物販

Amazonビジネスに必須!無料で使えるリサーチツールのおすすめはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

副業でAmazon出品ビジネスを始める人が増えています。Amazonの出品ビジネスというのは、リサーチが最も大切な肝となります。リサーチにどれだけの手間をかけるかということで、成功するかどうかというのが今のと言っても過言ではありません。

しかし、最初は手動でコツコツとリサーチをしていても、徐々に時間が足りなくなってきます。そんな時はツールを導入することを検討しましょう。

Amazon出品ビジネスで使えるツールには、無料でもとても優れたものもたくさんあります。この記事では無料で使えるツールについてご紹介します。

Contents

Amazon出品で必須!商品のリサーチ方法とは?

ツールについて詳しいことを見て行く前に、まずはAmazonビジネスにはどのようなリサーチ方法があるのか見ていきましょう。リサーチというと難しいことをやるように思えてしまいますが、実はそれほど難しい事をやるわけではありません。主に2つのパターンのリサーチ方法を覚えましょう。

【Amazonビジネス必須リサーチ法】コツコツ手作業リサーチ

Amazon出品ビジネスのリサーチ法には、まずはコツコツと手動でリサーチしていく方法があります。 1つひとつリサーチしていくのは、手間ばかりかかるように思いますが、実はこれが一番利益を確実にあげることができる方法です。

また、手動リサーチが出来ないのに、ツールで自動化してもリサーチするべきコツを理解していないのにうまくいくわけはありません。

ツールでは見落としてしまうような狙い目の商品を見つけることもできます。実は誰も目を付けないような穴場を見つけるのには手動リサーチは最も最適な方法なのです。

【Amazonビジネス必須リサーチ法】ツールで自動化リサーチ

Amazonのリサーチ方法は手動の他にツールで自動化してしまう方法もあります。

商品の幅を一気に拡大させることができるので、こちらの方が購入される可能性は高くなりますが、同じようなツールを使っている人が同じような商品を見つける確率が高くなることも頭に入れておきましょう。

一気に網をかけて獲物を一網打尽にする底引き網漁のようなイメージで商品を見つけていきます。

手動リサーチでは確実に売れる商品を見つけてきますが、ツールで大量に見つけるということは、利益率が高い商品を見つけるために使います。

ツールを使うと最初から大量に出品することができるのですが、最初はどのよう商品が確実に売れるのかわからないこともあります。何度も繰り返すうちに、売れ筋商品をつかめるようになってきます。

手動とツールで自動化、どちらを選ぶべきか?

Amazon出品ビジネスを展開していくにあたり、手動リサーチとツールを使った自動化リサーチとどちらを使ったらいいのか悩む人も多いようです。

手動とツールはまとめると次のようなイメージになります。

手動は競合が少なくて、なおかつ売れる商品を探すためのリサーチです。

ツールを使ったリサーチは利益率が高い商品を数多く出品するためのリサーチ法です。

リサーチの目的が全く違ってくるのです。どちらがいいのかではなくて、本当に成功したいのであればどちらも行うべきです。

リサーチで調べるべきことは次の3つになります。
・売れ筋商品を見つける
・利益率の高い商品を見つける
・どんな商品なら売れるのか、市場調査を行う

手動とツールを適度に絡めることでこの3つを確実に探し出していくことができるのです。

参考:Amazonで販売する商品のリサーチ方法を徹底解説。Amazon販売で結果を出すにはリサーチが命!

Amazon出品ビジネスを展開する上でのリサーチ方法にはどんな種類があるのか!

リサーチの方法には手動でリサーチしていく方法と、ツールを使って自動化する方法がありました。

それでは、リサーチの種類というのはどのようなものがあるのでしょうか。 Amazon出品ビジネスを展開するためのリサーチの種類には次の3つがあります。

・キーワードリサーチ
・セラーIDリサーチ
・関連商品機能リサーチ

それぞれどの様なものなのか詳しく見ていきましょう。

【Amazon出品ビジネスのリサーチの種類】キーワードリサーチ

Amazon出品ビジネスのリサーチの種類の1つ目はキーワードリサーチです。

輸入商品を出品したい場合にはAmazonでまず「並行輸入」などのキーワードで検索をして、どのような輸入品があるのかを見つけることからリサーチを始めます。

並行輸入というのは、正規輸入品と全く同じ商品を、正規ルートとは全く別のルートで格安で販売することを言います。Amazonで輸入ビジネスを始める場合には、正規の代理店を獲得できる人は少ないので、並行輸入品から始めるのがいいでしょう。

そのためには、どのような商品が並行輸入品として販売されているのかを見つけるところからリサーチが始まります。

【Amazon出品ビジネスのリサーチの種類】セラーIDリサーチ

2つ目のリサーチの種類はセラーIDリサーチです。 キーワードリサーチで、自分が目的とする商品を見つけることができたら、その商品を出品している出品者の販売商品を見ていきましょう。

出品者の多くは同じような手法で販売するための商品を見つけてきています。並行輸入品を扱っている出品者であれば、輸入している商品のほとんどは並行輸入品となります。

ということは、並行輸入品は使いたいのであれば、並行輸入品を数多く売っているセラーの商品を調べていけば効率的にリサーチすることができます。

ただしセラーの中には価格設定が甘かったり、あえて高値放置をしているようなセラーもいるので、最安値やカート価格の調査もしっかりと行うことが大切です。

【Amazon出品ビジネスのリサーチの種類】関連商品リサーチ

最後にご紹介するAmazon出品のリサーチの種類は関連商品を調べていくことです。Amazonで商品を探していると、「よく一緒に購入されている商品」「この商品を買った人はこんな商品も買っています」「この商品を見た後に買っているのは」などといった商品が表示されます。

これはレコメンド機能といいます。関連する商品を自動的に表示することで、購買意欲をより高めたり、もっと良い商品があるのではないかと、探す手間を省いてくれる効果があります。

関連商品をたどっていくことで、思わぬお宝商品が見つかることもあります。FBAを利用していないのに滅茶苦茶売れている商品などが思わず見つかったりします。

メーカー商品であれば、違うシリーズや型をたどっていくことで、お宝が見つかっ
たりします。iPhoneXを検索することで、iPhone7でまだ売れている商品が見つかったり、MacbookやiPadの周辺機器が見つかったりするような感じです。

1つのお宝キーワードをつければ、発生している他の商品を見つけられるのがこちらのリサーチのメリットです。

無料で使えるおすすめツールはこちら!

Amazon出品のためのツールは本当にたくさんの種類があります。いったいどんなツールを使ったらいいのかわからない、という人も多いので、こちらでは特におすすめのツールをお伝えします。

こんなツールは選んではいけない!

まずは、Amazon出品を効率化するためのツールを選ぶときに、絶対に選んではいけないツールについてお伝えしましょう。こんなツールは購入するだけお金の無駄になってしまいます。

業界最速

Amazonの方ではツールの開発業者に対して、1時間あたりに取得していい商品情報の上限を決めています。どんなに早いツールでも1時間に3000件から4000件までしかAmazonから提供してもらえません。これを上回ることは理論上は可能ですが、コストばかりかかってペイできないはずです。

オリジナルを強調

オリジナルを謳いすぎているツールははずれが多いです。Amazon出品で必要になるリサーチの方法には限りがあります。特許でも取っていれば完全オリジナルなものを作れるでしょうが、機能は開発者にとっては簡単にまねできるものばかりです。皆が同じようなツールを開発する中で、どこで差別していくか、ということが大切になってきます。

完全自動化を謳っている

完全自動で利益が出せるのならば、公開せずに自社だけでひっそりと使って大儲けしているはずです。しかし、その会社はツールを売らないと儲けられない、ということはその会社はそのツールを使っては儲けていないのです。みんながそのツールを使って儲け始めたら、同じような商品を売るようになってしまい、価格破壊が起きるのは言うまでもありません。

利用人数を水増し

利用人数をやたら強調しているツールも気を付けましょう。水増しとはいっても嘘はついていません。無料体験だけをして購入しなかった人も含めているからです。でも購入に至らなかったのはなぜなのか、その理由を考えてみればそのツールの質がよくわかります。

おすすめの無料で使えるツール

それでは無料で使うことができるおすすめのツールをご紹介します。そのツールの名前はアマトピアです。

アマトピアでできることは次の6つになります。

商品リサーチ

利益計算や月間予想販売数も出してくれるリサーチツールはなかなかありません。

価格改定

最安値やカート価格など、細かい設定に合わせて自動的に価格を変動させてくれる機能です。

在庫追跡

自動で在庫の状況の変化を調べてくれます。自分だけではなくて、ライバルセラーの在庫も調べてくれるので、仕入れ個数を決めるのに便利です。

売上分析

Excelを使って自分で分析するためには、統計などの知識がないと難しいものです。こちらのツールではAmazonの需要予測などを分析してくれます。

顧客フォロー

カート獲得のためにはレビューの数なども重要になってきます。購入してくれたお客様に対して、レビューをお願いするフォローメールを自動で発送してくれます。

商品出品機能

セラーセントラル上で1つの1つ行わなくてはいけない、価格の変更や最低価格の設定、Amazonポイントの設定などがこのツール上ですべて可能です。

SEO対策機能

検索対策として重要になるキーワードの抽出を行ってくれます。

実はこのアマトピアは有料のツールなのですが、14日間だけどんな人でも無料で体験することができます。無料で使える間に、便利な機能を体感してみるのもいいですね!

Amazon出品のためのツールはいいものを!!

Amazon出品のためのツールはたくさん販売されています。しかし、どのツールも一長一短といった感じで、完全にセラーのやりたいことを代行してくれるツールはないのが実情です。

でもそんな中でせっかく選ぶのであれば、本当にいいものを選びたいものですよね!

参考:Amazon仕入れに使える便利ツール一覧!これで仕入作業を効率化!!

実はツールはいらない?それって本当なの!?

ツールを選ぶのならばいいものを、とは言っても、ツールなどはいらない、という人がいるのも事実です。Amazon出品に本当にツールは必要なのか、本当はいらないのか、ここでもう一度考えてみましょう。

ツールは本当に必要なのか?

リサーチツールを使えばお宝商品がザクザクと見つかる、そう思っている人も多いものですが、同じツールというのは、同じ条件で商品を探すことしかできません。

ということは、同じキーワードやジャンルを打ち込んでいる人の検索結果というのは、ほとんど同じものが表示されてしまうのです。

結果として、同じものを出品する人が増えて、価格破壊が起こってしまいます。

また本当に稼いでいる人は、自分の商品がツールでの検索のターゲットになっていることも想定した上での対策も行っています。ツールだけに依存していては稼げません。

初心者にとって必要なツールとは?

Amazon出品初心者にとって、本当に必要なツールというのはどのようなモノがあるのでしょうか?

初心者が相乗り出品で稼げるようになるためには、出品しやすいカテゴリーを見つけていくことが大切です。

参入しやすい商品カテゴリーを見つけて、競合する商品ページでの販売数などはツールで知りたいものです。またライバルセラーの在庫数も必要になります。

モノレートなどでランキングの推移から売れ筋を見極めて、在庫量を把握するツールで仕入れ数を決める、といったところがツール導入の手始めとしていいのでしょう。

Amazon出品とツールの関係性について

初心者にとってはツールは正直なところあまり必要ありません。リサーチはモノレートを使えばおおよそのところはできてしまいます。

価格改定ツールもありますが、セラーセントラルから使えるもので十分です。

ただ、商品レビューが欲しい場合には、顧客にメールを送るツールはあった方が便利です。

本当に使える無料ツールのおすすめ!

とはいえ、まったく初心者のうちから使えないツールばかり、というわけではありません。ということで、ここでは本当に無料で使える便利なツールをご紹介します。

【Amazon出品で本当に使えるツール】その価格OK?

最後にご紹介する無料で使えるAmazon出品に使えるツールにはその価格OK?があります。

その価格OK?へのページはこちら

どこから仕入れたらいいのか悩んでしまうものですが、楽天やYahoo!など他のサイトで最安値を調べることができる機能になります。

Amazonで輸入ビジネスをするのなら並行輸入品がねらい目!

Amazonでリサーチをしていると、並行輸入品という言葉をよく目にします。

輸入ビジネスをAmazonで展開するのであれば並行輸入もねらい目だといわれていますが、並行輸入とはいったいどういうものなのでしょうか?

並行輸入品と正規輸入品の違いとは!?

正規品と並行輸入品の違いとはいったいどういうものなのでしょうか?並行輸入品と正規品との間には違いはありません。どちらも同じ商品を売っています。

しかし、正規品というのはメーカーやブランドが正規代理店と認めた店舗だけが販売しているものになります。メーカーやブランドとしては、ブランドの価値や品質を保つために、変な販売店には売ってほしくないという思いを持っています。そのために、不当な値引きなどは一切しない、定価で売ってくれる正規の代理店を指名しています。

それに対して並行輸入品というのは、まったく同じものを正規のルート以外で手に入れて販売しています。偽物ではありませんがメーカーやブランドとは契約を交わしているわけではありません。契約に縛られていないので、自由に価格を決めることとができます。偽物と間違えられることもありますが、基本的に正規品と同じものが安い値段で買えます。

正規輸入品のメリットとデメリット

正規品のメリットというのは、メーカーやブランドが保証しているものなので、確実に本物で品質が保証されているものが手に入ります。また、時計などの場合には、購入後のメンテナンスやアフターケアもしてもらえます。

洋服などは正規品であっても、日本の代理店向けには日本人のサイズに合わせたものを卸してくれる、というメリットもあります。

デメリットとしては、これらのコストが上乗せされるために、商品の価格が高くなるという点があります。

並行輸入品のメリットとデメリット

並行輸入品のメリットとしては、同じ商品が安く手に入る、という点があります。また時計などは日本では販売されていないものが手に入ることもあり、レアものを手に入れることができることもあります。

デメリットとしては、偽物である可能性を排除できなかったり、メーカーやブランドの修理やサポート、品質保証を受けられない、という点があります。

参考:並行輸入品の仕入れのコツを全て解説!稼げる商品の見つけ方とは?

自分が使うべきツールをしっかりと厳選してビジネス拡大を!

この記事ではAmazon出品ビジネスで使える無料ツールについていろいろとみてきました。無料で使える便利なツールもたくさんあるので、自分にとって本当に必要なツールを見極めて使うようにしましょう。

また、ツールに頼るためには、自分自身のスキルも重要になります。ツールに振り回されないようにするために、自分自身のリサーチスキルもしっかりと磨いて、もっと儲かる商品を確実に自分の目で見つけられるようにしましょう!

世界11ヶ国のAmazonの情報を一括取得
自動で最新情報を取得できるAmazon輸出入リサーチツール「PRIMA」




物販ビジネスで稼ぐためには、価格差が取れる商品を見つけることが重要です。「PRIMA」を使用すれば、日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、オーストラリア、中国の世界11ヶ国のAmazonの商品情報を一括で取得できます。

輸入であれば日本のAmazonで高く売れる商品を仕入れるのに使うことができ、輸出であれば日本より海外で高く売れている商品を見つけることが可能です。

  • 世界11ヶ国の自己発送&FBA出品者の最安値
  • Amazonポイントを考慮した最安値の商品価格
  • カードボックスを獲得している出品者の商品価格
  • 商品名、メーカー名、ブランド名、サイズ、重量などの商品詳細取得
  • 新品だけでなく中古品の情報も入手可能
  • 毎日決まった時間に自動抽出の設定可能
  • リサーチだけでなくSKU単位での自動価格改定も可能
など、リサーチだけでなく価格改定にも使える、攻守の機能が揃っています。初回30日間は無料で利用可能ですので、Amazon輸出入ビジネスで売上が伸び悩んでいる、もっと利益を伸ばしたいという場合はぜひ試してみて下さい。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法