eBay輸入転売はブルーオーシャン!売れ筋商品のリサーチ方法と仕入れのコツ

国内転売は飽和状態で、新規参入者には稼ぎにくくなっているのが現状です。一方、輸入転売はライバルが比較的少ないため、初心者でも参入しやすくなっています。

輸入先として一番オススメしたいサイトはeBayです。eBayはヤフオクの数十倍もの市場規模を誇る世界最大級のオークションサイトです。売っていない物はないというほど品揃えが豊富で、大抵の物はここで購入できます。しかし、海外のサイトであるため、慣れないうちは操作に戸惑いがちです。

そこで今回は、eBay輸入転売の特徴とやり方を解説します。

目次

eBay輸入の特徴

eBayとは、アメリカ発の世界最大級のオークションサイトのことです。

参考:eBay

eBayは世界最大級

ebayは2020年に売上高1兆円を記録しました。

これはメルカリの10倍程あり、市場規模の大きさが窺えます。

eBayの特徴

eBayは品揃えが豊富なだけでなく、同じものでも日本より安く販売されている商品も多くあります。

ただし、サイトの使用言語は英語ですし、取引先とのやり取りも英語でこなさなければなりません。また、中には日本に発送してくれない出品者もいます。

eBay輸入では古物商が必要ない

eBay輸入をするにあたって、基本的には古物商許可は不要です。

古物商が必要となるケースは日本で出品している人から購入する場合のみですから、ビジネスでのeBay輸入では仕入れを日本からすることがほとんどありませんので問題ありません。

古物商は日本で窃盗した商品の販売を防ぐ、または販売する人たちを取り締まるためのものですから、商品をどこの国で仕入れたかが重要になります。

以下の例も古物商は必要ありません。

  • フランスに住んでいる日本人が出品した家電
  • スペインに住んでいる人が出品した日本で買ったお土産
  • 韓国に住んでいる人が出品した未開封の携帯充電器

色々例を上げましたが、つまりどこの国から出品されているかが重要で、どこで買ったか、誰が出品しているかは重要ではありません。

eBay輸入で古物商が必要なケースを紹介

では次に、古物商が必要になるケースを紹介します。

  • 日本に住んでいるフランス人が出品した家電
  • 日本に住んでいる人が出品したスペインで買ったお土産

このようなケースでは古物商が必要になります。外国人が出品することや外国で買ったものを出品することが問題なのではなく、日本で出品されているので古物商が必要になるというわけです。

eBay輸入で古物商を取得する必要性

以上の説明からわかる通り、古物商が必要なケースは日本で出品している商品を仕入れる場合のみとなります。日本からeBayで商品を出品している人はいますが、これは海外で高く売れる物を日本で仕入れて出品しているeBay輸出ですから、海外から仕入れて日本で売るeBay輸入でこの商品を仕入れる必要性はありません。

つまりeBay輸入をするにあたって古物商の許可を取得する必要はないということになります。

輸入転売のライバルが少ない理由

輸入転売は国内転売と比べるとライバルが少ないと言われています。理由として以下の3つの参入障壁が挙げられます。

サイトが外国語表記

eBayを含め、海外の主要なECサイトの使用言語は英語か中国語です。日本語に対応しているサイトは滅多にないため、外国語が全く分からないと苦労します。

特に、海外では偽物やジャンク品が多く出回っているため、商品説明文をきちんと読めないと、とんでもない不良品を抱えることになります。

関税がかかる

また、海外から輸入する場合は関税がかかります。具体的な関税率は品目ごとに違います。詳しくは税関のホームページを参照してください。

参考:輸入統計品目表(実行関税率表)

送料が高い

国際配送料は、国内配送料とは比べ物にならないほど高額です。もちろん格安の配送サービスもありますが、安いサービスだと到着日数が長く、追跡もできないことが多いため、荷物の紛失等のトラブルが起きやすくなります。

そのため、安全に仕入れるには非常に高い国際配送料を支払わなければなりません。安い商品だと本体価格よりも送料の方が高くなることも珍しくありません。

海外から仕入れる際は商品価格と送料の両方を考慮する必要があります。

eBay輸入の流れ

商品選定から購入までの手順を解説します。

転売先の市場調査

まずは国内の市場調査を行い需要を把握しておきましょう。

ヤフオクで転売する場合は、オークファンを使うと便利です。オークファンでは過去の落札商品・落札相場を確認できます

参考:オークファン

Amazonで転売する場合は、ファルコンを使いましょう。

参考:ファルコン(Falcon

ファルコンでは、Amazonでの商品の価格・取り扱い店舗数・売れ行きなどを確認できるので、その商品を仕入れる価値があるかどうか効率よく把握できます。

利用方法は簡単で、ファルコンにアクセスして調べたい商品のASINを入力するだけです。

ASINが分からない場合は実際にAmazonで該当の商品を検索後、商品ページ下「登録情報」に記載されているので確認しましょう。

ASINを入力して検索をかけると以下のようにグラフが表示されます。

「価格」ではその商品の価格の推移が確認できます。
安く仕入れ、高く売る転売の基礎にして理想を目指して価格設定の参考にしましょう。

「出店者数」ではその商品を扱っている店舗数です。

出品者数が多いほど売れにくい傾向がありますが、出品者数=ライバル数とは限りません。Amazonで実際にその商品の出品者をチェックしたときに、全員が最安値で出品していた場合は出品者全員がライバルとなりますが、価格差が大きい場合は、上位5人までがライバルです。

「ランキング」はその商品の人気度を表しています。

グラフが下がっている、つまり1位に近づいている時が良く売れている時期です。

まずは気になる商品の情報を調べてみましょう。

参考:ファルコン(Falcon)で商品の情報を調べてみる。

eBayの市場調査

売れ筋商品を把握したら、eBayでその商品を調べてみましょう。

eBayの検索ボックスに商品名を入力し「Search」ボタンを押してください。表示された画面の左サイドバーの一番下にある「Show only」という項目内の「Sold Items」にチェックを入れてください。

すると、過去に落札された商品のみが表示されます

右側の一番上は商品タイトル、「JPY~」というのが日本円の商品価格です。価格の下に「Buy it Now」と表示されているものは固定価格出品、「~bids」と書かれている商品はオークション出品された商品です。

価格差のある商品を見つける

eBayの売り切れ商品を1つずつチェックして、商品の状態ごとの価格相場を把握しましょう

そして、日本の転売先と価格差のある商品をリストアップしてください。その際、送料と関税の計算を忘れないようにしましょう。

eBayで購入

仕入れる商品が決まったら、早速eBayで購入しましょう。

固定価格出品されてる商品は、「Buy It Now(今すぐ買う)」をクリックしてください。

すると、以下のような画面になります。「Pay with(支払い方法)」でPayPalを選択してください。最後に「Pay with PayPal」をクリックすれば購入完了です。

オークション出品されている場合は空欄に入札額を入力して「Place bid(入札する)」をクリックしてください。

表示された確認画面で「Confirm」をクリックすれば入札完了です。

自分より高い入札がなければ落札できます。

eBay輸入でアンティークを扱う場合のリサーチのコツ

eBay輸入に於いても転売で利益を出すためには、商品選びが非常に重要になってきます。

国内で販売されていない商品や、国内では見つけることができない商品などのレア商品が見つかるのもeBayの特徴です。そういった商品を見つけて輸入・販売できれば大きな利益につなげることができます。

レア商品は様々ありますが、そのなかの一つがアンティークです。

eBay輸入でアンティーク転売が良い理由

eBay輸入転売でアンティークを扱う場合、ライバルが少ないことがメリットの一つとして上げられます。特にレアなアンティーク商品は転売でも売れやすく、ヤフオクなどでは高値で購入する人も少なくありません。eBayで売られている海外でしか手に入らないレアな商品を見つけることができれば高く売れる可能性も高いです。

同じジャンルの物を販売する人が多ければ多いほど価格競争が起こり、商品を売るためには他の人より安くしなければ売れないので利益は少なくなってきます。しかし、アンティークは販売する人が少ないので価格競争が起こりにくく、高い利益が見込めるジャンルと言えます。

アンティークは時間の経過が価格に影響しないため、急いで売り抜ける必要はありません。むしろ商品によっては時間が経つほど価値が上がるものもありますから、トレンドが過ぎても急いで価格を下げる必要もありません。

このように、アンティークの転売は利益率が高いということもメリットの一つです。

eBay輸入でのアンティーク転売は専門的な知識が無くてもできる

アンティーク転売というと、専門知識がなければ扱えないと思われがちです。もちろん専門知識があれば有利に働くこともありますが、アンティーク商品は身近にあるものも多いため、「見たことのある商品」や「自分でも扱えそう」と思える商品があるはずです。

国内のフリマサイトなどでもアンティーク商品は多く、eBayなら世界規模なのでさらに多くのアンティーク商品を見つけることができます。

eBay輸入でアンティークを扱う場合は過去の販売実績をチェックする

どのようなアンティーク商品が売れるかをリサーチするには、過去の販売実績から分析するのが良いでしょう。どのような商品が売れていて、どのくらいの価格で売れているのか、販売実績をいくつもチェックすることでアンティーク商品の相場や知識などが身につきます。

最初は自分が興味のある分野のアンティーク商品から探して、過去の販売実績をチェックしていきましょう。そして売れている商品を見つけたら、その商品が売れている理由を分析していきます。この年代の物は売れやすいとか、この作者は高く売れているのかなどが分かれば、売れる確率の高いアンティーク商品を探すことができるようになります。

売れている商品に関連する商品もチェックすることで、さらに視野が広がります。

世界のeBay

eBayはアメリカ発のオークションサイトですが、アメリカ以外の国にもあります。

各国のeBayサイト

各国のeBayサイトのURLは以下のとおりです。

参考:eBayアメリカ

参考:eBayイギリス

参考:eBayフランス

参考:eBayドイツ

参考:eBayイタリア

参考:eBayカナダ

参考:eBayオーストラリア

国ごとに商品分布が違う

同じeBayでも国ごとに扱っている商品の種類や数が異なります

もちろん、一番大きい市場はアメリカのeBayですが、eBay.comにない商品が他の国のeBayで売られていることも少なくありません。そのため、他国のeBayもリサーチしておくことをおすすめします。

世界中のeBayを一括検索する方法

ただ、1国ずつリサーチするのでは手間がかかってしまいます。そこでおすすめしたいのがEkkiyです。

参考:Ekkiy

Ekkiyでは世界中のeBayを一括検索できるため、目当ての商品がどの国のeBayで販売されているのかが一発で分かります。

eBay仕入れ基準

最後に、eBayで商品を仕入れる前に商品ページで確認すべきポイントを紹介します。

商品の状態

商品ページの「Condition」には商品の状態が表記されています。eBayのConditionにはカテゴリーにもよりますが主に4種類あります。

New(新品)
Used(中古品)
Refurbished(再生品)
Not Specified(指定なし)

もっとも、Conditionの評価の仕方はセラーによってまちまちです。セラーによっては開封済みであるにもかかわらず「New」と表記している場合もあるため注意が必要です。

出品者情報

商品ページ右側のSeller informationには出品者情報が記載されています。ユーザー名の後の数字は総合評価です。出品者に連絡を取りたい場合は「Contact seller」をクリックしてください。

送料と発送可能国

Price(価格)の下のShippingには送料が表示されています。

「See details(詳細を見る)」をクリックして、発送可能国に関する表示を確認しましょう。その中の「Ships to」は発送可能国に関する表示です。「Worldwide(全世界)」と書いてあれば問題ありませんが、たまに日本を発送除外国に設定している出品者もいるため注意してください。

eBay輸入で扱ってはいけない商品

eBay輸入で扱ってはいけない商品は大きく分けて以下の6つです。

  1. 目利きが必要な商品
  2. 大きすぎたり重すぎる商品
  3. 本物と証明できない商品
  4. 多くの出品者が扱っている商品
  5. 法令に抵触する商品
  6. 利用者が怪我をする可能性がある商品

目利きが必要な商品は偽物を摑まされる可能性があるため、初心者は手を出さない方が無難でしょう。大きすぎたり重すぎる商品は、送料が高くなり利益が減ってしまうことがあります。

売れるのに時間がかかる商品については、在庫を保管する必要がありますし、法令に抵触する商品や利用者が怪我をする可能性がある商品についても扱わない方がいいでしょう。

詳細については以下で解説します。

目利きが必要な商品

一部のアンティーク品など、目利きが必要な商品は初心者は扱わない方がいいでしょう。逆に目利きに自信があったり、汚れた物を綺麗にしたり、壊れたものを修理する技術がある人にはオススメの分野となります。

ただし目利きの必要な商品を扱う場合は、商品の状態によって価格が大きく変わるため、過去に取引きされた最高値で売れる、と思わない方がいいでしょう。修理をした後の商品の状態が価格に反映されるということを覚えておきましょう。

また新品だとしても有名ブランドの人気商品を扱う時は注意が必要です。有名ブランドの人気商品は生産数を制限しているなどの理由から、高値で取引きされているのですが、その分偽物も多く存在しているため気をつける必要があります。目利きに自信のない人は扱わない方がいいでしょう。

大きすぎたり重すぎる商品

タンスやベッドなどの大型家具などの大きすぎる商品は、送料が高くなるため扱わない方がいいでしょう。

組み立て式の家具など小さくまとめられる物以外は送料が高くなりがちで、物によっては10万円以上送料がかかることもあります。

そのため送料の予測がつかないような大きな商品を扱う場合は注意が必要です。

他にもダンベルなどの重さのある商品も送料が高くなるため注意が必要です。重い商品を扱っている人はコンテナなどを使って送料を安くする工夫をしています。

そのため初心者の方は、輸送手段が確立できるまでは手を出さない方がいいでしょう。

本物と証明できない商品

ブランド品などを扱う場合、本物と証明できない商品を扱わないようにしましょう。

証明書がついていたり、仕入れ先で出してもらったレシートなどを、画像にして商品ページに載せることができれば、信頼に繋がってすぐに売れますが、本物と証明できない場合にはなかなか売れない、ということになりかねません。

海外に行って直接仕入れる際は、必ずレシートなどを出してもらうようにしましょう。

購入者もなるべく失敗したくない、と考えているので、購入者が安心して買い物をできるように、本物であることを証明するように意識しましょう。

多くの出品者が扱っている商品

ひとつの商品に対して沢山の出品者がいる商品も避けた方がいいでしょう。出品者が沢山いる場合、価格競争が活発になり、利益が目減りする可能性があります。

また出品者が多いということは、悪質な出品者がいる割合も増えるということです。

悪質な出品者は自分の商品だけ売れるようにするために、他の出品者の商品を落札したのに代金を支払わない、などの営業妨害をしてくることがあります。

こういった悪質な出品者と競争することを避ける、という意味でも多くの出品者が扱っている商品は避けた方がいいでしょう。

法令に抵触する商品

動物や麻薬など、法令に抵触するものは意外と多く存在しています。また、食品を扱う時も「食品衛生責任者」や「食品衛生法に基づく営業許可」などさまざまな手続きを踏む必要があるため、初心者の人には少しハードルが高いと言えます。

また動物の革製品など倫理的に問題になる可能性がある商品も避けておいた方がいいでしょう。想定外の批判や妨害を受ける可能性があります。

麻薬などのようにそもそも扱うことが禁止されているものもあれば、食品や革製品などのように許可を得れば扱えるものもあります。

最終的にはメリットとデメリットを総合的に判断する必要がありますが、初心者の人は無理に手を出さなくてもいいでしょう。

購入者が怪我をする可能性がある商品

抱っこ紐などを始めとしたベビーグッズや、電動自転車など、利用者が怪我をする可能性がある商品は扱わない方がいいでしょう。

故障や不具合によって利用者が怪我をした場合、利用者が大変な思いをするのはもちろん、販売した側も良い気分にはならないからです。

他にも状態の悪い中古品なども、劣化による事故の可能性があるため扱わない方がいいでしょう。ただし状態の悪い商品を修理する技術がある人は扱ってもOKです。

扱っている人が少ない商品というのは、純粋に流通量が少ないからか、リスクがあって扱うのが難しい、などの理由があります。リスクを回避できる条件が整えば扱ってもいいのですが、初心者の方は無理に扱わない方がいいでしょう。

eBayには売れ筋商品がたくさんある

輸入転売はライバルが少ないため、商品によっては独占販売も可能です。特にeBayには売れ筋商品がたくさんありますので、ぜひご利用ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次