自分を成長させる33の方法と成長できない人の特徴3選

自分は周りの人に比べて全然成長していない…」、「成長したいけど何をすればいいのか分からない…」、そのようなあなたに向けて「自分を成長させる方法」を解説していきます。

人間はどうしても、自分と周囲の人を比較してしまうものです。その結果、「自分は成長できていない」と感じ、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、安心してください。自分が成長できていないと自覚できている時点で、成長できる見込みはかなりあります。これから解説していく「成長する方法」を取り入れることで、あなたは今後グッと成長することができます。

目次

成長できない人の特徴とは?

成長する方法を解説する前に、まずは「成長できない人」の特徴を紹介します。「なってはいけない人物像」を知っておくことも大切だからです。現在の自分自身と比較しながら読んでみてください。

他力本願

成長できない人は、常に「他力本願」の考えを持っています。誰かに頼らなければ行動できなかったり、問題を解決できない人です。

他人が何とかしてくれると考えているので、行動力が格段に落ちてしまいます。結果的に成功体験を積むことができず、成長することができなくなるのです。

周りに流される

成長できない人は、自分で考えずに周囲の意見に流されます。本当に大事なことであっても周りの人の考えに流されるので、適切な解決方法を思いつくことができません。成長していく為には自分の考えをしっかり持つことが大切です。

失敗を恐れてチャレンジしない

成長できない人は失敗を恐れてチャレンジできません。自分に自信がない為、何に対しても逃げ腰になってしまい、「自分にできるはずがない…」と最初から諦めてしまいます

そもそも成長するためには失敗を繰り返し、改善するプロセスが必要です。しかし、チャレンジしなければ失敗すらできないため、成長できない人はそのプロセスを踏むことができないのです。いつまで経っても自分の改善点が見えてこないため、成長することが困難になってしまいます。

ここまで成長できない人の特徴を解説しましたが、いくつか当てはまる点はありましたか?次からは「自分を成長させるために必要なこと」を解説するので、参考にしてみてください。

学習する

成長するためには「学習すること」が大切です。学習すると言っても学校で習ったような勉強を学習するわけではありません。自分が達成したいことに関して学習するということです。

たとえば、サイト運営で月20万円稼ぎたい場合は、マーケティングやコピーライティング、SEOに関する知識が必要です。営業で社内トップの成績を出したいなら、セールストークやコミュニケーションに関する知識が必要になります。

自分にとって必要な知識を習得することが成長するための鍵です。その為には学習をし続けるという姿勢が大事になってきます。

では、学習すると言ってもどのように学習していけば良いのでしょうか?ここでは学習する際に意識するべきコツを解説します。

考えながら量をこなす

知識やスキルを習得するためには、やはり「量をこなすこと」は重要です。たとえば、英語を話せるようになりたい場合は、何度も単語の復習をしたり、英語を話す練習をしなければいけません。

しかし、量をこなすことは大事でも、思考停止したまま学習していれば成長は遅くなるばかりです。何も考えずに単語の復習をする、とりあえず覚えた英語を話してみる、このレベルでは成長スピードを上げることはできません。そこで「考えながら量をこなす」という作業が必要になります

どうすればすぐに単語を覚えられるのか?と考えてみたり、実際に英語で話す場面をイメージしながら話してみたりします。そうすることで思考停止した状態で学習するよりも、遥かに速いペースで知識を習得できるようになります。

成功している人を真似しながら学習する

成功している人を真似することで、「成長スピード」が格段に上がります。なぜなら、真似をすればその人の考えが理解できるようになるからです。たとえば、投資で結果を出したい場合は、有名な投資家の考えを真似するというイメージです。

どういった考えでトレードしているのか?ということを調べ、投資家の思考を「盗む」のです。そうすることで、我流で学ぶよりも早く結果を出すことが可能になります。

時間を上手に使って学習する

成長する為には、時間を上手に使うことも大切です。どんな状況の人でも、与えられた時間は皆平等だからです。たとえば、30歳という同じ年齢の人でも、さまざまな分野で成功している人もいれば、何も結果を出せていない人もいます。

しかし、彼らが過ごしてきた時間はまったく同じです。なぜ、同じ時間を過ごしてきているのに、まったく違う現実を生きているのでしょうか?それは、両者の「時間の使い方」が異なるからです。

たとえば、片方の人が1時間テレビを見ながらダラダラしている間に、もう一方の人は目標に関する勉強などを行っているなどです。限られた時間を有効に使うことが、最速で成長するためのポイントとなります

毎日記録をつける

毎日記録をつけることも忘れてはいけません。人間はすぐに忘却する生き物です。学んだからといって文字に起こさなければすぐに忘れてしまうでしょう。

ただ、本やテキストを丸写しにするのではなく、そこから自分の感じたことや考えたことを、ノートに3行でいいのでまとめるようにしましょう。文字にすれば記憶に定着しやすくなる上に、忘れたとしても、ノートを読み返して思い出せるようになります。

目標を決める

目標がない状態で成長することは難しいです。そもそも「成長すること」とは、目標を達成することの連続だからです。そのため、大小関係なく、達成したい目標を設定しましょう。

目標達成のための習慣を身につける

では、目標を達成し続けるためには何をすれば良いのでしょうか?結論から言えば、目標達成できる習慣を身につけることです。

たとえば、「3ヶ月でブログ記事を100記事にする」という目標を立てたとします。この場合だと、1日に最低1記事は書かないと目標は達成されません。

そうすると、「仕事から帰ったら必ずブログ記事を1記事書く」ということを習慣にする必要があります。その習慣を継続させることで、最初に決めた目標を達成することができるのです。

成長は目に見えるよう形にする

成長や進歩は形に残るようにしましょう。闇雲に作業をするだけで成長や進歩が実感できなければモチベーションを保つのは容易ではありません。

さきほどの「ブログ100記事」であれば、ブログ記事という形で残りますが、例えば「簿記の資格を取る」が目標ならば、勉強した記録をグラフにして合計で何ページやったかを残したり、使ったノートを保存しておき目に見えるところに並べておくのも有効です。

自己投資を怠らない

成長する為には「自己投資」を怠ってはいけません。自己投資とは、何かしらの結果を出すためにお金や時間を使うことです。

たとえば、株式投資で結果を出したいなら、株式投資のセミナーや講座を受講するといったイメージです。受講にはお金と時間が必要ですが、適切な投資を行うことで自分の望んでいる結果を得ることが可能になります

知識に投資する

では、具体的にどのようなものに投資をすれば良いのでしょうか?成長するために投資するべきものは「知識」です。何かを達成して自分を成長させていくには、どのような分野でも「知識」が必要になるからです。

知識を得るための手段はさまざまなものがありますが、中でもオススメは書籍に投資することです。書籍は数千円で手に入り、結果を出している人の思考が凝縮されているからです。

セミナーや講座は費用が高額なことが多く、会場に行くのにも時間がかかります。一方で、書籍はコスパが良いことに加え、自分のペースで読むことができます。最速で成長していきたい場合は、書籍に投資するのがベストな方法です。

知識はバランスよく習得する

また、知識に投資する際はバランスよく習得した方が良いです。デザインの知識も付けながらマーケティングのスキルも身につけるといったイメージです。

たとえば、クリエイターに多いのが「良いものは売れる」という考えで「ものづくり」の知識だけを習得してしまいがちです。しかし、「売るスキル」が欠けている為、なかなか売上が伸びないというケースがあります。クリエイターだけに限りませんが、必要な知識やスキルは幅広く習得しましょう

新たな体験をする

成長する為には新たな体験をすることも大切です。なぜなら、多くの経験を積むことで自分が結果を出せる分野を知ることができるからです。

社会人になると、どうしても自宅と会社との往復の生活になります。しかも1つの会社に勤めているので、専門分野も偏りがちです。こうなると、自分の可能性も狭まってしまいます。

そこで、副業を始めたりサークルに参加してみることで、普段とは違う体験ができます。関わる人も変わるので、新たな気づきを得ることもできるでしょう。まずは、色々なことを体験し、自分に向いていることを深掘りすることで、成長できる分野を発見することができます

お洒落をして自信を持たせる

皆さんは「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?

第一印象は出会って数秒で決まると言われているもので、視覚55%、聴覚38%、言語7%となっています。

第一印象の半分以上を視覚が占めているため「外見に気をつかう」というのはかなり重要です。

無理に派手にする必要はありませんが、自分に自信を持てるような服装でのお洒落を心掛けましょう。

良質な情報をインプットする

現代ではSNSやYouTubeが主な情報源となっていますが、それらの情報は玉石混交であり、良いものから悪いものまで様々です。

もし、情報収集能力に自信があり、いい情報のみを選別してインプットできるのならば問題ありませんが、そうでなければ本を読むことをおすすめします。

本は信頼性の高い情報源であり、読むことで情報を選別する能力も上がります。

インプットとアウトプットはバランスよく

インプットとアウトプットは同じくらい重要なものであり、二つで一体のものと考えていいでしょう。アウトプットの質や量に問題があるならば、インプットが足りていない場合がほとんどです。

また、インプットばかりしてもアウトプットをしなければ、決して自分のものにはなりません。インプットとアウトプットは必ず1セットで考えましょう。

運動も立派な自己投資

自己投資というと本を読んだり資格を取ったりということを始めに思いつきますが、運動も立派な自己投資の一つです。運動を日常的に行えば、健康な身体を作れる上、集中力や精神力を向上させることもできます。

また、運動をすると頭の血流が良くなり、新しいアイディアが浮かぶこともあります。運動は勉強をしているとどうしても忘れてしまいがちですが、毎日少しずつ腹筋や腕立て伏せをしてみましょう。

趣味を見つけることも大切

趣味を楽しむことは、決して怠けることには繋がりません。むしろ、自己投資をする前に趣味を見つけるべきといってもいいでしょう。

趣味を楽しむにしてもそれなりの努力が必要です。より趣味を楽しむためには知識も必要な上に、その趣味を継続することも必要になります。つまり、趣味を楽しむことこそが、自己投資で必要な努力や継続の下地作りなのです。

マネーリテラシーを高める

マネーリテラシーとは、お金の知識やお金を活用する力を指します。現代にはお金の罠がたくさん潜んでいます。それはあなたのお金を取ろうとするものや、お金を貯めづらくするものなど様々です。マネーリテラシーを高めればそれらの罠を回避し、効率よくお金を貯めることができます。

どんな自己投資をするにしても、必要になるのはやはりお金です。お金の知識は一生使える知識なので、学んで無駄になることは決してないのもメリットです。

チャレンジ精神を持つ

仕事でもプライベートでもチャレンジ精神を持つようにしましょう。チャレンジ精神がなければ、自分の成長が止まってしまうからです。やるかやらないか迷った時は「やる」を選択します。そうすることで、新たな可能性を発見することができるでしょう。

分からないことは聞く

新しいことにチャレンジしていると、必ず「分からないこと」が出てきます。その時に、できる人に聞けるのかどうかが成長のスピードを左右します

たとえば、自分で調べると1ヶ月かかるようなことが、人に聞くと3秒で分かることもあります。これは圧倒的な差です。

分からないことを自分で調べることはもちろん大事なことです。ですが、1度調べても分からなかったことは、分かる人に聞くようにしましょう。その方が最速で成長することができます。

疑問を深掘りする

分かる人に質問をする際は、できるだけ具体的な質問にするようにします。なぜなら、具体的な質問をしなければ具体的な解決策を提示してもらえないからです。

たとえば、「どうすればビジネスで成功できますか?」などと聞いても、質問された側は曖昧な返事しかできなくなります。こちらとしても具体的な解決策を行えないので、成長がストップしてしまうわけです。疑問を持った時は深掘りし、具体的に質問するようにしましょう

目標に向かって努力する

成長とは、目標を達成して次のステージに進むことです。しかし、目標に向かって努力する気が無ければ、次のステージに進むことはできません。

私達が成長するためには、やはり目標に向かって努力することが大切です。「目標に向かって努力する→問題に直面する→疑問を深掘りして質問する→具体的な解決策を行う」、このプロセスを踏むことで、目標を達成することが可能になります。そして、その目標達成を繰り返すことが成長するための鍵なのです。

繰り返しやってみる

何かを行う上で質と量はどちらも重要ですが、特に最初のうちは「量」が大事です。

勉強やスポーツでもたくさん練習してたくさん間違うから「良いこと」と「悪いこと」がわかってきます。試行回数が多いほどその良し悪しはたくさん知ることができます。

仕事でも同じでたくさん営業することで色々なパターンの商談方法が身につきますし、どうやって成功してどうやったら失敗するのかを知ることができます。

なので、失敗したとしてもとにかく繰り返しやってみることが重要で、チャレンジしなければ成長はありません。

短所を長所にする

もしあなたが周りと差を付けたいなら短所を伸ばすべきです。

理由はあなたの短所は思いがけない場面で露呈されてしまいせっかくのチャンスを逃してしまう可能性があるからです。

例えば、サッカー選手が右足だけ練習して左足を全く練習しなかった場合、試合で左足にボールがきたらミスしてしまいますよね。それがキーパーであれば失点に繋がります。

こういったことから、自分の短所を克服し長所にすることで自分の強みがどんどん多くなっていき立派な人間に成長します。

失敗を恐れずに行動する

成長したいのなら、失敗を恐れずに行動しましょう。失敗の中には必ず成功するためのヒントが隠されているからです。

言い換えれば、失敗できない人は、成功する為のヒントを見つけることができないということです。では、どうすれば失敗を恐れずに行動できるのでしょうか?

自信を持つ

まずは、自分に自信を持つことです。成長できない人は自信が無いために、色んなことを最初から諦めてしまっています。これだと、自分の可能性を自分で狭めているのと同じ事です。

自信を持つ為には、些細な成功体験をしたときに自分を褒めるとよいでしょう。小さなことでも「できたこと」に対して自分を褒めることで、徐々に自信を付けていくことができます。

最後まで諦めない

失敗を恐れずに行動しても、途中で諦めてしまえば成長はできません。たとえ失敗したとしても、最後まで諦めないようにしましょう

ただ、時間は有限なので期限を決めることは大切です。「●月●日まで」という目標達成までの期限を決め、その期間内で諦めないことがベストな方法です。

弱点を克服すること

失敗を恐れてしまう原因に自分の弱点が関係している可能性はあります。弱点を克服することも行った方が良いでしょう。自分の弱みが無くなれば、チャレンジすることに対するブロックが消え、以前よりもいろいろなことに行動できる可能性がアップします

自分の直感を信じる

あなたは何か判断を下す時、よく考える派ですか?直感を信じる派ですか?

どちらも素晴らしいと思いますが、1時間考えた答えと直感を信じた答えはほぼ変わらないという研究データがあります。

こう考えると悩んだ1時間は無駄に近いかもしれません。その1時間で読書や筋トレができたかもしれませんし大事な人との待ち合わせに遅れることもなかったかもしれません。

クヨクヨ悩んでいるよりも直感を信じて行動する方が良いですね。

アドバイスをくれる人を見つける

成長する為には、自分にアドバイスをくれる人も必要です。なぜなら、自分1人で努力していても、なかなか欠点や改善点に気付けないからです。

たとえば、自分が書いたブログ記事を「完璧」だと思っていたとしても、レベルの高い人から見れば「穴だらけ」に見えることも多々あります。そういった場合にアドバイスを受ければ、盲点となっていた改善点に気付け、さらなる成長につなげることが可能になるのです

アドバイスは素直に受け入れる

また、アドバイスは素直に受け止めることが大切です。相手はあなたを客観的に見てアドバイスしてくれているので、その人の意見が事実に事実に近い可能性が高いです。主観では分からないことも多いため、信頼できる人のアドバイスは素直に受け入れるようにしましょう

良い助言者を探す

日本の義務教育は「先生」という師がたくさんのことを教えてくれました。

しかし、社会人になった途端にその師はいなくなり自分一人で考えて生きていかなければいけません。

ですがいくら大人といえど自分で調べるより誰かから教えてもらう方が効率よく学ぶことができます。

一方的に批判され否定してくるような助言者では気が滅入ってしまいますから、お互いの価値観を尊重しあえるような方を探しましょう。

周りをよく探して知り合いづてにでも探してみることをおすすめします。

家族はよき理解者である

あなたのことを一番よく見ていてくれた人は家族です。あなた自身も知らないあなたを家族は知っていることも少なくありません。家族が助言してくれるのはあなたを心配しているから、あなたを大切に思っているからです。

もしどうしても道に迷ったら、家族の助言を聞くのがいいでしょう。

客観視してくれる友人を持つ

あなた自身をよく見てくれる助言者が家族であれば、あなたを客観視してくれる助言者は友人です。

自己研鑽や成長をしようとする際は道を誤ったり、行き詰まったりしてしまうこともあるでしょう。そんなときには友人のアドバイスを聞いてください

しかし、それがただ心地の良い、傷の舐め合いではいけません。あなたにとって耳に痛いようなことを言ってくれる友人こそが信頼できる友人です。

感謝の気持ちを忘れてはいけない

助言をくれる人は皆、良かれと思って助言をくれています。助言を聞き入れるかどうかはともかく、感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

また、助言をくれた人にできる一番の恩返しが感謝です。感謝の気持ちが伝われば相手もきっと応えてくれます。

精神面を磨く方法4選

目標を達成するには精神面を鍛えることが必要不可欠です。

精神は生まれ持った性質も強いですが、鍛えることも不可能ではありません。そもそも元々、精神力が強い人などそう多くなく、精神的に優れている人は多かれ少なかれ努力をしていることがほとんどです。

具体的な方法は以下の4つです。

  1. 瞑想を習慣付ける
  2. 何事にもチャレンジする
  3. マイナスな言葉を使わない
  4. 自分を深く理解する

瞑想を習慣付ける

瞑想は近年、マインドフルネスという名称で世界中で流行しています。スティーブ・ジョブズなどの成功者も朝の瞑想を取り入れていたことで有名です。

マインドフルネスには、脳を動の状態から静の状態に切り替えることで、余計な考えやネガティブな気持ちなどを抑える効果があります。その結果、判断力や集中力といった成功には欠かせない能力を向上させることができます。

すぐ効果の出るものではありませんが、1ヶ月、半年、1年と毎日続けていきましょう。

何事にもチャレンジする

何事にもチャレンジするようにしましょう。新しいことをすれば当然ですが失敗をします。失敗を重ねることで良い意味で失敗に慣れ、失敗を過度に恐れることが無くなります。

また、他人の失敗を許せるようになり、優しい心を持つことも可能です。「初心忘るべからず」という言葉もあるように、初心の大切さは昔から言われています。そのためには、初めてに飛び込むのが一番です。

マイナスな言葉を使わない

マイナスな言葉やネガティブな言葉は、自分のみならず周りにも悪い影響を及ぼします。ネガティブな言葉は自分をネガティブにさせ、マイナスな言葉はマイナスの出来事を引き寄せます。

逆にプラスでポジティブな言葉を使えば、周りにも良い影響を及ぼします。弱音や愚痴を吐きたくなることもありますが、なるべく吐かないように気をつけましょう。

言葉は心です。良い心は良い言葉から作られます。

自分を深く理解する

自分を深く知るべきは、他ならぬ自分自身です。案外、自分のことはよくわかっていません。なぜあんなことで怒ってしまったのかわからないことや、泣きたくないのに涙が流れてしまった経験はありませんか?それこそが自分自身をよく理解していない証拠です。

自分のことがよくわからなければ、他人を理解することも難しいです。何を勉強するよりも先にまずは自己理解を高めましょう。

まとめ

この記事では、今の自分が成長する方法について解説してきました。最後に大事なことを述べるとすれば、それは「楽しむこと」です。

成長できる人は、普通の人が「しんどい」と思う努力すら楽しんでいます。「努力している」という感覚がないからこそ、今やるべきことに没頭できるのです。

今後は「成長させるために必要な行動」を楽しめるように意識してみてください。すると、意識せずとも自分の成長を感じられる時が訪れるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次