スキル

能力が低い人の特徴と能力の低い自分から脱するための方法

この記事では、能力が低い人に多い特徴を紹介します。環境によって能力が低いと勘違いしている可能性についても解説していきますので、参考にしてください。

Contents

能力の低い人に共通する特徴

ここでは、能力が低い人が共通して持っている特徴を6つ紹介します。

知識量が少ないのに気づいていない

能力がない人は、自分は知識量が豊富だと思っているフシがあります。しかし、実際には、聞きかじったようなごく一部の情報しか持ち合わせていません。特定の分野について話していても話に広がりがなく、少し内容を掘り下げて質問しようものなら怒り出す人もいるほどです。知識に広さも深さもない、それでも本人は知識が豊富だと思っているので、勉強をする熱心さもなく成長が見られないのです。

実体験が少ない

能力の低い人はチャレンジ精神が少なく、実体験が少ない傾向にあります。そのため知識も浅く、広がりを見せないのです。自分の能力を伸ばす・世界を広げるといったことに消極的であると言えます。

プライドが高く、逆ギレしやすい

能力の低い人は、プライドが高く、人に教えを請うことができません。だからといって、知識のない自分が悪いとは思いません。自分のプライドを踏みにじる他人が悪いのです。自分で調べることも相手に尋ねることもしないので、知識は広がらないままです。

ストレスの多さを有能さと勘違いしている

能力の低い人の特徴として、ストレスに対する考え方が歪んでいることが挙げられます。ストレスが多いことを、美徳・有能の証として捉えていて、ストレスが多いことを解決しようとしません。ストレスが仕事の効率を下げることに気づいていないのです。

怒りっぽい・余裕がないことは、抱えているストレスからきていることも多いです。しかし、本人は「自分は有能だから、こんなにたくさんの仕事が回ってくる。仕事が多いからストレスが溜まる」と考えている傾向があります。

仕事量が多いことを有能さと勘違いしている

能力のない人の仕事に対する考え方は、質よりも量です。たくさんのタスクを抱えているほど有能だと信じています。効率よく仕事をさばくこと・ときには他人に頼ることが大切だとは思っていません。忙しさこそ、自分の有能さを示す手段なのです。仕事内容にも興味を示さないため、実際には不要な手順が多すぎる・雑用ばかり任されているという現実も珍しくありません。

失敗を次に生かすことをしない

能力が低い人は、反省する習慣がありません。失敗したら、周りの人のせい・環境のせいです。「今回の失敗の原因はなにか、次はどうしたら良いのか」と内省しないため、成長しません。

環境のせいで能力が低くなっていることもある

能力の低さは、自分の責任ももちろん大きいですが、能力の低い人を作り出してしまう環境があることも事実です。人には向き不向きもあり、モチベーションや自己評価によっても行動は変化します。ここでは、能力の低い人を生み出してしまう環境についてお伝えします。

否定的な発言が多い

洗脳にも近いのですが、「お前は仕事ができない」「うちの会社以外ではやっていけない」「仕事をもらえるだけありがたいと思え」など、否定的な発言が多い環境では、成長できません。自己評価はどんどん低くなり、チャレンジ精神や向上心が削られていきます。

直接自分を否定されるだけでなく、悪口や妬みが多い環境もよくありません。自分が成長することではなく、周りを蹴落とすことに意識が向いているからです。このような環境では、自分の能力を活かすことも成長することもできません。

部下を育てる力や能力を見抜く力が乏しい

「部下が使えない」が口癖の上司がいる環境は要注意です。部下が使えないのではなく、部下を育てる力がないのです。

よく、指示待ち人間、1から10まで教えないとやってくれない、などと表現しますが、責任は部下と上司両方にあります。無能だと判断している社員も、教育さえできればちゃんと育つのです。

理解度や自発性は人それぞれです。よく教えもしないまま、自分で考えて行動してくれ・経営者になったつもりで動いてくれと言っても無理でしょう。

そもそも、目の前にいるのは部下であって雇われの社員です。立場が違うので、同じ目線でモノを見ろと言っても難しいです。

こういった上司は、もともと有能な人・もともと経営者目線を持っている人しか扱うことができません。そして有能な人は、上司が使えないと判断したら転職なり独立なりをして巣立ってしまいます。そして、本来長く会社に勤めてくれるはずの”教育すれば使える社員”は無能のまま育たず、能力の低いチームが出来上がってしまうのです。

物事を捻じ曲げて受けとり、悪意のある評価を下す人が多い

否定的な発言が多い環境に通じるところがありますが、人の言葉をまっすぐ受け取ることができない人がいる環境では、まともに能力を発揮することはできません。

たとえば、
・わからないことを尋ねれば、「自分で調べることができない無能」
・自分で調べていれば「調べている時間が無駄、無能」
・定時で上がれば「やる気がない」
・残業していれば「時間内に仕事を終わらせられない」

など、何をしても無能だと決めつけて、その人の本質や価値観を受け入れない環境です。

こういった環境では、成長はありませんし、何をしても否定されるので自信を喪失していきます。

自分に合わない業種・上司のもとで働いている

人には向き不向きがあります。自分の持っている強みを生かせない職場では、能力を生かすことができず、周りから評価されることもありませんし、自分に自信もつきません。

また、上司との相性も大切です。たとえば、自分で考えて動くことが得意な部下がいたとしても、上司が「指示は自分がする、部下はいうとおりに動いていれば良い」という考えの人であれば、長所が短所として評価されてしまいます。転職サイトのミイダスでも、上司と部下には相性があるとして、相性表が提示されています。

周りとのレベルが合っていない

環境に問題があるわけではないのですが、自分と周りのレベルがあまりにかけ離れていることも問題になります。周りが優秀すぎて自分が無能に感じられる・チームの足を引っ張っている気がするという場合には、自分のレベルを引き上げるか、自分に合うレベルの転職先を探しましょう。

どちらにせよ、周りになんの悪意も欠点もなく、ただ自分の能力の低さが目立つというのは非常にストレスです。自己肯定感やモチベーションにも直結してくるので、すぐに対策を取りましょう。少し環境のレベルを落とすことで自分に自信がつき、結果能力が上がることも十分に考えられます。

能力の低い人は「自分は能力が低い」と感じない

実は、能力が低いほど自分に自信を持っているという特徴があります。ここでは、能力が低い人が自信を持っている理由・能力の低さに気づかない理由について解説します。

能力が低い人ほど自己評価が高い

デイヴィッド・ダニングとジャスティン・クルーガーによる実験で証明された事柄に、「能力が高い人は自分を過小評価し、能力が低い人は自分を過大評価する」というものがあります。

この実験は、あるテストを受けさせた後に自分の順位を予測するというものでした。実際の成績が優秀だった者は実際の順位より下を予測し、成績が低いものほど順位を上だと予測したのです。

能力が低い人は自身の能力の低さに気づく能力も低い

ダニングとクルーガーは、能力が低い人が自信を過大評価する理由について、以下のように述べています。
・自身の能力が低いことに気づけていない
・自身の能力の程度を正しく認識できない
・他者の能力を正しく認識できない

つまり、自覚能力も低いことで、自分の能力の低さにすら気づけないというのです。

反対に、能力の高い人が自信を過小評価をすることに関しては、「自分が簡単に解けた問題は、他者にとっても簡単だったはず」という考え方に起因しています。

能力が低い人ほど自身を過大評価する傾向とその問題点

ここでは、能力が低い人が自身を過大評価してしまう理由と、自己評価が高い人に出会ったときの注意点を紹介します。

能力が低い人ほど自身を過大評価するわけ

能力の低い人は、物事を遂行するための能力だけではなく、事実を正しく理解する能力まで低いということが、実験によって証明されています。そのときに行なった実験では、テストの成績をもとに被験者を4つのグループに分けました。実力が高い人から順に、A・B・C・Dです。

そして、テストの成績を開示する前に、自身のレベルがA~Dのどのグループに属していると思うか尋ねたところ、Dグループの被験者は「Bグループに属している」という自己評価を下したのです。この実験から、能力の低い人は、実際の成績より2段階も上だと勘違いしているという認知のゆがみがわかりました。

自己評価だけでは本来の能力値は見えてこない

能力の低い人は、自身を過大評価してしまいます。つまり、謙虚さがないのです。そのため、上司が丁寧に教育をしたとしても「そんな事は言われなくてもできる」と、話を聞かなかったり勝手な行動をとったりすることがあります。

また、採用試験での落とし穴として人事担当に知っておいてもらいたいことは、自己評価だけでは本来の能力値は測れないということです。面接で、「自分はこんなことを成し遂げてきた」「こんな素晴らしい能力を持っている」と自信満々に話す姿からは、能力の高さが伺えます。

しかし、実務につかせてみたら物事を知らなすぎる・全く使えないということが多々あるのです。そして、自己評価が高いというのは、プライドが高いことに直結します。矯正したくても聞く耳を持たず扱いづらい、という特徴も持ち合わせているため、本人の評価だけを鵜呑みにはしないほうが良いでしょう。

仕事への”慣れ”を能力と勘違いしている社員にも注意が必要

新入社員だけではなく、ある程度立場を持った中堅社員にも、能力を過大評価している人がいます。会社ではある程度勤務年数を重ねると、任される仕事も増えますし、部下もできます。そういった、経験や勤務年数に準ずる変化や仕事への慣れを「自分は有能だから仕事を任せてもらっている」と勘違いしてしまうと厄介です。

過大評価の一番の問題は、向上心を忘れることです。自分は人よりできると思っているので、失敗を反省しなく、周りの優秀な人から学ぼうともしません。

能力の低さに気づけなければ仕事がなくなる

終身雇用制度は終わりを告げ、年金受給年齢も上がってきています。能力に低いことに気づかないままでは、途中で仕事がなくなりかねません。これからの時代には、成長が必要不可欠です。

自己評価をした時に、自分なら大丈夫・どんな環境でも食べていける・大きな成果をあげられると根拠もなく考えている人は、少し立ち止まって考えてみましょう。能力が低い人ほど過大評価する傾向があるということを意識し、謙虚に学ぶ姿勢・成長する姿勢を取り入れることが大切です。

「自分は能力が低い」と思う人が取るべき行動

本当に能力が低い人は、自分の能力の低さに気づきません。つまり、自分は能力が低いと感じている人の多くは、環境が悪いことが原因です。ここでは、環境の判断基準と自分は能力が低いと悩んでいる人が取るべき行動を3つお伝えします。

逃げたほうがいい環境とは

・理不尽な理由で怒られる
・能力云々ではなく人格を否定される
・自分の苦手な業種で働いている
・精神がやられている
・仕事に行くのが嫌で体調を崩している
・仕事に一切のやりがい、楽しさを感じない

否定ばかりの職場・精神衛生上良くない職場からは、逃げたほうが良いです。能力や成長の前に、激しく消耗してしまいます。

どの会社に行っても同じ事が起きているというのなら自分に原因がないか考えることも大切ですが、環境が悪くて能力が発揮できないというのは往々にしてありえます。今の自分を受け入れてくれる環境・成長させてくれる環境に移動するほうが建設的です。

気分転換に旅に出るのもあり

今の環境から逃げたい・精神的に疲弊していてまだ転職に着手できないというのであれば、旅に出るのもアリです。家に引きこもっていても気が滅入りますし、何かしなくてはと焦る原因になります。焦って次の手を決めても良いことはありません。

旅をしていると、気分転換にもなりますし視野も広がります。また、「旅をするために休んでいるんだ」という理由付けも時には必要です。まずは自分を許し、癒やすことからはじめてみましょう。

退職して職業訓練に通うのもあり

今の職場環境が良くないのなら、思い切って退職してしまうのもありです。失業保険がもらえるか・しばらくの生活費はまかなえるかといったことを考えることは大切ですが、転職先を決めてから退職する必要はありません。

職業訓練でお金をもらいつつ新しいことを学び、未経験の業種に転職するという道もあります。年齢が上がるほど転職が難しくなるのは事実ですが、良くない環境に身を置き続けて倒れてしまったら元も子もありません。進むべき道を1つに絞るのではなく、視野を広くして、逃げ道をできるだけ多く探してみましょう。

興味がある分野があるなら思い切って転職

すでに興味がある分野があるのなら、思い切って転職しましょう。興味があるということは、自分にとって心地よい環境・頑張れる分野ということです。我慢して自分に合わない環境で頑張るより、自分が頑張りたいと思える環境に身を置きましょう。

1社受けて駄目でも、10社受ければ受かるかもしれません。10社受けて駄目でも、50社受ければ受かるかもしれません。未経験や能力不足を理由に、挑戦する前から諦めるのはもったいないです。

まとめ

能力の低い人は、自分の能力の低さに気づかずに過大評価をする傾向がある・自分はデキる人だと勘違いしているからこそプライドが高くて向上心がないという特徴があります。反対に言えば、自分の能力が低いと自覚できている人は、能力が低いのではなく生かせる環境に身を置いていない可能性があるということです。

過大評価は問題ですが、自分を過小評価して良くない環境に居続けてしまうのも問題です。環境に問題を感じたら転職も視野に入れて行動していきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。