物販

WEB販売で売上を伸ばすには?開業に必要なポイントまとめ

インターネット通販が当たり前となった現代、自社の商品をWEBサイトで販売したいと思う人は少なくありません。大手ECサイトはもちろん、自社のネットショップ開業が手軽にできるサービスも普及しています。WEBサイト作成が簡略化できるサービス「BASE」も登場し、ネットショップを始めるハードルが下がっています。

しかし、気軽にWEB販売ができても必ず売上が増えるとは限りません。準備不足や知識不足などが原因で失敗するケースも多くあるのが現実です。膨大な数のネットショップの中から自分の店の商品を購入してもらえるために、ショップにしっかりとしたポジションを作る必要があります。今回はWEB販売で売れるために必要なポイントをご紹介します。

実店舗とネットショップの違いとは?

まずは、実店舗とネットショップの基本と、それぞれの違いを把握しておきましょう。開業にかかる手続きや販売方法についても解説していきます。

実店舗とネットショップの違い

実店舗とネットショップの大きな違いは顧客との接し方にあります。実店舗の場合は以下の通りです。

  • 店舗を建設(または賃貸契約)
  • 内装工事や改装
  • 商品を陳連する
  • 顧客が店舗を訪れて商品購入する
  • レジで会計を済ませる

ここまでが主な流れです。店舗の建築や改装・備品にお金がかかる代わりに、顧客が商品を直接見て購入できるところが大きなメリットとなっています。

続いてネットショップの場合を見ていきましょう。

  • パソコンとネット環境を整える
  • ネットショップ開設の手続きや契約をおこなう
  • 商品をサーバー内に登録する
  • WEB広告やSNSで集客する
  • 顧客が商品を購入し、ショッピングカートシステムで個人情報や支払方法を入力する
  • 商品を梱包して発送する

ネットショップは実際に商品を見ることができないため、商品をより「買いたい」と思ってもらえるように文章や写真でのアピールが必要です。以上が実店舗とネットショップの違いとなります。準備段階から大きく異なるうえ、商品のアピール方法や購入方法が違うのです。

ネットショップ開業の流れ

ネットショップを開業するときの流れを詳しく見ていきましょう。まずはインターネットに接続できる環境が必要です。プロバイダー(インターネット接続業者)と契約をし、ネットショップ用のレンタルサーバーも契約しましょう。プロバイダーでもWEBサイトを開設できる場合がありますが、個人情報やクレジットカード情報の暗号化システム(SSL)に対応していないことがあるため、最初からレンタルサーバーを契約することをオススメします。

レンタルサーバーとの契約は自分だけの「専用サーバー」と、複数で共用する「共用サーバー」の2つに分けられます。

専用サーバーは自由度が高く、様々なことができることがメリットですが、その反面利用料が高く、メンテナンスも自力で行わなければならず、高い技術力を求められるのが難点です。

一方、共用サーバーは他の利用者の影響を受けるというデメリットもあるものの、サーバー管理が不要で低価格で初心者でも扱いやすいというメリットがあるので、ネットショップを開業するのなら、共用サーバーから始めてみるのがよいでしょう。

また、同時にショップオリジナルのドメインも取得しておくのもオススメです。オリジナルドメインはいわば自社ショップの住所のようなもので「.com」「co.jp」より前の部分を指します。ドメインについての詳細は後述しますので、そちらを参考にしてください。

サーバーとドメイン契約が済んだら、レンタルサーバーを使ってネットショップのデザインも決めていきましょう。その後商品を登録していきますが、先ほども説明したようにネットショップでの商品情報は売上に大きく左右されます。商品の魅力を最大限に売り出せる文章と写真を使ってください。

ネットショップでのショッピングカートシステムの導入も必要です。実店舗のレジと違って全てをオンラインでおこなうため、配送方法や支払い方法などを顧客が選択できるように作成しておきましょう。

商品の売上から発送までの流れ

顧客から注文が入ったら、顧客が指定した決済方法や配送方法で作業を進めることになります。入金確認をしたら、商品の梱包をして配送業者に依頼するまでが流れです。

ネットショップの注文から発送までの期間は、顧客側は把握できません。実店舗とは違い購入しても商品がすぐに手に入らないため、1日でも早く届くように手早くおこないましょう。

注文後の工程には「受注管理システム」を導入するのをオススメします。注文を受けたり発送したりしたときに、顧客にメールで知らせるシステムのことです。ショップ側は手間がかからないうえに、顧客側は安心感を得ることができます。受注管理システムに関しての詳細は後述します。

受注管理システムの主な機能と流れ

受注管理システムの主な機能は「受注」「入金処理」「商品の出荷指示」の3つです。注文を受けたら振込された商品をチェックして、クレジットカード決済の場合は決済処理の確認をします。

確認がとれた顧客から商品の出荷指示をおこない、配送業者の伝票印刷や顧客に出荷メールを送信するまでが一連の流れです。各処理と同時に帳簿作成・納品書や請求書の作成ができる便利なサービスがあると利用しやすいでしょう。

受注管理システムの主なサービス業者には「CROSS MALL(クロスモール)」「NEXT ENGINE(ネクストエンジン)」「TEMPOSTAR(テンポスター)」などがあります。ネットショップを複数運営していく予定があるなら、受注管理システムをまとめると効率的です。

実店舗とネットショップのメリットとデメリットを比較

今一度ネットショップと実店舗の違いを比較表でおさらいしておきましょう。

 実店舗ネットショップ
販売場所店舗周辺の地域全国、全世界での販売が可能
顧客の安心感商品を直接手に取って確認できるため安心感がある商品画像と実際の商品が異なるという不安がある
集客方法口コミや近所を通りがかるなど、自然と顧客が集まる自然に顧客がサイトへアクセスすることはほとんどないため、宣伝活動が必要
商品の配送デリバリーサービスなどがない限りは基本的に不要商品ごとに異なる配送方法が必要
営業時間開店している間のみ24時間営業、年中無休
商品の説明や
アピール方法
顧客が直接商品を手に取って判断できる商品の説明や画像、ユーザーのレビューなどから判断する
商品への質問方法店員へ直接質問する電話やメールで問い合わせる
開業にかかる
費用
外装・内装費共に高額の資金が必要開業費はサイト作成時にかかる費用のみ

ネットショップは営業時間を気にする必要がありません。実店舗は営業時間が決まっていますが、ネットショップでは顧客が24時間商品を見られていつでも購入できます。実店舗が営業時間外に利用したい顧客も購入利用できるうえに、海外へも販路を広げられるのです。

さらに開業資金にも違いがあります。ネットショップにも開業資金が必要ですが、実店舗と比べるて少ない費用での開店が可能です。実店舗は店舗や倉庫の賃料がかかりますし、陳列棚や内装・備品も全てそろえなければなりません。しかしネットショップは自宅での運営が可能で、取り扱う商品数も制限がありません

しかし、メリットばかりではない点には注意が必要です。ネットショップは顧客との直接的な接点がないため、店員からの直接的なアプローチができません。商品ページの画像や文章で購入を判断するしかないのです。購入後のサポートも電話やメールのみとなるので、より顧客の立場に立った対応を求められます。

ネットショップでは同一商品の比較が容易にできてしまうデメリットもあります。他店との価格を比べられるとより安い方へ流れてしまうのです。

しかも顧客を得るには自力で宣伝をしなければなりません。実店舗では通りすがりに入店する顧客もいますが、ライバルの多いネットショップは他店に埋もれがちになるため集客に力を入れなければならないのです。しかし一度気に入ってもらえるとリピーターが付きやすい傾向もあるので、ネットショップ開設初期はお店を知ってもらうことに注力しましょう

WEB販売で成功できるショップの特徴とは?

この項目では、WEB販売で成功できるショップの傾向について解説していきます。押さえておくべきポイントはたったの2つです。ぜひ参考にしてください。

ターゲットとニーズが一致している

顧客ニーズと自社のターゲットが一致しているネットショップは成功する確率が非常に高いです。例えばキャンプ用品を扱うネットショップを開設する場合、知識をいかして「キャンプの超初心者向けのネットショップを開設する」といった顧客ニーズの汲み取りのことを指します。

ショップを開設しても売上が伸びない場合は、自社の売り方と顧客のニーズの違いを考える必要があります。例に挙げたキャンプ用品でも初心者向けから上級者向けまで幅広いです。その中からターゲットをしぼって販売するなど、設定を工夫してみましょう。

ショップのコンセプトが明確

ショップのコンセプト設定も大切な項目です。WEB販売の「全国に販売できる」という大きなメリットを利用しましょう。しかし全国がターゲットといっても、競合他社も多いためすぐに売れるショップばかりではありません。他社との差別化のためにショップのコンセプトを明確にしておくことが重要なのです。

例えば実店舗ではカバン店が多くありますが、さらに年齢層を絞り込んだ「子ども用カバン店」は店舗として成り立ちにくくなります。しかしネットショップでは全国の人に見てもらえるため、より専門的なコンセプトでも営業していける可能性が高いのです。

例にあげた子ども用のカバンが実店舗で見つけられなかった場合でも、ネットショップでは「子ども用 カバン」などと検索すればすぐにたくさんの商品が表示されます。しかもコンセプトを絞り込むのと同時にターゲットも絞り込めるのです。すると販売戦略もより明確になっていきます。

ネットショップの販売方法

ネットショップの販売方法には多数の店舗を構える楽天市場などに出店する「ショッピングモール型」と、自社でネットショップを作成して運営する「ショッピングカート型」があります。それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説しながら比較していきます。

ショッピングモール型のメリットとデメリット

ショッピングモール型のメリットは、モール側でも集客ができることや資金が少なくても開業できるという点です。さらに「買いたい」と思う顧客が訪れているため、商品ページを工夫したり価格を安くしたりして提供すれば商品が売れるようになります。

デメリットは販売手数料がかかるという点と、同様の商品を取り扱っているショップとの価格競争が起きる点、ショップ内のデザインが限られている点などが挙げられます。さらに規約が変更されて売上が落ちたり、手数料が上がったりする可能性があります。

ショッピングカート型のメリットとデメリット

ショッピングカート型のメリットは、サイトのデザインが自由・価格で比較されにくい・手数料が安い・定期販売が導入できるといった点が挙げられます。ショッピングモール型の販売手数料は販売価格の10%くらいが一般的ですが、カート型はクレジットカード決済の手数料の3~4%程度で済みます。手数料は毎月必ず支払わなければならないので、安いのに越したことはありません。

デメリットは集客の難しさです。自社での集客に成功すればショップの売上も期待できますが、WEBマーケティングがうまくいかないとアクセスが少ないショップになってしまいます。

さらにネット上に掲載する広告料も支払っていかなければなりません。ショップの作成時にはページデザインを一から作る必要があり、多くの手間がかかります。

ネットショップ比較表

以下の表は、出店可能な15店のネットショップの比較表です。表を参考にして、どのネットショップが自社サイトの開業に向いているかをじっくりと決めてみてください。

 初期費用(目安)決済機能商品の登録数カスタマイズの自由度独自ドメイン集客力スマホ対応
Amazon(大口出品)4900円~クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー/ポイント無制限××
楽天市場19,500円~クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー/ポイント5000〜無制限×
ポンパレモール50,000円~クレジット/銀行振込/代金引換20000×
ヤマダモール60,000円クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー/paypal30000〜無制限×
au PAY マーケット無料クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー/ケータイ500〜3000×
メルカリ無料クレジット/コンビニ/ケータイ/銀行振込/ポイント/売上金出品額は100万円まで××
ヤフオク!無料クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換無制限××
ラクマ無料コンビニ/銀行ATM・郵便局/クレジットカード/LINE Pay/携帯キャリア払い/ポイント / 売上金××
Yahoo!ショッピング無料クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー無制限×
Make Shop12,100円~クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー/paypal/後払い10000
STORES無料クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換無制限××
BASE無料クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換無制限××
カラーミーショップ4,572円〜クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー10〜10000×
Qoo1010,000円~クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー/携帯無制限××
EC-CUBE無料クレジット/銀行振込/コンビニ/代金引換/電子マネー無制限×

ショッピングカート型ならBASEがおすすめ

ショッピングカート型でも特にオススメなのがBASE(ベイス)です。BASEについてオススメしたいポイントと共に詳しくご紹介していきます。

無料でネットショップが開設できる

BASEでは、ネットショップが無料で開設できます。これまではネットショップ運営にお金がかかるのが当たり前でした。WEB製作会社へ依頼すると高額な製作費が必要なので、WEB販売の初心者にとって高いハードルです。

しかし、BASEでは初期費用も管理費も必要ありません。無料の理由は「決済サービスの利用に応じて料金が発生する」からです。ネットショップでは顧客がネットショップで買い物をしたら決済方法を選択しますが、BASEでは「BASEかんたん決済」という独自の決済サービスがあります。

クレジットカード決済・コンビニ払い・銀行振込の中から顧客が選択すると、ショップ側に利用料金が発生します。商品が売れなければ支払いの必要がないので、ネットショップ開業をしたばかりの人でも少ない負担で利用できるのです。

ネットショップ初心者でもサイトを作成できる

BASEでネットショップを開設するには「ショップ名」「メールアドレス」「パスワード」の3つを用意しましょう。サイトのデザインを選んで商品を登録したらネットショップの開設は完了です。全てパソコンのみでできるため、WEB販売初心者でもすぐにネットショップが開設できるのが強みです。

BASEで自社のショップをデザインするには、ある程度決められたテンプレートから選ぶだけです。難しい操作やセンスはいりません。

テンプレートはコンセプトに合わせてデザインされており、各パーツを組み合わせていけば800通りものパターンにもなります。万が一他社のショップと同じテンプレートを選んでも全く同じになることは少ないといえるでしょう。商品の登録も商品名・商品画像・価格・在庫数を入力し、表示・公開を選択するだけなので、初めてネットショップを開設する方でも非常に使いやすくなっています。

在庫管理や顧客管理は専用画面で利用でき、手間のかかるネットショップ運営をかなり手軽にしてくれます。

クレジットカード決済導入が簡単

ネットショップでの支払い方法の選択肢には、クレジットカード決済を必ず導入しておきましょう。ネットショッピングではクレジットカード決済が非常に便利です。自分の希望する決済方法がなかった場合、買い物を諦める人は全体の7割といわれているほど重要です。

多くの顧客が希望する支払い方法がないことは、ネットショップにおいて致命的ともいえます。しかし、クレジットカード導入には決済代行会社との契約が必要です。たくさんの決済代行会社のなかから選ぶのも大変ですが、BASEなら管理画面から申し込みをすれば決済サービスがすぐに使えるようになります。

WEB集客の5つのポイント

ネットショップで集客をするには、主に5つの方法があります。自社のショップを知ってもらうために宣伝活動は非常に重要です。各ポイントについて1つずつ解説していきます。

SEO対策

SEO対策はネット上の集客において非常に大切なポイントです。SEO対策とは、顧客が検索したワードの検索結果の上位に表示されるようにする対策のことを指します。ヒットして上位に表示されればクリックしてもらえる確率が高くなり、売上アップも期待できるのです。

検索したワードが多く使われている、顧客にとって必要であり有意義な情報が掲載されているショップはヒットしやすくなると言われています。ネットショップ開設時にはをSEO対策に力を入れましょう。

リスティング広告

リスティング広告は主に、ネットユーザーが広告をクリックしたら料金が発生するシステムです。GoogleやYahoo!のブラウザを使用しているときに、自身の検索したワードに関連した広告が表示されたという経験は皆さんもあるのではないでしょうか。ユーザー別に興味を引きそうな広告を表示させることで、効率良く顧客が自社のショップへ訪れてくれるようになります。

アフィリエイト広告

SNSや人気ブログなどで有名人に自社商品を紹介してもらう広告をアフィリエイト広告といいます。アフィリエイト広告の特長は以下の3つです。

  • 新規のユーザーを獲得しやすい
  • 成果型報酬
  • 消費者目線で宣伝できる

人気ブロガーなどに宣伝してもらうことで、読者やフォロワーに読んでもらえます。アフィリエイト広告は消費者目線で宣伝をするので、読んだ人の心をつかみやすいのが特徴です。さらに読者が商品を購入(申込)をして初めて広告料が発生するので、リスクも少ないです。

ただし商品をたくさん購入してもらうために、魅力的な言葉で宣伝できる人を見つける必要があります。

アドネットワーク

アドネットワークとは、広告を掲載する複数のメディア(ブログやWEBサイトなど)への広告枠へまとめて配信することを指します。広告を出したい場合はアドネットワークをおこなっている企業に依頼して、各メディアに掲載してもらうのです。

アドネットワークは、様々な媒体に広告が掲載できるのが最大のメリットです。いわばWEB広告の仲介役です。たくさんのWEBサイトに広告依頼を出す必要がなく、手続きも1つで済みます。表示する時間・曜日などを細かく設定できるため、さらにターゲットを絞った掲載ができます。

ソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングとは、TwitterやFacebook・Instagramなどのソーシャルメディアを利用した宣伝方法のことを指します。ファンや顧客を増やすのに効果がありますが、消費者が「また読みたい」「シェア(いいね)したい」と思えるような内容で発信する必要があります。

ネットショップ開業に必要なものとは?

ネットショップ開業に必要なものをまとめました。詳しいリストも作成したのでぜひ参考にしてください。

ネットショップ開店前に必要なものリスト

ネットショップ開業前に必要なものは大きく分けて「サービス契約」と「機材」の2つです。

サービス契約とは、レンタルサーバーやショッピングカートシステムなどのWEB上のサービスと契約することです。詳しく羅列すると以下のようになります。

  • レンタルサーバー
  • ドメイン取得
  • ショッピングカートシステム
  • 決済システム
  • メールアドレス
  • 受注管理・顧客管理・在庫管理システム

これらのサービスを事前に契約しておきましょう。先述した「BASE」は一括して契約できて大変便利です。

機材については以下の通りです。

  • パソコン(スマートフォン)
  • デジカメ(一眼レフ)
  • プリンター
  • 編集ソフトや会計ソフトなど
  • 梱包資材

必要になってくる機材は主にこの5つです。プリンターのインクカートリッジやデジカメ用の三脚など、必要に応じて買いそろえておきましょう。

自分に合った機材

もしパソコンやデジカメなど、自身の機材を持っているのなら新しく購入する必要はありません。「ネットショップを運営するのに良い機材が必要なのでは?」と思うかもしれませんが、良い機能も使いこなせなければ宝の持ち腐れとなってしまいます。性能にはこだわらず、自身が使いやすいと思える機材を選んでください

パソコンを長時間利用するネットショップでは、デスクトップ型の大きなモニターがあれば作業がしやすくなります。しかし作業スペースや持ち歩きのことを考えるとノート型が使いやすいという人もいます。自分に合った機材をそろえたほうが、より効率良く作業できるのです。

プリンターは商品を発送するときに同梱する納品書や領収書などを印刷するのに使います。プリンターに関しては印刷の速度が速いほうがスムーズに作業が進みます。

デジタルカメラや一眼レフは画素数が重要です。1000万画素や2000万画素などの種類がありますが、あまりに画素数が大きすぎるとサーバーへのアップロードや顧客が表示する際に時間がかかってしまいます。またズームをしたときに画質が変わらない「光学ズーム」を搭載した機種がオススメです。商品の魅力を伝えるための写真は非常に重要なので、デジタルカメラ購入時は機能をよく確認してから選んでください。

デジタルカメラに伴い、画像編集ソフトも選んでおきましょう。ネットショップの画像編集にオススメのソフトが「Adobe Photoshop Elements(アドビ フォトショップ エレメンツ)」です。Photoshopの廉価版で価格が安く、機能性も十分です。

また「GIMP」という海外のフリーソフトもオススメです。フリーながらも機能性も使い勝手も良いため、多くの人が利用しています。実際に使った人の口コミやマニュアルもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ネットショップにおいて梱包資材は非常に重要なものとなります。商品が届いて開けてみたら中身が壊れていた・箱がつぶれていたということがあれば、顧客は離れてしまうでしょう。ネットショップではお互いの顔が見えないため、より丁寧な対応が必要です。おもに以下の梱包資材を用意しておきましょう。

  • 段ボール
  • 配送袋
  • ガムテープ
  • エアキャップ(プチプチ)
  • 結束用資材
  • ラッピング用資材

顧客の元に最良の状態で届くように、商品に適した梱包資材を使って配送しましょう。

ドメイン

ネットショップの住所ともいえるドメインとは、以下の画像のようなものを指します。

ドメインは「ネットショップの住所」「メールアドレス」の2つの役割を持っています。メールアドレスには「○○○@gmail.com」などと表示されていますが、オリジナルに作成するドメインとは@以降の文字列のことです。世界中で同じドメインは使用できないため、自社オリジナルのドメインとして利用できます。

ドメインには「.com」「co.jp」「ne.jp」などがありますが、中でも「co.jp」は法人のみが取得できます。「ne.jp」はネットワーク業者のみが取得できるドメインです。該当していれば誰でも取得できるので、自社のショップ名で取得しておくと良いでしょう。

まとめ

WEB販売を始めるには様々な手続きや調査が必要です。多くのライバルショップに埋もれないようなコンセプト作りやニーズ調査などやることはたくさんありますが、今回ご紹介したポイントはWEB販売を始めるには必要なものばかりです。各ポイントをおさえたネットショップを開設して、今後の参考にしていただければ幸いです。