物販

eBayの自動入札で欲しい商品をゲットしよう!必勝法を徹底解説!

この記事を監修した吉田です。
2021年10月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

利用者数世界最大を誇るインターネットオークションサイトの「eBay」。世界30か国以上で運営されており、品数も桁違いです。

国内ではとても入手できない魅力的なアイテムが数多くラインナップされている反面、お買い得商品ほど世界中のバイヤーが狙っているのも事実です。

そこで、大切なのが、並み居る世界中のライバルを抑えてオークションに競り勝つ方法です。

今回は、eBayでオークションに競り勝つための注意点や自動入札について徹底解説します。これからeBayせどりでガッツリと稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてください。

eBayのオークションシステムの基礎

世界最大級のネットオークションプラットフォーマーだけあって、eBayのオークションのシステムはとてもよくできています。

日本でヤフオクが創設されて20年以上が経過したので、オークションで購入することに慣れている方は増えています。しかし、海外のサイトというと少し緊張してドキドキする方もいるでしょうし、オークション未経験者にとってはなおさらハードルが高く感じるかもしれません。でも、心配ご無用です。そんなに難しくて問題が多ければ、そもそも世界最大のオークションサイトに育つわけがありません。

eBayのオークションシステムは、拍子抜けするくらい簡単です。とにかく一度トライしてみると分かるでしょう。しかもオークションに参加する方法は2種類だけです。早速、オーソドックスな方法から解説しましょう。

超簡単なeBayのオークション

まずオークションと聞いて誰もがイメージするのが、ある商品を手に入れたい人たちが、それぞれの予算に応じて買取希望価格をベットしていく光景でしょう。

eBayのオークションもこの方式を採用しています。最初は、このオーソドックスなオークションについて解説します。

金額を決めてベットするだけ!

まずは下のリンクからeBayのサイトに入り、欲しい商品を探しましょう。

商品を検索すると、検索結果が表示されます。その商品の一覧ページの左側にある「Category」の欄内にある「Buying Format」を見つけてください。

次に、その中の「Auction」をクリックしてください。そうするとオークションにかけられている商品だけが表示されます。

絞り込まれた商品の中から、欲しい商品が見つかったら、その商品の写真もしくは商品名をクリックしましょう。商品ページ内の「Place bid」をクリックすると、オークションに参加することができます。表示される空欄に自分が競り落としたい金額を入力してください。すると確認画面が出てくるので、記載内容が間違っていなければ、「Confirm」ボタンを押してください。これで手続き終了です。自分のベットした金額が、入札者の中で最高額となっていれば、その商品は晴れて自分のものになります。

参考:eBay

入札方法を詳しく

入札方法についてもう少し掘り下げて解説しましょう。

商品ページで「Place bid」と青枠内に書かれていれば入札対象です。

そのすぐ上に「○bid」と数字がかかれていますが、これはその時点での入札者の人数になります。

よってもし「0」であれば、あなたが初めての入札者ということです。さらに「Place bid」の右下にも「○Watchers」とあり、同じく数字がかかれていますが、これは入札はしていないものの、(入札を)検討している人たちの人数を意味します。

「Place bid」を押すと出てくる画面で入札希望金額を入力しますが、基本はUSドルでの入札になる点には気をつけてください。

自動入札がおすすめ!

次に、eBayの2つ目のオークションシステムである自動入札について説明します。

eBayの自動入札は「スナイプ入札」といわれ、登録した金額にしたがって専用のツールが自動的に狙い撃ち(=スナイプ)して競り落としてくれるというものです。

eBayの自動入札のメリット

eBayのスナイプ入札のメリットは、大きく2つあります。

  1. 時差を気にせずオークションに参加できる
  2. オークションに気を取られなくて済む

以上の2点です。

アメリカのeBayは現地時間を基準に運営されているため、オークションが終了時刻を迎えるのは日本の深夜や早朝になることが少なくありません。よって、日本にいながらアメリカで開催されているオークションに参加し続けるのは、ほぼ無理です。その点、スナイプ入札を活用すれば、睡眠不足に陥る心配もありません。

また、仕事中や旅行中など、オークションに集中できない時でもスナイプ入札にすれば、自身の都合に関係なく確実にオークションに参加することが可能になります。オークションが気になって大事な会議に集中できない、ということもなくなるので安心です。

他の買い方は?

eBayでは、オークション以外にも2パターンの買い方があります。

「即決購入」「価格交渉の上での購入」です。

それぞれについて簡単に解説しましょう。

「Buy It Now」

即決購入は、eBayでは「Buy It Now」と呼ばれています。つまり、「今すぐ買います!」というとても分かりやすい表記です。

これは、商品ページに表示されている値段ならすぐに買いたいという場合に使う購入方法で、「Buy It Now」ボタンを押せばその時点で交渉が成立します。後は、支払い手続き済ませれば、間違いなく自分のものになります。

eBayの品揃えは桁違いなので、欲しい商品が日本では考えられないお値打ち価格(ときに半分以下)で販売されていることもありますし、思いもよらず掘り出し物に遭遇することもあります。そんなときでも「Buy It Now」を使えば、買いそびれる心配がありません。

「Make offer」

もう一つの方法が、「Make offer」という買い方です。

「Make offer」とは、セラーからの「価格交渉を受け付けますよ」というサインです。これは、セラーが「Make offer」を設定していなければ、できない購入方法です。

商品ページの価格の下にある「or Best Offer」という表記が「Make offer」が設定されている証です。ここをクリックすれば、価格交渉がスタートします。

そもそも「Make offer」を設定しているということは、セラー側もこの金額では売れないかも…と心のどこかで思っているということです。しかも、だいたいは売りたい価格より高く設定しており、値切られるのを覚悟している面もあるので、強気で交渉してみるのもよいかもしれません。同じ商品でも個数を多くすれば、それだけ交渉が進みやすく、価格の下げ幅も大きくなる可能性があるので参考にしてください。

「Make offer」は何度でも使える?

「Make offer」による値段交渉は何度でも行えるのかというとそうではありません。商品にもよりますが、1つの商品につき多くて5回、少なければ3回までしか交渉できません。特に、美容系の商品は3回までが主流となっているため、気をつけてください。

また、値段交渉を始めて48時間までに交渉が成立しなければ無効になりますので、この点もあわせて覚えておいてください。

eBayのオークションで注意すべきポイント

他のオークション同様、eBayのオークションでも注目度の低い商品なら競争なしに落札できるかもしれませんが、人気商品の場合はそうはいきません。準備万端整えて挑んだものの、残念ながら競り負けてしまうこともよくあります。

そこでここからは、上手く競り落とせない理由や注意すべきポイントについて触れておきましょう。

オークション終了前の6秒の謎!

eBayのオークションでは、終了時刻のわずか6秒前に、ドンと価格が跳ね上がる現象が起こります。

もちろん、終了直前ですから、ギリギリで最高額をベットした人が落札できるのは言うまでもありません。

6秒の謎は「Gixen(ギクセン)」にあり!

eBayで入札終了時刻6秒前に入札価格が急上昇するのは、自動入札ツールの「Gixen(ギクセン)」が原因です。

「Gixen(ギクセン)」は、eBayのオークションユーザーなら知らない人はいないと言われるほどの認知度を誇るツールです。そしてこのツールを使えば終了時刻6秒前に自動ベットするよう設定でき、多くの人がそのように設定しているため、価格が一気にはね上がるのです。

競り勝つ方法は?

では、並み居るライバルに競り勝つためにはどうすれば良いのでしょうか。

方法は2つ。オークションが終了するまでの6秒間に手動でベットするか、自分もGixenを使うかです。

クリックのスピードに自信がある方であれば手動でも良いかもしれません。しかし、オークションの度に手動でというのでは身がもたないでしょう。やはり、おすすめは、Gixenを使う方法です。

Gixenを使ってみよう!

Gixenは、自分が設定した額を上限として自動的にベットし続けてくれる便利なツールです。

例えば、あるスニーカーが欲しいとして、上限を1,000ドルに設定したとします。すると、1,000ドルに達するまでは、自動的にその時点の最高額をベットし続けます。そして、1,000ドルに到らずにオークション終了時刻を迎えたら、その額で入手できます。しかし、仮に1,000ドルを超えて入札が続けられたとすれば、1ドルでも超えた時点で入札からは自動的に下りることになります。

このツールを使えば、オークションの終了時間を気にする必要はなくなりますし、また予算以上の額を勝手にベットされてしまう心配もないので安心してオークションに参加できるようになります。

Gixenの使い方

まずは下記リンクから、ユーザーネーム、パスワード、メールアドレスを入力してアカウント登録を済ませましょう。その後はログインするだけで使えるようになります。

使い方は以下のとおりです。

  1. eBayの各商品に割り当てられている「イーベイアイテムナンバー」をコピー。
  2. Gixenの画面上にあるアイテムナンバー入力スペースに「イーベイアイテムナンバー」をペースト。
  3. その下にあるベット金額入力欄に任意の金額を入力して「Add」をクリック。

これでOKです。

参考:Gixen.com

設定変更方法

設定した入札金額を変更したい場合は、「Add」を押した後に出てくる確認画面内に「Edit」という欄があるので、そこをクリックしましょう。

ここに変更金額を入力して「Modify」をクリックすれば変更手続きが完了します。

スナイプ入札の中止方法

Gixenを使った入札を中止したい時は、先ほどと同じ確認画面から「Delete」を選んでください。すると入札自体が取りやめとなります。

Gixenには有料版もある

Gixenは、基本的に誰でも無料で使えます。ただ有料版(年間8ドル(定期購入だと6ドル))もあって、これに申し込むと自動入札を2回打ってくれるようになるので、落札できる確率が高まります。

有料版Gixenの設定方法

有料版Gixenへの申込みは、Gixenにログインしたページの右下にある「Gixen mirror service」のリンクから行います。

このリンクをクリックすると画面が遷移し、1年契約か2年契約か、また定期購入にするかどうかを問われるので、好きなコースを選択してください。

次にPayPalの支払い画面が出てくるので、メールアドレスか携帯電話番号を入力して「次へ」を押し、「同意して(定期)購入」をクリックすれば終了です。

まとめ

eBayは世界最大のオークションサイトなだけあって、安価な商品やユニークな商品が数多く出品されています。しかし、そのような商品を手に入れるには、オークションで競り勝たなければなりません。そこで取り入れたいのがスナイプ入札です。スナイプ入札を駆使すれば、落札の可能性はグッと高まります。でも、自力でスナイプ入札を繰り返すのは手間…。そんな方におすすめしたいのが「Gixen」です。Gixenを活用すれば、日本からでも確実にオークションに参加できるようになりますし、スナイプ入札にかかる手間も大幅に軽減されるでしょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!