スキル

副業で起業するなら知っておくべき必須知識を一挙公開!

アクシグ編集部
アクシグ編集部
アクシグ編集部です。期間限定で利益率9割、累計6億円を超える売上を得た具体的な方法をご紹介しています。(証拠アリ)

クリックして”利益率9割のビジネス”を見る

多くの企業が副業を解禁していることも手伝って、副業をスタートする人が徐々に増えてきました。

しかしながら、「副業を始めようと思っても何から始めていいかわからない」「どんな影響やリスクがあるのか心配」といった理由から、なかなか始められないという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方のために、今回の記事では副業のメリットデ・メリット、副業にオススメの職種、そのはじめ方や注意点などをお伝えします。副業を始める際のガイドラインとして活用していただけたら幸いです。

副業のメリット5選

副業には様々なメリットがあります。ここでは、代表的なものを5つ紹介します。

副業を始めるか悩まれている方は、ぜひこの5つのメリットを確認した上で検討してみてください。

1. 収入源が増える

副業のメリットは、なんといっても収入源が増えることです。本業以外から収入を得ることで生活が安定しますし、収入額によっては生活のグレードを上げることも可能になります。

年功序列や終身雇用が崩壊した現在となっては、本業に精を出すよりも副業を始めたほうが手っ取り早く収入を増やせると言えるでしょう。

2. 自身の成長につながる機会を得られる

自身の成長につながる機会を得られることも、副業の大きなメリットです。

本業では磨かれないスキルを向上させることができますし、本業以外で人脈を作ることによって価値観を広げることも可能になります。そうやって成長していけば、本業においても今まで以上に活躍できるようになりますし、転職の際にも有利に働きます。

3. 経営者の視点が身につく

経営者の視点を得られることも、副業の魅力です。個人で副業するとなると、営業、案件獲得、事務や経理、資金繰り、クライアントからの入金確認など、経営にかかわる業務を全て自分で回さなければなりません。この手の業務は経営者目線に立って行う必要があるため、自然と経営者としての視点が身につくのです。

4. 安定した収入基盤を残しながらチャレンジができる

会社勤めという安定した収入基盤を残しながら起業にチャレンジできるのも、副業の大きなメリットです。

起業するためのアイデアがあったとしても、必ずしもうまくいくとは限りません。会社を辞めたのに新しく起こした事業がうまくいかなかったら収入源がなくなり、生活ができなくなってしまいます。会社を辞めるのは非常に大きなリスクを伴うものなのです。

その点、副業であれば会社から収入を得ながら起業のアイデアを試すことができます。ある程度軌道に乗ったところで会社を辞めるのであれば、それほどリスクも高くありません。

5. 起業資金を貯めることができる

起業願望がある人にとっては、起業するための準備資金を貯められるのも副業のメリットです。

本業で得る収入のみだと生活費等で使い切ってしまうことがほとんどなのでなかなかお金は貯まりませんが、副業から収入が入ればその分を起業資金に充てることができます。

開業するためには、事務所を借りるための保証金や家賃、商品の仕入代金など、様々な費用が必要になります。それらの費用を賄うための資金を集めるという点でも、副業は非常に有効な手段なのです。

ちなみに現在、期間限定で初期費用をかけずに、リスクなしで複数の収入源を得る方法を特別講義でお話しています。

アクシグ編集部
アクシグ編集部
あなたがもし"複業収入"を得たいのなら、下記より無料で受講してみてください。編集部が自信を持ってオススメします。

世の中の99%の人が知らない"収入を倍増させる方法"を無料公開中。


クリックして「6億円稼いだ男の特別講義」を受けてみる。

副業にまつわる2つのデメリット

副業には、メリットだけではなくデメリットもあります。副業を始めたまでは良かったものの、思わぬ落とし穴にはまってしまい、プライベートや仕事に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。

この章では、2つのデメリットを紹介しますので、しっかりと押さえておきましょう。

1. オーバーワークになる可能性がある

1つ目は、オーバーワークになる可能性があることです。副業を始めると、終業後や土日など、本業が休みの時間帯にも仕事をすることになるので、当然その分労働時間が増えることになります。

そして、副業には年休の取得義務や残業規定もないため、四六時中働き続けていても何も言われることはありません。そのため、働きすぎによって過労に陥ってしまう可能性が出てくるのです。

働くことも大事ですが、体を壊してしまっては元も子もありません。健康な生活を続けていくためにも、オーバーワークには注意が必要です。

2. 本業が疎かになる可能性がある

副業に熱を入れすぎて、本業が疎かになってしまう可能性もあります。

エネルギーを副業に注ぎ込みすぎると、本業を行うべき時間帯にエネルギーが残っていないなんてことが起こり得ます。特に、睡眠時間を削って副業を行う場合は要注意です。

本業が疎かにすると、副業を良しと思わない人から距離を置かれたり、人事考査に悪影響が出たりします。そのため、本業が疎かにならないよう、上手にバランスをとることが重要です。

副業に適した職種は?

ここでは副業に適した職種をいくつか紹介します。自分にもできそうと思えるものや、興味が持てるものから始めてみると良いでしょう。

【在宅業務が可能】デザイナー、プログラマー、ライター

デザイナー、プログラマー、ライターなどは、在宅での業務が可能であり、なおかつ需要が伸びていることから、副業に適した業種だと言えます。本業で既にスキルを身につけていれば、なおさら始めやすいでしょう。

クラウドソーシングサイトなどを使えば、営業活動に使う時間を最小限に抑えることができますし、受注する案件数をコントロールすることもできるので、比較的簡単に本業と両立させることができるでしょう。

【本業経験がそのまま活きる】カウンセリング、コーチング

カウンセリング、コーチング、コンサルティングといった業種を本業として行っている人は、経験をそのまま活かして副業を始めることが可能です。本業でスキルが身についていれば、最初から高単価の案件が獲得できるのも大きな魅力です。

また、カウンセリング等であれば、会社員をやりながら資格が取れるのも魅力的です。

ブログで収益を得る

副業で収入を得たいのであれば、ブログも一つの選択肢です。副業でブログを始め、盤石な収入の基盤を築いてから独立した人も数多く存在します。

ブログでは、そのコンテンツに価値を感じてくれる人が読者となり、一種のコミュニティのようなものが出来上がっていきます。そして、それが集客の役割を果たしてくれるのです。集客さえできてしまえば、そこからマネタイズするのは比較的容易です。ECサイトを立ち上げる、アフィリエイトとして商品を紹介する、サブスクリプションのサービスを提供するなど、可能性は無限大です。

ただし、お金を稼げるようになるまでに時間と手間がかかる点には注意が必要です。多くの人に自分のブログを認知してもらい、なおかつ継続的にアクセスを集めるためには、SEOやSNS集客などのマーケティング対策を打つ必要がありますし、コンテンツ自体も価値の高いものを投稿し続けなければなりません。そのため、ある程度根気がないと、収益が入る前に挫折してしまう危険もあります。

以上より、ブログは、習慣化が得意で、なおかつ一つのことを長く続けられる人にオススメの副業と言えます。

自分の作品を販売する

趣味で絵を描いたり写真を撮ったりしている方であれば、自分の作品をネットショップで販売してみるのも良い副業になります。音楽の素養がある方なら、自作の曲をダウンロード販売するのもオススメです。

自らの芸術的センスによって人の心を満たしつつ収入にもなるのですから、副業としては理想的な業種だと言えるでしょう。

2つの起業形態

会社員として起業する場合は、法人として起業するか個人として起業するかを選択できます。

どちらにもメリット・デメリットがあるため、両者をしっかりと理解した上で自身に適したほうを選択する必要があります。

1. 法人を設立する

まずは、法人を設立して起業する場合です。法人となれば、高い社会的信用を得られるだけでなく、優秀な人材も集まりやすくなるので、大きな事業を起こしたい方に向いています。

ただ、手続きが煩雑であることや開業に大きな資金が必要となる点には注意が必要です。開業までに数週間、場合によっては数ヶ月を要することもありますし、開業資金として数十万円を見込む必要もあるので、それなりの忍耐と覚悟が必要となってきます。

2. 個人事業主として活動する

2つ目は、個人事業主として起業する方法です。副業の場合、ほとんどの方がこちらを選択されるのではないかと思います。

必要な手続きは開業届を出すだけですし、開業資金も不要なので、今すぐにでも始めることができます。

ただし、法人と比べると社会的信用が低い点には注意が必要です。

個人事業主と法人、どちらの形態で起業するかを決める際の5つの基準

法人設立と個人事業主という二通りの起業方法を紹介しましたが、「どちらを選ぶべきかよく分からない」という方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、いずれを選択すべきかを考える際の5つのポイントを解説していきます。このポイントをしっかり押さえて、自分にとって望ましい起業方法を選択しましょう。

1. 事業資金の必要性

1つ目の基準は、必要となる事業資金の額です。結論から言うと、将来それなりの事業資金が必要になりそうな場合は法人、そうでない場合は個人事業主を選択しておけばOKです。

事業規模を拡大するには、多くの資金が必要となるものです。そして、一定以上の規模になると、金融機関から借り入れたり出資者を募ったりする必要が生じてきます。そうなった場合、社会的信用の高い法人の方が資金を調達しやすいのです。

2. あなた以外の人材の必要性の有無

2つ目の基準は、あなた以外の人材の必要性の有無です。つまり、あなたが事業を行うにあたって他人の助けを必要とするかということです。

選び方としては、人材が必要なら法人、不要なら個人事業主、ということになります。法人の方が人材の募集が容易なため、他人の助けを要する事業を行う予定なのであれば、法人形態で起業したほうが良いでしょう。

3. 信用の必要性

他者と共同事業を行うのであれば、法人の方が有利です。法人の方が社会的信用が高いこともあって、ビジネスパートナーや取引相手になってもらいやすいからです。

また、事業内容によっては、法人であることが要件となっているものもあります。

4. 税務対策

法人と個人事業主では、税金の面でも違いが出てきます。一定以上の利益を出している場合、法人化している方が税金面で有利になるので、副業開始当初からある程度の収入が見込める場合は、最初から法人化しておくほうが節税になります。

具体的には、課税所得金額が500万円以上であれば、法人化を検討したほうが良いと言われています。

5. 将来の展望

将来的に事業を拡大する意図がある場合は、法人を設立したほうが実現の可能性も高くなります。法人の方が社会的信用が高く、資金を獲得しやすいからというだけでなく、開業に困難を伴う分だけコミットメントが働き、モチベーションが維持しやすくなるからといのもその理由です。

会社員が副業するときの4つの注意点

最後に、副業をする上での注意点を4つ紹介します。ここで紹介するポイントを疎かにすると、思わぬトラブルを招きかねません。しっかりと押さえておきましょう。

1. 副業が認められているか

副業を始めるにあたっては、会社の就業規則内の副業に関する規定を必ず確認しておきましょう。副業を容認する企業が増えてはいるものの、禁止しているところも存在しているためです。

企業によっては届け出が必要な場合もあります。しっかりとルールを確認し、心おきなく副業を行えるようにしておきましょう。

2. 本業に影響が出ないようにする

副業のデメリットの箇所でもお伝えしましたが、本業が疎かになっては本末転倒です。

また、就業規則上は副業が認められていても、会社の風土的に副業に従事しづらい場合もあります。そのような場合には、副業をしていることが同僚に知られないようにすることも必要になってきます。

いずれにしても、本業に支障をきたさないよう、各方面に気を遣う必要があります。

3. 独立するときは後腐れの無いようにする

副業で成果が出たことから、いざ独立しようとなった場合は、円満に退社できるよう配慮することも大切です。独立の仕方やタイミングを誤った結果、会社の人間とトラブルになっては社会的な信用を落としてしまうからです。

特に気をつけなければならないのが、業務の引き継ぎです。業務の引き継ぎを行うことなく会社を辞めてしまったら、残された人たちは後始末に追われることになってしまいます。そのため、独立すると決めた時は、なるべく早めに上司に伝え、しっかりと後任に引き継ぐようにしましょう。

本来はいつ独立しようと本人の自由なはずですが、なるべく周りの人に迷惑をかけないよう気遣う姿勢は大事です。特にSNSが発達した現代においては、どこから悪評が広がるかわかりませんので、後始末は丁寧に行いましょう。

4. 税金について理解しておく

副業を行うにあたっては、税金についても理解しておかなければなりません。副業の収入額によっては確定申告が必要になるからです。具体的には、副業で得た収入が20万円を超えると、確定申告が必要になってきます。

また、市区町村から会社に通知される住民税額が給与から天引きされている住民税額より大幅に多い場合は、副業が会社に露見することになるので注意が必要です。

副業はリスクヘッジ

今回の記事では副業のメリット・デメリット、そのはじめ方や注意点などをお伝えしてきました。

終身雇用や年功序列が崩壊した現在、一つの会社で働き続けることは難しくなっており、安定した収入を得るためには個人の市場価値を高めていくことが非常に重要になっています。

そして、昨今の新型コロナウイルスの影響でその傾向はより一層強まりました。

今の会社で安定した収入を得られているうちに副業を始めて収入源を増やしておけば、仮に会社の風向きが怪しくなり本業の収入がなくなったとしても、副業の収入で生き残ることができるでしょう。そういう意味で、副業はリスクヘッジと言えるのです。

安定した収入によって余裕のある人生を送るためにも、ぜひ副業をスタートしてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】複業の教科書

複数の収入源を持ち、人に感謝されながら利益を倍増させる唯一の方法

  • 個人でも売上6億円、利益率90%以上の驚異的ビジネスの成功事例
  • 物販の利益を○○○○に活用してレバレッジを掛ける秘密の方法
  • 毎月100万円以上、安定した複数の収入源を持つ具体的な手順
  • 資金ゼロでも始められる、驚きの新手法法
  • 物販を低リスクかつ高収益体質に変えるアドバイスは

など、アクシグ編集部が総力をあげて作り上げたコンテンツをお届けいたします。。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。