メルカリで返品したい!送料はどうなる?よくある疑問について徹底解説!

フリマアプリ「メルカリ」は誰でも簡単に商品を出品・購入できる便利なアプリですが、個人間の取引のため、万が一の事態も考えられます。特に商品に不備があり返品・交換が必要な場合、手順や送料がどうなるのかについて気になるかと思います。

そこで本記事では、メルカリで返品したい場合、送料はどちらが負担するのかなど、メルカリの返品でよく寄せられる疑問を解決していきます。メルカリで返品が必要になった場合は、ぜひ参考にしてください。

目次

出品者が返品を拒否することはできる?

メルカリのプロフィールや商品説明に「ノークレーム・ノーリターン」等の独自ルールを記載している出品者も多く存在します。

しかし、商品に説明のない傷や汚れがあった場合や、商品の概要が説明と異なる場合など、購入者から返品したいとの申し出がある場合、基本的に出品者は応じなければなりません。

返品したいと言われたら

では、購入者から返品の希望があった場合、出品者はどのように対処すれば良いのでしょうか。まず、なぜ購入者が商品の返品をしたいのか、理由を訊ねましょう

返品の理由が商品に関するやむを得ない事情で、納得できた場合は返送をしてもらいます。ただし、返品の理由が出品者都合ではなく、「必要でなくなった」などの購入者都合の場合、出品者が返品に応じる義務はありません。この場合は返品を拒否することもできます。

商品が返送され、出品者の手元に届いたら、キャンセル申請を行いましょう。購入者が出品者のキャンセル申請に同意すれば、返品は完了です。

メルカリで返品する際、送料はどちらが負担する?

返品にかかる送料をどちらが負担するかは、基本的に当事者間の話し合いによって決めるようメルカリの公式ガイトにも記載してあります。

ですが、返品が必要な理由やケースに応じて、どちらが負担するべきかは異なります。本項では、購入者が負担するべきケースと、出品者が負担するべきケースのそれぞれに分けてご紹介いたします。

参考:商品の返品手順について – メルカリガイド

購入者が負担するべきケース

返品の理由が購入者の自己都合の場合、購入者が返品の送料を負担しましょう。購入者の自己都合による返品とは、「やっぱり要らなくなったから返品したい」「他で購入することになったから必要なくなった」といった理由が挙げられます。

そもそも商品に問題がない場合、購入者の自己都合によるキャンセルの申し出に出品者が応じる義務はないため、この場合の返品は双方が取引キャンセルに合意している必要があります。

出品者が負担するべきケース

商品説明と異なる商品が届いた場合や、記載されていない傷や汚れ、性能の不備があった場合ブランド品を購入して偽物が届いた場合など、出品者側のミスで購入者が返品を希望する場合、出品者は応じる必要があります。

このような場合は、出品者側の確認不足や手違いによる返品のため、出品者が送料を負担するのが妥当です。

メルカリの事務局が負担する場合

上記以外に、メルカリの事務局が送料を負担する場合もあります。配送中に商品が破損してしまった場合など、出品者・購入者ともに責任がない場合や、当事者同士では解決できない場合などが理由として挙げられます。

返品に関する話し合いの途中に取引相手と連絡がつかなくなった場合や、トラブルがあり折り合いがつかない場合、一方的に着払いで返送されてしまった場合など、自分に責任がないにも関わらず負担せざるを得ない状況になったときは、まずはメルカリの事務局に問い合わせをしましょう。

返品する際の送料については、メルカリのガイドラインで双方話し合いの上決定するように記載があります。話し合いを放棄して一方的に返送する行為はメルカリの規約違反になり、アカウント停止などの措置が与えられる可能性がありますので、泣き寝入りせずに事務局に相談してみてください。

メルカリにおける返金の手続きについて

商品が返品されて取引がキャンセルになった場合、メルカリ上ではどのように返金が行われるのでしょうか。本項では、メルカリ上での返金手続きについて解説いたします。

受け取り評価が行われる前の場合

受け取り評価が行われる前のキャンセルの場合、決済方法によって返金の方法が異なります。

クレジット払いやキャリア払いの場合、決済自体が取り消しされます。ただし、クレジットカードの締日を過ぎてしまっている場合は、翌月に払い戻しされます。

コンビニ払いの場合は、手数料を含めた金額が売上金として返金されるため、現金化したい場合は振込申請を行うこともできますし、そのまま違う商品の購入に充てることも可能です。

受け取り評価後の場合

受け取り評価後は、システム上メルカリ事務局による自動的な返金が不可能になってしまうため、現金書留など個人間で返金する必要があります。

個人情報を教えたくないユーザーも多いため、メルカリ上で返金用の商品ページを作成し、それを購入してもらうことで返金するという方法をとるユーザーも存在します。しかし、手元にない商品を販売することはメルカリのガイドラインで禁止されているため、ペナルティが科せられてしまう可能性もあることは留意してください。

参考:手元にない商品の出品やECサイト等から直送すること(禁止されている行為・出品物) – メルカリガイド

返品の送料を払いたくないときの対処法

商品に不備があった場合、購入者から返品の申し出があれば出品者は応じる必要がありますが、出品した商品の価格が返送にかかる送料を下回る場合、赤字になってしまうため、できる限り負担したくないというのが本音でしょう。本項では、返品の送料を払いたくないときの対処法について解説していきます。

取引をキャンセルにしたまま返品しない

そのような場合は、取引はキャンセルにしたまま、返品をしないという方法を取ることも可能です。商品を届けた状態で取引だけをキャンセル、返金が行われるため、無料で譲った状態になり、双方に損が生じない形になります。

ただし、購入者が届いた商品を使用しない場合、処分してもらう必要があるため、その手間がかかるほか、当然のことながら売上金は入ってきません。

商品が送料よりも高価で、他に買い手が見つかりそうな場合は返送してもらった方がお得ですが、安価な商品の場合はこのような方法も取れるので、双方合意の上決定しましょう。

メルカリの返品対応に使える例文

実際にメルカリで「返品したい」と言われた場合、どのように対応すればトラブルを避けることができるのでしょうか。本項では、メルカリで返品対応する際の例文をご紹介いたします。

返品を承諾する場合の例文

お金を払って購入した商品に不備があると、購入者も不満に感じるものです。商品に不備があり返品を承諾する場合は、事情の説明と検品ミスへの丁寧な謝罪をしましょう。

例文

お世話になっております。この度は私の検品ミスにより、○○様に多大なるご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。商品を着払いにて返品いただき、取引キャンセルをさせていただきたいと思いますが、いかがでしょうか?この度はご希望に添えず大変申し訳ございません。ご検討よろしくお願いいたします。

返品を断る場合の例文

購入者の自己都合による返品に出品者は応じる必要はありませんが、それでも購入者が返品を希望するケースも存在します。

この場合、無理に返品を断って低評価をつけられてしまうことを避けたいため、返品に応じるという選択肢も視野に入れましょう。返品を断る場合も、相手をなるべく不快にさせないように配慮しながら丁寧に説明することが重要です。

例文

お世話になっております。大変恐縮ですが、今回お知らせいただいた返品理由は○○様のご事情によるものと存じます。メルカリガイドにより、自己都合によるキャンセルはお受けすることができません。お届けした商品や取引自体に問題はないため、今回の返品については対応いたしかねます。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

メルカリで返品トラブルを防ぐためには?

メルカリで商品発送後にトラブルが発生しないために、事前にできることとして、以下の対策が挙げられます。本項では、それぞれの対策法について詳しく解説いたします。

・説明文に商品状態を詳細に記載する

・商品状態がわかりやすい画像を掲載する

・匿名配送を利用する

説明文で商品状態を詳細に記載する

返品を避けるためには、商品説明に商品の状態を正確に記載することが重要です。気付かない程度の傷や汚れでもきちんと検品し、商品が手元に届いてから「イメージと違った」という事態にならないように気を付けてください。また、電化製品は発送前に動作確認をし、動作確認済みであることを記載しましょう。

また、検品時のトラブル以外にも、出品者と購入者それぞれの思い込みによって届いてから不満や返品に繋がる可能性もあります。例えば、出品者は本体だけを出品したつもりでも、購入者は箱や付属品がついてくると思い込んでいるケースです。そうならないためにも「本体のみ・付属品なし」と記載するなどして、なるべく双方の思い込みを減らせるように必要な情報は全て記載しましょう。

商品状態がわかりやすい画像を掲載する

商品の状態を明確に伝えるためには、色合いや傷の具合がわかりやすい写真を掲載することも大切です。

「目立たない程度の傷があります」と記載があっても、購入者にとっては気になる傷である可能性も否めません。文面だけだと認識のずれが生じてしまうため、傷の部分を拡大して撮影した写真を載せる等の工夫をする必要があります。

出品者にとって不利益な情報はなるべく隠したいものですが、後々のトラブルやクレームに発展してしまう方が大変ですので、傷や汚れなど商品に関する不備は予め記載することが重要です。

また、商品に不備がない場合でも、過度に加工されている写真だと届いた際に「イメージと違う!」とクレームに繋がってしまう可能性もあります。メルカリに掲載する写真を撮影する際は、自然光の下などなるべく明るい場所で撮影し、過度な色味の加工は控えるようにしましょう。

匿名配送を利用する

出品者側がどれだけ配慮しても、購入者の自己都合で返送されてしまっては対処できません。そこで、予めメルカリの匿名配送を利用して発送することで、こうしたトラブルも防ぐことができます。

商品が届いているのに「商品が届かないので返金してほしい」と伝える悪質な購入者も存在しますが、メルカリの匿名配送は追跡機能があるため、こういった詐欺まがいの行為に巻き込まれる心配もありません。

住所を知られないというだけで安心感も違うと思いますので、不安な方はぜひ匿名配送を利用してみてください。

メルカリの返品に関する質問と回答

本項では、メルカリの返品に関してよく寄せられる質問と、その回答をご紹介いたします。

返品先の住所を教えたくないときはどうすればいい?

返品先の住所を購入者に知られたくない場合は、郵便局留めやコンビニ留めを利用しましょう。最寄りの郵便局やコンビニを知られたくない場合は、立ち寄る機会のある少し離れた郵便局やコンビニを指定することもおすすめです。

返品できないと言われたら?

商品に不備があるのに返品を断られた場合は、返品ができない理由を確認の上、メルカリ事務局に問い合わせて仲介してもらいましょう

前述の通り、商品に不備がある場合は出品者は返品の申し出に応じる義務があります。返品を断ることはメルカリの利用規約違反にもなりかねないので、メルカリ事務局に仲介してもらうのが妥当です。

事前にできる対策は徹底しよう

メルカリで返品する場合の送料は双方の話し合いの上で決めるようガイドラインには記載がありますが、返品の理由やケースによってどちらが負担するべきかは異なります。

トラブルに発展するリスクもあり、無駄に送料を負担してしまうことに繋がるため、なるべく返品しなくて済むように、商品説明をきちんと記載する、わかりやすい写真を撮るなどの対策は必要です。

それでも返品の必要が生じてしまった場合は、誠実な対応を心がけ、必要であれば事務局に仲介してもらうようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次