物販

Vプリカは便利アイテム!AliExpressの支払いにおすすめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クレジットカードは特別な手続きをすることなく買い物ができますが、昨今のネット情報漏洩などからできればクレジットカードを登録したくない、ということも多いのではないでしょうか。

AliExpressは品揃えも多く、価格も安いので利用したいサイトの1つですが、クレジットカードの登録が心配で買い物ができないというのはもったいないですよね。

そんな時におすすめの支払い方法がVプリカです。

今回はVプリカとはどういったカードなのか、またVカードでの支払いの仕方について、詳しくご紹介します。

Contents

Vプリカとはどんなカード?その3つの特徴とは

Vプリカとは、「バーチャルプリペイドカード」の略ですが、よく懸賞などのプレゼントなどでもらえるプリペイドカードとはまた違うカードです。

一体どんなカードなのか、その特徴を詳しくご紹介します。

バーチャルカードなのでカード本体は発行されない

クレジットカードは事前に申込書を記入したり、ネットでサイトに必要情報を入力した後に、プラスチック製のカードが送られてきます。

一方Vプリカは、バーチャルカードという言葉の通り、実体はありません。

そのためリアル店舗などでの使用はできず、インターネット上の取引でのみ利用ができるカードとなります。

Vプリカはブランドの発行しているカード

クレジットカードは、国際ブランドというものがついています。

これはカード会社に対して、世界中にある加盟店で決済ができるよう機能を提供している会社のことで、よく知られているのがJCBやVISA、MasterCardの3つです。

クレジットカードを作る際には、カードを発行している会社がどこの国際ブランドと提携しているかで選択することになりますが、VプリカはVと付いていることから分かるように、VISAの提供しているサービスです。

VISAは世界中に加盟店がありますので、海外のショップで買い物をするならおすすめの国際ブランドとなっています。

Vプリカは安心の前払い!入金した分だけ使用できるカード

Vプリカはプリペイドカードであるため、事前入金型のカードとなります。

一般的にプリペイドカードは金額が決まっていて、その金額までしか使用ができませんが、最近ではカードに入金(チャージ)することで、同じカードが繰り返し使用できるプリペイドカードが主流になってきています。

楽天Edyやnanacoといったお店で使うことができる電子マネーも、プリペイドカードの1つです。

Vプリカは、VISAに加盟しているネットショップなどを利用した際、またネットサービスの支払いに、利用できる決済方法の1つであるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

Vプリカは便利な決済方法!その3つのメリット

ライフカードが2011年から発行を開始したVプリカは、インターネット上のVISA加盟店で使うことのできる、カードのないプリペイドカードです。

元々はライフカードの公式サイトでしか購入ができなかったのですが、コンビニに設置されている端末で購入が可能になったことから、さらにそのメリットを活かした使い方ができるようになりました。

クレジットカードは便利ですが、物理的にも、また使用上でも不安な要素が多々あります。

磁気不良の読み取り不可といった事態や、スキミングの心配、またカードをなくしてしまうとその対処も大変です。

クレジットカードと同じように使えるVプリカは、そういったクレジットカードの不安やトラブルを解消してくれるメリットがあります。

そのメリットについて、詳しくご紹介します。

Vプリカには審査は不要!即発行ができる

クレジットカードを作るためには、審査が必要となります。

これはクレジットカードが信用支払いである後払いであり、またきちんと支払いができるかどうか収入の状態などを調査する必要があるためで、収入のない人や学生、主婦の方などはクレジットカードの審査が厳しくなります。

Vプリカには規約上は日本在住の18歳以上から購入が可能ですが、事前の審査が必要ありませんので、誰でも購入が可能です。

ネットショッピングでクレジットカードが必要な時に、クレジットカードがない場合にはVプリカが使えますし、ゲームの課金にも使えますので、子供にお小遣いの範囲でVプリカを購入して渡すといった使い方も可能です。

ネットショップでクレジットカードと同じようにお得に使える

クレジットカードを持っていないと、コンビニ支払いや代引きといった方法でしか購入できないため、ショッピングをする時にクレジットカードを持っている人よりも余計なお金を支払わなければならず、損したなあと感じることはありませんか。

Vプリカならクレジットカードと同じように使えますので、入金確認後の発送で待たされたり、送料を負担したりといったコストを削減することができます。

世界中のオンラインショッピングで利用可能

Vプリカの強みは、VISAのオンライン加盟店なら、クレジットカードと同様に利用できるというのが大きなメリットです。

日本国内のショッピングサイトなら、クレジットカードがなくても買い物ができますが、海外のAmazonなど世界中のオンラインショップでは、コンビニ支払いや代引きといった支払い方法がそもそもありません。

外国ではクレジットカードが身分証明書と同じぐらい信用できる価値のあるものですし、そもそも現金を使って買い物をするということはリアル店舗でもほとんどありません。

ただやはりクレジットカードだと、データを読み取られたりといった危険も隣り合わせです。

Vプリカならクレジットカードと同じように安心して利用できます。

Vプリカは誰でも使えるけどデメリットもある!気をつけたい3つの注意点

Vプリカは誰でも購入して利用でき、また個人情報が読み取られないといったメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

また利用する際にはいくつかの注意点もありますので、あわせて詳しくご紹介します。

利用しない期間が続くと維持費を支払う必要がある

Vプリカはプリペイドカードなので、入金をしておけばいつでも使えるのですが、未使用のまま3ヶ月を超えると手数料が請求されます。

これは休眠カード維持費というものです。

使用しないまま3ヶ月が過ぎた月の25日に、手数料として125円がVプリカから引き落とされてしまうのです。

残高がない場合は引き落としはされません。

休眠カード維持費の請求は、引き落とされる前にメールで連絡が来ますので、その時点でチャージや買い物をしましょう。

125円でもやはり引き落とされるともったいないですし、できれば0円の状態にしたいところですが、なかなかVプリカの残高を0円にするような使い方は難しいもの。

この場合はAmazonギフト券の購入がおすすめです。

Amazonギフト券は15円以上1円単位で購入可能なので、使い切ることができます。

Vプリカは購入の時に手数料が必要

Vプリカは、購入時に手数料がかかります。

コンビニ端末だと、2000円から10000円まで購入可能ですが、2000円と3000円、5000円はそれぞれプラス200円、7000円だと280円、10000円だと390円がプラスで手数料として支払わなければなりません。

インターネットでの購入だと、30000円まで購入が可能ですがやはり1枚のVプリカに200円の手数料がプラスされます。

ただしライフカードで購入すると、この手数料が無料になります。

クレジットカードなので審査が必要になりますが、できるだけ手数料は支払いたくないということであれば、検討してみましょう。

Vプリカはチャージしてから1年が有効期限

Vプリカには有効期限があります。

1回使った後、残高があるのを忘れていると、1年後に残高は消滅してしまいます。

使用する際に有効期限が表示されますので、それまでに使うことを忘れないようにしましょう。

もしくは新しくVプリカを購入し、古いカードの残高と一緒にすることも可能です。

そうすると有効期限は新しいカードの方になります。

有効期限が心配であれば、定期的にVプリカを購入して買い足すようにするといいでしょう。

Vプリカにはアカウントの開設が必要!変更や削除はどうやればいい?

Vプリカを利用するためには、まず公式サイトでアカウントを開設しなければなりません。

開設方法はメールアドレスがあればすぐできますので、その登録方法について詳しくご紹介します。

また登録内容の変更の仕方や、不要になった際の削除方法についてもご紹介します。

すぐできる!Vプリカのアカウント開設の手順方法

Vプリカを利用するためには、まず公式サイトでアカウント開設が必要となります。

こちらのページで、チェックボックスにチェックを入れ、個人情報の取り扱いに関する同意約款を確認してチェックを入れ、次のページに行きます。

事前登録画面にて、自分のメールアドレスを登録します。

登録したメールアドレスに、確認メールが届きますので、メールに記載されたURLをクリックして、飛んだページの先でそのまま本登録にすすみます。

本登録の画面で、ログインIDと暗証番号の登録、名前と性別、生年月日、居住地(都道府県のみ)、電話番号、秘密の質問と答えを入力します。

間違いがないかどうかを確認して、問題なければ「登録」をクリックします。

登録したメール宛に、登録完了メールが届いたら、入力したIDとパスワードでログインすることが可能となります。

登録情報を変更するには?

登録している内容に変更があった場合も、公式サイトから手続きができます。

公式サイトの「Myページ」にログインして、「ご登録情報」をクリックします。

Myページでは、会員情報、ログインパスワードの変更、Vプリカを購入するためのクレジットカード情報の変更が可能です。

変更したい項目をクリックして、修正もしくは変更を行いましょう。

正確に入力しないと、Vプリカの登録時に認証されず使用ができなくなったりしますので、注意が必要です。

またログインパスワードは、生年月日や2種類以下の数字の組み合わせは利用できません。

Vプリカのアカウントを削除することはできる?

Vプリカで一度作ったアカウントを、Myページなどネット上では削除することができません。

何らかの事情でアカウントを削除する必要がある場合には、Vプリカのインフォメーションセンターに連絡をしましょう。

アカウント削除は本人にしかできませんので、インフォメーションセンターのオペレーターに本人確認をしてもらった上で手続きをすることになります。

【Vプリカインフォメーションセンターの連絡先と営業時間】

連絡先:045-279-1515

営業時間:10:00~17:00 (土日祝・年末年始休み)

Vプリカはどうやって購入する?コンビニ端末やそれ以外の購入方法

ショッピングやゲームの課金がしたい時に、クレジットカードがない、そんな悩みを解決してくれるのがVプリカです。

Vプリカはコンビニに設置してある端末で、すぐに購入することが可能です。

コンビニでどうやって購入すればいいのか、その方法について詳しくご紹介します。

コンビニ別!Vプリカを購入する際の端末の操作方法

コンビニでVプリカを購入する前に、まずはVプリカのアカウントを登録しておきましょう。

そうすれば、コンビニでVプリカを購入して、番号を登録すればすぐ使うことができます。

それではコンビニ別のVプリカの購入方法を見ていきましょう。

・ファミリーマートのファミポート

メニュー画面にある「プリペイド」をタッチし、「電子マネー(オンラインマネー)」、Vプリカの順にタッチします。

注意事項を確認して、「OK」ボタンをタッチします。

金額の画面が出ますので、希望の額面をタッチし、確認画面で確認ができたら「発行」のボタンをタッチします。

ファミリーマート申込券が印字されますので、レジで代金を支払い、発行コードを受け取ります。

・ローソンのLoppi

「各種サービスメニュー」の画面にある、「携帯・国際プリペイド・ネット用マネー・QUO」をタッチし、ネット用マネーからVプリカの画面を表示させます。

内容を確認して、「OK」ボタンをタッチすると、金額の画面が表示されます。

希望の額面をタッチし、「OK]ボタンをタッチし、再度確認してから「OK」ボタンをタッチします。

プリペイドサービス申込券が印字されますので、レジで代金を支払い、発行コードを受け取ります。

・セブンイレブンのマルチコピー

マルチコピー機のメニュー項目から、「プリペイドサービス」を選びます。

「電子マネー・音楽・動画、ネットショッピング、ブランドプリペイド」を選び、「Vプリカ」の画面を表示させます。

内容を確認し、「OK」ボタンをタッチします。

注意事項を確認した後、「同意する」ボタンをタッチします。

額面の画面が表示されますので、希望金額をタッチします。

購入枚数と金額を確認してから「OK」ボタンをタッチします。

再度申し込み内容を確認してから、「OK」ボタンをタッチします。

マルチコピー機で「プリペイドサービス代金払込票」が印刷されますので、レジで代金を支払い、発行コードを受取ります。

発行コードを受け取った後のチャージ方法

各コンビニで代金を支払うと、発行コードを渡してもらえますので、この内容を見ながら、Vプリカで登録したアカウントでMyページにアクセスします。

コード入力という項目がMyページにありますので、ここを開いて発行コードを入力すれば、すぐにVプリカを利用することができます。

この登録の日から有効期限は1年です。

Myページでも確認はできますが、忘れないようにしましょう。

コンビニ端末以外でもVプリカは購入できる?その方法とは

Vプリカは、公式サイトのMyページからでも購入が可能です。

この場合の支払い方法は、クレジットカード、もしくはゆうちょ銀行などを除くネットバンクから支払う方法があります。

ただしどちらの場合も、購入した履歴が残ってしまいます。

購入手数料がお得になる、またコンビニでは購入できない高額なVプリカが購入できるというメリットもありますが、クレジットカード情報などをできるだけ登録したくないといった事情がある場合には、コンビニでの購入をおすすめします。

またポイントを貯めることができるお小遣いサイトで、交換商品にVプリカがあるサイトもあるので、それを利用するのもおすすめです。

げん玉やポイントインカム、moppyなどがポイントが貯めやすいのでおすすめです。

VプリカでAliExpressの買い物代金を支払う3ステップ

AliExpressは、中国で注目されているオンラインショッピングサイトです。

その品揃えの豊富さも魅力ですが、代理店を通さないので1個から商品が購入可能で、また格安で購入することができます。

輸入ビジネスをしている人にも必須のショッピングサイトとして、人気のあるサイトなのです。

基本的に海外サイトでショッピングをすると、支払いはクレジットカードでしかできません。

事情でクレジットカードを持っていない人は買い物ができない…と考えてしまいますが、VプリカがあればAliExpressで買い物をして支払いも可能です。

そこでAliExpressでVプリカを使って支払いをする方法について、詳しくご紹介します。

まずはAliExpressの決済システムに登録する

AliExpressでは、Alipayという決済システムがあります。

中国では広く浸透している支払いのシステムですが、日本でいうPayPalのようなものです。

電子決済なので、オンラインショッピングではよく使われていますし、電話番号が分かれば送金をすることもできます。

AliExpressで買い物をする場合は、事前にAliExpressのAlipayに登録をする必要があります。

手順としては、

1.Aliexpressにログインします。

2.メニュー右上にある『私のAlipay』にカーソルを置くと出てくる『Go to My Alipay』をクリックします。

3.もう一度Aliexpressのパスワードを入力します。

4.登録したメールアドレスに届いたメール本文内にある『conferm』をクリックします。

5.登録フォームに入力し『Submit』をタップします。(この時にパスワードには6桁の数字を指定します)

6.『Go to My Alipay』をクリックします。

7.右上にある『settings』の『Manage your card』をクリックし、開いた画面の左上にある『Add cards』をクリックします。

Alipayにカード情報を入力して認証させる

Alipayの登録ができたら、今度はVプリカを登録していきます。

英語での表示のみとなっていますが、入力項目は簡単英語ですし、一般的なショッピングサイトと入力する内容はほぼ同じです。

必要な項目を入力し、最後に『Save the Card』をクリックして完了となります。

入力する項目は、以下のものになります。

・Card type VISAを選択します。

・Card number Vプリカ>カード情報>確認で16桁のカード番号が表示されますので入力します。

・Expiration date 有効期限(月 / 年)を入力します。

・Security code セキュリティコード(カード番号下ある3桁の数字です)

・Card holder name カードに表示のニックネームを入力(例:VPRECA→V・PRECA)

・Address line1 住所1(町名・番地など)

・Address line2(optional) 住所2(建物名・部屋番号など)

・City 市名

・Province / State 県名

・Country 国名(Japan)

・Post / zipcode 郵便番号を入力

・Alipay password Alipayのパスワードを入力します。

・Set a new Alipay password 新しいパスワードとして6桁の数字を入力します。

・Confirm your Alipay password 確認用にもう一度新しいパスワードを入力します。

国番号で日本の『81』を選択して、電話番号を入力したら『Get SMS Code』をクリックします。

携帯に認証番号が届いたら、表示された番号を画面に入力し『Submit』をクリックすれば完了します。

『Manege your card』をクリックしてカード情報を確認して、表示されていれば登録は終了です。

AlipayにVプリカが登録できたらAliExpressで買い物をしよう

AliExpressでのショッピングは、日本でのショッピングサイトと同じです。

基本は英語表記ですが、日本語に切り替えも可能なので、日本語でショッピングしてみましょう。

<AliExpressのショッピングの流れ>

1.商品を選んで、「カートに追加」します。

2.「この販売者から購入します」を選んでクリックします。

3.発送先の情報を入力します。

必要となる情報は、Contact name(氏名(本名))、Country / Región(国名・Japanを選択)、Street address(町名・番地(下の段に建物名・部屋番号)
)、City(市名)、State / Province / Región(県名)、Zip / PostalCode( 郵便番号)、Mobile(携帯番号)です。

4.入力内容を確認し、.『Save and ship to this address』をクリックします。

5.支払い情報を確認して、『Conform & Pay』をクリックすれば購入が完了となります。

Vプリカを買ってみたいけど気になる3つの疑問にお答えします

Vプリカが便利なことは分かったけれど、本当に大丈夫なのかな?と心配な方に気になる疑問点についてお答えします。

Vプリカの登録にはお金がかかるの?

Vプリカを使用するためには、公式サイトでMyページにアカウント登録をすることが必要となります。

登録をしたことで、入会金や年会費が発生することはありませんが、使用していくにあたっては、以下の部分で費用が発生します。

・Vプリカ自体に手数料がかかる

コンビニで購入したVプリカには、基本200円の手数料がかかります。

そのため、3000円の金額しか使えないVプリカでも、実質的には3200円が必要です。

・Vプリカを使用していないと休眠カード維持費が請求される

3ヶ月以上使用がないと、休眠カード維持費として毎月125円がVプリカから引き落とされます。

ただし残高が0円の場合は引き落としはされません。

またマイナスになるまで維持費が引き落とされることもありません。

Vプリカをお得に使う方法は?

Vプリカにチャージする度に、手数料がかかってしまいますので、必要な金額があらかじめ分かっているならまとめてチャージする方がお得です。

ただし頻繁に使わないなど、休眠カード維持費が発生するのももったいないので、端数が出てしまった時には、Amazonギフト券を購入するなどして、残高を0円にしておくことをおすすめします。

使う分だけチャージして、余計な金額を残さない方がお得です。

Vプリカに登録する時には本名じゃないとダメ?

Vプリカはニックネームでの登録が可能なので、本名を入力する必要はありません。

ただし入力時には、アルファベット表記の場合は18文字以内で、スペースは使用不可です。

ニックネームのまま、ショッピングサイトの買い物の支払いができますし、ゲームの課金も可能です。

とはいっても、ショッピングサイトの入力画面で、「姓」と「名」を別々に入力する必要がある場合は困りますよね。

このような時には、ニックネームを適当なところで切って、姓と名に入力すれば大丈夫です。

まとめ

Vプリカはクレジットカードを持っていない人でも、コンビニで気軽に購入し、登録すればクレジットカードと同じように使える便利なカードです。

磁気不良やスキャニングの心配をしなくてもいいですし、必要な時にはチャージも可能です。

ネットショッピングやゲームの課金ができない、とお困りのあなたにこそ、必要なVプリカ。

ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法