スキル

ビシッと決めたい!人生の決断で後悔しない方法とは

大きなチャンスは、生きていると必ずどこかで巡ってきます。

そんなときは迷わず決断し、そのチャンスをつかむべきです。しかし、ビシッと決断できずにいる……ということってありますよね。

例えば、自分がずっとやりたいと思っていた仕事に就けるチャンスが巡ってきても、「今の仕事よりも給料が下がってしまうし…」「安定した生活がなくなるのか…」などと迷っているうちにチャンスを逃すことはザラにあります。

いったい、後悔することなく決断することってできるのでしょうか?

今回は、タイプ別の意思決定の仕方をご紹介し、その上で決断のコツや方法をお伝えしていきます。

Contents

意思決定をする4タイプ!ディンクリッジの学説をひもとく 1

「意思決定の仕方は4つのタイプに分類できる」、このような理論を提唱しているのは、アメリカの心理学者ディンクリッジです。ディンクリッジによると、意思決定は以下の各プロセスをたどってなされます。

「決断する内容を明確にする」「情報を集める」「集めた情報を選択肢としてまとめる」「挙げた選択肢の中から選択(決断)する」「行動に移す」「決断と結果を検討する」

そして、どのプロセスからスタートするかによって、その人の意思決定の仕方が見えてくると唱えています。

直感と経験で決める【直感型】

この直感型は、計画を立てたり情報を収集・検討したり、などは行いません。そのときの自分の直感や経験に基づいて判断します。

直感型の人は決断にほとんど時間がかからないので、チャンスをものにすることができます。しかし、ほとんど検討していない状態で決めているので、「こんなはずじゃなかった」という状況に陥りやすいのもこのタイプです。

決断のプロセスはスルー【衝動型】

衝動型は、情報収集や選択肢の検討などのプロセスに沿った考え方がそもそも分からなかったり、そのような考え方に価値を置いていないタイプです。

このタイプも、決断までに時間はかかりません。ただ、決断が間違っていた場合でも反省することが難しいので、軌道修正が困難なタイプとも言えます。

多くの情報に囚われがち【苦悩型】

意思決定をなす前の情報収集のプロセスに固執してしまい、選択肢を検討する段階で悩んでしまうのがこの苦悩型です。

よく考えるタイプなので、決断後のデメリットにまで配慮することができるのが特徴です。しかし、いろいろなパターンを検討しているうちに結局どの道が正しいのかわからなくなってしまい、時間がかかって決断が遅れがちになります。

このタイプに近づくべし【計画型】

この計画型が、一番理想的と言われるタイプです。

このタイプは、意思決定のプロセスを十分に理解した上で情報収集や選択肢の検討を行うので、自分に最適な決断を下すことができます。

ただ、このタイプが理想的ではありますが、「計画型でないと駄目」というわけではありません。他のタイプであっても、自分に足りない部分を別のタイプの性質で補えば問題ありません。例えば、直感型の人だったら、「この間は直感で決めて失敗したから、今度は少し調べてから決めてみよう」「でも、即決できるのが自分のいいところ」など、反省しつつも自分のタイプや性格を生かした決断につなげていけばいいのです。

意思決定を回避する4タイプ!ディンクリッジの学説をひもとく 2

何かを決めなければならない状況で、決断を先延ばしにしてしまうことってありませんか?

実は、このような意思決定を回避するタイプにも4つの類型があります。誰しも、ついつい決断を後回しにしてしまうことはありますが、それによって「遅かった!」「あの時決断しておけばよかった」といった後悔が生まれることもあるでしょう。

ここからお話しする4つのタイプについて知っておけば、今後そのような事態を回避することができるようになるでしょう。

決断を先延ばし【延期型】

この延期型は、文字どおり、決断を延期してしまうタイプです。決断をするための情報収集をするのが面倒だったり、決断をするのが怖くて決断に必要な行動自体起こさなかったりするタイプです。

成り行きで決める【運命任せ】

運命任せ型とは、「なるようになるさ」の精神を持ち、あまり積極的に決断しないタイプです。

このタイプも、自分から進んで情報を集めたり検討したりすることはありません。何事も成り行き任せで、なるべく障害の少ない選択肢が提示されるまで待ち続けます。

誰かに決断を委ねる【言いなり型】

言いなり型は、ほかの人に決断を委ねます。自分からは決断に必要な行動はせず、誰かに決めてもらった方が楽だと思っているタイプです。たとえるなら、進学先を親に言われた通りに決める子供のようなタイプです。

後悔したくない【弱気型】

後悔するのが怖いため、決断できないタイプが弱気型です。また、周りから決断を迫られている状況だと、それ自体が恐怖で決断ができなくなることもあります。

しっかり情報収集をしているので、決断後のリスクを誰よりも理解してはいるのですが、それゆえに決めきれないのです。

人生の決断に迫られたら!決断の考え方とコツ

ここまで、ディンクリッジの意思決定についての学説を参考に、意思決定のタイプを見てきました。

以下では、それらを踏まえたうえで決断をするときのコツや考え方をご紹介します。この中で自分に合った方法を見つけて、ぜひ実践してみてください。

タイムリミットを決めよう「考え方1:締め切りを設定する」

決断までに時間がかかる人に有効なのが、「締め切りを設定する」方法です。

決断が必要な場合に、「考えるのが面倒」「決めてしまうのが怖い」などと思って先延ばししていると、結局決断できなかったという状況に陥ってしまいます。こんな経験のある人は、「〇月〇日までに決める」というように締め切りを設定してみましょう。期限が設定されていると、自然と決断をするために必要な調べ物をしたり、迷っていることを誰かに相談したりするものです。

また、誰か信頼できる人に「〇月〇日に決断する」と事前に宣言してしまうのも手です。宣言してしまえば、決断を下さないわけにはいかなくなるからです。

楽しい気持ちは成功にもつながる「考え方2:楽しい方を選ぶ」

次は、「迷ったら楽しい方を選ぶ」方法です。

例えば、新しい仕事のチャンスが巡ってきたときのことを考えてみましょう。今の仕事は安定した暮らしが保障されており給料もたくさんもらえる。一方、新しい仕事は、以前から興味のある分野で、いつかやってみたいと思っていた仕事。さて、このような場合、いったいどちらを選べば後悔しないのでしょうか?

そんなときは、「楽しい方を選ぶ」を使ってみましょう。自分の好きなことや興味のあることであれば夢中になれるので、結果として仕事がうまくいくと考えられるからです。

こんな話があります。パナソニックを創業し、一代で世界的企業にまで成長させた松下幸之助さんは、夜中の3時まで仕事をしていました。それは、仕事が忙しいからではなく「楽しいから」だったそうです。

正しい方を選ぼうとすると、かえって不安になって決めきれなくなってしまいます。迷った時は楽しいと思える方を選ぶ。一度実践してみてください。

アドラーの学説にもつながる「考え方3:自分の意思で決断する」

ここで紹介するのは「自分の意思で決断する」です。

世界的に有名な心理学者であるアドラーの思想を分かりやすく紹介した著書、「嫌われる勇気」はご存知でしょうか。

話題になった本なので、読んだことがある人も多いでしょう。人の意見に左右されずに、自分らしく生きるためのヒントが満載のベストセラーです。その中で「自由とは他者から嫌われることである」と書かれています。

「自分が周りの人からどう思われるか」は、大事な決断の前には必要ありません。自分が決める、と覚悟を持つことが大切です。

やってみるスタンスを基本に「考え方4:迷ったらやめる・やってみる」

ここでは、決断に迷ったときの2通りの対処方法、すなわち「迷ったらやめる」と「迷ってもやってみる」について解説しようと思います。

最初は、「迷ったらやめる」です。まずは、やってみたが失敗した場合を想定してください。そして、失敗から得られる学びと、失敗によって失うものを想像した上で両者を天秤にかけます。その結果、「失うものが多くこのままでは後悔する」という結論に至った場合は「やめておきましょう」。家を購入すべきか迷っているときなどは、上記の比較考量を試してみてください。

一方、「迷ったらやってみる」は上記とは逆です。失敗から得られる学びの方が失敗によって失うものよりもたくさんある、と思える場合は「やってみましょう」。仕事で転機を迎えたときなどは、やってみる方を選択すべきです。仕事で失敗するのは怖いものですが、失敗の経験を重ねた結果、成功を収めた人はたくさんいます。むしろ、誰よりも失敗してきた人こそが成功をつかむ、とも言えます。新しく巡ってきた仕事に興味があったり、面白そうだと思えるなら、「迷ってもやってみる」のが良いでしょう。

後悔したくないなら「考え方5:やって後悔を選ぶ」

「やらなかったために失敗した」と「やったけど失敗した」、どっちの方が後悔するでしょうか?

このテーマに関して、ボストン大学の心理学者、アベンドロスが面白い調査をしています。それは、アフリカ旅行に行った人でお土産を買った人と買わなかった人それぞれに、その時の心境を日記に書いてもらうというものです。お土産を買った人は「なぜこんなものを買ってしまったのだろう」と書き、買わなかった人は「買っておけばよかった」と書いてあるものが多くありました。だが、全体的にみると明らかに「買っておけばよかった」と書いている人のほうが多かったのです。

アベンドロスの調査結果を見れば、「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい」と結論づけることができます。

人が死ぬときに後悔するのも、やはり「やらなかったこと」だと言われています。例えば、「仕事ばかりで趣味の時間を作れなかった」「感情に振り回されてばかりだった」「人に優しくできなかった」「行きたい場所があるのに旅行しなかった」「結婚したい人がいたのにしなかった」「大事な人にありがとう、が言えなかった」……など、「やりたかったのにやらなかった」ことを、死ぬ直前に後悔してしまうのです。

「学校で勉強しなかった」「チャンスをみすみす逃した」「友人や家族を大切にしなかった」という3つの後悔のうちのいずれかを人は誰しも抱いている、という研究もあります。

このように、やらないこと、しなかったことの方が大きな後悔となります。決断に迷っているときは、「やらなかったら、後になって後悔しないか?」ということも一度考えてみましょう。

ポジティブな決断がしたいなら「考え方6:ポジティブな人と過ごす」

決断に迷っているとき、周りの人に相談することもあるでしょう。しかし、その人が「そんなの無理に決まってる」など、ネガティブな意見しか言わなかったとしたら、自分の気持ちが「やらない」「できない」という方向に向いてしまいます。ネガティブな意見を言ってくれる人も大切です。ただ、決断が必要な時は、その意見だけに囚われないようにする必要があります。

The New York Timesによれば、全ての人がイーヨーとティガー(くまのプーさんに登場するキャラクター)を心の中に持っているそうです。イーヨーは悲観的な性格ティガーは明るくお調子者です。人は周りの人間に影響されます。周りにネガティブな感情を持つ人がいれば、自分の中のイーヨーが出てきやすくなってしまいます。逆に、ポジティブな友人や同僚などといつも一緒にれば、ティガーのようなポジティブな感情が自然と湧き上がってくるのです。

決断が必要な際も、ポジティブな気持ちが「チャレンジしてみようかな」という思いを後押ししてくれます。普段の人間関係を見直し、なるべくポジティブな人を探してその人と過ごすようにしましょう。

決断に迷ったときの最終手段!コイントス

ここで紹介する決断方法は、「コイントスで裏表を確認し、その瞬間の自分の気持ちに従う」というものです。とても簡単なので、いつでもどこでも実践できます。

それでは順を追って見ていきましょう。

コインを1枚準備する

この方法を試すのに必要なのは、コイン1枚だけです。

財布に入っている小銭(10円玉や500円玉)でも構いません。とにかく表と裏があるものなら、どんなコインでもOKです。

次に、コインの表裏それぞれに、どんな運命を託すのかを決めましょう。転職を迷っている人なら、「表が出たら転職する」「裏が出たら転職せず、今のまま頑張る」と決めます。

コイントスはコインを投げる前が肝心

次は、コイントスです。コインを投げて、両手でキャッチしてください。

ここで注意してほしいことは、キャッチしたコインをすぐに確認しないことです。先ほど決めた「表なら転職する」「裏なら転職しない」という運命をここでもう一度確認しましょう。

「このコイントスで決めるんだ!」という気持ちで託す運命を意識してください。ここが大事なポイントです。

コインを見た瞬間の自分の気持ちは?

それでは、両手でつかんだコインを確認してみましょう。ゆっくり両手を開けてみてください。

表でしょうか?裏でしょうか?

コインの表裏を確認したその瞬間、あなたはどう思ったでしょうか。その結果が嬉しかったのか、残念だったのか……その瞬間の気持ちが自分の本心なのです。

先ほどの例で言うと、表が出て嬉しいと思ったのなら本心から転職したかったと考えればいいのです。逆に「表が出てしまった……」という気持ちになった場合は、本心では転職しない方がいいと思っていたということです。コイントスは、本音を確認するのに効果的な方法です。

結果を知ったときの気持ちが本音!これに従おう

大切なのはコインを確認した瞬間の「自分の気持ち」です。

表でも裏でも、その結果を見て嬉しい、良かった、安心したなどのプラスの感情が出てくれば、それが正しいと思える選択肢です。逆に、マイナスの感情が出てきたとしたら、そのコインの結果に従う必要はありません。

考えに考え、悩みに悩んだのにまだ決められない。そんなときは、最終手段として「コイントスで決める」を使ってみてください。

「やってみる」スタンスが大事

今回は、意思決定のタイプや決断する際の考え方・方法を見てきました。意思決定が必要な時は、自分がどのタイプに近いのか考えてみましょう。その上で、どの方法が自分の決断の助けになるのかを考えれば、これから来る人生の転機に備えることができます。

絶対後悔しない決断をするのは難しいことです。それでも、「やらずに後悔するより、やって後悔する」という言葉がある通り、やってみた方が後悔は少なくて済みます。普段からなるべく「やってみよう」というスタンスでいることは大事です。その考え方が習慣になれば、大きなチャンスが巡ってきたときもポジティブな気持ちで決断をすることができるでしょう。

大きな決断に迫られたときでも冷静に判断できるようになるためにも、普段から決断に必要な考え方を身につけておきましょう。