物販

インターネット販売で知っておきたいポイント

近年では、ネットの知識が少なくてもショップ開業を簡単に始められるサービスも増えており、ハードルも下がってきています。

しかし参入する人が多くなると同時に、必要な準備なく始めてしまい失敗に終わる人も多く存在します。必要な知識を学び、適切な準備をして臨むことが成功につながります。

この記事では、それらのポイントをまとめてご紹介していきます。

ネットショップ開業のための準備

ネットショップを開業するために、どんな準備が必要なのでしょうか。

同じ開業でも、実店舗とネットショップでは準備段階で違いがあります。

それぞれ比べて見ていきましょう。

実店舗の場合

まず実店舗で開業する場合です。

1.建物の確保(新築、賃貸、居抜き物件など)
2.内装工事
3.商品の陳列

建物や内装は業者に発注することが必要となります。
これらの遂行には人手の確保も発生することでしょう。

ネットショップの場合

ではネットショップの開業はどうでしょうか。

1.インターネット接続
2.ネットショップをどこで公開するか決める
3.公開サイトのデザイン
4.商品ページ作成

以上のような流れになります。

ネットショップ公開の場所ですが、モール型と自社型の2種類あります。
モール型は、楽天市場やAmazonなどで出店することを言います。
自社型は、自分でwebサイトを作成し、独自で運営していく方法です。

ネットショップのメリットとデメリット

ネットショップはメリットも多いですが、デメリットも当然存在します。
これらを理解しておくことが成功につながる第一歩となるのです。

それぞれご紹介していきます。

ネットショップを運営することのメリット

まずはメリットから解説します。

・全国誰に対しても販売できる
インターネットがあれば、どこにいてもあなたの店舗を訪れることが可能です。

・開業準備にコストも時間もかからない
ネットショップではパソコンとネット回線があれば、準備が始められます。
ショッピングカートの導入などアプリケーションの準備が進めば、店の土台はできあがります。
コストの面だけでなく、時間もかからないことは大きなメリットです。

・多くの商品を販売できる
ネットショップでは、商品数に制限はありません。
公序良俗に反するものは別ですが、自分が売りたいものはすべて販売できます。

・年中無休で営業できる
メンテナンスや業務上の関係で例外もありますが、直接的な接客も必要なく、時間にかかわらず営業ができます。

・情報管理が簡単
お客様情報や商品情報などはデータとして残るので、管理がしやすくなります。
販売戦略にも大いに活躍するでしょう。

・宣伝場所が多い
インターネット上に広告を貼れば、それをクリックすれば簡単にあなたの店に訪れることが可能です。
モール型での出店であれば、関連する他店舗を経由してアクセスされる確率も高くなります。

デメリット

続いてはデメリットを解説していきましょう。

・競合が多い
全国に販売できることはメリットでもあり、デメリットでもあります。
ターゲットにできる顧客の数も多くなりますが、競合店も全国各地に多数あるということです。

・情報の拡散が早い
インターネット上では公開すると同時に、その情報は広がっていきます。
たとえば競合店が価格競争を仕掛けてくる場合もあれば、悪い口コミが拡散されることも考えられます。

・顧客の反応が見えにくい
ネットショップでは購入者の反応はほとんど伝わってきません。
メールでのやりとりやレビュー機能もありますが、それだけではわからないことも多くあります。

・顧客に届くまで時間がかかる
ネットショップで注文が入ると、即受け渡しは不能です。
発送手続き、配送という手順があるのでどうしても時間がかかってしまいます。

開業のための重要ポイント

ネットショップ開業までの必要な準備は説明しましたが、さらに押さえておくべきポイントがあります。
ネット上にサイトを作るだけでは、成功は難しいでしょう。

許可申請の手続き

ネットショップにおいて販売する品物に対し、許可が必要な場合があります。
申請する場所とともに、以下にまとめました。

・食品(保健所)
食品衛生責任者免許
食品衛生法に基づく営業許可

・酒類(税務署)
一般酒類小売業
通信販売酒類小売業免許

・中古品(警察署)
古物商許可証

・ペット(保健局)
動物取扱業登録

医薬品に関しては、別途厳しい条件があります。無資格者が販売することはできません。

そのほかにも、輸入品を扱う場合にも数多くの手続きが必要です。

ネット販売は広告やサイトの表示にも、規制や義務があります。
規模やショップの性質にもよりますが、担当する行政機関に相談をすることも一案です。

店のコンセプトを決める

自分のネットショップでどんな商品を売って、どんな人に買ってもらいたいかをイメージできていますか?
開業する前にまずはターゲットの絞り込みと提供する価値、独自コンセプトを考えましょう。

ターゲットの絞り込みは非常に大切です。
年齢や性別、生活スタイルなど細かく設定することで、サイトのデザインや商品選別も変わります。

次に、そのターゲットがどんな価値を求めているのかを考えます。
求めている人に求めているものを提供できることが、顧客獲得につながるのです。

競合店対策も忘れてはいけません。
独自のコンセプトで、他の店との差別化を図ることが必要となります。
商品が同じでも、あなたの店で買いたいと思わせる要素を考えておくべきです。

撮影用カメラは持っておくべき

ネットショップ開業のためには、パソコンはもちろん必須となります。
それ以外にも必要なアイテムがあります。

・商品撮影用のカメラ
・プリンター
・電話、FAX
・ウイルス対策ソフト
・画像編集ソフト

これらの中でも、商品撮影用のカメラは不可欠と言えます。

写真はスマートフォンでも撮影可能です。
しかし、一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影した写真は、細かなところまで鮮明に写すことができます。
ネットショップでは商品を手に取ることができないので、より詳細な商品情報が必要です。

どこでサイトを公開するか

前述したとおり、ネットショップはモール型自社型という公開方法があります。

モール型はショッピングモールに出店するイメージです。
知名度もあり、集客力も期待できます。
セキュリティ面やサポート面でも優れているので、安心して運営できるでしょう。
しかし制限が多い点や、出店料を支払い義務があるなどのデメリットがあります。

そして自社型は、自分でドメインを取得してサイトを開きます。
自分の好きなように運営していけるので、より独自性を発揮できるでしょう。
しかし知名度がないと売り上げを伸ばすことは容易ではなく、サイトの管理も全て自己責任となります。

決済方法

決済方法は多く用意しておくとことをおすすめします。
選択肢が多いほど顧客の満足度も上がるでしょう。

決済の種類は、
・クレジットカード
・コンビニ決済
・代金引換
・携帯キャリア決済
・郵便振替
・銀行振込

などが代表的です。

また、電子マネーが使用できるサイトも近年増えてきています。
すべては難しいですが、少なくとも2~3種類の選択肢を用意しておくと堅実です。

多様な決済方法がありますが、導入するサイト運営者に事務手数料や月額利用料といった経費が発生します。
導入のデメリットを考慮し導入すべき事柄でもあるでしょう。

サイトのデザイン

店のwebサイトのデザインは非常に大切です。
自分の店のコンセプトやターゲット層を考慮したデザインにしていかなければいけません。

また、わかりやすいレイアウトが求められます。
欲しい商品を見つけやすく、詳細や魅力を顧客に伝えられるサイトを作成しましょう。

集客方法

集客にも方法はいくつかあり、自分の店のターゲット層やコンセプトに応じて適切なやり方を選ぶ必要があります。

このように、集客方法は主に4パターンあります。
・マスメディア広告、バナー広告などの直接広告
・検索結果に連動するリスティング広告、SEOと呼ばれる検索エンジン施策の検索連動広告
・メールマガジン、SNSを利用した紹介広告
・広告を載せたサイトの持ち主に報酬が支払われるアフィリエイト広告や、サテライトサイトなどに提示する間接広告

なかでも新規顧客を獲得するには、検索連動広告が有効です。
自分の店のキーワードをなるべく細かく絞り、それを基に広告を作り、検索などを通じ表示できるよう対策していきます。

モール型出店、自社型出店の関連サイト

ネットショップをモール型で開くのか、自社型で開くのかを決める際に関連するサイトも検討材料に加えてみてください。

モール型であれば、やはり集客率が多いサイトが有利です。
自社型では、初心者でも手軽に始められるサービスも増えています。

ここではそれら関連サイトをご紹介していきます。

モール型出店はどのサイトにするか

モール型の中でアクセス数が圧倒的に多いのは以下の3つです。(順位は2019年版)

1位 Amazon

2位 楽天市場

3位 Yahoo!ショッピング

これ以外にも、

au PAYマーケット

Qoo 10

ポンパレモール

などがあります。
集客率だけ考えると上位3つのショップへの出店が有利になります。まずは比較して自分に合ったサイトを選ぶことが大切です。

自社型出店で活躍するサイト

自社型で出店するときは、BASEやカラーミーショップなどのネットショップ作成ツールが便利です。

参考:BASE

参考:カラーミーショップ

さらに手軽なのはメルカリなどのフリマアプリです。
ネットショップを本格的に開業する前に、このようなアプリを使ってみるのもいいですね。

参考:メルカリ

デメリットとしては、販売手数料が発生すること、個人間の取引となるため、サポート体制が充実していないことなどがあります。

ネットショップ開業を成功させるためには

実際にネットショップ運営で、成功している人はどのようなことに気を付けているのでしょうか。
参考にして生かしていきましょう。

安心感を与える

ネットショップでは、販売者の顔や人柄を見せることができません。
不安要素が多いほど、客足は遠のいていきます。

顧客に安心感を与える情報を掲載し、好印象を持たれるサイトを作ることが必要です。

・電話番号表示
サイト上で電話番号を大きく表示している店は、購入率が高いことがわかっています。
業務が増えてしまうことも懸念されますが、サイト内に「よくある質問」などを設けて、問い合わせを減らすことで対策できます。

・顔写真掲載
店の人の顔が見えるサイトも、購入率が高くなっています。
人の気配を感じさせることがポイントです。

・利用ガイドを載せる
買い物の手順や決済方法などの情報を、わかりやすく掲載することも大切です。
安心感を与えるだけではなく、トラブルも避けられる利点があります。

・後払い決済の導入
後払い決済とは、コンビニ決済、郵便振替、銀行振込などです。
クレジットカードなどで、商品到着前に支払うことに抵抗がある顧客もいます。
決済方法は、先払いと後払いの2つを用意しておきましょう。

簡単に購入できるようにする

購入操作を簡単でわかりやすいものにしましょう。
わかりづらい操作や入力情報が多いと、そこで断念して他のサイトに移動してしまう人もいます。

・カートボタンのデザイン
このカートボタンを目立たせることが、購入率を上げてくれます。
また、「いったんカートに入れる」「すぐに注文する」などのボタンを作ると、それぞれの買い物スタイルに合わせた操作ができるので喜ばれます。

・決済ページの工夫
今どの手順まで入力していて、あとどれだけの情報が必要なのかわかるように表示すると購入者にとってわかりやすい決済ページにできます。
また、フォントや色なども見やすいものにしましょう。

・購入者情報の入力を省く
情報を入力する作業が多いほど、お客様にとってストレスになってしまいます。
電子マネー決済にすると、少ない入力で購入できるのでぜひ導入を検討してみてください。

SEO施策で知名度を上げる

先に集客方法の種類をご紹介しましたが、その中のSEO(検索エンジン施策)が有効的だと述べました。
成功しているネットショップはこのSEO施策をしっかりしています。

SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略です。
このSEO施策をすると、検索したときに上位に表示されるなどのメリットがあります。

では具体的なSEO施策方法を解説していきましょう。

・商品数
商品数と売り上げはほぼ比例すると言われています。
数が多いと、サイトのページも当然増えます。
末端ページの検索ヒット数が増えると、検索エンジンからサイト全体の好評価を得られます。

・SEOキーワード
検索する際に入力するキーワードを、タイトルに設定することで検索結果に表示されやすくします。
ターゲット層の人は、どんなワードで検索するかを考えて設定するといいでしょう。

・SEOサイトマップ設定
検索エンジンに、サイト内を案内する役目があります。
検索の順位をより早く上げたいのであれば、設定は必須です。

参考:中小EC企業向け2016年EC戦略白書 PayPal Pte. Ltd. &JECCICA

店名を知らない店からは購入しない確率が高いという結果から、知名度は重要だとわかりますよね。
そのためにもSEO施策は必ず実施しましょう。

失敗する理由とは

成功するためのポイントだけではなく、失敗する理由を知っておくことで対策が打てます。
失敗する人には共通した原因があるので、ご紹介します。

店のコンセプトを決めていない

手軽に始められることはネットショップのメリットですが、「とりあえず開業」を経た店は、ほとんどが撤退を余儀なくされています。

特に店のコンセプトを確立することは重要です。
サイトのデザインや商品開発、顧客対応も店の方向性によって変えていくべきです。
まずはどんな店にしたいのか、しっかりイメージしておきましょう。

集客対策をしていない

ネットショップは集客対策が重要ポイントとなります。

集客対策に自信がない人や、時間が割けない人は有料のショッピングカートを利用してみましょう。
低予算で登録ができ、集客機能も豊富にあるのでおすすめです。
ショッピングカートとは、ネットショップサイトで必要な買い物カートの機能を提供してくれるサービスです。
無料のショッピングサイトもありますが、集客対策を考えると有料のものを選ぶほうが適切と言えます。

リピーター対策をしていない

最後のポイントはリピーター対策です。
新規顧客を増やすことも大切ですが、リピーターを増やせば売り上げも安定してくるはずです。
さらにリピーターが増えれば、口コミやSNSで知名度が上がることも考えられます。

もう一度利用したいと思ってもらえるように、顧客の目線に立って対策していきましょう。

まとめ

今回ご紹介したポイントはどんな店でも共通するものです。
スムーズに開業するためには、まず店のコンセプトを決めることから始めていくことをおすすめします。

そして十分な準備と対策をして、ネットショップ開業を成功に導いていきましょう。