物販

Amazonでの受取拒否や返金について徹底解説

Amazonの商品を購入後にその商品が不要になった場合、商品発送前であればキャンセルが可能です。もしキャンセルリクエストが商品発送後であれば、商品の受け取り拒否をするようにと記載されたAmazonのメールが来ます。

Amazonでは「すぐに購入する」ボタンもあるので間違えて購入してしまう場合や、実物の見る事ができないオンラインショップでは返品をする可能性は高くなります。今回はその受け取り拒否やその後の返金などについて詳しくご紹介します。トラブルにはすぐに対処できるように事前に把握しておきましょう。

Amazonでの受け取り拒否はどうする?

Amazonで商品を購入した後に、他に良い商品が見つかったり操作ミスで購入してしまったりする場合、キャンセルが可能です。そのような場合は基本的に購入履歴からキャンセルの操作をすれば、購入を取り消しできますが発送準備段階に入っている場合はその操作ではキャンセルが出来ないという連絡がきます。

商品の注文直後で営業時間内であればキャンセルは可能ですが、休日を挟んだり連絡が1日遅れたりすると、発送準備は完了している可能性は高くなります。その場合は商品の受け取り拒否をする必要があるので、ご紹介する内容をお覚えておきましょう。

商品受け取り拒否の方法

商品の受け取り拒否の方法はどの配送業者でも、受け取り時にその旨を伝えるだけで受け取り拒否が可能です。配送業者にとっても負担がかからない方法は事前に伝票番号を調べておいて、配送業者へ受け取り拒否の旨を連絡しておくと1番スムーズです。 商品のキャンセルについての注意点は出品者によってキャンセルを不可としている場合がある事です。

商品のキャンセルが不可の商品は商品不良などがあった場合以外の返品ができないので、受け取り拒否はせずに受け取りましょう。事前に連絡するには配送時伝票に記載されている伝票番号があるとスムーズにやり取りができるので、配送業者へ連絡をする前に伝票番号をメモしておきましょう。Amazonの場合伝用番号は出荷通知メールか購入履歴の画面から確認できるので、伝票番号が必要な時はそこから確認します。

代引きにした時の受け取り拒否について

商品を代引きで注文した場合も、商品受け取り拒否のやり方は同じです。支払いをする前であれば受け取り拒否は可能なので、できれば事前に連絡をして処理しておきましょう。受取拒否をせずに支払ってしまった場合は代引き手数料を支払った時点で商品の受け取りは完了するので、その後の返品は通常の返品の手順を取る必要があります。

配送業者が必要のない荷物を持ってきてくれたり、返金処理に自分も手間がかかったりする事を考えると、事前に連絡をして受け取り拒否をその場でするのではなく、先に配送業者の問い合わせ窓口に伝えるのがスムーズです。

コンビニ受け取りにした時の受け取り拒否について

商品の受取を近所のコンビニで行うコンビニ受け取りの場合も、受取拒否をする事は可能です。商品がコンビニに届く前であれば配送業者に連絡をして、商品がコンビニに到着していればそのまま放置しましょう。

商品をコンビニ受け取りにした場合のコンビニでの保管期間は、受け取り案内のメール送信日から12日目になると商品はキャンセル扱いになります。その商品はAmazonへと返送されて、商品がAmazonに到着した時点でキャンセル扱いとなります。この場合もAmazonへは必ず連絡をした上で受け取り拒否をしないと、アカウントへの罰則を課せられる可能性があります。

受け取り拒否でのアカウントへの影響について

何度も繰り返して商品のキャンセルや商品の受取拒否を続けていると、アカウントへの罰則を課せられる可能性があります。受け取り拒否はイレギュラーな事なので、繰り返していると悪質ユーザーと判断されて、一時的なアカウント停止になることもあります。商品を梱包して配送する事にもコストがかかっているので、Amazonからすれば商品代金は手に入らずただ損をする処理です。

配送後に起こってしまう受取拒否はできるだけ少なくしたいというのが、オンラインショップ側としての考え方です。その為返金や注文後のキャンセルを繰り返しているとAmazonから通知が届いて、まずは注意喚起のメールに始まってそれでも繰り返しているとアカウント停止にも発展する事があります。

受取拒否をした時の返金方法は?

商品を受取拒否したものについては、基本的に送料を支払う必要はありません。 Amazonの商品キャンセル規定内だと商品代金は全額返金されますが、配送料無料の条件から外れてしまうと配送料を請求される可能性もあります。また、返送された商品の再送についてはできないとAmazonで案内されています。

Amazonの返金返品についてはAmazon公式のヘルプにも記載されていて、「購入ミス」や「類似品があり不要になった」など様々な理由で返品できる事が記載されています。ヘルプページを見てもはっきりとわからない場合はチャットや電話などでカスタマーセンターへ問い合わせて確認をしましょう。

クレジットカード支払いの場合

クレジットカードで商品を購入した時の料金は、カードを通じてそのまま口座へ振り込まれます。クレジットカード会社を通じて返金されるので処理をするのに時間がかかることがありますので、数日から1週間ぐらいは様子を見て確認しましょう。

Amazonでの処理が完了したという通知があってもカードに登録している口座へ返金されていない場合も、データ反映までは数日かかる場合がほとんどなので少しの間は待っておきましょう。それでも反映されない場合はAmazonへ確認をして、Amazonで理由が不明であればAmazonが返金処理をした日時を伝えて内容を確認してもらいましょう。

携帯決済サービスの場合

購入した時の携帯決済サービスを通じて、そのままの料金が返金されます。クレジットカードと同様携帯会社の締め日などの関係で日数がかかる場合があります。

またクレジットカードよりもデータには時間がかかる場合が多いでの、利用している携帯決済サービスの締め日と支払日を事前に把握しておきましょう。時間がかかっているようならクレジットカードと同様、携帯決済サービスを管理している窓口に処理日時などを伝えて確認しましょう。

コンビニや口座、電子マネーの場合

ネットバンキングやATMからの口座振込やコンビニ支払い、電子マネーでの支払いをした時の返金については、基本的にAmazonギフト券で該当分の料金が返金されます。銀行口座での返金もカスタマーへ問い合わせをして、口座を登録すれば口座への振込が可能です。

口座登録には「銀行名」「支店名」「普通預金か当座預金」「口座番号」「鋼材名義」「注文番号」が必要になります。登録は電話かFAXでのみ受け付けているので、登録をしたい時は必要事項を控えてカスタマーセンターへ電話しましょう。

代金引換の場合

代金引換で商品を購入した場合も、受取拒否をすればそのまま返金までが処理されます。受け取っていなければ特に難しい処理はないので、スムーズに返金が可能です。

Amazonギフト券の場合

Amazonギフト券で商品を購入した場合は、そのままギフト券の残高に返金されます。他の決済方法に比べるとAmazonの処理だけになるので、返金までの日数が1番かからない方法です。

Amazonギフト券の利用履歴にも返金された事がデータとして残るので、履歴を確認して返金内容を確認しましょう。Amazonとしても自社のギフト件であれば1番コストのかからない方法なので、アカウントへの罰則も影響が少なくなります。

Amazonポイントの場合

Amazonポイントで商品を購入した場合の返金は、そのままAmazonポイントとして返金されます。

キャンペーンクーポンの場合

クーポンを利用して商品を購入した場合は、クーポンの分の返金はありません。差額分を別の支払い方法で購入した場合は、その支払い方法に応じた返金がされます。

Amazonで代引き詐欺がある?

身に覚えのない商品が代金引換で送られてきたら、どのように対処するでしょうか?急に来た配達員の人から「代引きです」言われたら自分が購入した商品が来たけれど決済方法を間違えた、もしくは「何か買ったっけな?」と思いつつ受け取りませんか?

身に覚えがない商品が代金引換で来た場合は、商品を受け取らずに、受取拒否をするようにしましょう。代金引換で商品を第三者に送るという詐欺が存在するのです。

Amazonカスタマーでの対応について

もし身に覚えのない商品を受け取ってしまったら慌てずに、まずは自分のアカウントにアクセスして購入履歴を確認しましょう。その購入履歴に届いた商品の履歴が残っていなければ、カスタマーに連絡をして手続きが必要です。

カスタマーの対応としては銀行振込で口座に振り込むか、Amazonギフトでの返金にするかのどちらかですので自分の都合が良い方を選びましょう。

どのように第三者に商品を送るのか

Amazonでは商品を購入する際に「ギフト設定」をすれば送り先の住所と氏名、電話番号を入力すれば第三者に送ることができます。

今回のようなパターンでは決済方法を代金引換で送れば、第三者に代金引換で商品を送ることができます。

なぜこのような事をするのか

誰が何のために商品を代金引換で送ってくるのか、この詐欺のような手口で誰かが得をする事は確実です。

仮に商品発送したのが商品を発送したのが商品を販売している業者だとしても、そのまま受け取れば商品が売れた事になります。ただAmazonでは今回のような場合の返金返品ができるので、業者が行なっている可能性は極めて低いと言えます。

商品のポイントについて

明確ではありませんがこの詐欺まがいの事をする理由として、代引きで受け取った時点で商品購入者にポイントが付与されるという事が挙げられます。

商品の発送手配をしたユーザーには返金処理が完了するまでの一時的な間に、ポイントが付与される可能性があります。そのポイントを利用して利益を生む事ができるので、このような事を行なっている可能性があるというのがカスタマーの見解です。

返金処理について

代引き手数料の返金にギフト券での返金を選んだ場合、利用履歴で返金された事を確認できます。処理手続きをした数日内には返金が完了しています。同じように口座振込を選んだ場合は同じぐらいのタイミングで口座へ振り込まれます。

被害を受ける人物

このような事がある時に被害を被るのはまずは受け取りをしてしまった自分自身ですが、そのほかにAmazonと配送業者も不利益を受けています。Amazonは代引手数料を返金して余計なコストがかかった上に、不要な入出庫が発生しました。

配送業者に関しては配送先からのクレーム対応や信頼に関わる事なので、利益になる事は一切ありません。販売元がAmazonではなくショップの場合も同様で、ショップには不利益なことしかありません。また、Amazon以外のショップからの配送に関してはAmazonからショップに対しての返金対応ができない決まりなので、商品のラッピングやアレンジがあればそのまま赤字につながります。

まとめ

Amazonでの商品キャンセルおよび受取拒否についてご紹介しましたが、Amazonでも他のショップでも買い物をする時はキャンセルが起こらないように注意しましょう。自分自身の時間がもったいない上に販売している店にも、不利益を被らせてしまうからです。

また、身に覚えのない商品はすぐには受け取らずにカスタマーへの伝票番号などを伝えて、時間がかかるならひとまず配送業者に持ち帰ってもらいましょう。トラブルを未然に防ぐように意識することもオンラインショッピングでは大切です。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。