物販

知らないと損をする!「仕入れの意味」や「関連する専門用語」をマスターしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いざ仕入れをしようとネットリサーチしてから気づく「仕入専門用語」。仕入れに関する専門用語は多くありませんが、理解していないと仕入れそのものに影響することもある重要なポイントです。

一度覚えれば、仕事もスムーズになるはずです。仕入れに関する用語や必ずと言っていいほど出てくる「掛け率」について解説していきましょう。

【期間限定無料公開】ノーリスクで時給1万円の国内転売ノウハウ



物販ビジネスでは、利益率が高ければ販売する商品点数が少なくて済みます。

これから副業でネットビジネスを始めたいというのであれば、ただ漫然と稼げそうな方法に 手を出すのではなく、副業の少ない時間でも稼げる利益率の高いビジネスを始めるべきです。

そこでおすすめしたいのが国内転売です。

国内転売というとネットビジネスの中では今や珍しい方法ではありませんので今更と思うかもしれません。確かに、普通の国内転売であれば利益率は10%程度が当たり前です。しかし、今回ご紹介する国内転売のノウハウは利益率40%とかなり高めで、無在庫販売かつ発送作業が不要です。

在庫を持つリスクがない上に、商品が売れても自分で発送をする必要がなくて利益率40%。発送作業がなければ場所に縛られることがありませんので、パソコン1台あればどこからでも稼ぐことができます。

そんなあり得ない稼ぎ方について、ノウハウ構築者本人が全貌を曝け出している映像を無料で公開します。

期間限定の公開なので、見逃さないよう早めに登録することをおすすめします!

>>> 【3月25日24時まで】副業でも1日1時間の作業で月収30万円稼げる無在庫国内転売の秘密を知るにはこちらをクリック

そもそも「仕入れ」とは

仕入れ」とひと言で表現していますが、辞書によっては奥の深い解釈をしている場合もあります。改めて仕入れとは何かを解説します。

【仕入れの意味①】goo辞書の見解は?

基本的に、販売目的で商品を買い入れたり、加工目的で原料を買い入れたりすることを言います。その他「情報を仕入れる」など、何かに役立てる目的で情報、知識や技術などを取得することも言うようです。

【仕入れの意味②】コトバンクの見解は?

コトバンクの見解もgoo辞書とあまり大差はありません。一般的には販売するための商品や原料の調達を表現するという見解ですが、情報を仕入れるなどのほか「仕込む」「訓練する」などの表現にも使うと解釈しています。

【仕入れの意味】③weblio辞書の見解

Weblio辞書の「仕入れ」の意味の見解は、実に奥が深いです。そして「小売業者や卸売業者が、再販売を目的として商品を購入すること」という私たちがこれからしようとしている、もしくは始めているネットビジネスに当てはまる表現をしています。

さらに、消費者を詳細に分析しながら商品を選定することなど、仕入れに対して重要な心構えまで解説してくれているのです。「思い付きではいけない。分析して適量仕入れることが大事」という言葉は胸に刺さりませんか?いかに仕入れが成功のカギを握っているのかが分かります。

【仕入れの専門用語】価格や注文について3つ

仕入れ専門用語で聞きなれないもの3つをご紹介しましょう。一般ではなかなか聞かない表現ですので、必ず覚えるようにしてください。

①上代(じょうだい)とは

上代とは、ズバリ「定価」のことで、よく出てくる「メーカー希望小売価格」のことでもあります。「定価」と言えば早いのですが「上代」なんて知っている素人はほとんどいませんから、取り引きの際「上代」という言葉を使うだけで初心者感はぬぐえます。

取引相手に足元を見られないように、取引相手として不安だと思われないように、この言葉を使用するようにしてください。

②下代(げだい)とは

上代が小売店での販売価格なのに対し、下代は小売店や問屋が商品などを仕入れる時の卸値に使われる言葉です。

上代→定価
下代→卸値

難しくは考えなくても大丈夫です。ただ意味を逆に取り違えないように、しっかり覚えてください。

③注残(ちゅうざん)とは

通常、例えば100個発注すれば、取引先が100個受注します。しかし在庫切れや不良品などを理由に90個のみ納品されたとしたら、残りの10個は注文残となり、これを「注残」と呼ぶのです。後日納品分として注残処理をするのですね。

【仕入れの専門用語】発注や支払いについて

仕入れの発注や支払いにも専門用語が存在します。こちらも頻繁に出る用語なので覚えておきましょう。

発注単位(はっちゅうたんい)とは

仕入れる場合、1つからの単品仕入れが出来るところも増えてきましたが、まだほとんどは「発注単位」というものが存在します。発注単位とは、仕入れの最低単位のことを言います。例えば20個入りのものが1箱あったとします。発注単位が最低3箱からとなると、20×3=60個が実際に納入する最低の発注入数となります。

元払い(もとばらい)

元払いとは、発送する立場の人が送料を負担する場合のことを呼んでいます。通常、品物を送付する際、発送する人が送料を支払います。ですから一般ではわざわざ「元払い」なんて表現しません。しかし仕入れなどの取引に際して「元払い」かどうかは非常に重要です。

①商品元払い→発送する側(販売した人)が送料を負担
②商品着払い→購入した側(仕入れた人)が送料を負担

仕入れる際に送料をどちらが負担するかということは、非常に重要な部分ですね。多くは「50,000円以上なら送料無料」「それ以下なら送料〇円」などの条件をつけています。多く仕入れた方が割引の可能性がある上、送料まで無料になるのですから、仕入れ量は適切に判断しなければならないのですね。

③赤伝(あかでん)とは

赤伝とは、すでに処理している伝票の取り消しを行うために発行する伝票を呼び、通常は赤字で記載を行うことから、このように表現されているようです。

・黒伝…通常の仕入れや売り上げに使用される伝票で、敢えてこの呼び方はあまりしない
・赤伝…黒伝で処理されたものを取り消す伝票

というわけですね。返品があった場合に使われることが多く、事務処理が誤っていた場合にも使用されます。黒伝は通常の取り引きに使われるのに対し、赤伝は何か事務処理上問題があった場合に使用するものです。

【仕入れの専門用語】企業間の取引について

次は、知っているようで詳しく知らない3つの専門用語について掘り下げていきます。

①発注書(はっちゅうしょ)とは

発注書と注文書、何か違うのだろうか?そう思ったことはありませんか。

注文書…すでに形のある品物を注文(例えば木材)
発注書…加工や作業を伴う取引を注文(例えば木材を机に加工)

厳密に言うとこのように分かれているようですが、一般的には区別されることは少なく、多くは「発注書」として使用するようです。FAXで注文を受け付ける企業であれば、もちろん発注書をFAXするのですが、メールで注文する際も、発注書として添付し送信することがほとんどのようです。

②口座(こうざ)とは

「口座なんて、誰でも知っている。銀行口座でしょう?」と思っていると、仕入れの世界では完全に素人扱いされてしまいます。ここで言う口座は、銀行口座ではありません。企業間の取引である「取引口座」を指します。相手のリストに載るというイメージですね。

大企業が中小企業、さらには個人事業主と取り引きする際、取引対象として適切か審査します。そして審査が通れば、取引先として登録されるのです。それが取引口座なのですね。

③掛け(かけ)とは

私たちの普段の買い物は、商品をその都度現金を支払って購入することがほとんどです。掛けとは、現金で売買するのではなく、決まった日など後日清算する方法を呼びます。

・売る側→「掛け売り」
・買う側→「掛け買い」

このように表現されることが多いです。企業間の取引は、その都度現金支払いをする方が珍しく、決まった支払日に清算するため、必然的に掛けの状態になるのです。

【仕入れの専門用語】その他

仕入れの仕方にも専門用語があります。次の3つをご紹介します。

①買い取り(買い取り)とは

仕入れ方法には大きく分けて3つありますが、ほとんどの仕入れ方法が「買い取り」であり、仕入先から買い取るので、こう呼ばれています。

①買い取り…仕入れ先から買い取る方式で返品できないので在庫リスクがある。
②委託販売…店舗に商品を置く代わりに売れた分の販売手数料をもらえるので在庫リスクはない。
③消化仕入れ…委託販売のように店舗に納品された時点で仕入れ処理を行うのではなく、あくまで商品所有はメーカー側、消費者の手に渡ってから処理を行う。

②客注(きゃくちゅう)とは

客注と注文とどう違うのかなと思いますね。

・注文…購入者が決定していない仕入れ
・客注…お客様からの注文があり、購入者が決定している注文

客注はお客様から直接いただいた注文であり、必ず売れることになる商品です。仕入れ先に連絡する時は「客注」と伝えれば、優先して出荷してくれることもあります。

③取引(とりひき)とは

取引そのものの意味としては「商人と客との間の商業、または売買のこと」です。

・「仕入れをしたい」→「お取引させていただきたい」
・「契約出来た」→「取引が決まった」

など、取引という言葉で表現することがほとんどです。

【絶対必須!】掛け率について解説します

仕入れで「掛け率」は必ず出てくる言葉でもあります。掛け率は利益に直結しており、非常に重要です。意味と計算方法をしっかり身につけておきたいですね。詳しく解説していきましょう。

掛け率の意味とは

掛け率とは、小売予定価格である定価に対する卸値の割合を言いますが、小売店から見た「仕入原価率」と同じものです。もっと簡単に表現するなら、定価に対して何%の価格で仕入れが出来るかを表すものです。

・過去の取引実績により変動することもある。
・取引先で掛け率に差があることがある。
・購入する量でも変動することがある。

掛け率はどんな顧客でも同じとは限らないのですね。

掛け率の計算方法をマスターしよう

仕入れる時に、メーカーや問屋から掛け率を提示されることがありますが、これを理解していないといくらで購入できるのかも分からず困ってしまいます。取引先との話の中で、掛け率を知らないというのは問題ですね。

・「7掛けで」と言われたら→小売予定価格1,000円×0.7=700円
・「掛け率70で」と言われたら→小売予定価格1,000円×70%=700円

1,000円で消費者が購入したとしたら、300円の利益であり、そこから経費を差し引いたものが純利益となるわけです。計算方法は超簡単なものですが、間違いのないようにしっかり覚えておきたいですね。

掛け率に相場はあるの?

掛け率は、ある業界によって、ある程度の相場と言うものが存在します。

・アパレル系…5~6掛け
・食品業界…7掛け

しかしこれは絶対ではなく、需要と供給のバランスで変動したり、仕入れの時期、仕入れの量などでも変わるので、一概には言えません。しかし取引の年数、販売実績、さらには担当者同士の話し合い(仲の良さや相性含む)でも掛け率は変わります。いかに営業力があるかどうかが試されるのですね。

仕入れの意味や関連する用語を駆使しよう

仕入れに関する専門用語など、簡単な用語もありましたが、奥が深いものですね。しかし知っているのと知らないのとでは全く違います。仕入れはネットビジネスにおいても非常に重要ですから、専門用語で困らないように、しっかり理解しておいてくださいね。

【お知らせ】1年以内にサラリーマンの月収を超えて独立する方法を無料でお教えします!



今や副業でもサラリーマンの月収程度の稼ぎなら当たり前、大きく稼いでいる人は個人でも年収1000万円以上という方もたくさんいます。

「そんな風に稼ぐことができるのはセンスのある人たちだけでしょ…」とあなたは思ったかも知れませんが、それは違います。

ビジネスで成功するために必要なのは、才能やセンスなどではありません。正しいやり方を知り、その通りにしっかりと実践をすれば自ずと稼げるようになります。

もしあなたが、

  • 本業の給料以外にも収入の柱が欲しい
  • どれだけ頑張っても思うように上がらない年収に嫌気がさしている
  • お金がないせいで常に心に余裕がなく、どこか暗い毎日を一変させたい
  • 自分の力だけで稼げるようになって、人や場所に縛られない生活をしたい
  • 仕事のストレスから解放されて、自由な暮らしを送れるようになりたい
  • 借金やローンを返済して余裕のある生活ができるようになりたい
  • 経済的余裕がなく、奥さんや子どもに我慢をさせるような生活をどうにかしたい

  • こんな風に思っているなら、以下の情報を必ずご確認下さい。

    10年以上にわたってネット物販ビジネスの成功者を輩出し続けてきたノウハウを無料でお教えします。

    >>> ネット物販で年収1000万円以上を稼いでエグゼクティブになる方法はこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る