物販

ヤフオクのおすすめ発送方法と安く抑えるポイントをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

インターネットでの売買をするにあたって、すぐに思いつくのは日本最大級のオークションサイト、ヤフオクでしょう。
購入するのはもちろん、商品を販売するのもとても簡単に行えます。
そこで今回は、ヤフオクで商品が売れた時に必ず行う「配送」について詳しくご紹介します。
安く送るためのポイントもご紹介しますので、これからヤフオクを利用する人も、すでにしている人もぜひ参考にしてください。

ヤフオクで商品が売れた時の配送の流れは?

ヤフオクで商品が売れるということは、ヤフオクのユーザーが商品を落札するということです。
落札後は落札者とコンタクトを取り、発送方法や金額の確認などをします。
そして落札者からの入金を確認次第、配送を行います。
配送に手間取ってしまうと迅速な対応ができないので、あらかじめ次にご紹介するものを準備しておきましょう。

商品を梱包する準備をする

商品を梱包するにあたって、必ず必要なものがいくつかあります。
梱包を疎かにしてしまうと評価が低くなるのはもちろん、最悪の場合商品が配送中に破損する可能性もあります。
トラブルを避けるためにも商品を梱包する準備はしっかりとやっておきましょう。
梱包に必要な準備物は次の通りです。

はさみ、カッター、透明テープ、緩衝材、ダンボール箱が最低限の物です。

より丁寧に梱包するならガムテームではなく透明テープとダンボールをホームセンターで購入すると、落札者の印象も良くなります。
100均でも販売されていますが、今後も多くの商品を販売するならコスパが悪いので、値段は高くても量の多いホームセンタ-で売られているものがおすすめです。

実際に商品を梱包する

準備したものを使用して梱包していきます。

まずは商品を緩衝材で包んでいきます。
大きめに商品を包めるちょうど良い大きさよりも、気持ち大きめに切り取ります。

梱包をより綺麗にしたい方は真っ直ぐに切り取って、商品を包んで織り込んだところをセロハンテープで止めます。

ダンボール箱に緩衝材を入れます。その上に商品を載せ、さらに緩衝材を追加します。

透明テープで商品を貼り付けておくと、箱の中で商品が動かないので安心です。
ダンボールとの隙間を埋めるために緩衝材を敷き詰めますが、古紙などを使用しても大丈夫です。

梱包が終わったら、ダンボールを振って商品が動いていないか確認しましょう。

あとは伝票を貼って送るか、配送センターに持ち込みます。
持ち込みであれば100円安く宅配ができるので、近くにあるなら持ち込みましょう。

落札金額の入金を確認したら、ここまでの作業はできるだけ早く済ませましょう。

入金後、2日以内には発送する

理想は入金後1日以内に発送することですが、仕事や私用で遅れてしまうこともあります。
それでも、なるべく2日以内には相手に発送完了の通知をしましょう。

発送する時は発送すれば終わりという気になりますが、購入者に届くのは発送後数日経ってからです。
購入者の立場で考えて、できる限り早めに発送するように心がけましょう。

落札者が喜ぶ梱包の方法

ヤフオクでは落札者が出品者を評価するシステムがあって、落札者はその評価を参考にして出品者を選ぶこともあります。
その評価をより良くするためにも梱包に少し気をつけるようにしましょう。

落札者からの印象を良くするために、おすすめの方法をご紹介します。

まず、1つ目は「商品は綺麗な状態で梱包する」という事です。商品の細かい部分のホコリや汚れ、表面の指紋の跡などが付いていないか確認をしてから梱包しましょう。
中古品であっても、状態をできる限り綺麗にクリーニングして送るだけで、落札者の印象が変わります。

もう1つのおすすめ方法は「感謝のメモを同封する」という方法です。
個人間の売買ではこの手法を用いている人は少ないですが、企業や店舗であれば殆どが行なっています。
「ご購入ありがとうございます。機会がありましたらまた是非、宜しくお願いいたします」のような簡単なメッセージでも構いません。それをきっかけにリピーターになってくれる可能性もあるので、ぜひ実行しましょう。

多くの商品を販売している方はフォーマットを作成しておいて、商品を梱包する時に印刷できるようにしておくと作業も少なく済みます。

このようなちょっとした気遣いや心配りを落札者の立場に立って行うと、評価も自然と良くなります。

ヤフオクで使用できる発送方法

ヤフオクではいくつかの発送方法が選べます。
定形外郵便、定形郵便、ネコポス、宅急便(ヤフネコ!パック)、ゆうパケット(おてがる版)、クリックポスト、ゆうメール、宅急便コンパクト(薄型専用BOX、専用BOX)、レターパックライト、レターパックプラス、ゆうパック(おてがる版)、ゆうパック、ヤマト宅急便、メルアド宅急便が使用できます。
ヤフオク公式サイトにおける2019年5月時点の情報ですので、今後変更の可能性もあります。

ネコポスと宅急便(ヤフネコ!パック)について

ヤフオクでは「宅急便(ヤフネコ!パック)」と「ネコポス」という配送方法があります。
この2つの特徴は、「匿名で配送が可能」という点です。
また、ヤフオクの取引ナビで追跡が可能で、ネコポスには3000円、宅急便(ヤフネコ!パック)には30万円までの補償も付いています。

匿名性のあるヤフオクにおいて、配送で住所や名前を記載するのに抵抗感がある方にもおすすめで、安心して落札者とのやりとりができます。
出品者負担の場合の送料はネコポスが195円で宅急便(ヤフネコ!パック)が600円からです。
この2つの違いは配送できる商品の大きさです。

ネコポスはA4サイズ、厚さ2.5cm以内、重さ1kg以内、それ以上は宅急便(ヤフネコ!パック)もしくは他の配送方法になります。
どちらの配送手続きもファミリーマートかクロネコヤマトの営業所でできるので、手間もかからない配送方法です。

ゆうパケット(おてがる版)について

ネコポスよりも少し大きいけれど、宅急便(ヤフネコ!パック)にするほど大きくないという時は「ゆうパケット(おてがる版)」がおすすめです。
この配送方法も匿名で発送が可能で、発送連絡を自動で行ってくれます。

送料は出品者負担だと175円なのでとてもお得で、取引ナビと連携していて、簡単に配送伝票を作成できます。
サイズは厚さ3cm以内で縦、横、厚さの合計が60cm以内、重さ1kg以内で利用可能です。

この配送方法では自宅以外でも全国の郵便局やコンビニ、宅配ロッカー「はこぽす」でも受け取りが可能です。
注意点は補償が付いていないことと、30万円以上の商品を配送できないという点です。

クリックポストについて

クリックポスト」は自宅で簡単にラベルを作成して梱包し、郵便ポストに投函して送る配送サービスです。
送料は全国一律で185円で追跡サービスにも対応しています。
サイズは、縦34cm以内×横25cm以内×高さ3cm以内、重さ1kg以内で利用可能です。

注意点は自宅で宛名ラベルを印刷する必要があるということです。プリンターを持っていない場合はコンビニで印刷する手間が必要です。
到着日数が少しかかりますが、衣料品やCD、書籍を手軽に送れる方法としておすすめです。

レターパックライトとレターパックプラスについて

重さが4kg以内で大きさが24.8cm×34cm以内の荷物を配達して欲しい時におすすめの配達方法です。
厚さが3cm以内であればレターパックライトで、3cm以上の場合はレターパックプラスになります。

それぞれ専用の封筒があり、郵便局または一部コンビニで購入が可能です。
追跡番号も付いていて対面での配達なので、紛失の可能性も低い配送方法です。
レターパックライトは360円レターパックプラスは510円となっていて、ポストへの投函か郵便局窓口で差し出しが可能です。

ゆうメールについて

書籍やCD、DVDなど、軽量で小さいものを送りたい時に便利な配送方法です。
34cm×25cm×3cm以内で重さが1kg以内なら、ゆうメールの利用が可能です。
送料は180円から、重さによって最大350円かかります。

また、オプションで速達や書留をつけたり、手数料がかかりますが代引きや着払いにしたりもできます。

年間で定期的に大量のゆうメールを利用する場合には、郵便局に直接相談するとお得に利用できます。

個数や契約内容によって差異があるので定められた割引率はありませんが、割引を受けることも可能です。
注意点は梱包の際には外から中身が確認できる状態にするか、郵便局窓口で内容品の見本を提示する必要があります。

定形郵便と定形外郵便について

内容品が軽くて、できるだけ安く送りたい場合におすすめの配送方法です。

商品の補償や追跡番号がないので、ある程度のリスクもあります。
配送料は重量によって変動し、25gまでは85円、2kg超4kg以内なら1330円と設定されています。
重くなると他の配送方法よりも料金が高くなるので、ヤフオクで利用する時は単価の安い商品で軽いものに限られます。

具体的には服や券類、雑貨などを送る時に便利です。
定形外郵便には規格内と規格外があり、34cm×25cm×3cm以内、1kg以内が規格内となっています。

宅急便コンパクトについて

匿名で発送ができて、配送日の指定が可能な配送方法です。

宛名書きも不要なのでヤフオクでも安心して利用できて、料金も配送料380円で専用ボックスが65円となっています。
専用ボックスは薄型のものと通常サイズがあり、大きい方で25cm×20cm×5cmです。

翌日配送が可能なので早く送りたい時にもおすすめで、追跡サービスと上限3万円の補償も付帯しています。
専用ボックスに入る商品に限られますが、サービスと速さが魅力の配送方法です。

ゆうパック(おてがる版)について

この配送方法も個人でゆうパックを利用するよりも安く、お得に利用できます。

送料は、出品者負担の場合、縦と横と厚さの合計が60cm以内、重さが25㎏以内なら600円です。
最大で3辺合計170cm以内の荷物で利用できます。

配送日時の指定や30万円の補償、100サイズまでならコンビニやはこぽすでの受け取りも可能なのでおすすめです。

120サイズ以上は郵便局の受け取りのみとなるので注意しましょう。
匿名での配送ができて、宛名書きも不要なので通常のゆうパックよりも手軽に利用できます。

ゆうパックについて

ゆうパック(おてがる版)と違うメリットは、集荷にきてもらえるという点です。
大量の荷物を送りたい時や荷物が重い時には、この配送方法がおすすめです。

契約内容にもよりますが、定期的に沢山の荷物を送る方は郵便局と相談すれば、安く利用する事もできるかもしれません。
また、切手での支払いが可能なので、切手を安く購入しておくとお得に配送料を支払うことができます。

宅急便(ヤマト運輸)について

先ほどご紹介した宅急便(ヤフネコ!パック)かゆうパックで配送した方が、配送料金が安くなります。
宅急便の場合は配送する地域にもよりますが、907円からの配送料です。

例えば荷物が大きくて運べない場合などは、集荷に来てもらうために利用することもあります。
実名と住所の記載が必要なので、ヤフオクでは嫌がる落札者もいるかもしれません。

また、定期的に大量の配送がある方は、ヤマト運輸と個別契約を結んでお得に発送できるかもしれませんので相談してみましょう。

飛脚宅急便(佐川急便)について

配送する地域にもよりますが、756円から利用できる宅急便です。
ヤマト運輸よりも若干安い配送料ですが、料金設定の違いがあるので利用する時は料金検索をして比べてみてください。

ヤフオクならではの配送方法の方が格段に安く、安心して利用できるので飛脚宅急便を利用する機会はあまりありません。
ヤマト運輸と同様で、定期的に大量の荷物を送る場合は、相談すると安くなる可能性があります。

ヤフオクだけの「ヤフネコ!パック」とは?

ヤフオクだけで利用できて、通常よりもお得な「ヤフネコ!パック」についてご紹介します。

この配送方法は手間がかからず、コスト削減にもつながるのでとてもおすすめです。
商品を配送するというのは、ヤフオクを初めて利用した人にとっての最初の難関です。

このヤフネコパックを利用すると、悩む事も少ないのでぜひ参考にしてください。

ヤフネコ!パックについて

ヤフネコパックとはヤフオクとヤマト運輸が連携している、ヤフオクならではの配送方法です。

宅急便で大阪から東京へ送る料金を例に挙げると
縦、横、高さの合計が60cm以内の場合(60サイズ)
通常の宅急便であれば1015円ですがヤフネコパックは765円と250円お得です。

縦、横、高さの合計が80cm以内の場合(80サイズ)
通常の宅急便であれば1231円ですがヤフネコパックは981円と250円お得です。

縦、横、高さの合計が120cm以内の場合(120サイズ)
通常の宅急便であれば1685円ですがヤフネコパックは1435円と250円お得です。

配送する地域やサイズによっても料金の違いはありますが、もしも250円の差額で月に100個の配送があると、2万5千円のコスト削減に繋がります。

ヤフネコパックの配送サービスについて

ヤフネコパックには3種類の配送方法があり「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」に分けられます。

まず「ネコポス」についてご紹介します。
ネコポスはA4サイズ(31.2cm×22.8cm)で厚さが2.5cmで重さが1kgまでの荷物で利用できます。

同じぐらいのサイズで定形外郵便があります。ネコポスの場合は出品者負担で全国一律195円です。
また、ネコポスには3000円の保障が付いていて、追跡することも可能なので安心です。

宛名と住所の記載も不要なので手間が省ける事を考えると、ネコポスの方がおすすめです。

次に「宅急便コンパクト」についてご紹介します。
この配送方法は宅急便とネコポスの間の大きさに便利で、24.8cm×34cmの薄型の専用ボックスと25cm×20cm×5cmの通常ボックスがあります。
出品者負担なら全国一律で380円で送れて、専用ボックスが65円なので合わせて445円がかかります。

宅配便コンパクトにも3万円の保障がついていて、追跡も可能です。

似ているサイズなら20円安いレターパックライトがありますが、宛名と住所書きが必要で紛失を考慮すると宅急便コンパクトの方がおすすめです。

次に「宅急便(ヤフネコ!パック)」についてご紹介します。
配送料はサイズによって変わりますが縦、横、高さの合計が60cm以内なら、出品者負担で全国一律で600円で利用できます。
通常の宅配便より料金が安く、宛名と住所の記載が不要なので手間もかかりません。
ヤフオクで商品を発送する場合、基本的にこの3種類から選べば間違いありません。

ヤフネコ!パックの使用方法について

ヤフネコパックの具体的な使用方法をご紹介します。

まずは出品フォームの発送方法を選ぶところで「ヤフネコ!パック」を選択します。
3種類から選べるので、宅急便の場合はサイズも選択します。

次に取引ナビで二次元バーコードを発行します。

商品の支払いが完了した後に、取引ナビで二次元バーコードを発行できます。
この時に荷扱いの指定があれば、該当する荷扱いを選んでチェックしておきます。
「精密機器」「ワレモノ」「下積厳禁」「天地無用」「ナマモノ」の内から2つまで選択が可能で追加料金は発生しません。

最後に氏名や住所、配送の詳細が記載された画面が表示されるので内容を確認したら「二次元バーコードを発行する」をクリックします。

二次元バーコードはコンビニとヤマト営業所で種類が違うので、どこから送るかを選択します。

二次元バーコードをファミリマートで発行する時は、ファミポートを使用します。

画面をタッチして初期画面の下部中央にある「配送サービス」を選びます。

次の画面では「ヤフオク!」や「ヤマト運輸」が記載されているところをタッチします。

次の画面でOKボタンを押して、携帯に表示させた二次元バーコードをファミポートで読み取ります。

次の画面では二次元バーコードに含まれている、配送の情報が表示されます。
内容が間違いなければ「お届け予定日時の選択・変更はこちら」をタッチします。
この時点では右下のOKボタンはタッチできません。
一度日時指定の画面に移る必要があります。

次の画面では配送日の指定ができるので、希望日を選択します。
希望日がなければ希望なしを選んで、右下のOKボタンをタッチします。

住所が記載されたページに戻るのでOKボタンをタッチします。

するとレシートが出てくるので、そのレシートと荷物を持ってレジに行きます。

レジではサイズと重さを測って、それに応じた配送料の控えを渡されます。
送料の支払いに関しては、ヤフーウォレットで支払われるのでクレジット払いとなります。

配送の手続きが済んだあとは取引ナビで、落札者にその旨を伝えます。
やむを得ない理由で落札者の希望の配送方法が取れなかった時の為に、取引ナビで二次元バーコードが表示される下にある「落札者が希望する配送方法以外でやむをえず発送した場合は、こちらから発送連絡をしてください。」から進みます。

その専用フォームからは追跡番号と、状況が確認できるURLを入力するページへと進みます。

追跡番号はコンビニのレジで受け取った控えの、右上に記載されています。

コンビニで受け取る控えには到着予定日が記載されているので、問い合わせがあった場合にはそれを目安に伝えましょう。

追跡番号の入力が終えたら「確認する」をクリックします。

URLは必須ではありませんが、入力しておくと親切です。
ヤマト運輸の状況確認URLはこちらです。

発送方法と追跡番号がもう一度表示されるので、間違いなければ「決定する」をクリックします。
終了したら発送完了を落札者に伝えましょう。

発送した事を伝えると落札者も安心するので、より気持ちよく取引する為にも早めに連絡しておきましょう。

まとめ

今回はヤフオクで使用できる配送方法と、おすすめの配送方法をご紹介しました。
配送方法を工夫して、しっかり管理しておくと高評価にも繋がります。
また、送料を安く済ませられるとコスト削減にも繋がるので、今回の内容を参考にぜひ取り組んでみてください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る