物販

ブログのロゴが無料で作れる!おすすめサイトやWordPressのロゴの表示法も

ブログ運営をするうえでもっとも大切な要素の一つに、ロゴデザインがあります。ネット訪問者の閲覧スピードは、本を読む場合と比べると格段に速いです。興味が持てなかったリ、面白くなかったりすれば、読者はあっという間に離脱していきます。そこで必要となるのが、インパクトのあるビジュアルです。

とくにサイトのトップページに表示されるロゴデザインが、パッと見たときに「キレイ!」「センスがいい!」「何か楽しそう!」と人目を引くものであれば、それが呼び水となって読者をブログ内に引き込むことができます。ただ、いざ自分でロゴを作るとなると「難しそうだな」と思う方も多いでしょう。でも、大丈夫です。デザイナーでなくても専門知識がない初心者でも、無料のロゴ作成サイトを利用すれば、世界で唯一のブログロゴを作りだすことができます。

そこで本記事では、ブログのロゴが無料で作れるおすすめサイトを厳選してご紹介するほか、WordPressへのロゴの表示法についても詳しくお伝えします。プロに依頼できる有料サイトの情報もあるので、これから「人気ブログを立ち上げたい!」「サイトをリニューアルしてアクセス件数を増やしたい!」と考えている方はぜひ参考にしてください。

無料のロゴ作成サイトを選ぶ際のチェックポイント

一言で「ブログのロゴ作成サイト」といっても、その内容は千差万別です。日本語版もあれば英語版もあり、ロゴのテンプレートの数やデザインの傾向も異なります。そこでまずは、自分のブログのイメージにピッタリの無料ロゴ作成サイトを探す際の注意点について説明していきます。ポイントを押さえているだけで、初心者でもサイト選びがしやすくなりますので、ぜひ参考にしてください。

更新頻度の高低をチェック

ブログでも同じことがいえますが、ロゴ作成サイトでは更新頻度が高いものがおすすめです。更新が遅いのは情報発信力が希薄で、新陳代謝も鈍いことの証です。人気があって優秀なサイトほど、更新が頻繁で常にアップデートされている特徴があります。ですので、更新頻度の高さに注目しながら、最新のロゴデザインの傾向や流行りに敏感になりましょう。

操作性の簡単さ(UX)をチェック

無料ロゴ作成サイトは、コストをかけず簡単にお気に入りのブログロゴを作成するのが目的です。よって、操作性(UX)が悪いのは論外でしょう。「このデザインで作りたい!」と思ったときに、ささっと簡単なステップで完成してすぐに自分のブログへアップできてこそ価値があるのです。

テンプレートのバリエーションをチェック

デザイナーでもなければ、クオリティの高いロゴデザインの何たるかはよく分からないものです。そこで目を養う意味でも、まずはたくさんのテンプレートをチェックすることをおすすめします。中でも、業種のカテゴリーごとにイメージに沿ったテンプレートを数多く用意しているサイトは強くおすすめできます。

安かろう悪かろうはNG

無料だからといって、センスがイマイチだったり、画像が粗く発色も良くなかったり、というサイトはおすすめできません。ネット上には無数のサイトが存在し、その中には洗練された素敵なロゴデザインが数多く溢れています。そのため、クオリティの低いロゴはかえってよく目立ってしまい、読者からはじかれるリスクが高まります。

コンテンツは素晴らしいのに、入口の看板が良くないために無視されてしまうのはあまりにもったいなくて残念です。ロゴの完成度にはしっかりとこだわりましょう

日本語対応の有無をチェック

無料ロゴ作成サイトは海外版も多く、日本語に対応していないケースがあります。すると、会社名に漢字やひらがな、カタカナがある場合は表記できません。すべて英数字やローマ字という場合なら良いかもしれませんが、この点は念のため事前にチェックしておくようにしましょう。

商用利用する場合は注意

ロゴデザインは、気をつけないと意匠権や商標権など知的財産権の侵害でトラブルに発展する可能性があります。法人・個人を問わず、商売や集客目的のブログは、すべて商用利用とみなされます。ロイヤリティーフリーで使用できるかどうかは最初に必ず確認しておきましょう。

おすすめの無料ロゴ作成サイト5選

この項目では、無料でブログのロゴが作成できるおすすめサイトを厳選して5つご紹介していきます。

「操作性(UX)の良さ」「テンプレートが豊富」「自分のセンスにあった雰囲気」などを基準にして、お気に入りのサイトが見つかったら、早速ロゴ作成にとりかかりましょう。

LOGASTER

LOGASTERは、1,500万件のデザイン作成歴で、毎分1,000件という圧倒的なロゴ作成量を誇ります。ロゴ作成だけでなく、総合的なブランドデザインを手掛けているので、クオリティの高さはどこにも負けないと言っても過言ではありません。

作成手順は以下の通りです。

  1. ブランド名を入力して「作成」をクリック
  2. ロゴタイプのデザインオプションを明確にし、最適なものを選択
  3. 登録して保存
  4. 会社ロゴを編集
  5. ファイルをダウンロードして完了

もちろん透かしはないですし、作成したロゴの著作権は完全に自分のものになります。また、作成したロゴデザインは、24時間・365日いつでも何度でも変更可能です。

参考:LOGASTER

Canva

Canvaもとても使いやすい無料ロゴデザインサイトです。パソコンはもちろんですが、スマホやタブレットでも簡単にロゴが作れるので、ビギナーには強くおすすめします。

18,000以上のテンプレートから自由に選んでアレンジが可能(テンプレートはそのまま使わずアレンジすれば商用可能)、無料で使えるフォントや素材がとても豊富なのがおすすめポイントです。

作成手順は、以下の通りです。

  1. テンプレートから好きなものを選択
  2. テンプレート内の画像・イラストを入れ替える(自作の画像もアップロード可)
  3. 88種類のフォントから好きな文字にアレンジ
  4. 画像を好みの状態に加工して完了

参考:Canva

Flamingtext


Flamingtextは、日本語対応しているのでとても使いやすいのが特徴です。5ステップで作成でき、改行可能な2行のレイアウトが使える点も珍しい特徴です。

作成手順は、以下の通りです。

  1. サイトトップ画面の中央にあるバーに、ロゴや会社名を入力
  2. ロゴデザイン選択
  3. 背景を選択
  4. フォントやサイズを調整
  5. ダウンロードして完了

参考:Flamingtext

COOLTEXT

若者向けのポップなデザインに仕上げたい方には、日本語対応もバッチリのCOOLTEXTがおすすめです。ロゴスタイルの種類が非常に豊富なので、ピンとくるデザインがきっと見つかるはずです。また、洗練されたクールなイメージの仕上がりも可能なので、まずはサイトをチェックしてみましょう。

作成手順は、以下の通りです。

  1. ロゴスタイルを選択
  2. ロゴテキストのバー部分にロゴ名を入力
  3. ダウンロードして保存して完了

参考:COOLTEXT

LOGO FACTORY

LOGO FACTORY は、とにかく手軽に短時間でロゴを作成したい方におすすめです。たったの3ステップで作れるので、これ以上シンプルなものはないでしょう。しかも、サイトは日本語対応しているので、安心です。

作成手順は、以下の通りです。

  1. ロゴのイメージを選択
  2. タイトル・サブタイトルを入力(フォントは自由に変更可能)
  3. ダウンロードして完了

メールアドレスの入力が必要ですが、そこに画像が届くわけではないのであまり神経質にならなくても大丈夫です。

参考:LOGO FACTORY

ロゴデザインをプロに依頼できるサービス3選

無料ロゴサイトは海外のものも多く、日本人の感覚としては微妙なズレを感じるかもしれません。また、渾身のブログのロゴですから、提供されたテンプレートから選ぶよりはオリジナリティーを追求したい方もいるでしょう。そこで、この項目ではプロにロゴデザインをオーダーできるサービスを3つご紹介していきます。

Crowdworks(クラウドワークス)

Crowdworks(クラウドワークス)は、日本最大のクラウドソーシングサービスです。フリーランスのデザイナーが数多く登録しており、専用サイトにログインして希望を入力すれば、自分に合いそうな相手を見つけ出すことができます。

まずは、自分が理想とするロゴのイメージやショップのコンセプトなどを伝えて見積もりを依頼します。もちろん複数の相手に相見積もりを取ってもOKです。依頼相手を決めたら値交渉を行い、契約に進みます。依頼相手に仮払いを済ませて、無事に納品されれば依頼相手へ支払いを行います。

参考:Crowdworks

coconala(ココナラ)

coconala(ココナラ)は、200種類以上のカテゴリーが用意されており、ロゴデザインもプロのデザイナーに簡単にオーダーできます。1度限りの単発のオーダーでもまったく構いません。安ければ500円からでも依頼できるので、コスパも良いでしょう。契約から支払いまでココナラがすべて仲介してくれるので、安心して利用できます。

参考:coconala

Bizseek(ビズシーク)

Bizseek(ビズシーク)も依頼者と受注者をマッチングするクラウドソーシングサービスです。50種類以上のカテゴリーから選べて、ロゴデザインもフリーランスのプロにオーダーできます。見積もりや値交渉を経て、完成品に満足できれば代金を支払って終了です。こちらの思いをダイレクトに伝えて作成してもらえるので、高い満足感が得られるでしょう。

参考:Bizseek

WordPressのロゴ表示方法

ロゴが完成したら、いよいよ自身のブログに表示させましょう。

今回は、WordPressに表示させる方法についてご紹介します。WordPressは、レイアウトが美しく洗練された画面が特徴的です。ここに上手くロゴを表示できれば、サイトそのものの価値もグンと上がることでしょう。

そこで今回は、WordPressの無料で使えるテーマのなかでも評判が高い「Cocoon」をテーマとして導入しているケースで解説します。

管理画面から「Cocoon設定」をクリック

まず、WordPressの管理画面を開いて「Cocoon設定」をクリックします。

続いて「ヘッダー」タブをクリックしてください。

ロゴ画像をアップロード

「ヘッダーロゴ」の「選択」をクリックして画像をアップロードします。アップロードが完了したら、「変更を保存」をクリックしましょう。


また、ロゴのサイズは「ヘッダーロゴサイズ」の幅と高さの数値を入力することで調整できます。

プレビューで確認

最後にプレビューで確認して、問題なければこれでロゴの表示設定は完了です。

まとめ

今回の記事では、無料で作成できるブログのロゴデザインサイトについてご紹介しました。ブログは、いわば自分の分身のようなものです。だからこそ、そのネーミングとロゴにはこだわりたい方も多いでしょう。無料で作成するのも良いですし、そこで理想のデザインに出逢えなければ思い切ってプロに依頼するのも手です。

世の中のどこにもない、自分のブログだけのデザインが完成すれば、さらにブログへの愛着も増すでしょう。ご紹介したサイトを活用して自分が気に入るのはもちろん、読者やユーザーからも愛される素敵なロゴをデザインしてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!