてはいかがでしょうか。あくまで生活費として使えるお金の範囲内ですが、今まで我慢していたちょっと高いお菓子や服、下着などです。

欲求が満たされると、「お金を使うことって悪いことばかりではないんだ」と気持ちが楽になります。考え方を変えて、お金に対する不安を減らせれば、心にも余裕が出てくるでしょう。

まとめ

お金への不安でナーバスになっている人も、この記事を読んで少しは気分が明るくなれたでしょうか。不安な気持ちは1日2日の短期間で解消できるものではありませんが、今のあなたにできることから始めて、良い方向に変わっていただければ幸いです。お金がない不安から抜け出すことができれば、人生がより充実したものになるに違いありません。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る