スキル

これから伸びる業界(産業)と生き残るための方法をご紹介!

あなたは現在、どのような業界(産業)で働いていますか?また、今後どの業界で働きたいと思っていますか?

業界選びは将来の可能性を考える上で重要なことです。これから伸びる業界で働くことができれば、新しい技術や知識を得る可能性が広がります。しかし、衰退しつつある業界で働くとなると、業界全体の市場規模が縮小するため、仕事だけでなく給料も減ってしまう可能性があります。

そこで、今回は、今後10年間で伸びる業界について考えてみようと思います。

これから社会人として就職する人や別の業界への転職を考えている人は是非参考にしてみてください。

転職する際にあらかじめ気をつけたい業界や業種

変化が激しい時代になり、業界の発展や衰退が短期間で起こるようになりました。

そんな時代の中でどのような業界が衰退傾向にあるのでしょうか?

ここでは推測ではあるものの、近々衰退するんじゃないかと考えられている業界についてご紹介していきます。

出版業界

1つ目は、出版業界です。

衰退が予想されている原因としては、若者を中心として活字離れが進んでいることが挙げられます。インターネットが普及した現代では、情報収集の方法が書籍からネットに移りつつあります。これまでは情報収集を書籍で行なっていましたが、ネットで情報を検索した方が早く、しかも多くの情報が得られるため、あまり書籍が購入されなくなりました。

雑誌はWEB上でも観覧が可能になり、発行部数が減少傾向にあります。また、電子書籍が以前より普及してきており、紙媒体で本を読む人が減少しています。

これからの出版業界は、電子化の推進だけでなく、電子版での読み放題サービスを行うなどして収益を上げることが必要となるでしょう。

テレビ業界

2つ目は、テレビ業界です。

先ほど述べたように、現代ではインターネットの利用が急激に拡大しています。そのため、広告のあり方も変化しつつあります。テレビ業界はCMの広告収入や受信料などによって収益を確保していましたが、インターネットの普及により、CMではなくWEB上の広告に移行しつつあります。そのため、CMでの収益が減少しており、テレビ業界全体が衰退しつつあります。

実際の生活を振り返ってみればわかると思いますが、テレビでCMを見る回数よりもYouTubeやWEBサイトで広告を見る回数の方が多くなっているのではないでしょうか。

テレビCMを見る人が少なくなるということは、広告による宣伝効果が薄くなるということです。そうすると、CMを出していた企業は、より閲覧される可能性の高いWEB広告へ切り替えていき、結果としてCMの広告収益が減少することになります。

コールセンター

3つ目は、コールセンターです。

コールセンターがなぜ衰退するのか? それは、コールセンターの業務はAIで代替することができるからです。AIは音声認識が可能であり、現に電話対応でAIを導入している企業も増加しつつあります。

まだAIを活用していないコールセンターもありますが、今後AIが導入されるのは時間の問題です。ドラブル対応など、AIでは難しい業務はまだまだありますが、できる業務だけでもAIに任せる企業は今後増えてくるでしょう。

伸びる業界で働くメリット

なぜ、伸びる業界で働いたほうが良いのでしょうか?

言うまでもないかもしれませんが、伸びる業界で働くからこそ得られるメリットがあるからです。

ここでは伸びる業界で働くメリットについてご紹介していきます。

給料が上がる可能性がある

伸びる業界で働けば、給料が上がる可能性があります。

なぜなら、業界の規模自体が拡大することに伴って、その業界にいる企業も大きくなると考えられるからです。

企業によっては、売上が毎年2倍ずつ拡大することもあります。

売上が上がるということは仕事が増えているということなので、その業界で働く人は仕事が忙しくなることでしょう。しかし、その分給料が上がり、出世する可能性も出てくるのです。

年齢に関係なくチャンスがある

これから伸びる業界には年功序列システムがないことが多いです。そのため、年齢に関係なく誰にでもチャンスがあります。なぜなら、成長が見込める業界では人材が不足する傾向にあるからです。

そのため、これまでの経験や年齢に関係なく、様々な仕事を任されることになるでしょう。そうすると、必然的にチャンスが増えることになります。

キャリアアップが可能

これから伸びる業界には新しい技術が流入してくるだけでなく、異業種の企業や人材が参入してきます。

そのため、新しい技術や知識、人脈が得られる可能性が高まります。逆に、停滞している業界では新技術や人の出入りが少なくなりがちです。

伸びる業界に身を置いたほうがキャリアアップが望めるのは言うまでもありません。

転職もしやすい

先ほど述べたように、伸びる業界にいると、新しい技術や知識、人脈が得られるため、人材としての価値が高まります。

そうなると、当然、転職がしやすくなります。

さらに、成長産業で学んだことを転職先で発揮すればさらなるキャリアアップに繋がり、その結果として次の転職もしやすくなるという好循環も期待できます。

これから伸びる業界、成長する業界とは?

現在伸びている業界やこれから成長が予想されている業界とはどのような業界なのでしょうか?

ここではそのような業界についてご紹介していきます。転職をお考えの方は、是非このような業界を探してみてください。

医療・介護業界

日本は現在、超高齢化社会です。超高齢化社会とは、65歳以上の人口が21%以上を占めている社会のことです。総務省の統計では、2020年では28.7%が65歳以上となっています。

日本は世界でもっとも高齢者が多い国です。高齢者が多いということは、それだけ医療費や介護費がかかるということです。

医療や介護を受ける人口が増加傾向にあるので、医療・介護業界は成長が見込める業界と言ってよいでしょう。

特に、介護業界では人手不足が深刻な状態になっており、今後はこの問題を解決するために介護業界全体の給料が増加することが予想されます。

シェアリングエコノミー関連の企業

シェアリングエコノミーとは、個人が所有する物をインターネットを介して貸し借りしたり、交換したりすることを指します。今後はシェアリングエコノミーがますます拡大すると予想されています。

シェアリングエコノミーの代表的な企業として、Airbnb、Uber、WeWorkが挙げられます。Airbnbは個人が所有する空部屋を観光客などに貸し出すシステムを、Uberは移動中の車の空き席をタクシーのような形で必要な時に利用できるシステムを、WeWorkはコワーキングスペースの貸し出しなどを行うシステムをそれぞれ構築しました。

電気自動車関連の業界

電気自動車の先駆者となったのがテスラです。テスラはアメリカの自動車会社で、電気自動車の関連商品を開発・製造・販売しています。

電気自動車関連の業界が伸びると予想されている理由は「バッテリー」にあります。今後、「バッテリー」の価格が大幅に下がり、それに伴って電気自動車が増加すると考えられているのです。また、2050年には現在のバッテリーの6倍の容量があるリチウム空気電池という技術が発明されるとの予想もあります。

このようなことから、電気自動車関連業界は今後の成長が見込めること間違いなしです。

ゲノム編集関連の業界

ゲノム編集とは生命の設計図であるゲノムを書き換えることで、既存の生物とはまったく異なる特徴をもった生物を作り出すことができる技術です。この技術を活用することで、通常よりも日持ちする野菜を作ったり、肉付きが良い魚を作ることも可能になります。

現在では新たな技術の特許を巡って、莫大な金額が動いているようです。

また、ゲノム編集が発展すれば先天性の病気を直すことができるとも言われており、ゲノム編集への期待がさらに高まっています。

これから生まれる新しい仕事とは?

業界の発展と同時に新しい仕事も生まれています。

ここでは、10年後にできると予想されている新しい仕事についてご紹介していきます。

ロボットアドバイザー

先ほどもご紹介したように、日本は超高齢化社会となっており、少子高齢化が進んでいます。少子高齢が進むと労働人口が減っていくため、今後はその労働力を補うためにロボットを導入する流れが進むと予想されています。

具体的には、コンビニエンスストアやスーパーのレジ、企業の受付、さらには銀行の窓口など、様々な業界でロボットが導入されることでしょう。そうなると、ロボットアドバイザーが必要になるだろうと考えられています。ロボットアドバイザーとは、ロボットを導入する際のロボットの使い方や導入方法などをコンサルタントのようにアドバイスする仕事のことです。

人工肉クリエーター

人工肉とは、大豆や小麦といったタンパク質を主原料とする食品のことを指しています。

現在多くの人が家畜の肉を食していますが、家畜を食べるということは人間が動物を搾取しているというだけでなく、環境への問題もあります。

その問題とは、畜産業が全世界の約15%もの温室効果ガスを排出している問題のことです。また、畜産業を行うには土地が必要とあって、広大な森林が伐採されていることも問題です。

このような問題を解決する方法として注目が集まっているのが「人工肉」です。

現在では、牛や豚の細胞を人工的に培養した「培養肉」も実用化に向けて動き出しており、今後はそのような人工肉を作る「人工肉クリエーター」の需要が高まる可能性があります。

これからの時代を生き残るためには

変化が激しい現代を生き残るにはどうすればよいのでしょうか?

ここからは、これからの時代を生き残るための方法について考えてみようと思います。

10年先でも伸びている業界で働く

これまでご紹介したように、成長している業界で働けば新しい技術や知識を身につけられるので、キャリアアップがしやすくなります。

優秀な人材として認められれば、同じ業界の他の企業から引き抜かれる可能性もあるでしょう。そうなれば、収入アップも見込めます。

また、伸びる業界では年齢に関係なくチャンスがあるので、やりがいを見つけることもできるでしょう。

学び続ける

平均寿命が伸びたことで、今後は稼働期間がさらに伸びることが予想されます。新卒で働き始めてから50年以上働くことになる可能性もあります。

長期間働くには、1つのスキルを持っているだけでは働き続けることは難しくなります。時代の変化によってそのスキルの需要がなくなる可能性があるからです。

これからのビジネスマンに求められるのは、時代の変化に対応できるスキルを学び続ける姿勢だと言えるでしょう。

伸びる業界を見極め、時代の変化に対応しよう

今回は、これから伸びる業界と、これからの時代を生き残る方法についてご紹介してきました。

伸びる業界に身を置けば自然とスキルアップできますし、キャリアアップも簡単です。

また、変化の激しい時代においては、時代の流れを読みながら、自分自身のスキルアップが欠かせません。

ぜひ、こちらの記事で学んだことを活かして将来に備えてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。