Amazonのレビューが反映されない理由を解説!対策もご紹介!

Amazonでは、商品購入後に商品レビューを投稿できます。中身のあるレビューは、セラーにとってはより良い商品を提供するきっかけになりますし、購入者にとってはAmazonからサンプル商品のレビューを依頼される可能性が高まります。このような理由から、商品を購入したら必ずレビューするという人は多いです。

しかし、レビューを投稿したのにいつまで経ってもサイトに反映されないケースがあります。その場合は、レビュー内容に原因があることが多いため、自分の書いたレビューを見直す必要があります。

今回はAmazonのレビューについて、投稿から反映までの期間や反映されない理由などについてご紹介します。積極的にレビューを投稿する人はぜひ目を通してください。

目次

レビューが反映されない主な理由

投稿した商品レビューが反映されない理由にはいろいろとあります。

主観的には問題ないように見えるレビューでも、客観的には望ましくない内容になっているケースは多いものです。レビューを投稿する際は、書き終えてすぐに投稿するのではなく、いったん間をおいた上で中身をチェックするように心がけましょう。

ここからは、商品レビューが反映されない主な理由をご紹介します。ご自身のレビューがなかなかサイトに反映されないときは、以下のいずれかの事由に当てはまっている可能性があります。

レビューが不適切だと判断された

レビューが不適切と判断された場合は、審査時点で弾かれてしまうためサイトに反映されることはありません。不適切なレビューとは、具体的には以下のようなものです。

・商品の著者や製作者に近い関係にある人のレビュー
・競合他社の商品に対する低評価レビュー
・医薬品でないものに対して医薬品類似の効果を主張するレビュー
・食品やサプリなどに関して、その効果を誇張したレビュー

簡単に言うと、公平性を欠いていたり信ぴょう性が薄かったりするレビューは不適切だと判断されます。詳しくは下記のガイダンスを確認してください。

参考:カスタマーレビューについて

Amazon側のエラー

インターネットの世界では常にサイトをアップデートする必要があるだけでなく、新しいシステムを組み入れる必要もあります。ところが、アップデート等を行うと稀にシステムエラーが発生することがあります。このような問題は大企業Amazonといえども避けることはできません。

そして、システムエラーが発生している時に投稿してしまった場合、そのレビューは正常に反映されないことが多くなります。このようなケースでは、エラーが回復するまで待つしかありません。エラーが復旧したにもかかわらず、なおレビューが反映されない場合は他の理由が考えられます。

NGワード

レビューの中にNGワードが含まれていた場合は、自動的に審査落ちするようになっています。具体的にどのような言葉がNGワードに指定されているのかは公表されていませんが、下記のレビューは審査落ちの可能性が高いと言われています。

・他レビューのコピペレビュー(一致率が高い場合も含む)
・他サイトに誘導するレビュー(LINEの文字が引っかかる場合もある)
・過度に商品を勧めているレビュー

不正を犯す意思がなかったとしても、以上のようなレビューになっていた場合はNG判定されてしまいますので気をつけましょう。

画像が添付されている

レビューには画像を添付できます。ところが、画像は文章に比べて審査に時間がかかるため、反映が遅れがちになります。文章と違い一目で可否を判断できないため時間がかかってしまうのです。

また、画像の良し悪しをコンピューターが判断する場合、人が判定する場合と違って思わぬミスが発生することがあります。例えば、手が写っているにすぎない画像が、その肌色面積の多さからポルノだと判定されることもあるのです。

このように、画像を添付すると時間がかかるだけでなく、思わぬ画像がNGになってしまう可能性があることは覚えておいてください。

自分の商品へのレビュー

自分が販売している商品を自分でレビューすることは禁止されています。同一商品を販売している他のセラーがいる場合でも不可です。また、過去に他のセラーから商品を購入していたとしても、その商品のセラーとなった場合には、もはやレビューを投稿することはできません。

このような措置が採られている理由は、レビューを使って自分の商品の価値を不当に高めようとするセラーの出現を防止することにあります。

自分が出品している商品に対してレビューを投稿するのは、ガイダンス違反に該当する行為ですので、絶対に行わないようにしましょう。

審査にかかる時間

レビューは、一般的には、投稿日の翌日~2日以内に反映されます。過去のレビュー評価が高いユーザーほど反映されるまでの期間が短い傾向にあります。

ただ、中には1週間以上かかったという声もあります。

なぜ、このような違いが生まれるのでしょう。レビュー内容の違いが審査期間の違いとなって現れていることは明らかです。つまり、レビューには短期間で審査が終了するものと、長期間を要するものとがあるということです。

そこでここからは、反映されるまでに時間がかかりがちなレビューについて解説していこうと思います。

レビューの数が多いとその分審査に時間がかかる

1人のユーザーが複数のレビューを投稿している場合は、審査に時間がかかる傾向にあります。単純にすべてのレビューをチェックするために時間がかかるというだけでなく、悪質なユーザーがやりがちな低評価レビューの連続投稿ではないかをチェックする必要も生じるからです。

反対に、1件ずつの投稿であれば、レビュー内容が似たようなものだったとしても詳細にチェックされないまま反映されることは多いです。そこで、すぐにレビューを反映させたいのであれば、1度にたくさんレビューを投稿しないようにしましょう。また、複数の投稿を一度にやってしまうと、最悪の場合、まとめて審査落ちしてしまうリスクもあります。

画像や動画があるとより時間がかかる

画像や動画は人の目で判断しなければいけない部分が多いため、通常のレビューより時間がかかります。以前はすぐに反映されていましたが、動画や画像は文章より不適切な内容が分かりにくいため、最近は細かくチェックされるようになっています。

内容にもよりますが、基本的には翌日以降に反映されることになります。反映されるまでの期間を短くしたいのであれば、文章だけのレビューにするのがおすすめです。

ただ、画像や動画がレビューの質を高めてくれることは間違いありませんので、必要であれば内容をチェックした上でどんどん利用していきましょう。

高評価より低評価の方が審査に時間がかかる

レビューの審査は、高評価なものより低評価なもののほうが審査に時間がかかる傾向があります。過去に低評価のレビューを数多く投稿しているユーザーについては特に細かくチェックされますし、そのようなユーザーのレビューは不適切と判断される確率が高くなりがちです。

低評価レビューが全て反映されないわけではありませんが、高評価よりは反映されにくくなっています。NGワードにも引っかかりやすいので、低評価レビューをする際は、言葉遣いに気を付けましょう。

レビューが反映されない時の対策

レビューが反映されない理由についてご紹介したところで、続いてはレビューを反映させるための具体的な対策について解説します。

反映されないからといって次から次へとレビューを投稿していては、反映されるまでに時間がかかってしまうばかりか、下手をするとまとめて不適切とされる可能性を高めてしまいます。レビューを審査する際は、そのユーザーの過去の投稿までさかのぼって確認されるため、以下でご紹介する対策を参考に、レビュー1件ごとの質を高めるように努めてください。

ガイドラインを再度確認

一見問題ないように見える文章でも、ガイドラインに照らし合わせると不適切な場合があります。投稿前は個々の言い回しにも気を配り、審査に落ちる要因を作らないことが大切です。

例えば、健康食品やサプリであれば、その効果を断定する言い回しを含むレビューはNGとされやすいので気を付けてください。主観が入り過ぎて信ぴょう性に欠ける文章も同様です。高評価にしても低評価にしても公平性のあるレビューを心掛けてください。

画像や動画を使わない

画像や動画を使うと、反映されるまでの時間や審査強度が跳ね上がります。特に動画の場合、映ってはいけないものが映っていないかを確認する必要があるため、審査が厳格になります。

反映されるまでの時間を早めたいなら、どうしても画像や動画が必要な場合を除き、なるべく文章だけのレビューにするようにしましょう

理由が分からなければ問い合わせる

レビュー内容に問題がないと思えるにもかかわらず反映されない時は、最後の手段としてカスタマーサービスに問い合わせてみましょう。

問題が無いと判断されればすぐに反映してくれますし、ダメだったとしても何が悪いのかを明らかにしてくれるため今後の参考にできます。自分でできる対策には限界があるため、どうしてもレビューが反映されない時は迷わず問い合わせてみましょう。

参考:カスタマーサービスに連絡

問い合わせの手順

Amazonに問い合わせる際は、電話ではなくチャットでやり取りすることになります。直接電話を掛けても対応してもらえないので注意してください。

続いては、Amazonにレビューの反映に関する問い合わせをする手順についてご紹介します。具体的に説明していきますので、問い合わせを検討している人はぜひ参考にしてください。

問い合わせページに移行

まずは、Amazonにログインした上でトップページを開いてください

その後画面を一番下までスクロールさせ、右下にある「ヘルプ」をクリックしてください。

参考:Amazonトップページ

チャット画面に移行する

カスタマーサービスの画面に移ったら、「各種サービス」→「サイトの不具合」と進むと「カスタマーサービスへ連絡」と出てくるのでクリックします。

「今すぐチャットを開始する」をクリックします。

チャット画面に切り替わります。

上記の方法ではチャット画面に移行しなかったという方は、下記のリンクから直接飛んでいただいても結構です。

参考:Amazon.co.jp – カスタマーサービスに連絡

チャットでのやりとり

チャットが始まったら、「その他」と入力し「チャットでサポートを受ける」をクリックすると、担当者と直接やりとりができます。

担当者とやり取り

ここからはカスタマーセンターの担当者と直接チャットでやり取りを行います。カスタマーレビューが反映されない件について確認を取りましょう。

・レビューが反映されない
・ガイドラインを確認したが過去の投稿も含めてガイドライン違反はなかった
・レビューの再掲載をお願いしたい
・レビュー機能が止められているなら機能の復帰もお願いする

主にこれらの内容を問い合わせてください。すぐに回答がもらえるわけではなく、後ほど担当から折り返し連絡がきます。

返信が届く

チャット終了後は、担当者からの連絡を待ちましょう。返信が届くまでの期間はまちまちで、1週間程度待たされることもあります。

返信には、レビューができない理由、レビュー凍結を判断した経緯、今後レビューができるのかどうかなどが記載されています。内容に不服がある場合は、さらにメッセージのやり取りを重ねてみましょう。そうすれば、決定が覆ることもあります。自分には非がないと思うときは諦めずに交渉しましょう。

まとめ

Amazonのレビューは、審査に時間がかかるケースがあり、中にはそのまま反映されないときもあります。システムトラブルの可能性はありますが、多くの場合はレビューの内容に問題があることがほとんどです。

商品レビューを投稿する際は、言葉遣いや言い回しに気を付けてください。動画や画像は審査に時間がかかる原因になるため、必要な場合を除き添付しない方が良いでしょう。

これといって問題が無いのに反映されないという場合は、カスタマーサービスに連絡してみましょう。反映されない理由が明らかになれば対策をとれるようになりますし、対策不能なケースでも今後の参考にはなります。投稿に問題が無いと思う場合は、気兼ねなく問い合わせてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次