物販

個人でも代行業者を利用しても可能!タオバオで格安商品を仕入れる方法!

この記事では、淘宝網(タオバオワン)などのサイトを使って、中国から製品を輸入する方法について解説します。淘宝網(タオバオワン)は、淘宝やタオバオと略して表記されることも多い、中国の大手ECサイトです。

タオバオで扱われている商品は、格安のものが多いので、ここで仕入れた商品を日本で適切な価格で販売すれば、それだけで利益になります。この記事を参考に、タオバオを仕入先の一つとして活用できるようになってください。

Contents

淘宝網(タオバオワン)で商品を購入する方法

淘宝網(タオバオワン)のような中国のサイトで商品を購入する際には、購入手続を代行してくれる業者を使うこともできますが、自分でも行えます。手軽に購入するには、代行業者を使うのも悪くありませんが、自分で直接購入すれば、代行業者に支払う手数料を節約できます。

淘宝網(タオバオワン)とはどんなサイト?

淘宝網(タオバオワン)は、阿里巴巴集団(アリババグループ)が運営するECサイトの一つで、世界的にも最大規模のものです。もともとは、CtoC(Consumer to Consumer:消費者間取引)を中心としたサイトで、日本のメルカリのようなサイトでしたが、現在ではBtoC(Business to Consumer:企業と消費者の取引)が増えています。

参考:淘宝網(タオバオワン)

扱われている商品が非常に豊富で、個人商店の出品も多いため、あまり質の良くない出品者が紛れ込んでいることがあるのが欠点ですが、商品価格が安いのが魅力です。

淘宝網(タオバオワン)で商品ページを開くと、淘宝網のマークだけしか表示されないページと、黒猫をデザインしたマークが表示されるページがあります。

淘宝網のマークだけしかない場合は、出品者は個人商店などである可能性があります。確実な取引がしたい場合は、避けた方が無難です。

一方、猫のマークがあるのは、TMALL天猫に出店しているショップです。TMALL天猫には、認定を受けた有名ブランドの直営ショップなどが出店しているので、こちらの方が信頼性が高いショップとなります。

ある程度のリスクは覚悟する

先ほどもふれましたが、淘宝網(タオバオワン)に出店しているショップには、あまり質の良くないものも紛れ込んでいます。また、商品未着などのトラブルがあった際には、基本的に中国語でやり取りをすることになるので、交渉が難しいというリスクもあります。

最近では、タオバオのショップのレベルは全体的に上がってきていて、以前ほど心配する必要はなくなってきていますが、それでも日本国内のECサイトを使う場合よりは危険度は高くなります。慎重に取引をすることで、ある程度リスクは下げられますが、多少のリスクは覚悟するつもりがないと、タオバオを使って商品を仕入れることはできないと言っていいでしょう。

支払にはクレジットカードが利用可能

淘宝網(タオバオワン)で商品を購入する際には、決済手段としてクレジットカードが使えます。VISA、Mastercard、JCBの国際ブランドのカードが使えるので、決済手段には不自由しないでしょう。

送料などの確認はチャットで

淘宝網(タオバオワン)では、ショップとの連絡は主にチャットで行われています。「阿里旺旺(アーリーワンワン)」というチャットツールがあるので、これを使います。

送料の場合、出品者によっては、そもそも送料がよく分からなかったり、購入時に表示されていた送料からの変更を要求されたりすることがあります。こういった場合は、チャットで問い合わせをすることになります。

もっとも、チャットで中国語のやり取りをするのは難しい人が多いはずです。簡単な質問については翻訳ソフトなどを利用して先に準備しておくといいでしょう。

例えば、「能到日本送商品吗?」(日本まで商品を送ってもらえますか?)や、「到日本的邮费要多少钱?」(日本までの送料はいくらですか?)といったものです。不慣れな中国語でやり取りをすることになるので手間取ることもあるでしょうが、ここで誠実に根気強く相手をしてくれるかどうかで、信用できるショップか見極めることもできます。チャットでやり取りをしている段階で日本に商品を送るのを嫌がるような相手なら、他のショップを探したほうが後々のためにもいいでしょう。

淘宝網(タオバオワン)で商品を購入する手順

ここで、実際に淘宝網(タオバオワン)で商品を購入する際の手順についてご説明します。

トップ画面から始めます。目当ての商品が決まっている場合は、検索窓にキーワードを入れて検索をすることができます。特に商品が決まっておらず、幅広く探したい場合は、カテゴリーから探してみるのもいいでしょう。

検索窓は、中国でも英語で通用する単語や、英語のブランド名などは英語で入力して検索できるので便利です(例:「usb cable」など)。

既に指摘している通り、TMALL天猫のマークがある商品の方が安心して購入できます。リンク先がTMALL天猫になっています。

なお、洋服や靴といった商品の場合は、商品のサイズや色などを選択する画面が表示されます。

タオバオにログインしていない場合は、ログインを促す画面が表示されます。検索をした場合やカテゴリーを選択した際に、以下のような画面が表示されているはずです。

まだ会員登録をしていない人は、「免費注冊」をクリックしてください。無料会員登録の意味です。クリックすると注意事項が表示されます。規約などへのリンクも表示されますが、当然中国語です。「同意协议」を選ぶと先に進みます。

携帯電話の番号を入力して、その下のバーをスライドさせると、「下一歩」(次に進む)が選べるようになります。

登録した携帯電話にショートメールで認証番号が届きます。認証番号を入力して「確認」をクリックしてください。

パスワード、メールアドレス、ログインIDを入力します。「提交」で会員登録は終了です。

購入方法は、基本的に日本のネットショップと同じです。商品ページで「加入购物车」(カートに入れる)をクリックします。

最初の購入時には、配送先の住所の入力が必要になります。

カード情報の入力も必要です。

淘宝網(タオバオワン)で直接購入する際のリスク

上で説明したやり方で、淘宝網(タオバオワン)で直接商品を購入して、日本に直接配送してもらうことも不可能ではありません。ただ、この場合、相応のリスクを負うことになります。

そのリスクを避けるためにも代行業者を使う人が多いです。ここでは、タオバオで直接購入する際のリスクについて解説します。

配送の不確実性が高い

淘宝網(タオバオワン)には、4PX EXPRESSという公式に認定された国際配送業者があります。タオバオで購入した商品は、基本的に4PX EXPRESSの物流倉庫に集められて、そこから日本に発送されるという流れになっています。

この4PX EXPRESSでは、禁制品(輸送禁止品)というものを定めているのですが、問題は、これの内容がはっきりしないことです。

禁止品のリストはあるのですが、それに載っていないものでも配送できないとされるケースがあります。過去の例ではアニメのキャラクターグッズなどが配送不可になっています。

禁制品と判断されたら、どうなるのか

禁制品と判断された場合には、日本に配送されません。購入したショップに返送をしてもらえば返金対象になりますが、中国国内の電話番号が必要になったりして、手続が簡単ではありません。

倉庫で処分してもらうこともできますが、この場合は、商品代金は返ってこないことになります。結果的に泣き寝入りすることになるケースが多いです。

トラブルを避けるには代行業者を利用する

こういったトラブルを避けるためには、淘宝網(タオバオワン)での商品購入や、日本への発送を代行してくれる代行業者を使うという方法があります。代行業者を使った場合、手数料が発生するので、コストは余計にかかることになりますが、配送関係のトラブルにあうことは避けられます。安全に取引をしたいなら、代行業者を利用することをオススメします。

代行業者を使うメリットと注意点

先ほども書いたように、淘宝網(タオバオワン)のような中国のECサイトから商品を購入する際には、代行業者を利用するとスムーズです。代行業者を使う大きなメリットが言葉の問題です。

中国は日本と同じ漢字文化圏なので、意味の分かる単語もありますが、正確な文意を読み取ることは不可能です。商品を探して購入するまでも面倒ですし、もしトラブルがあれば、その対処はさらに難しくなります。

この点、代行業者は日本の購入者向けに日本語のサイトを解説し、質問にも日本語で答えてくれます。この点だけを取っても代行業者は非常に便利なのです。

日本語で利用できる淘宝網(タオバオワン)の商品を購入できるサイト

淘宝網(タオバオワン)の商品を日本語で購入することができる代行業者のサイトとしては、以下のようなものがあります。いずれもタオバオ代行では有名な業者です。まずはこれらの業者を候補として考えればいいでしょう。

参考:イーウーパスポート

参考:タオバオ新幹線

参考:チャイナマート

参考:タオバオ便

タオバオだけでなく、TMAAL天猫やAlibaba.comといった他の中国のサイトにも対応している場合が多いので、便利です。

特にお勧めの代行業者はイーウーパスポート

中国輸入には輸入代行業者の利用が欠かせません。初心者でも安心して使えるのはイーウーパスポートです。

会員専用画面から注文フォームに入力して、発送を依頼するだけです。管理画面は100%日本語表記ですし、現地スタッフとのやりとりも日本語で大丈夫です。

イーウーパスポート【ゴールド会員】は完全定額制で仕入れ放題です。
また現役セラーから輸入ビジネスについて学ぶ機会も頻繁に用意されています。

淘宝網(タオバオワン)の出店者の質は様々

この点は、この記事でも何度か指摘しましたが、淘宝網(タオバオワン)には色々な人が出店しています。そもそもタオバオは、モール型ECサイトと呼ばれるもので、多くの商店が集まった市場のようなものです。

日本でいうなら楽天市場がモール型ですが、楽天市場よりも混沌とした印象です。色々なショップがあり、その中には海外へ商品を販売した経験がないところもあります。

日本のショッピングサイトで商品を購入するときに、「商品がちゃんと届くか」はあまり心配しませんが、タオバオの場合は、不安が付きまといます。商品の中身については代行業者も保証してはくれませんが、少なくとも配送に関しては代行業者を使うことで悩む必要はほぼなくなります。

素人には手を出しにくい面も

淘宝網(タオバオワン)の出品者には様々な人がいるとは何度も書いていますが、その中には商品を製造販売している工場のようなところも混ざっています。本来は、直接消費者とやり取りをするような企業ではなく、企業間の取引であることが前提の売買を行っている企業です。

こういったところは、プロの仕入業者を相手とした商売を前提にしているので、一般の消費者にとっては不親切と感じられるような対応をされることがあります。こういった出品者とは、タオバオでの購入に慣れてから取引をするようにしましょう。

相手にもリスクがあることを理解しよう

淘宝網(タオバオワン)を利用する場合のリスクのことを書いてきましたが、自分は相手にとっては外国人の注文者で、相手にも相当のリスクがあることも理解しておきましょう。自分が商品を販売する立場にたった場合を考えれば、海外からの注文に応じて商品を発送したりすることには手間もかかりますし、不安もあることは理解できるでしょう。

タオバオで直接注文した場合でも、代行業者を使った場合でも、販売業者や代行業者から確認のメールが入ったりすることがありますが、これらには可能な限り誠実に返答するように心がけてください。海外取引では、相手に信用される、相手の不安を解消することも大切です。メールが来ているのに放置したりするのは、後のトラブルの元ですから、絶対にやめましょう。

代行業者を使うメリット・デメリット

ここまでに指摘していない代行業者を使った場合のメリット・デメリットを書いておきます。まず、メリットとしては配送料が安くなります。業者によっても変わりますが、個人で注文して直接送ってもらうよりも割安の場合が多いです。

また、料金プランにもよりますが、商品の検品もしてくれます。日本に送られてきてから検品をして、不良品などの返品処理をするのは何かと面倒なので、検品作業を現地で行ってくれるのは大きなメリットです。

一方デメリットとしては、検品をしてくれるとはいっても、基本的に外見などの簡単な検査だけです。専門的な検品は基本的にやってもらえませんし、検品済みの商品に不具合があっても保証してくれたりはしません。詳細な検品を行ってくれる業者もありますが、この場合は、別途オプション料金が発生します。

また、中国の商品には、偽物の問題がつき物ですが、仮に商品が偽物だったりした場合でも、代行業者は責任を取ってはくれません。代行業者は便利な存在ですが、提供してくれるサービスには限界があることは承知した上で利用するようにしましょう。

とは言え代行業者はうまく使えば非常に便利で心強いパートナーとなってくれる存在です。
お勧めのイーウーパスポートでも中国輸入ビジネスについてのノウハウを書いた無料のメルマガの発行など利用者のサポートとなるサービスが豊富です。

参考:無料で在宅中国輸入ビジネス講座を購読する

代行業者を選ぶ際のチェックポイント

この記事の最後は、代行業者を選ぶ際にチェックしておきたいポイントについて解説します。安心して取引できる業者を選ぶための参考にしてください。

配送料(会員制の場合も)

まずは配送料を確認しましょう。基本料金に重量による加算がなされる場合が多くなります。会員制を取っていて、会員ランクが上がると配送料に割引がある業者もあります。

買い付け代行手数料

単に商品の転送のみを請け負うプランを儲けている業者もありますが、基本的には代行業者は、注文に応じて買付けを代行して、商品を日本に発送するところまでをやってくれます。この際に代行手数料が発生します。代行手数料は無料という業者もあります。

検品のオプション

検品については対応していない業者もあるので、現地での検品を希望する場合は、業者をしっかり選びましょう。基本的に検品は有料サービスなので、サービスの質と料金の兼ね合いで依頼をするか判断してください。

簡易検品と詳細検品といったように検品に段階を設けて、料金も段階的に設定している業者もあります。とくにこの後ご紹介するAmazon FBAへの直接納品をしたい場合は、検品の精度は非常に重要ですから、価格面よりも質を重視して業者を選定することをオススメします。

問い合わせへの対応

問い合わせに対する対応も業者選びの重要なポイントです。丁寧に回答してくれることも重要ですが、対応の早さもポイントです。メールだけでなくチャットでの質問にも対応している業者なら、素早い対応が期待できます。

その他のオプション費用

これまでにご紹介した他に、商品が業者に到着した段階で写真を撮影して、品違いなどがないか確認できるオプションがある業者もあります。このようなオプションについては基本的に有料なので、オプションを利用する可能性があるならチェックしておきましょう。

価格とサービスのバランス

これは個別のチェックポイントではありませんが、代行業者を選ぶ際には、色々なポイントを総合して選ぶようにしましょう。安さだけを重視して選ぶことはオススメしません。コスト面はもちろん非常に大切ですが、サービス内容と勘案した上で選ばないと結局後悔することになります。

配送方法として何が選べるか

商品の発送方法としては、EMS(国際スピード郵便)などの航空便が使われる場合が多いですが、リチウムイオンバッテリーのように航空便では送れない商品もあります。このような場合、船便であれば送れることがあるので、配送方法を選べることも代行業者選択の際のポイントの一つになります。

船便は、時間がかかる代わりに送料が安いので、コストを重視する場合の配送方法としても利用できます。また、コンテナ輸送が使えるなら、多量の商品を扱うのに便利です。扱う商品の種別や量によってどんな配送方法が適しているかは変わってきますが、その業者が扱っている配送方法についてもチェックするようにしましょう。

Amazon FBAへの直接納品の可否

これは淘宝網(タオバオワン)で仕入れた商品をAmazonで販売する場合に問題になります。国内に一旦送ってもらって、そこからFBA納品の準備をすると、手間もかかり、商品を一時的に保管するスペースなども必要になります。中国から直接FBA倉庫に納品するサービスがあると、手間とコストが削減できます。

ただ、この場合、商品の検品を現地でしっかり行ってもらわないとクレームの元になります。検品を確実に行ってくれる業者を選びましょう。

梱包の丁寧さ(オプションの場合も)

商品の梱包を丁寧に行ってくれるかもポイントです。厳重に梱包する場合はオプション料金が発生する業者もあります。

FBA直接納品の場合は、商品がそのままお客様のところに届くことになるので、とくに重要になるポイントです。トラブルを防ぐためには、最初からFBA直接納品にするのではなく、何度か自宅などに配送をしてもらって様子を見てから切り替えた方がいいでしょう。

納期の早さ・確実性

国際便での配送ですから、ある程度の時間がかかるのは止むを得ない面もありますが、やはり納期は早い方がいいでしょう。単に早いというだけでなく、確実であることもポイントです。

とくにFBAに直接納品している場合、納期に遅れたり、いつ納品されるのか不確かだったりすると、商品が在庫切れになって商機を逃してしまうことにもなりかねません。

追跡番号が確実に伝達されるか

中国から荷物が発送される場合も、日本の場合と同様に追跡番号が発行されます。まともな業者であれば、追跡番号を速やかに通知してくれるはずです。もし追跡番号の通知がない場合は、業者に確認して必ず教えてもらうようにしましょう。

最低注文金額が設定されているか否か

業者によっては「最低○円以上」といった最低料金が設定されている場合があります。例えば、「本格的に商品を仕入れる前に数個サンプルとして購入する」といった場合、最低料金が設定されていると余計なコストがかかってしまうことになります。商品数が少なかったり、商品重量が軽かったりする場合の料金についてもチェックしておきましょう。

まとめ

淘宝網(タオバオワン)で販売されている商品を購入する方法について解説してきました。タオバオの商品を購入するには、個人で直接手続をする方法もありますが、代行業者を使えばもっと楽に行えます。

タオバオには様々なショップが出店していて、中には質の悪い店もあることは、この記事でも書いた通りです。しかし、一方で、日本国内ではあり得ないくらいの低価格で商品が手に入ることも事実です。

この記事を読んで、タオバオに興味を持った人は、最初は代行業者を使った買い付けから始めてみてはいかがでしょうか。代行業者を使えば、初心者でも戸惑うことなくタオバオの商品を買うことができます。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。