物販

Amazonで購入した商品を返品する方法。封筒を使った返品もOK!

Amazonで購入した商品を返品したいとき、どのような手続きをすればよいのでしょうか?

「返品手続きはとても複雑で大変なんだろうな」という印象があるかもしれません。しかし、実際はとても簡単です。Amazon側の対応もフレンドリーで、嫌な思いをすることはありません。

この記事では、Amazonの返品手続きと、これに関連するトピックについて解説をします。

返品できる物とできない物

Amazonで購入した品物は、ほとんどの場合、返品が可能です。手元に届いた品物に何らかの不具合があった場合だけでなく、「必要なくなった」「気に入らなかった」といった自己都合による返品にも、多くの場合対応してくれます。

しかし、すべての品物の返品がOKなわけではありません。返品は一切受け付けないという物や、自己都合による返品だけ受け付けていないという物も、一部ですが存在します。

また、Amazon.co.jpが発送した品物の場合と、Amazonマーケットプレイスの出品者が発送した品物とでは、返品の手順や条件が異なります。

Amazon.co.jpが発送した品物の場合

Amazon.co.jpが販売した品物は、初期不良の場合だけでなく、自己都合による返品にもほとんどのケースで対応してくれます。

たとえ商品を開封してしまっていても問題ありません。ただし、その場合は、返品代金が50%引きになります。

商品を返品することを決心したら、できるだけ早く手続きをとることをおすすめします。

Amazon.co.jpが販売した商品のうち、返品を一切受け付けていない品物は次のとおりです。

・デジタルミュージック
・ゲーム及びパソコンにダウンロードしたソフトウェア
・Androidアプリストアから購入したアプリ
・金庫
・プリペイド式カード
・受注生産品
・特注生産品
・名前やメッセージを特別に刻んで入れてもらった品物

また、次の品物の場合は、不具合による返品のみ対応してくれます。自己都合による返品は、受け付けてくれません。

・本、雑誌
・ペット用品
・医薬品、医薬部外品、医療機器
・化粧品、サプリメント
・飲食料品、お酒
・Amazonパントリー(日用品を1箱にまとめて購入できるプライム会員向けサービス)で買った品物
・ピアス、ボディピアス(開封前なら可)
・植物
・ファッション福袋
・原動機付き自転車、自動二輪車
・自動車やバイクのバッテリー
・大型の家具
・大型の家電
・DIY(Do It Yourserf)に使う材料

出品者が発送する品物(Amazonマーケットプレイスの商品)

Amazonマーケットプレイスを通じて出品者が商品を発送した場合、Amazon.co.jpではなく、直接出品者に返品することになります。

返品の条件もAmazon.co.jpに準じたものとは限りません。独自のルールを定めている出品者もいるので注意が必要です。

もっとも、Amazon.co.jpが出品を代行している場合は、返品もAmazon.co.jpが取り扱います。ただし、商品の交換は、Amazon.co.jpでは取り扱っていません。

Amazonの返品手順

Amazonでの返品のやり方は、以下のいずれの商品を返品するかよって3種類に分けられます。

(1)Amazon.co.jpが販売している商品
(2)Amazonマーケットプレイスの出品者から購入した商品
(3)Amazonマーケットの出品者であってもAmazon.co.jpが手続きを代行している商品

ここからは、まず、Amazon.co.jpが販売している商品を返品する際の手順を紹介します。次に、Amazonマーケットプレイスの出品者へ返品する場合の手順を補足として紹介します。

Amazonマーケットプレイスの出品者であってもAmazon.co.jpが手続きを代行している場合の手順は、Amazon.co.jpから購入した商品を返品する場合の手順とほぼ同じです。ただし、この場合は、返品と代金の払い戻しには対応してくれますが、代替品への交換依頼には応じてくれないので注意してください。

注文履歴を表示

Amazon.co.jpから品物を購入した場合であっても、Amazonマーケットプレイスの出品者から品物を購入した場合であっても、返品を希望する場合の最初のステップは同じです。

Amazonのサイトにログインして「注文履歴」をクリックすることから始めます。

「注文履歴」は、画面最上部に表示されるプルダウンメニュー(アカウント&リスト)の右側にあります。

返品したい商品の選択

注文履歴の画面が表示されたら、返却したい品物の横にある「商品の返品」をクリックします。

次に、表示された画面内にある返却する品物に改めてチェックを入れて、返品理由を選択し、さらに詳しい理由をコメント欄に記入します。そして「次に進む」をクリックします。

交換か返金かの選択

その品物をどうしたいのか選択可能なオプションが示されるので、希望する方法を選んでください。

品物を交換するのか返金するのか、返金を希望するのならAmazonギフト券の残高としてチャージするか、それとも支払いのとき使用したクレジットカードに返金するのかそれぞれ決めてください。

そのとき、クレジットカードの下4桁も表示されるので、確認し忘れないようにしましょう。

返送手続きの開始

選択した方法が希望通りか確認して、「返送手続きを開始」をクリックします。すると、Amazonへ返品依頼とその詳細が送られます。

返送用ラベルを貼る

パソコンの画面には「商品用ラベルと返送手続きを表示・印刷」ボタンが表示されます。プリンターが接続されている場合は、ボタンをクリックすればラベルを印刷することができます。

スマホで手続きを行っているなどの理由で印刷ができない状況にあるか、または単に印刷するのが面倒な場合は、「別のアドレスに返品用ラベルを送信」をタップすれば、自分のメールアドレスにラベルを送信できます。

その後、そのメールを開いて、返送先の住所(商品によって異なる)と返品受付IDを確認してください。

返送用ラベルを貼れない場合

プリンターが壊れている場合や、プリントアウトするのが面倒な場合は、次の5つの方法のうちのいずれかを選んでもかまいません。

(1)品物が入っていた段ボールに貼られていたバーコードか、『お問い合せ伝票番号』の部分を返品する品物に同封する。

(2)品物に添えられた納品書を返品する際に同封する。

(3)返品受付ID(印刷ラベルに記載)を書いたメモを、返品する品物に同封する。

(4)商品が入っていた段ボールにこのバーコードが貼られていた場合は、バーコードを付けたままの状態で、その段ボールを使用して返送する。

(5)バーコードが商品に貼られている場合、商品から剥がして返送する時に同梱する。

出品者が発送する商品の場合

アマゾンマーケットプレイスを通して個人や企業が発送した品物に関しては、返品可能とするか、また、その方法いかんは出品者が決定します。

その場合でも、返品の基本的な手順はAmazon.co.jpが発送したときと同様です。

ただし、注文履歴から返品する品物を選びその理由等を送付した後は、出品者とメールをやり取りしながら、その指示に従って返金の手続きを進めることになります。

返送する品物の梱包

返品する品物を荷造りする方法には、特に決まりはありません。

その品物が梱包されていたAmazonの箱を使っても良いし、その他の箱や封筒を使っても問題はありません。

箱を捨てた場合

商品が入っていたAmazonの段ボール箱を捨ててしまっていたとしても、問題はありません。他の箱で返品可能です。

ただし、商品の化粧箱は必要です。商品をきちんと収め直して返却しましょう。

また「化粧箱にキズが付いてしまった(商品そのものは無傷)」という理由では、Amazonは返品を認めてくれません。注意してください。

封筒での返品

小さな品物を返品する場合は、100均でも売っている内側にプチプチの付いた封筒も利用できます。

封筒を利用することで、送料をかなり抑えることができます。

小さくて重いものの返品にはレターパック

レターパックとはA4サイズのボール紙の封筒で、4Kg までの品物を全国一律の料金(520円あるいは370円)で送ることができます。手紙なども同封できます。

レターパックには追跡サービスが付いているので、配達状況を確認することが可能です。

また、レターパックは郵便局だけでなく、一部のコンビニエンスストアでも購入可能です。

レターパックは、壊れにくくて小さい重いものをAmazonに返品するのに利用すると便利です。

ただし、レターパックには、破損や紛失の際の補償サービスが付いていません。高額な品物を返品する場合は、多少送料がかかっても宅配便をおすすめします。

その他の質問

その他、Amazonへの返品についてのFAQを紹介します。

電話での返品依頼は可能か?

電話での返品依頼もOKです。ただし、こちらから直接電話をかけて問い合わせるのではありません。最初にAmazonのカスタマーセンターにコンタクトを取って、先方から電話をかけてもらう形で行います。

パソコンからカスタマーセンターにコンタクトを取る手順は、次の通りです。

Amazonのトップ画面の最下段右にある「ヘルプ」をクリック

最下段の「トピックから探す」の中の「問題が解決しない場合は」をクリック

「カスタマーセンターに連絡」をクリック

「Amazon.co.jp からお電話いたします」をクリックします。

「1、お問い合わせの種類を選択してください」で、返品したい商品にチェックを入れる

「2、お問い合わせ内容を選択してください」で、「お問い合わせ内容」「詳細内容」の該当するものを選択する

「3、お問合せ方法を選択してください」で「電話」をクリック

一方、スマホでの手順は次の通りです。

画面下部「カスタマーサービスに連絡」をタップ

カスタマーサービスの画面が表示されるので、一番下の「お困りの場合」の中の「カスタマーサービスに連絡」をタップ

「Amazonから電話をする」を選択して「注文内容について」をタップ

その後は、該当する問い合わせ内容に応じて画面の指示に従って進み、「カスタマーサービスへ連絡」をタップ。

返品したい商品にチェックを入れて、「お問い合わせを続ける」をタップし、自分の電話番号を入れて、「今すぐ電話がほしい」をタップ

あとは事情を説明し、サポートスタッフの指示に従ってください。

Amazonポイントについて

購入時に付加されたAmazonポイントは、返品の際に引かれます

すでにAmazonポイントを使い切っていた場合は、不足分が返金額から控除されます。

送られてきた商品の受け取り拒否はOK?

「注文したけれど、やっぱりいらない」という場合は、配達時に受け取りを拒否してください。キャンセルとして扱われます。特に問題は生じません。

過剰に返品を繰り返すとブラックリスト入り?

返品を繰り返しているうちに、「Amazonから警告メールが来たり、アカウントが使用停止になってしまった」という報告をネット上でちらほら見かけます。

Amazonに事の真偽を問い合わせても「それは社外秘で答えられない」と回答されます。このようなAmazonの対応からは、何度も返品を繰り返す購入者が記載されたブラックリストのようなものが実際にある可能性は否定できません。

また、ブラックリストは存在しないにしても、返品が多いユーザーのアカウントを自動的に選び出し、何らかの対策を取るシステムがAmazonには存在するという情報もあります。

たしかに、Amazonの返品手続きは簡単です。しかし、調子に乗って返品し続けると、後で大きなトラブルに巻き込まれるかもしれません。Amazonへの返品は、本当に必要なときに限定しましょう。

Amazonへの返品は思ったより簡単!

以上、Amazonで購入した品物の返品手続きを関連するトピックとともに紹介しました。

実際の返品手続きは、画面上の指示に従って返品を申し込み、荷造りして発送するだけなので、ごく短時間で終わってしまいます。

このように、Amazonには便利で簡単な返品システムがあるため、万が一不良品を買ってしまった場合も泣き寝入りせずにすみます。

みなさんも安心してAmazonでのショッピングを楽しんでください。