特集

Amazonプライムで詐欺?! 勝手に引き落とされた会費の返金方法を解説

Amazonプライム、みなさんは利用していますか?最近は、映画やドラマなどの動画コンテンツが楽しめるサービスが充実していることもあって、利用している方が多くなっています。

この便利なサービスで今、「無料会員なのに、勝手に会費が引き落とされている」という問題が起きています。

これは、Amazonプライムの無料体験期間を過ぎていることに気づかず、勝手に本会員として自動更新されてしまったことが原因です。無料体験期間は30日に設定されており、その30日が経過すると、通知がないままに有料会員として月会費・年会費が引き落とされてしまうのです。

今回は、この月会費・年会費に関する問題への対処法と、Amazonプライムのおすすめポイントをご紹介します。対処法を知って、Amazonプライムをより一層楽しめるようにしましょう。

勝手に会員登録の謎!Amazonプライムの無料体験に注意

勝手に入会していた!勝手にお金が引き落とされていた!……といった事態に陥るのは、とても怖いことです。巷では、様々な手口の詐欺被害などが報告されており、心配になる人もたくさんいることでしょう。

ですが、Amazonプライムの問題は詐欺ではありません。冒頭でも述べたとおり、無料体験の制度によるものなのです。

会員登録されてしまう原因は普段のショッピングにあり

まずは、Amazonで買い物をするときの流れから見ていきましょう。

以下の画像はみなさんがAmazonで買い物をするときによく目にする画面です。画面内の「カートに入れる」をタップして進みます。

カートの中に入れたら「レジに進む」をタップします。

次に、お届け先を選ぶ画面が表示されます。好きなものを選んでください。

発送オプションと配送オプションを選ぶ画面が表示されます。ここでアマゾンプライムを選ぶ画面が出てきますので、利用しない場合は通常配送かお届け日時指定便を選んでください。その後にそのまま「次に進む」を押せば登録は回避できます。

Amazonプライムはワンクリック詐欺?! SNSで怒りの声

買い物している間に知らないうちにタップ(またはクリック)してしまい、勝手に月会費・年会費がとられている……このような被害に遭った人がたくさんいたことで、SNS上でも「ワンクリック詐欺だ!」などといったコメントが多く寄せられていました。

ちなみに「ワンクリック詐欺」とは、ウェブサイトやメール内に書かれたURLをクリックしてしまうことで、一方的にサービスへ入会させられて、身に覚えのないサービス利用料の支払いを迫られるというものです。総務省が注意喚起するほどの社会問題となっているのでご存知の方も多いでしょう。総務省のサイトには「多くのWebサイトでは利用者が間違って契約してしまったように思わせる仕組みや、わざとわかりにくいところに利用規約などを表示して、利用者が気付きにくいような細工をしています」との記載もあります。

Amazonプライムだけでなく、多くのサイトでこのような仕組みが施されている状況があります。

このAmazonプライムに関するコメントの中には、13か月前の商品購入時に会員登録されていて、直近の1か月分の返金はしてもらえたが、1年前の分は返金してもらえなかったという人、一度登録されていることに気づいて確実に退会手続きしたはずが、また知らないうちに会員登録されているといった事例もあります。また、ウェブ版とアプリ版の両方で会員登録がされていたという人もいました。

それでは、このようなAmazonプライムの本会員への自動更新を回避する方法はあるのでしょうか?そして、本会員になってしまっていた場合はどうしたらよいのでしょうか?

次項では、まず「すでに会費が引き落とされてしまった……」人のための対処法を解説していきます。

Amasonプライムの解約申請手続きで年会費を取り返す!

誤って会員登録してしまった場合、Amazonプライムの年会費は解約して返金してもらうことができます。それを知らずに、すでに本会員登録されてしまったために、諦めてAmazonプライムのサービスを利用している人もいるかもれしません。しかし、サービスを終了させる方法はあります。サービスを利用したくないという人は、ここから説明する返金方法を参考に返金手続きを行ってください。

トップページ「ヘルプ」から入ろう

解約・返金申請の手続きに入るには、まずAmazonのトップページの最下部右側にある「ヘルプ」をクリックします。

「カスタマーサービスに連絡」をクリック

ページ最下部左側の「問題が解決しない場合は」にカーソルを合わせ、右側に表示される項目の中の「カスタマーサービスに連絡」をクリックしてください。

簡単にできる返金申請!今すぐ確認

それから、お問い合わせの種類を選択する箇所で「プライムに関するサポートを受ける」を選びます。

次のお問い合わせ内容と詳細の欄では、画面右上の「管理する」→「プライム会員資格を終了する」→「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」と選んでいきます。次に、オレンジ色のボタンの「特典会員を終了する」を選びます。

再度解約確認画面が出てきますので、「会員資格を終了する」→「今すぐ解約する」を選びます。これで完全にAmazonプライム会員を解約することができ、「プライム特典はすぐに終了し、残りの会員期間に対し¥○○○が返金されます。」と記述もあるので、返金も手続きも一緒になされます。

思ったよりも簡単ですので、返金を希望する場合はすぐに手続きを行ってください。

一度も利用してない人は全額返金

条件によっては全額返金してもらうこともできます。その条件とは、「本会員に登録後、一度もAmazonプライムのサービスを利用していない」というものです。

会員登録されていることに気づかないまま、本会員になってしまった……という人も諦めず、返金手続きしてみてください。一度もサービスを使っていなければ全額返金が受けられます。

また、クレジットカードからの引き落としが完了していた場合でも、返金可能です。支払い時と同じクレジットカードに代金が返金されます。ただし、現金での返金は受けられませんので、注意してください。Amazonで購入した商品の返金であれば現金でもできるようになりましたが、Amazonプライムではクレジットカードのみです。そこは勘違いしないように覚えておいてください。

少し利用してしまった…そんな人は一部返金も受けられる

返金できないと思って、Amazonプライムのサービスを利用してしまった……という方もいることでしょう。そんな人でも、日割り計算で算出された分の年会費は返金を受けることが可能です。

もし、年間プランを1か月だけ利用した場合、年会費4,900円÷12か月=408.333…円が1月分の年会費です。ですので、4,900-408=4,492円が返金される金額です。「先月から本会員登録になっていて、今月気が付いて返金手続きをする」というときが、4,492円の返金を受けられる場合となります。

この記事を読んで不安になった方は、なるべく早く確認して、できるだけ多くの返金が受けられるようにしましょう。

事前にポイントを押さえよう!Amazonプライムの無料体験期間

返金方法についてお伝えしてきましたが、そもそも「無料体験から有料となる本会員への移行を事前に回避したい」と思っている人は多いことでしょう。全額返金が受けられる場合ならまだマシですが、サービスを利用してしまって一部しか返金されないという状況になってしまっては、後悔してもしきれません。

そこで、ここからはAmazonプライムの無料体験を利用する際にチェックしておくべきことをご紹介していきます。

体験期間は30日間!先にメモしておく

Amazonプライムに興味がある人は、とりあえず無料体験を試してみるところからスタートします。無料体験期間は30日なので、映画やドラマなら、ある程度楽しめる期間と言えるでしょう。

少し使ってみて「本会員としても利用しよう」と思ったのであれば、期間を意識する必要はありませんが、まだ本登録するところまで決められないという人は、「無料体験は30日間だけ」であることを忘れないようにしましょう。不安な人はカレンダーなどにチェックしておくとよいでしょう。

学生はもっとお得な6か月の無料体験

ちなみに、学生なら、Amazon Studentといって、無料体験期間が6ヶ月になります。

ほかにも、この学生専用のプライム会員の特典は様々あります。月間プランが250円・年間プランが2,450円になったり、本の初回注文で10%オフのクーポンが付いたり、文房具が20%オフになったり……通常の会員よりもさらにお得なサービスがあります。

学生でAmazonプライムに興味がある人は要チェックです。

本会員と同じすべての特典を試せる

無料期間中でも、有料会員と同じ特典が利用できます。

その中でも興味がある人が多いのが「プライム・ビデオ」でしょう。無料期間でも映画やドラマなどが見放題です。昔見て面白かったドラマの一気見もできます。

また、配送料・配送オプションも使い放題になったり、写真の保存も容量無制限でできたりするなど特典満載です。

実は書いてある!体験終了後は自動的に本会員に

この無料体験期間の30日が終わると、基本的にはそのまま本会員へ移行してしまいます。実は、このことはAmazonプライムの細則に記載されているのです。

このように、「無料体験期間が終わると、有料のAmazonプライム会員へ自動的に切り替わります。」と書かれています。ほかの注意事項もですが、比較的小さい文字で書かれているので多くの人が見逃しがちです。

これに気づかず、実に多くの人が知らないうちに有料会員に移行し、勝手に月会費・年会費が引き落とされてしまっているのです。

前述のように、解約手続きをしていれば以上のことは避けられますので、移行される前に忘れずに行いましょう。

3日前の更新通知を設定する!これがオススメ

先ほどの方法は、無料体験期間直前までサービスを楽しんだ上で解除する方法です。しかし、30日の無料期間を把握しておくことが難しい場合もあるでしょう。そんな場合に有効な「自動更新を通知してくれる設定」の方法をお教えします。

先ほど解除の方法を解説しましたが、それと途中までは一緒です。「会員情報を変更する」をクリックするところまで進めましょう。

すると、以下のような画面が出てきます。

「更新前にお知らせを受ける」という欄を見つけて、チェックを付けます。さきほどの「会員資格を終了する」よりも上にあります。

これで、自動更新される3日前に無料期間が終わる旨の通知を受けることができます。このメールが届けば、期間が終わることを忘れていた人も、本会員になるか悩んでいた人も、体験期間がもうすぐ終わることに気づくことができるでしょう。

「勝手に有料会員にされた!」「勝手に年会費が支払われている?」などの事態を防ぐには、とても便利な機能です。

これからAmazonプライムを試してみたい!という人は、ここまでご紹介した返金手続きや更新通知メール機能のことをしっかり理解したうえで、無料期間の30日を楽しんでみてください。

Amazonプライムはお得で楽しいサービスがたくさん!おすすめポイント

ここからは、Amazonプライムのおすすめポイントをご紹介します。

先ほどまではAmazonプライムの悪い面に関する話でしたが、Amazonプライムのサービス自体はかなり人気があります。その人気のサービスについても、この記事でしっかり知ってもらいたいところです。

もし、今Amazonプライムの有料会員になってしまっていることに気づき困っている……という人がいたら、もう一度Amazonプライムの良さを確認してみてください。魅力的だと思ったら、会員を継続するのもアリです。

たくさんある特典!年会費を払ってもお得

そもそも、Amazonプライムにはどのようなサービスがあるのでしょうか?

当日お急ぎ便やお届け日時指定便などが使い放題になります。しかも、無料です。ただし、商品によっては対応していないものもあるので注意しましょう。

・一般の会員よりも30分早く数量限定のタイムセールに参加することができます。競争率の高いセールですので、この特典は大きなメリットとなるでしょう。

・電子書籍Kindleのユーザーなら、月に1冊無料で本が読めます。定期購読している雑誌などがある場合などにはお得なサービスです。

・プライム・ビデオなら、映画やドラマ、アニメなどのコンテンツが見放題です。このサービスが一番有名で、人気も高いです。

生活用品を安く定期購入できるようになります。お水など、毎日必要な生活用品は多々あるので、これも使うべきサービスと言えるでしょう。

上に挙げたもののほかにも、Amazonプライムにはたくさんの特典があります。年会費が税込4,900円と考えても、頻繁にショッピングをする人や、映画やテレビ好きな人にはお得感を覚える内容ではないでしょうか。

Amazonプライムの年会費、実は値上げしていた

Amazonプライムの年会費は、さきほどから述べている通り4,900円で、月会費だと500円となっています。

実は、2019年4月12日にアマゾンジャパンが値上げを発表していました。それまでの年会費3,900円から4,900円に、月会費400円から500円に変わったのです。

2007年の日本上陸から、これまで一度も値上げされてきませんでした。しかし、プライム・ビデオをはじめとする様々なサービスがどんどん拡充され、外部環境も変わってきている状況や、今後もさらなるサービスの発展を考え、値上げに踏み切ったとの報道がありました。

学生証が必要!Amazon Student

前にも少し述べましたが、学生なら年会費2,450円でAmazonプライムを利用できます(Amazon Student)。しかも、普通のプライム会員よりも無料体験期間が長くなっているため、さらにお得です。

会員登録の際には、学生証など、学生であることを証明できるものが必要ですが、学生であれば学生証を持っているのが当たり前なので、問題にはならないでしょう。

そうはいっても便利で楽しい!Amazonプライムは試す価値アリ

Amazonプライム会員の自動更新に関してお話してきましたが、いかがでしたか。

詐欺とまではいかなくても、サイトの分かりにくい箇所に表示するなど、無意識に会員登録させるような仕組みになっているのは問題と言えます。しかし、Amazonプライム会員になってしまっても、解約・返金手続きはきちんと用意されています。ですので、「勝手に会費が引き落とされた!」と思ったらすぐに返金手続きを行いましょう。

また、これから無料体験を試そうと考えている人は、最初から更新通知メールが届く設定にしておきましょう。

ただ、Amazonプライムは決して悪いサービスではありません。最後に紹介したような、便利でお得なサービスが盛りだくさんです。月会費500円・年会費4,900円はかかりますが、特典を使いこなすことができれば十分元を取ることも可能です。ぜひ、継続してAmazonプライムを楽しく便利に活用してみてください。