物販

コーディング基礎知識!デザインとセットで学ぶべき必要性と理由は?

Webデザイナーはデザインの専門家です。しかし最近では「コーディングもできるようになるべき」という指摘がされるようになりました。コーディングはウェブ制作の際に必要となるプログラミング作業です。しかし、「なぜデザイナーがプログラミングを学ぶ必要があるの?」と疑問に感じるWebデザイナーも多いようです。

そこで今回は、コーディングの基礎知識を紹介するとともに、コーディングを学ぶべき理由、気軽に学習できる無料サービスなどをまとめました。これを参考に、ぜひコーディングのわかるWebデザイナーになって下さい。

コーディングとは?基礎的な部分を解説!

これからの時代のWebデザイナーなら「コーディング」の知識は不可欠だと言われています。コーディングとは一体どんなことなのでしょうか。まずは入門となる基礎知識を解説していきましょう。

コーディングとは何か?

コーディングは、マークアップ言語やプログラミング言語を記述することをいいます。マークアップ言語やプログラミング言語と聞くと難しく感じるかもしれませんが、「コンピューターに理解できる言語」と考えて下さい。

この言語には2種類あり、「フロントエンド言語」と「バックエンド言語」と呼ばれます。「フロントエンド言語」は、ウェブ上のデザイン面を担当する言語です。それに対して「バックエンド言語」は、システム面を担当する言語です。

Webデザイナーならデザインを担当する「フロントエンド言語」を理解していると仕事で有利になります。具体的には、HTML、CSS、JavaScript(jQuery)といったものです。順番に説明していきます。

HTMLとは?

HTML(Hyper Text Markup Language)は「マークアップ言語」とも呼ばれます。ウェブサイトの骨組みとなる言語で、文字や写真を配置する際にも、HTML言語で記述を行う必要があります。

HTMLは「わかりやすい」ことが特徴で、初心者でも簡単に学習できます。次に紹介するCSSとセットで活用されるケースがほとんどです。

CSSとは?

CSS(Cascating Style Sheets)は「スタイルシート言語」とも呼ばれます。HTMLとセットで使うことで、サイト全体の見た目やレイアウトを整える機能をもちます。

HTMLに次いで学習しやすい言語で、初心者でも難しくはありません。ウェブデザインで欠かすことのできない言語なので、HTMLとセットで学習すると良いでしょう。

JavaScript(jQuery)とは?

JavaScriptは、ウェブデザインに動きをつけるためのプログラム言語です。例えば、ウェブサイトを見ていると、写真が切り替わったり、スクロールに合わせてポップアップ表示が出てきたりといった「動き」を見たことがあるのではないでしょうか。

これもまた、HTMLやCSSとセットで学習すべき言語だと言われています。なお、JavaScriptを発展させた技術にjQueryがあります。

Webデザイナーに「コーディング」知識は必要?メリットは?

Webデザイナーにも、「コーディング」の知識が求められるようになってきました。以前なら、デザインができれば問題ありませんでしたが、ウェブサイトが高度化するにつれ、コーディングのわかるデザイナーが重宝されています。

その理由は背景には何があるのでしょうか。Webデザイナーが「コーディング」を覚えることの3つのメリットを紹介します。

メリット①無駄なやり取りが少なくなる

コーディングを覚えるメリットの1つ目は、「無駄なやり取りが少なくなる」ということです。デザイナーが制作したデザインは、コーダーと呼ばれるコーディング担当者がプログラミングします。

コーダーがわからないことはデザイナーに確認し、デザイナーはコーダーに伝えるという流れをとりますが、コーディングのわからないデザイナーだと、質疑のやり取りが増えてしまうと言われています。

逆に、コーディングのわかるデザイナーであれば、やり取りが少なくて済む傾向にあります。「コーダーが何で困っていて、何を知りたがっているのか」といったことが、デザイナー側でも明確に把握できるようになるためです。

メリット②技術的に可能なデザインができるようになる

コーディングを覚えるメリットの2つ目は、「技術的に可能なデザインができるようになる」ということです。ウェブサイトに必要なことは、美しくデザインするだけでなく、きちんと技術的に機能することです。デザイナーは、デザインを重視したコンテンツを作ります。

これがもし、「コーディングがわかるデザイナー」であれば、コーディングの際に困らないようなデザインをつくることができます。コーディングがわかるため、どのようなデザインだとサイトとして実現させやすいか、といったことがイメージできるのです。

デザインが先行すると、機能的に実現が難しいウェブサイトになることがあります。しかしコーディングがわかるデザイナーであれば、そうしたことも回避が可能になります。

メリット③発注者が便利に感じてくれる

コーディングを覚えるメリットの3つ目は「発注者が便利に感じてくれる」ということです。今まで説明した2点と重複することですが、コーディングのわかるデザイナーは重宝がられます。

コーディングのわからないデザイナーだと、デザイナーとコーダーをとりまとめるディレクターが必要になるケースがあります。また両者の間でコミュニケーションがうまくいかなくなることもあります。しかしコーディングのわかるデザイナーなら、その心配がありません。

発注者が便利に感じてくれるということは、それだけ多くの仕事を任せてくれる可能性も高まるということです。コーディングのわかるデザイナーは、仕事でも有利な場面が増えるはずです。

Googleの「推奨コーディングガイドライン」とは?

コーディングは、コンピューターに理解できる言語を記述することです。記述するスタイルにはいろいろあり、「きれいに記述できる人」もいれば「ぐちゃぐちゃな記述になってしまう人」もいます。きれいな文章が書けるかどうか、ということです。

きれいな記述ができるように、Googleは「推奨コーディングガイドライン」を用意しています。チームで分担してコーディングする場合も、書式が統一されていると安心です。その中身をいくつか紹介してみましょう。

HTML5を使用しよう

HTMLはウェブサイトの骨組みとなる言語です。文字や写真を配置する場合など、HTML言語で記述されますが、その最新規格が「5」になります。「Google推奨コーディングガイドライン」では、HTML5を使用するように推奨しています。

例えば、<!DOCTYPE html> で記述をスタートする形式がHTML5です。「HTML5を使用する」ということの意味は、「HTMLの最新版で記述しましょう」ということになります。

画像にalt属性を追加しよう

「画像にはalt属性を追加しましょう」というルールも、「Google推奨コーディングガイドライン」で紹介されています。

例えば、りんごの画像であれば「<img src=apple.jpg alt=りんごの写真>」といったかたちで記述されます。alt属性を追加しなくても画像は表示されます。しかしalt属性があれば、それが何の画像であるかが明確になるわけです。

CSSのコーディングルールの原則

CSSはHTMLとセットで使うことにより、サイト全体のレイアウトを整える機能をはたします。このCSSにも、コーディングのルールがあります。

「Google推奨コーディングガイドライン」に詳細がありますが、要点としては、記述が簡潔でシンプルであることを求めています。「省略できること」そして「わかりやすいこと」が記述において求められているということを理解しておいて下さい。

id属性とclass属性の命名ルール

id属性とclass属性は、コーディングで欠かせないものです。この2つの属性は、HTMLのタグに名前をつける機能をもっています。

例えば、以下のような記述です。

<div class=anime1>
・・・・・
</div>

ここでは「anime1」という名前をつけていますが、「Google推奨コーディングガイドライン」では、きちんと意味の伝わる名前にすること、簡潔に指定することが推奨されています。適当な命名をしてしまうと、プログラムを見ている時に混乱する可能性があるためです。

コーディング作業の注意点を解説!

コーディングには注意点がいくつかあります。先ほどの4つのポイントに加えて、今度はHTMLとCSSで注意すべきことを紹介します。またコーディング後に求められるチェック作業や、コーディングを外注する際の注意点を解説します。

HTMLコーディングの注意点

Googleの「推奨コーディングガイドライン」にもあるように、プログラミングでは簡潔で無駄がないことが推奨されます。意味のない改行があったり、余計なスペースがあったりすると、検索エンジンの評価が下がったり、サイト表示のパフォーマンスに影響することもあります。

また、テキストをそろえるために空白文字を使ったり、改行のbrタグを連続使用するといったコーデングを見かけることがあります。こうした「デザイン」のコントロールは、HMTLではなくCSSで行うものです。きちんとしたルールに沿って記述を行うことが大切です。

CSSコーディングの注意点

CSSもHTMLと同様です。「推奨コーディングガイドライン」の通りで、簡潔でシンプルな記述が求められます。例えば、単純なアイコン等であれば、画像を使うのではなくCSSで描写するといった方法も、その一つです。

また、整理して書くことの意味は、検索エンジン対策だけではありません。後からチェックする時や、他の人が確認をする時、もしシンプルな記述になっていないと混乱してしまいがちです。

また意外と盲点となるのが、HTMLで記述した流れでCSSを記述することです。そうでないと、どのCSSが、HTMLのどの部分に対応しているか、わかりづらくなってしまうのです。

クロスブラウザチェックを忘れない!

コーディングが終わったら、実際にブラウザで開いてチェックを行います。1つのブラウザだけでなく、Internet Explorer や Firefox、Chromeといった複数のブラウザで確認しましょう。これを「クロスブラウザチェック」といいます。

ネットユーザーによって、ウェブサイトを見る時のブラウザは異なります。そのためChromeでは正常に機能するページなのに、Firefoxでは機能しないといった事態を避ける必要があります。

特にオンラインショップであれば、大きな問題になりかねません。複数のブラウザでチェックする「クロスブラウザチェック」を経ることで、より完成度の高いウェブサイトに仕上げることができるのです。

コーディングを外注する場合の注意点

なお、コーディング作業を社外に発注するというケースもあるでしょう。その場合は、いくつかの注意点があります。

まず、コーディングを行うウェブサイトの目的を、相手ときちんと共有することです。集客をしたいのか、注文を増やしたいのか等を共有することで、ちょっとした勘違いを防ぐことができます。また相手からアドバイスやヒントがもらえることもあるでしょう。

また、発注側に求められることをきちんとチェックすることも大事です。原稿の用意や、プログラムについての要望点の整理など、相手ときちんとすり合わせることです。

また作業のステップに応じて、コーディングの作業前にやるべきこと、作業の過程でやるべきこと、作業後にやることなどそれぞれに課題があるはずです。しっかりチェックしましょう。

コーディングを学ぶなら、この4つの学習ツールがオススメ!

デザイナーにもコーディングの知識が求められています。ここまで読んでくれば「自分もコーディングを勉強してみよう!」と興味を覚えた人は少なくないはずです。

そこで、コーディングを学習するためのサービスを4つほど紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

Progateとは?

Progateは、無料でプログラムが勉強できる学習ツールです。テキストで学習するだけでなく、学んだプログラムを入力して実行する機能もついているのが特徴です。

イラストや図解による説明もあり、学習の進捗も見える化されています。初心者にも取り組みやすいツールだと言えるでしょう。

参考:Progate

ドットインストールとは?

ドットインストールは、動画を使ったプログラム学習ツールです。3分にコンパクトにまとめられた動画が6,000本近く用意されていて、気楽に学習することが可能です。また、わからないところだけ簡単にチェックするといった活用法も可能です。

HTMLやCSS、JavaScriptといったプログラム言語の講座だけでなく、Canvasによるグラフィックやミニゲーム作り、Wordpressの構築方法などの講座も取り扱われています。幅広い内容が気軽に学べるのが特徴です。

参考:ドットインストール

Codeprepとは?

Codeprepは、プログラミングを記述しながら学ぶという、実践型タイプのプログラミング学習ツールです。HTML、CSS、JavaScript、jQueryといった基本的なプログラムだけでなく、RubyやPHP、CSS3、Canvasなど、幅広く学ぶことができるのが特徴です。

無料の講座が100以上も用意されており、初心者でも安心して取り組めます。応用的な内容も充実しています。「JavaScriptでつくるおみくじ」や「CSS&jQueryでつくるゲームモーション」など、興味を惹くテーマも豊富です。

参考:Codeprep

Schooとは?

Schooは、動画によるプログラミング学習ツールです。特徴は「授業が生放送で行われている」という点です。講師や他の受講者とも、その場でリアルタイムにコミュニケーションができるため、質疑応答も簡単。リアルの授業を受けているような雰囲気が味わえるでしょう。

プログラム言語に加え、画像処理やマーケティングなどをテーマとした講座もあります。基本的には生放送による授業を受講するスタイルですが、月額980円のプレミアムサービスもあります。これに入ると過去の動画や限定配信のチェックも可能になります。

参考:Schoo

Webデザイナーもコーディングを学んでチャンスを広げよう!

コーディングの意味を紹介しながら、コーディングの基礎知識やコーディングを学ぶべき理由、気軽に学習できる無料サービスなどをまとめてみました。Webデザイナーはデザインの専門家ですが、コーディングもわかると仕事の機会が増えます。

コーディングは、ウェブ制作において必要となる部分です。しかし、そこまでわかるデザイナーが少ないため、余計に重宝されるのです。今回の記事を参考に、ぜひコーディングのわかるWebデザイナーへの一歩を踏み出して下さい。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。