スキル

人生を充実させる!朝の時間の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事のテーマは、「朝の時間の使い方」です。朝、目が覚めたばかりの時間は、頭がフレッシュな状態で、勉強をしたりするのに効果的であることがよく知られています。また、朝の日光を浴びると脳内物質のセロトニンが分泌されて、精神的な健康が維持しやすくなります。

もちろん、朝にジョギングやウォーキングをして体を動かすことで、毎日を健康的に過ごすこともできます。色々な使い方がありますが、いずれにしても言えることは、朝の時間を効果的に使うと、毎日が充実するということです。この記事をきっかけに、朝の時間の使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

朝の時間を充実させるために

最初に、朝の時間を充実させるための考え方、心構えをお話しします。

「朝にやらなくてもいい」ことも考える

「時間の使い方」というと、多くの場合は「何をすべきか」を考えます。この記事でも基本的には、何をすべきかを中心にお伝えしていきます。

ただ、時間は有限です。何でもできるわけではありません。朝の貴重な時間を無駄にしないためには、「何をしないか」も意識すべきです。

例えば、朝に「メールをチェックして返信をする」という人も多いでしょう。しかし、メールの返信を考えるのは、意外に頭を使います。

資格試験の勉強をしたいといったように、朝の時間を頭を使う作業に当てたい人は、他のことに頭を使わない方が、本来やりたいことに集中できます。この場合、メールチェックと返信は、後回しにすべきです。朝の時間を効果的に使うためには、「朝にやらなくてもいいことは、朝やらない」という考え方も必要です。

やりたいことに集中する

せっかく集中力が高まる朝の時間なので、やりたいことに集中しましょう。先ほど例に挙げた資格試験の勉強などが典型的ですが、自分にとって大事なこと、成果を挙げたいことに時間を使うのがオススメです。更に「朝はこれをやる」と決めてしまえば、そのことを継続しやすくなります。

例えば、「1日に1時間は読書をする」という目標を立てても、忙しい日には時間が取れずに、すぐに挫折してしまいます。しかし、「朝食後の1時間を読書にあてる」という目標だったら、どうでしょうか。早起きをする必要はありますが、それさえクリアできれば、他のことに邪魔されずに、確実に読書時間が取れるはずです。

朝の貴重な時間を通勤で終わるのは、もったいない

朝起きて身支度をして、満員電車で出勤。そんな生活を送っている人も多いでしょう。この生活では、貴重な朝の時間は通勤に消えてしまっています。

もちろん、出勤をしないわけにはいかないのですが、朝1時間早く起きて、有意義な活動に時間を使えれば、毎日はずっと充実します。人によって置かれた環境は違うので、実行するのが難しい場合もあるかもしれませんが、1時間でも2時間でも出勤前に自分の時間を作れないか、考えてみてください。

他の人の朝の時間の過ごし方は?

早めに起きて朝の時間に有意義な活動をすることを、「朝活」と呼んだりします。これから朝活を始めたいので参考にしたいと思っている人や、他の人がどんな朝活をしているのか気になるといった人のために、アンケートの結果をお伝えします。なお、以下のアンケートは、求人サイト「エンチャレンジ!はた☆らく」で、インターネット実施されたものです。

早起きしている人は、約6割

まず、そもそも早起きをしているのかという質問には、約6割の人が早めに起きていると答えています。もっとも、これはギリギリまで寝ているか、早めに起きているかの質問なので、この6割の人が全員朝活をしているわけではありません。

そして、早起きのメリットは、キモチに余裕が生まれるという回答が最も多くなっています。

実際に朝活を行っている人は、3割弱

それでは、朝活を行っている人がどれくらいいるのかというと、3割弱という結果でした。

朝活の内容としては、「勉強」、「ランニング・ウォーキング」、「読書」といったものの数字が高くなっています。

この記事でも書いたように、朝は勉強に適した時間帯です。実際にも朝の時間を勉強に当てている人が多いという結果になっています。

早起きのコツは、朝日を浴びること

朝スッキリと目覚めるためのコツについても聞いています。一番多かった回答は「日光を浴びる」でした。

この記事の冒頭でも簡単にご紹介しましたが、日光を浴びることでセロトニンという脳内物質の分泌が促進されます。セロトニンが正常に分泌されると、ストレスや疲労、イライラといった症状を抑えてくれるので、朝日を浴びることには、単にスッキリ目覚めるというだけでなく、心身ともに健康でいられる効果もあるので、是非オススメしたいところです。

早起きすることのメリット

これまでに書いた内容も含まれますが、ここでは早起きをして朝の時間を有効活用することのメリットについてまとめておきます。なかなか早起きできないという人も、以下の内容を読めば、早起きしたいという気持ちになるのではないでしょうか。

セロトニンの分泌が促進される

何度か書きましたが、早起きするメリットのうち、大きなものの一つがセロトニンの分泌が促進されることです。セロトニンという脳内物質は、精神の安定をもたらします。ストレスを抑える効果が強いので、嫌なことがあって気分が落ち込んでいるときは、早起きをして朝日を浴びることで、気分も晴れてきます。

逆に、セロトニンが不足すると、うつ病の原因にもなります。病気にまでは至らなくても、イライラや不安感、仕事への意欲の低下、不眠といった症状がでることもあります。起床後、15分から30分ほど日光を浴びるようにすると効果的です。

気持ちに余裕がうまれる

朝起きると慌てて身支度をして、駅までダッシュ。そんな生活をしていると、気持ちに余裕がなくなります。朝からこの調子では、一日の生活にも影響します。

朝少し早めに起きるだけでも気持ちに余裕が生まれます。1時間2時間早く起きて、有意義に時間を使えれば、毎日の生活に対する満足感も出てきて、日々幸せに過ごすことができるようになります。

集中して、やりたいことができる

この点も前に触れましたが、朝の時間帯は、集中力が高まる時間帯です。記憶力も高まっているので、この時間帯に勉強をすると非常に効果が上がります。もちろん、勉強に限らず、読書などの趣味に時間を使うのも、集中できるのでオススメです。

早起きすることのデメリット

早起きすることにデメリットはあまりないのですが、場合によっては早起きを控えた方がいいこともあり得ます。ここでは、早起きのデメリットについてご紹介します。

睡眠が不足する

早起きをするメリットは大きいのですが、早起きをするためには、就寝時間も早める必要があります。繁忙期で仕事が忙しく残業をどうしても避けられない人が、早く寝ることはできないのに早起きだけをしようとしても無理があります。

睡眠が不足すると、心や身体の健康を害してしまいます。この点は、早起きのデメリットとなります。

このように、必要な睡眠時間を確保することができないのに無理して早起きすることは、デメリットの方が大きくなってしまう可能性があります。無理はしないようにしましょう。

周りの人と生活リズムが合わなくなる

家族と一緒に暮らしている人は、自分だけ生活リズムを変えると、家族と顔を合わせる時間が減ってしまうこともあるかもしれません。また、フレックスタイム制を導入している企業で、多くの社員が遅い時間帯に勤務することを選んでいる企業なら、あなただけ早く出社して早く帰ることは難しいかもしれません。

朝の時間を有効活用することは大事ですが、それによって周囲の人と生活リズムが合わなくなるのは、早起きすることのデメリットになり得ます。この場合、家族や会社の同僚といった周囲の人も一緒に早起き生活にするのが解決法になります。実行するのは難しい場合もあるかもしれませんが、周囲の人と一緒に検討してみてください。

朝の時間を有効に活用するためのコツ・ポイント

この記事の最後は、朝の時間を有効に活用するためのコツ・ポイントを解説します。以下に挙げることを実行すれば、朝の時間を更に有効に使えるようになるので、是非参考にしてください。

朝に勉強するときは、寝る前の時間も活用する

繰り返しになりますが、朝の時間は、資格や仕事の勉強をするのに特に適しています。遅くまで起きていて勉強をするよりも、その分早く寝て、朝から勉強をする方が効果的です。睡眠時間を極端に減らすことはオススメできないので、できるだけ早く帰宅して、家の用事を済ませて、早く寝る習慣をつけましょう。

ただ、より効果的に勉強をするためには、就寝前にも勉強時間を少し取るようにすると効果的です。人間の記憶は寝ている間に定着するからです。

メインの勉強時間を朝に確保するのは前提として、就寝前にも15分から30分程度、朝勉強した内容を復習する時間を取るようにすると更に効果的です。一日の時間は限られているので、なかなか時間を確保するのが難しい場合もあるでしょうが、朝に2時間、就寝前に30分とか、朝に1時間、就寝前に15分といった形で勉強時間を確保できれば、学習効率はかなりアップします。

1日のスケジュールを書き出す

朝のうちに、その日にやらなければいけないこと、やりたいことを書き出して、優先順位をつけておくと、一日を有意義に過ごせます。何をすべきか悩んでいる時間は、無駄な時間なので、あまり時間をかけず、さっさとスケジュールを組んでしまいましょう。あまり詳細なスケジュールを立てると、むしろ守れなくなってしまうので、スケジュールはざっくりとしたもので構いません。

やる気スイッチを入れる

朝の時間は、ぼやぼやしているとあっという間に過ぎ去ってしまいます。朝起きて、頭がボーっとしているようなら、朝日を浴びたり、コーヒーや紅茶を飲んだりして、勉強などに向かう体勢を早めに整えましょう。

「朝起きたら、一杯のコーヒーを飲んで、それから勉強を頑張る」といったように、ルーティン化・習慣化してしまうのをオススメします。この場合、一杯のコーヒーが「やる気スイッチ」になります。

他の方法としては、自己啓発系の本を数ページ読んだりするのもいいでしょう。「自分がやる気になる何か」を準備しておくと、多少やる気がでない日でも、気持ちを短時間で切り替えることができます。

朝食はしっかり取る

朝は、脳がフレッシュな状態で、集中力や記憶力が高まっているので勉強に向いているということは何度も書きましたが、脳を効率よく動かすためには、エネルギーが必要です。もちろん、朝ランニングやウォーキングをする人も、しっかり朝食を取る必要があります。

寝ている間にもカロリーは消費しているので、朝食をしっかり取ることで、脳や身体は十分に活動できる体勢に入ります。朝食を取らないと、午前中一杯、頭がボーっとしたり身体がだるかったりといったことも起こります。朝食はしっかり取りましょう。

また、空腹状態が長く続くことは、私たちの身体に「自分は飢餓状態にある」というサインを送ることになります。こうなると、同じ量を食べていても、身体に脂肪を溜め込みやすくなり、肥満になりやすくなります。生活習慣病を予防したり、美しい身体のラインをキープしたりするためにも、朝起きたらお腹に食事を入れて、飢餓状態から脱する必要があるのです。

モーニングページを書いてみる

「モーニングページ」というものをご存知でしょうか。ジュリア キャメロンの著書「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」の中で紹介されているもので、毎朝、心に浮かんだことを3ページ分書き続けるというものです。

頭の中が整理されて、自分が本当にやりたかったことや、求めていたことを知ることができると評判です。心に溜まっているものを書き出すことによる、心のデトックスの効果も期待できます。もっとも、このモーニングページは、本来は自分の中に秘められた創造性を発見するための手法として紹介されているものなので、すべての人に合うものではないかもしれませんが、気になった人は、前掲の著書を読んでみてください。

身だしなみに気を配る

早起きをして、時間と気持ちに余裕ができたら、身だしなみに気を配るというのもオススメの朝の時間の使い方です。忙しく朝の時間を過ごしていると、身だしなみに対する注意はおろそかになりがちです。早起きをして、女性の場合は化粧やスキンケアに時間を使ったり、男性の場合は丁寧に髭を剃ったりしてみると、本人の気分も変わりますし、周りの人にも好印象です。

人間は中身が大事とはいっても、実際には外見の印象が重要であることは、誰もが経験的に知っていることです。だらしない格好で出勤していた人が身だしなみを整えるだけで、与える印象は大きく変わります。

まとめ

「朝の時間の使い方」について解説してきました。朝の時間を有効に使うことができると、それまでの人生では得られなかった満足感が得られます。早起きするのが苦手という人は、少しだけでも早めに起きて、朝日を浴びることから始めてみてください。目覚めが良くなり、一日が充実するようになります。

早起きしたとしても何をすればいいのか分からないという人には、モーニングページを書いてみることをオススメします。自分が何をしたいのか見つかりますし、心の中に溜め込んでいるものを吐き出す機会を作ることは、心身の健康にも役立ちます。この記事を参考に、自分に合った朝の時間の使い方を見つけてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る