スキル

【失敗しないインターネット選び】回線の種類ごとに徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ネット回線は、どれを選べばいいのかわからない…」、「今利用しているネット回線の速度が遅い…」、「通信料金を見直したい…」インターネットの回線は種類が多く、専門用語と複雑な料金プランでよくわからないという理由で、適当に選んでしまい契約後に不満を感じることも少なくありません。

今回は、新しくインターネットの利用を考えている人やサービスの見直しを考えている人に、わかりやすくインターネットの種類やサービスの特徴、契約数をまとめて紹介します。この記事を読めばインターネットの種類が明確になり、自分に最適なインターネット回線を選べるように、なります。

Contents

インターネットの種類を知って最適の回線を選ぼう

2020年、スマホやパソコン・タブレットやゲームなどを楽しむときに欠かせないインターネット回線の種類は主に2つあります。

1つ目の「固定回線」は有線で、戸建てやマンションに電線を引いてきて自宅でのインターネットの利用ができるというようになるものです。新たに固定回線を利用する場合は、配線工事が必要ですが、マンションなど集合住宅が契約している決まった回線がある場合は、引っ越したその日から回線が利用できることもあります。

2つ目は、「モバイル回線」です。モバイルルーターで飛ばした電波を端末で受信してインターネットを利用するものです。無線なので、自宅だけでなく外出先でも場所を選ばず利用できます。

ネット回線の【有線LAN】と【無線LAN】の違いは?

インターネット回線には、固定回線の「有線LAN」とモバイル回線の「無線LAN」があって端末とインターネットの繋ぎ方のことを指しています。

「有線LAN」は、電線からLANケーブルを引いてきて、ネット回線をパソコンなどの端末に直接接続します。「無線LAN」は、WiFiルーターから家中に電波を飛ばしてWiFiに対応している端末とネット回線を無線で繋ぎます。

それぞれの特徴を知れば、インターネットを快適に使いこなすことができます。

【有線LAN】の特徴と使いこなす方法

有線LANは、大容量の通信が可能な「光回線」を繋ぐのに適した接続方法です。重たいデータでも安定した状態で通信することができるので、デスクトップに繋いで動画や音楽・オンラインゲームを楽しむときには有線LANが良いでしょう。

デメリットは、外での利用ができないことや端末の移動ができないこと。また、複数の端末を使う場合は配線が多くなってしまうことがあります。

【無線LAN】の特徴と使いこなす方法

有線いらずでネット回線に接続できる無線LANは、自宅に引いた「光回線」を無線ルーターで飛ばして端末に回線を繋ぐ方法です。配線がいらないので家中どこでもネットに繋ぐことができるので、スマホやタブレット・ノートパソコンの利用に適しています。外出先で利用できるモバイル回線も無線LANです。

デメリットは、家の中の作りや家電の電波の影響で通信速度が遅くなることがあります。また、電波が他の家に飛んでいる可能性もあるのでセキュリティー面では有線LANに劣ります。

【固定回線】にはどんな種類がある?

固定回線の種類は、アナログ電話時代のインターネットは「ダイヤルアップ」、2000年に広まった「ADSL」、2010年からは「光回線」といったように、インターネットの時代の流れで変化してきました。現在主流となっている「光回線」から紹介します。

2020年の主流【光回線】

「光回線」は、光ファイバーを通して非常に速い速度でデータを送受信する回線のことです。長距離で大量のデータを送っても途切れたりすることがなく、安定して使えます。

2010年に総務省が「光の道」構想として2015年を目途にすべての世帯がブロードバンドを利用することを実現することを目標にした影響もあって、2020年の普及率は8割を超すと予想されています。

光回線を扱う業者は全国に回線を提供しているNTTの「フレッツ光」をはじめ、「auひかり」「J:COM」などがあり、利用には工事料金と月額費用がかかります。

旧世代の【ADSL】

「ADSL」は、アナログの電話回線を利用してインターネットを通信しています。そのため、通信速度はNTTの収容局から契約者の自宅までの距離が遠いほど遅くなります。

「ADSL」は、2000年頃に「ブロードバンド」という定額制で使い放題のインターネットを全国に普及させました。2006年から契約件数が減りはじめてシェアは下がっていますが、現在でも光回線工事が付き届いていない一部の地域で利用されています。ソフトバンクは2020年3月に、NTTは2023年1月31日をもって光回線サービスエリアでのADSLのサービス提供を終了することを発表しています。

インターネット初期の【ISDN】と【ダイヤルアップ】

「IDSN」は、ADSLと同じく電話回線を利用したインターネット回線で利用するには別途デジタル回線を設ける必要がありました。Webの時間に応じて料金がかかります。通信速度はADSLよりも遅く、現在のWebページを」受信するのに適していません。

「ダイヤルアップ」は、インターネットが日本に入ってきた初期の頃に使われていた通信方法です。1つの回線をインターネットと電話で利用する通信方法で、利用するときはどちらか1つとなり、同時には使えませんでした。

【モバイル回線】にはどんな種類がある?

自宅や外出先でも場所を選ばずインターネットに接続できる「モバイル回線」は、ルーターで電波を受信して、無線で端末にネット接続できる回線です。無線通信なので通信速度が不安定でしたが、性能はここ十数年で目覚ましく進化しました。

光回線は使い放題なのに対して、3日で10GBといった通信制限があります。「モバイル回線」の種類には、携帯電話用の通信規格「4G」、無線LANの「WiFi」、UQの「WiMAX」があります。

2020年主流の【4G】

2020年主流のモバイル回線は、docomo・au・softbankにNTTを含む大手通信会社が、基地局をアクセスポイントとして電波を発信している通信規格「4G」です。もとは3Gと4Gの橋渡し的な通信規格「LTE」が国際電気通信連合の認定によってLTE=4Gとなりました。

利用には、「4G」対応のスマホやタブレット端末、もしくは「4G」対応のモバイルルーターでWiFiを使って、パソコン・スマホに接続できます。3Gよりも高速通信で広域をカバーできることで、快適な通信サービスを受けることができますが、エリアや対応機種によって通信速度が変わることがあります。

短距離向き【WiFi】

「WiFi」はワイヤレスフィデリティといって、携帯電話だけでなくパソコンやゲーム機などの様々な機器をインターネットにつなぐことができる通信規格です。カフェやコンビニなど街中でも無料WiFiのサービスが提供されているスポットがたくさんあります。

「4G」がどこでも通信可能なのに対して「WiFi」は障害物に弱く、ルーターの近くやWiFiのスポットで通信できる短距離向きの回線です。自宅の光回線に無線LANを接続すれば、自宅内でWiFi環境を作ることができるので、持ち運んで楽しむことがあるスマホやタブレット・ノートパソコンなどの端末を快適に利用できます。

公衆WiFiには、有料・無料や会員登録が必要なものなどがありますが、誰が設置しているかわからない俗にいう「野良WiFi」はキケンなので接続しないようにしましょう。

家でも外でも【WiMAX2プラス】

「WiMAX2プラス」は、UQWiMAXを始め提供するモバイル回線で、近い距離で通信するWiFiと違って広域なネットワークが可能です。家でも外でもインターネットに繋ぐことができ、パソコン・スマホ・タブレットなどさまざまな機種に対応しています。

人口カバー率90%を超えで通信に問題ありませんが、地方では繋がりにくいことがあります。通信速度は光回線には劣るものの、高画質動画の通信でも問題なく楽しめます。固定回線に比べて通信が安いのもメリットです。

今や、ビジネスマンの必需品といわれる「ポケットWiFi」は、ポータブル式ルーターで広域通信の「WiMAX2プラス」と無線LAN、両方の通信技術を備えている優れものです。通信料を気にせずどこでもすぐに安全なインターネットを開通できます。

【インターネット契約するなら?】6つの光回線を比較

光回線は、利用している携帯電話と居住地域、金額によって自分に合うサービスを選ぶことができます。光回線を利用していても、契約するプロバイダー(業者)によって通信速度が遅くなることがあるので注意が必要です。

その理由としては、契約人数に設備レベルが見合っていないときに通信が混雑することや、レンタルされる接続機器の性能によるものです。接続機器は「IPv6」の普及が進められていますが、まだそれに対応していないプロバイダーもあります。光回線の利用には工事が必要で他社に乗り換えにくいので、契約前にしっかり比較・検討しておきましょう。

自宅のみで最速快適インターネットなら光回線がおすすめ

インターネットを利用するのは自宅だけ、外での利用はほとんどないという人は速度が最大1Gbpsで通信が安定している光回線が適しています。光回線は、利用しているスマホのセット割が受けられるものがお得です。さらに、シェアの多さと居住地域によって最適なサービスを選ぶことができます。

2020年でシェアが多く、料金が安いプロバイダー5つを比較します。

「ドコモ光」は、全国に住むドコモユーザーにお得となっていて、通信混雑を防ぐIPv6の設備もあります。初期費用3,000円・工事費15,000円~18,000円月額4,000円~5,200円です。

「auひかり(So-net光)」乗り換え費用0円・月額5,100円で、auスマホ携帯1台づつに割引があります。

「eo光」は,IPv6に標準対応していて月額4,953円近畿に住むauユーザーにお得です。

「SoftBank光」は、乗り換え費用負担0円・月額5,200円でスマホ1台につき割引があります。

「NURO光」は、最大2Gbpsという速さで無線LANとセキュリティ込みで月額4,743円です。北海道・関東・東海・関西・九州のSoftBankユーザーにお得です。

キャッシュバックキャンペーンなどホームページから確認できます。フレッツ光からの乗り換えは同配線で対応可能という以外は、基本的に工事が必要です。

外出先でも安全快適なインターネットならWiMAXがおすすめ

WiMAXは、ポケットに収まるルーターを持ち運べばどこでも安全なインターネットを通信でき、人口カバー率は都市部で99%以上なので、全国で利用可能です。工事いらずで購入したルーターが届いた日から使えて、最大10台の端末を同時に接続可能です。最大勇信速度は1.2Gbpsで動画や音楽も快適に楽しめます。

「BroadWiMAX」は、初期費用0円・月額2,726円~です。
「GMOとくとくBB」は初期費用・端末代金0円事務手数料3,000円・月額3,609円~です。auスマホ・UQモバイルユーザーに割引があります。

「BIGLOBE」は、他社の契約期間が3年縛りなのに対して1年なので、短期間利用が可能です。手持ちのWiMAXにSIMカードをさして利用できるSIMのみプランがあります。申込手数料3,000円・月額3,980円

「UQWiMAX」は、WiMAXの公式であるUQが提供しているサービスです。ルーター購入かSIMのみのプランが選べます。月額3,880円~UQモバイルユーザーはセットで月額5,360円~です。WiMAXは無線なので固定回線に比べて通信が不安定になることがありますが、クレードルという拡張機器を使えば、LANケーブルで有線接続でき、通信速度が安定します。

【ADSL】

ADSLは、通信速度が50Mbpsのプランがあり、アナログの固定電話の回線を利用してインターネットを繋ぐことができますが、NTTの局舎から自宅までの距離が遠いほど通信速度が遅くなります。従来の固定電話を使っている人なら、光回線に比べてネット料金が安く抑えられました。

現在は、固定電話の設備の老朽化が進んでいることと、固定電話にも光回線を利用するようになっているため、ADSLの利用者は少なくなっています。2023年1月31日に「フレッツ・ADSL」のサービス提供が終了となるADSLですが、NTT西日本の公式サイトでは、「2020年3月以降に一部の地域から順次終了します。」と書かれています。

さらに、「サービス終了までに移行、解約のご連絡がない場合、「フレッツ・ADSL」は契約終了となりますが、プロバイダー料金の請求が継続する場合がある」とも発表しています。

同じNTTで光回線の「フレッツ光」への乗り換え案内がオススメされていますが、料金設定は他社のサービスと比べて高めです。光回線の利用には回線工事が必要で、契約後に乗り換えにくいので、契約前に自分に合うものをしっかり検討しましょう。

テレビの回線でインターネットを利用できるケーブルテレビ

ケーブルテレビはテレビの有線ケーブルをネットに利用するという方法があります。最大通信速度は160~320Mpbsなので光回線と比べると遅いですが、大量のデータ通信には向いています。光回線のようにプロバイダー料金が必要ないことや、テレビとネットのセット割引が見込めることがメリットです。

ケーブルテレビの月額は6,000円程度で光回線よりもさらに高いです。光回線のエリア外に住んでいる人やケーブルテレビをメインで利用してネットはあまり使わないという人に適しています。

「J:COM」では、関東地域に住んでいてauスマートプランの人は月額2,500~その他、学割や26歳以下限定プランがあります。

【格安SIM】

[格安SIM」は、通信用カード(SIMカード)を端末に差し込んでインターネットを利用できます。既存の携帯会社の通信回線をレンタルしているためサービスを取り扱い会社は設備費や人件費をかけずにサービスを提供することができるのが安さの理由です。

回線を提供しているのはdocomo・au・SoftBankですから、通信が繋がりにくいということもありません。4G(LTE)電波が通信できる場所ならどこでも利用でき、SIMカードを差し込める端末ならスマホだけでなくタブレットやパソコンにも使えて便利です。モバイルルーターに差し込んで使うことも可能です。

「格安SIM」には、音声通話SIMとデータ専用SIMがあります。スマホで通話とネットを利用したい人は音声通話SIMを選び、ネットのみ利用したい人はデータ専用SIMを選びます。

月額数百円からで安いことが魅力ですが、大容量の通信には不向きで、プランによって月間通信量を超えると速度制限がかかり、次月まで満足に利用できなくなります。

音声通話SIMの最安値の「LINEモバイル」は、月3G対応です。初期費用3,740円・月額1,628円~です。データ専用SIMの最安値は「HISモバイル」で、月0.1GB~30GB対応です。初期費用3,300円・月額198円~5,775円です。

その他、スマホについているテザリング機能は、ネット環境が無い場所で他の端末を4G(LTE)回線に通信することができる機能です。壁や障害物も通り抜ける4G(LTE)ですが、イベント会場などユーザーが多数集まる場所では通信が不安定になることがあります。

ISDNとダイヤルアップ

1980年代のインターネット初期の時代から2000年にADSLやCATVが普及する頃まで利用されていた通信方法です。企業内で電話線を経由して有線でパソコンに通信していました。通信速度はダイヤルアップで最高56kbps、ISDNでは最高128kbpsでした。

初期の通信速度を知れば、現在の通信がいかに進化したものかがわかります。現在使っている人はいないでしょう。

インターネット各種サービスを比較します

これまで紹介したインターネット回線を比較してみた結果、現在新規加入ができるサービスの中で自宅の工事が必要な回線は、「光回線」と「ケーブルテレビ」でした。逆に、工事がいらないものは「WiMAX」「格安SIM」です。

通信速度と安定性は「光回線」がダントツにおすすめですが、便利さでは「WiMAX」、料金は「格安SIM」に軍配が上がります。「ケーブルテレビ」すべての項目で突出した部分はありません。

生活スタイル別でおすすめのインターネット回線は?

これまで、インターネット回線の特徴と機能を紹介しました。次に生活スタイルを基準に適した回線を選んでいきましょう。

外でのネット利用が多い人には【ポケットWiFi】

出張や得意先などビジネスでのネット利用や、学校やカフェで使いたいという人には「ポケットWiFi」がオススメです。

ポケットサイズのWiFiを持ち歩くというイメージですが、4GとWiFiの両方の技術を搭載しているので、単距離から広域に対応しています。外出先でも自宅でもすぐにインターネット環境を作りだすことができ、モバイルルーターを使えば最大10端末を同時に通信できます。

利用にはポケットWiFi本体料金と月額がかかりますが、無制限で通信できて光回線よりも安いです。

室内のみのネット利用は【光回線】

自宅やオフィスなど室内での利用がほとんどという人は「光回線」がオススメです。通信速度と安定性に優れている光回線は、容量が大きな動画や音楽のデータを扱う際にも快適さを保てます。また、セキュリティー面でも安全性が高く、トラブルが起きた時の原因を突き止めやすいのは有線の利点です。

光回線にルーターを繋いで室内に無線を飛ばせば、複数の端末で通信できるので、ファミリー向けです。ちなみに、ケーブルテレビが付いている家ではケーブルの回線でネットを繋ぐことで安くでインターネットを利用することができます。無料でケーブルテレビが付いているお宅では安くでネット利用できます。

工事ができない住まいには【ホームルーター】

基本的にインターネットを自宅で利用する人で、賃貸で回線工事ができない人や、転勤などで1年で引っ越しする可能性があるという人は「ホームルーター」でインターネットを通信するのがオススメです。ホームルーターは、室内のみの利用ならポケットWiFiよりもバッテリーや通信の安定性で優れています。

例えば光回線の工事が可能な家に住んでいる場合でも、光回線でかかる工事費は大体のサービスが契約維持期間が3年間で適用されるなどの条件がある為、1年未満のネット利用では回線工事料金が自己負担になる場合があります。

2年以上の継続利用なら【光回線】

光回線は提供会社によって月額に差があるものの、IPv6の通信規格を採用している業者なら通信性能にそれほど差はありません。光回線は海底に光ファイバーを敷いて配線するため、お住まいの地域によって利用できるサービスの中から選ぶ必要があります。さらに、自分と家族が利用しているスマホとネットのセット料金があるサービスが一番お得になります。

インターネットの回線を提供している会社で選ぶ

インターネットの回線の種類と生活スタイルで適したサービスを選ぶことの他に、サービスを提供している会社で選ぶという方法もあります。回線の種類ごとに会社とサービスを紹介します。

光回線の提供会社とサービス

光回線を提供している会社はたくさんありますが、NTTの光回線を使っているか電力会社の回線を使っているかで分けることができます。2015年までは、光回線を提供するNTTとプロバイダーサービスを提供する会社の2社と契約しなければなりませんでしたが、NTTの光コラボレーションによって現在では1つにまとめられています。

NTT系列の回線を使っているサービスは、株式会社NTTドコモの「ドコモ光」、ソフトバンク株式会社の「ソフトバンク光」、ビッグローブ株式会社の「ビッグローブ光」、ニフティ株式会社の「@nifty光」、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社「So-net光プラス」、NTTコミュニケーションズ株式会社の「OCN光」などがあります。

電力会社系列のサービスは、株式会社オプテージの「eo光」、株式会社NEXTの「コミュファ光」「ピカラ光」と「メガ・エッグ」、株式会社QTnetの「BBIQ」などがあります。

その他にも、NTTと電力会社の回線を使った、KDDI株式会社「auひかり」や、NTTの光回線を特殊な技術で高速化したソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の「NURO光」があります。

ポケットWiFiの提供会社とサービス

ポケットWiFiを提供している会社はたくさんありますが、やはり、利用者が多い主要なサービスから選ぶのが良いでしょう。UQコミュニケーションズの「WiMAX」、 Y!mobileの「Pocket WiFi」、auの「スピードWiFi」、SoftBankの「SoftBank Air」、docomoの「モバイルWiFiルーター」あたりが大手のサービスです。

ポケットWiFiは、月額容量がオーバーすると通信速度が遅くなります。利用頻度が高い場合は通信制限なしでリーズナブルなプランがあるWiMAXがオススメです。

ホームルーターの提供会社とサービス

ホームルーターを取り扱っている会社は3つです。ソフトバンク株式会社の「SoftBank Air」、UQコミュニケーションズ「WiMAX」、auの「auスマートポート 」 の中から選ぶことができます。

通信容量を気にせず使いたいならソフトバンク、料金のお得感があるのはUQコミュニケーションズといったところです。通信速度は3社で異なりますので、プランやキャンペーン を比較して選びましょう。

ネット回線の種類と速度・料金の相場

インターネットの回線サービスはたくさんありますが、種類によっておおよその料金が決まっています。安すぎたり高すぎたりするものには注意が必要です。相場を目安に最適のサービスを選びましょう。

光回線の速度はどのサービスも最大1GbpsでNURO光は2Gbpsです。戸建てで月額5,000円前後・マンションなど集合住宅なら4,000円前後が相場となります。工事費は15,000円~25,000円です。初期費用0円か実質無料となるキャッシュバックキャンペーンを実地していることがほとんどです。

モバイルWi-Fiの速度は、500Mbps~1.2Gbpsです。料金は月額3,000~4,000円程度が相場です。契約したらモバイル端末の代金が無料になるキャンペーンを実地しているサービスがほとんどです。

ケーブルテレビの速度は、1Mbps~1Gbpsです。ケーブルテレビの料金の相場は5,000~8,000円です。基本のプランにオプションを組み合わせる料金設定のサービスがほとんどです。

まとめ

インターネットに通信するため回線の種類と方法はいくつかありますが、自分がインターネットを使う場所と必要な通信速度が必要なのかをある程度明確にした上で、サービスを選択することで自分にぴったりのインターネット環境を構築することができます。

また、生活状況の変化に合わせてサービスの見直しをすることで、快適なネット環境を持続できます。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る