物販

アフィリエイト・マーケティングで、あなたの商品を売るための方法

あなたの商品を少しでも多く売っていくためには、まず商品が広く認知される必要があります。そのために必要なのが広告展開であり、もっと広く言うならばマーケティング戦略となります。特にビジネスを始めて間もない時期には、やみくもに資金をバラ撒くのではなく、狙いを定めて効率よく顧客を獲得していくことは必須でしょう。

この記事では、そんなマーケティング戦略の一つである「アフィリエイト・マーケティング」について、その基礎から具体的な活用法に至るまで、しっかりと解説していきます。

アフィリエイト・マーケティングの概要とメリット

「アフィリエイト」という言葉は、恐らくほとんどの人が聞いたことのあるものでしょう。しかし多くの場合、自身のブログなどに広告を貼って収益を得るブロガーなどをイメージするのではないでしょうか。

それに対して、「アフィリエイト・マーケティング」とは、広告を出す側の戦略を指します。あなたが自分の商品を売るために、他者の宣伝力を借りて広告してもらうためのノウハウと言い換えてもよいでしょう。

始めに、概要とメリットをそれぞれ順番に見ていきましょう。

アフィリエイト広告はどこにでもある

インターネットで調べ物をしたり、趣味のページを読んだりしていれば、必ずといっていいほどアフィリエイト広告を目にするはずです。前述したように、ブロガーは自身のブログに広告を貼り、そこから得られる報酬を収益にしています。最近ではYouTubeやInstagramなどのSNSでもアフィリエイト広告を見かけるようになりました。

そういったアフィリエイト広告を貼る側には、特にこれといった知識は求められません。Amazonや楽天、あるいはASPと呼ばれるサービスに登録し、自分が売りたい商品を見つけてきて貼るだけです。売れなければ別の商品に切り替えればよいだけですし、損をすることはまずありません。

しかし、アフィリエイト広告を出している側は、そう簡単にはいきません。そこで扱っているのは自社の商品であり、取り替えの利くものではありません。商品が売れなければ、致命的な打撃となってしまいます。

アフィリエイト広告の基本

アフィリエイト広告の基本は、自社の商品を売りたい側が広告を出稿し、他社の商品を広告することで収益を得たい者がその広告を表示する、という形態にあります。その広告を通して商品が売れた場合、前者は自社商品が売れることで、後者はアフィリエイト報酬を受け取ることでメリットを得られます。

前項でも解説しましたが、広告を貼る側には豊富な選択肢があります。無数にある「どこかの誰かの商品」の中から、自分が売りやすそうだと思ったものを選んでブログなどに貼り、売り文句を考えればよいだけです。それが上手くいかなければ、次は別の商品で試してみればよいのです。

しかしあなたが自分の商品を広告する場合には、失敗は許されません。ここで必要になるノウハウが、アフィリエイト・マーケティングです。では、このアフィリエイト・マーケティングを行うメリットは、具体的にどこにあるのでしょうか。

アフィリエイト・マーケティングのメリット

従来の広告はクリックされた数や、ユーザーの画面に表示された回数に応じて報酬を支払わなければならない仕組みになっていました。このような「クリック保証型広告」や「表示回数保証広告」は、商品が売れなかった場合にも広告費が発生してしまうという難点がありました。

それに対してアフィリエイト・マーケティングにおける広告は、成果があった場合にのみ報酬を支払うシステムになっているので、費用対効果が非常に高いというメリットがあります。たとえば、広告を貼るブロガー側が、当てずっぽうにあなたの商品の広告を貼ったとしましょう。当然、そのようなやり方で商品がたくさん売れることは期待できないのですが、アフィリエイト・マーケティング広告の場合はあなたの側に損害はありません。

ちなみに、広告を出したいあなたと、広告を貼りたいブロガーなどの間を取り持つのが、先ほど少し触れたASP、アフィリエイトサービスプロバイダーです。いわばネットの広告代理店であり、マーケティングシステムを提供してもらうことができます。データ管理やレポートの処理、アフィリエイト報酬の支払い処理などを代行してくれるので、非常に有用です。

効率よく集客するためのメディアとは

あなたはまず、自社商品の現状についてしっかりと把握する必要があります。そのうえで、どのような集客方法を採るのがもっとも効率的かを考えなければいけません。「どのようなメディアにするのか」「どのようにして自社サイトまで誘導するか」など、その戦略を立てる必要があるわけです。

集客と言えば「SEO」を思いつく人が多いでしょう。それ以外にもメールマガジンやSNSなど、さまざまな集客方法があります。商品に適したアプローチを考え、実行することが大切です。

SEO中心の集客

SEOで集客するということは、ユーザーがその商品名あるいは関連キーワードで検索していることが前提になっています。この場合、ユーザーはすでにその商品に興味を持っているか、あるいはその商品によって満たされるニーズを抱えているということですから、購入には繋がりやすいと言えます。

SEOによる集客をする場合、何よりも大切なのは「キーワード選定」です。あなたの商品がすでに一定以上の知名度を持っている場合には、その商品名がキーワードとなり得ます。しかし、そうでない場合には商品のベネフィットをキーワードにする必要があります。たとえば栄養ドリンクであれば、「どのような人に効果的なのか」「どのような不調に効果的なのか」といったことがキーワードになります。そのキーワードが商品の本質とずれていた場合、SEO的に高い効果は期待できなくなりますので、注意が必要です。

「ダイエット」などのビッグキーワードではなかなか上位表示を狙うことは難しいですが、複数のキーワードの組み合わせで勝負するのであれば、工夫次第であなたの商品ページを上位に持っていける可能性を高めることができます。そのためには、自社商品の客観的な価値を熟知したうえで、それに繋がるキーワードを適切にページ内に入れていくことが重要となります。

SEO以外での集客

SEOでは集客することのできないユーザーに対しては、SNSを利用した広告展開などが有効となります。とはいえここでも、ユーザーがどのようなキーワードで検索するのかを推測することは重要です。的を外したキーワードに狙いを定めてしまうと、思うような宣伝効果は得られずに終わってしまいます。

メディアの中には、ユーザーの属性が最初から絞られたものも多数存在します。たとえば、ユーザーの多くが若い母親であるようなメディアです。そういった場所の中から、自社商品にぴったり合ったところを選んで広告を出すのは、有効な戦略であると言えるでしょう。メディア側にとっても、成果報酬を多く取れそうな「相性の良い商品」は歓迎すべきものなので、全員にメリットのある広告展開が可能となります。

アフィリエイト・マーケティングを上手に活用するには

アフィリエイト・マーケティングを最大限に効率よく活用していくには、どのように考えていればよいでしょうか。

この項では、商品を売る側が陥りがちな悩みをピックアップしつつ、その解決法を提示していきます。

ASP担当者がきちんと動いてくれない

ASPを介して出稿した広告が思うように成果を出せていない場合、ASPの担当者にもっと頑張ってもらいたくなるのは自然な感情ですが、こちらの思うように動いてくれないことも多々あります。

これは、ある意味では仕方のないことです。ASP側もビジネスとして動いていますので、やり甲斐のある案件、大きな利益の見込めそうな案件に注力するのは当たり前です。

ASP担当者に不満をぶつけたくなったときにあなたがすべきなのは、担当者が「積極的に取り組みたい」と思うような魅力的な商品に磨き上げる、ランディングページをより魅力的なものに作り変える、といった企業努力です。商品力を向上させることができれば、ASP側もあなたの商品をないがしろにはしないでしょう。

メディア掲載が進まない

ASPが動いてくれたとしても、メディア掲載が進む保証はありません。メディアがどの案件を取り扱うかを決める際のポイントとしては、「単価」「サイトのCVR」「承認率」など複数挙げられます。しかし、企業側は往々にして単価にばかり意識を向けがちです。そのように視野が狭くなってしまうと、マーケティングはなかなか上手くいきません。

「単価は低いけれども、ランディングページがよくできているためCVRが高い」、「承認率が高い」といった案件がメディアから好まれることは十分にあります。多角的に考えていくようにしましょう。

広告を出稿した後も対策をしているか

メディア側が「この案件は稼げそうだ」と思わなければ、あなたの広告を扱ってくれることはありません。つまり、まずはあなたが自身の広告案件を魅力的なものに仕上げなければいけないということです。

広告を出稿してみて、それが思うような効果を上げない場合、ASPやメディアに対して苛立つ前に、自身の商品の魅力を客観的に分析する癖をつけておきましょう。適切に改善できれば、メディアからの扱いが段違いに向上する場合もあります。「常に改良していこう」という姿勢が肝心です。

利益を出すためにやるべきことを理解する

アフィリエイト・マーケティングで行うことができるのは、新規顧客の獲得です。「その顧客がどのくらい商品を購入してくれるか」「その後リピーターになってくれるか」といったことは、あなたの商品の力にかかっているわけです。結局のところ、アフィリエイト・マーケティングは入り口の開拓にすぎないということです。

アフィリエイト・マーケティングに手を出したあと、この辺りのことが自身の発想から抜けてしまう人が少なくありません。思考停止した状態でASPやメディアに丸投げを続けても、売上を伸ばすことは難しいでしょう。商品力を軸として、すべての要素がきちんと噛み合うように工夫していくことが必要です。

アフィリエイト・マーケティングの活用例

実際に、アフィリエイト・マーケティングを実施している例を見てみましょう。まっとうな方法をしっかりチェックすることで、あなたの商品がとるべき道も見えてくるはずです。

Wirecutter

Wirecutterは、キッチン用のツールからトラベルギアに至るまで、さまざまなガジェットをプロモーションしているサイトです。取り扱う商品が玉石混交となることを避けるために、ベテランのジャーナリストや科学者、リサーチャーなどによるテストやレポートを経た商品のみを推奨している、としています。

このようなチェック体制を敷くことにより、ユーザーから信頼を得ることができます。結果的にメディアとしてのWirecutterの利益にも、広告主の利益にも繋がっていくわけです。

BuzzFeed

BuzzFeedは、当初はギフトガイドとして始まったメディアですが、今ではさまざまな商品カテゴリに進出していき、幅広いものとなっています。日常的な商品を取り扱っており、非常に親しみやすい文章と写真でその魅力をアピールしている点が特徴となっています。

アメリカにおけるアフィリエイト・マーケティングの現状

アフィリエイト・マーケティングは日本だけでなく、アメリカにおいても一般的な手法の一つとなっています。そして言うまでもなく、その規模は日本を上回ります。

この項では、そんなアメリカの現状について紹介していきます。

アメリカのアフィリエイト・マーケティングの市場規模

アメリカのRakuten marketingとForresterが共同で実施した調査によると、アメリカにおけるアフィリエイト・マーケティングの市場規模は2020年で68億ドルになる見通しです。2015年から2020年にかけて、年平均の成長率が10%を超える勢いで拡大を続けています。

参考:Networks Help Drive Affiliate Marketing Into The Mainstream(PDF)

一方、日本のアフィリエイト・マーケティングの市場規模は、株式会社矢野経済研究所の調査によれば、2020年で約3,250億円。アメリカと比べると半分ほどと小さいですが、やはり年5%以上の拡大を見せています。

参考:アフィリエイト市場の動向と展望 2020

EC市場の拡大は世界的な流れであり、日本でもアメリカでも、その流れに沿うかたちでアフィリエイト・マーケティングに費やされる広告費が増大しているのが現状です。

アフィリエイト・マーケティングを活用するアメリカ企業

前述の調査によれば、アメリカで広告出稿の決定権を持つ者の80%以上がアフィリエイト・マーケティングを採用しており、10%以上の広告費を割いていると回答しています。

カテゴリ別の分析としては、上位には「ファッション」「スポーツ・アウトドア」「健康・美容」などが並んでいるとのことです。すなわち、これらのカテゴリにおいて消費者のECサイト経由での購買が活発であることを意味し、それだけアフィリエイト・マーケティングも進んでいるのだと考えられます。

参考:Analysis of 550 Best Affiliate Programs Reveals Top 20 Niches

アフィリエイト広告を扱うメディアも増加

前述の調査は、アメリカのメディアサイトにおける決定権者を対象とした調査も行っており、そのうち84%がアフィリエイト広告のためのコンテンツを作成していると回答しています。

以前は「アフィリエイト広告で本当に稼げるのか」と懐疑的だったメディアも、現在ではその見方を改め、力を入れるようになりました。アフィリエイト・プログラムも進化しており、かつてはバナー広告枠の販売などにとどまっていたものが、現在では自社メディアの特性を鑑みたうえで専用コンテンツを作成するなど、その手法は多様化しています。

上手く流れに乗ることに成功し、莫大な利益を上げることのできた成功事例も多数報告されています。

参加すべきアフィリエイト・プログラム

アフィリエイト・プログラムにはいくつかのタイプがあり、場合によって使い分けることができます。ここでは3つのタイプを紹介していきます。

高額で少規模のアフィリエイト・プログラム

高額の支払いを伴う、ニッチな商品のアフィリエイト・プログラムです。
あなたの商品が、広く受け入れられることはないけれどもある種の層に深く刺さるものである場合は、このようなプログラムを選択することで、適切な顧客と出会うことができるでしょう。

ライバルの数は多くありませんが、もし競合相手がいた場合には潜在顧客の数が少ない分、競争を強いられることになります。アフィリエイト・マーケティングを始めたばかりの人が熟練者に挑むような構図になった場合、利益を上げるのは難しくなるかもしれません。

少額で大規模のアフィリエイト・プログラム

一つ一つの支払いは少ない代わりに、大衆に広くアピールできる商品のためのアフィリエイト・プログラムです。誰もが購入するようなカテゴリの商品を扱っている場合には、このようなプログラムが適しています。

広告を掲載するメディア側から見てみると、単体での報酬はさほどありませんが、自身のブログなどで扱いやすいというメリットがあります。その結果、多くのメディアがあなたの商品を扱う可能性があり、商品力さえあれば知名度と売上を一気に伸ばすことも夢ではありません。

高額で大規模のアフィリエイト・プログラム

大衆に広くアピールできるけれども、高額でもあるという商品のためのアフィリエイト・プログラムです。クレジットカードなどがどの代表的な例となります。1つの成約で数万円の報酬をメディアに支払うケースもあります。

現実的には、あなたの商品がこのタイプであることは少ないかと思われますが、こういった商品・プログラムが存在するということは覚えておいたほうがよいでしょう。

参加するアフィリエイト・プログラムの決め方

どのプログラムがもっとも適しているかは、あなたの商品によります。したがって、あなたがまずすべきなのは、自分の商品が世間においてどのような位置づけにあるのかを正確に把握することです。ニッチな商品であるならば最初に紹介したプログラムになりますが、より広く訴求できるものであるならば、多くの場合は2番目に紹介したプログラムがもっとも良い選択肢となります。

商品のカテゴリによって、ある程度決まる面もあります。たとえばビジネス用のソフトウェアであるならば、高い確率で「ニッチな高額プログラム」を選ぶことになるでしょう。このような考え方で、だいたいの戦略をあらかじめ決めておくのも有効なやり方です。もちろん、途中で路線を変更する可能性も捨てる必要はありません。

アフィリエイト・マーケティングを上手に活用していこう

以上、アフィリエイト・マーケティングの基礎や活用法について解説しました。

アフィリエイト・マーケティングは先進的な広告手法ではありますが、万能ではありません。もし万能であるならば、すべての企業がこれによって成功しているはずですが、現状そうはなっていません。結局のところ、重要なのは商品自体が持っている力であり、それを魅力的に見せるためのランディングページを作成するといった要素です。成功するか否かは、企業側、つまりあなたの努力にかかっているのです。

あくまでも商品を軸としたうえで、適切にアフィリエイト広告を活用し、ぜひ売上を伸ばしていってください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。