【禁止行為 要確認】メルカリで通報されたらどうなるのか?対処法を徹底解説。

メルカリで通報される行為とは? 通報されたらどうなるのか?と疑問を持っている方は、必見です。ここでは禁止行為を一覧にして、通報された場合どのようになるのかを説明していきます。

仮に通報されて、アカウントが使えなくなってしまったら、別のアカウントを作成すれば済むのでは?と思うかもしれませんが、それはできません。メルカリの規約上、1人につき1アカウントしか作成できないと決まっているからです。

注意して進めないと、メルカリで取引ができなくなります。たとえ知らなかったとしても、ペナルティを受けることになります。

でも安心してください。ここから記事を読み、注意事項を押さえて取引することで、スムーズな取引ができるようになります。それでは見ていきましょう。

目次

メルカリの通報とは

通報とはメルカリの規約違反に当たる出品やコメントを、メルカリ事務局に報告することです。他の人の商品やコメントでも、ルール違反があれば通報することができます。

メルカリで通報したら相手にバレるか

メルカリでご自身が通報したとしても、通報された相手に名前がバレることはありませんので、安心してください。

ただし取引相手同士で、もめごとになり、メルカリ事務局が間に入って介入したケースで通報した場合は、相手に通報したことがわかってしまうことがあります。

正しく取引をするためにも、メルカリで不適切な取引や商品があった場合には通報しましょう。

メルカリで嫌がらせ通報

メルカリで通報を受けた際には、出品内容を一度確認しましょう。もしかすると嫌がらせ通報の可能性があります。

嫌がらせ通報は、実際正当な取引をしているにも関わらず、故意に通報してくる通報です。通報自体が間違っている可能性もあります。確認して対処しましょう/

メルカリで嫌がらせ通報をされた場合の対処

通報された内容を確認して、ご自身の内容ではないと判断できれば、メルカリ事務局に問い合わせるようにしましょう。その際は内容次第でメルカリより、ペナルティを受けることはありませんので、ご安心ください。

ただし、通報された内容に相違があるにも関わらず、そのまま内容を変更しない状態にしていると、ペナルティが加算される可能性がありますので、ご注意ください。

それでは次に、通報される可能性のある禁止行為について見ていきます。事前に通報されないように把握しておくことが大事です。

禁止されている出品物取引の一覧を公開

出品や取引が禁止とされている出品物の一覧を記載します。必ずメルカリで出品する前に、確認しておきましょう。

禁止されている出品物一覧

・電子チケットや電子クーポン、QRコードなどの電子データ
・ダウンロードコンテンツやデジタルコンテンツ
インターネットからダウンロードする画像や、イラスト、コンテンツなど)などの電子データ
・新型コロナウイルスの影響に伴い、取引が禁止されている商品
 例)PCR検査キッドや医療用マスクなど
・偽ブランド品、正規品と確証のないもの
・知的財産権を侵害するもの(商標権や著作権を侵害したもの)
 例)ブランド品をリメイクしたもの、芸能人の写真を無断で転用したものなど。
・盗品など不正な経路で入手した商品
・犯罪や違法行為に使用される可能性があるもの
・殺傷能力があり武器として使用されるもの
・危険物や安全性に問題があるもの
・児童ポルノやそれに類するとみなされるもの
・18禁、アダルト関連
・使用済みの下着類
・使用済みのスクール水着、体操着、学生服類など
・医薬品、医療機器
・許可なく製造した化粧品類や小分けした化粧品類
・法令に抵触するサプリメント類
・安全面、衛生面に問題のある食品類(出品時には消費期限・食品表示ができるものが必須)
 例)開封済みの食品、消費期限が切れている食品など
・たばこ
・農薬、肥料
・現金、金券類、カード類
・チケット類
・領収書や公的証明書類
 例)公的証明書は免許証やマイナンバーカードなどを指します。
・ゲームアカウントやゲーム内の通貨、アイテムなどの電子データ
・サービス・権利など実体のないもの
 例)情報商材、宿題、自由研究など本来自らが行うべきものの他者の代行など
・受け渡しに伴う手続きが複雑なもの
 例)土地や建物など不動産屋や不動産に関わる権利など
・手元にないもの(架空在庫
・福袋
・試作品(商品サンプル)の掲載がないオーダーメイド品
・象牙および希少野生動植物種の個体などのうち、種の保存法により必要とされている登録がないもの
・利用制限や契約中、支払いが残っている等の携帯端末および全てのSIMカード
・規制薬物・危険ドラッグ類
・個人情報を含む出品・投稿、個人情報の不正利用
 例)住民票、卒業アルバムなど
・外国為替及び外国貿易法(外為法)に抵触する商品について
・その他、不適切と判断されるもの

取引や発送などの禁止行為

商品以外でも取引や発送、出品をする際にもメルカリ公式サイトで禁止行為として公表しています。取引、配送、出品、その他の4つに分けて記載しています。自身の取引が該当しないかは確認しておきましょう。

(取引)
・メルカリで用意された以外の決済方法を促すこと
・商品の詳細がわからない、偽装している取引
・メルカリが用意した取引の流れに沿わない行為
・マネーロンダリングにあたる行為(不正な取引で得たお金を使って取引すること)
・商品の出品者自身や親族、その他関係者などが購入すること
・交換、半交換
例)双方の商品を値下げして購入しあったり、一方が商品の差額のみ支払って商品を交換したりすることです。

(配送)
・送料込の商品を送料別(着払い)で発送すること
・商品の宛先を郵便局(営業所)留めにすること
・商品の手渡しを強要すること
・支払いを行う前に出品者へ発送を促すこと
・海外から商品を配送すること(海外へ商品を配送することも禁止しています)
・自身の意志で着荷を受け取ることのできない施設を配送先に設定すること

(出品)
・製造や販売にあたり、法令上許可・届出・免許等が必要な商品について、許可・届出免許等なく当該商品を出品すること
・商品の状態がわかる画像を掲載しないこと
・手元にない商品を予約、取り寄せて販売すること
・販売を目的としない出品行為
例)商品説明と異なる販売価格で出品すること、売り切れの商品を出品するなど

・出品者とは別の第三者の商品を代理で出品すること
・オークション形式の出品
・購入ボタンを押すだけでは商品が確定しない選択形式の出品
・商品に問題があっても返品に応じないという記載をすること
・虚偽の設定、または誤った情報を記載すること
・他会員が撮影した画像、文章などを無断で使用すること

(その他)
・外部サービスなどに誘導する行為
・迷惑行為
・勧誘活動を行うこと
・低俗、わいせつな投稿を行うこと
・虚偽の情報を投稿すること
・個人情報を含む出品・投稿、個人情報の不正利用
・メルカリアカウントの不正利用
・違法行為およびそのほう助にあたる行為
・差別を意識させる、もしくはそれらにつながる行為
例)性差別、人種差別、宗教差別などあらゆる差別に該当するもの
・公序良俗に反する行為(他人を不快に思わせる反人道的行為など)
例)生き物の出品、犯罪を助長するものなど
・選挙運動に関するあらゆる行為
・その他、不適切と判断される行為

特に注意すべきメルカリで通報される 4つの禁止行為

先述したように禁止行為を行うと、通報される可能性が高まります。特に気をつけるべき行為を、ここでは記載しますので、注意して取引しましょう。

在庫を持たず取引をする

手元に在庫を持たずに販売をすることは禁止行為です。法律上は禁止になっていませんが、メルカリの規約上ではトラブルにつながる可能性があるため、禁止しています。

お金のみの架空の取引

商品のやりとりがなく、架空でお金の決済のみが行われる場合は、法律違反となりますので、絶対行わないようにしましょう。お金のやり取りだけが行われているとマネーロンダリング(不当なお金のやり取り)と認識されアカウント停止のみならず、犯罪になりますので、注意が必要です。

商品交換をすること

出品者同士で、商品の交換をすることは禁止行為になりますので、注意しましょう。お互いに交換して金額の差分を払ったり、値段を下げあって交換したりすることはできません。
交換だったらいいだろうと、気軽に行うことは禁止されていますので、注意しましょう。

受け取り評価を商品が届く前に強要すること

受け取り評価を商品が届く前にもらう行為は、メルカリの規約に違反する内容です。

正しい流れは、購入者が商品を受け取り、入金を確定させた後に受け取り評価を行います。

先に依頼することは、仮に商品が届く前だった場合でも、実際に商品を発送するか疑われてしまう可能性もありますので、行わないようにしてください。

メルカリで通報されたらどうなる?ペナルティは?

メルカリの規約やルールに違反すると、何らかの警告を受けます。内容によっては、アカウントの停止や、メルカリを2度と使えなくなるケースがあります。

ただし全てがペナルティになるわけではありません。ここではいくつかのケースを挙げていきます。

商品の出品停止や削除になる

メルカリ事務局より、出品した商品の修正がある場合は、出品自体が停止されます。
メールで送られてくる修正内容を元に訂正するようにしましょう。直した時点で再度出品し直すことが可能です。

ただしメルカリの規約やルールに違反する内容によっては、出品自体が削除されることもあります。その場合は再出品はできなくなります。メールで違反内容の連絡がきますので、繰り返し起こさないようにしましょう。

規約違反によるコメント削除

メルカリの規約やルールに違反したコメントは削除されます。内容次第では、コメントの送信制限がされますので注意しましょう。

アカウント利用の制限がかかる

規約やルール違反をしているアカウントは利用制限がされます。ケースによっては、プロフィールの編集本人確認を求められます。

内容次第ではさらに厳しく、アカウントの停止につながることもあります。そうすると2度とメルカリに出品することができなくなりますので、注意が必要です。

警告だけで済むケースも

メルカリで通報を受けても、必ずペナルティを受けるわけではありません。早急に対処することで、警告が解消されることもあります。ただし、そのままにして対応しないと、ペナルティの対象になりますので注意が必要です。

メルカリで通報されてしまったときの注意点と対処法

メルカリで通報された場合、禁止行為を行っている可能性があります。ペナルティが課され、厳しい内容の場合アカウント停止につながります。

その後の対応が大事です。例えばアカウントが停止した場合、別アカウントを作って取引を行うと、規約違反となります。誤った対処をしないように見ていきましょう。

取引の前には禁止事項を理解しておく

禁止行為を行うと、通報されてメルカリからペナルティが課されます。

悪意がある内容の場合、厳正な処罰が与えられ、アカウント停止につながり2度とメルカリに参加できなくなる可能性があります。

また複数のアカウントを作成して、出品、商品購入をすることは違反行為です。アカウント作成は一人1つと決まっていますので、発覚した場合はメルカリを利用することができなくなリます。

一時停止のケースもありますが、メルカリの禁止行為を行わないように、事前に禁止事項を読んで理解しておくことが大事です。

事務局に相談してみる

禁止行為だと知らずにやってしまった場合でも、違反行為には変わりないため、ペナルティは課されます。

いつの間にか違反行為になってしまったなど、悪意のない状況だった場合は、その旨をメルカリ事務局に相談を含めて説明してみると良いでしょう。内容を考慮してもらえるかもしれません。ただし報告したからといって、ペナルティが必ず無くなるものではないです。

まとめ

通報されてしまったら、その後の行動が大事です。まずは禁止行為を把握してから取引をしましょう。知らずにやってしまったとしても、違反行為であった場合はペナルティが課せられます。

先述しているように停止になったアカウント以外で、複数作成して取引を開始することも、メルカリでは規約違反とみなされます。

何度もペナルティが重なると、あなたはメルカリで取引を継続することができなくなりますので、禁止事項を見返し細心の注意を払った上で、メルカリを活用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次