AliExpressで返金請求する方法!トラブルの対処法も併せて解説

AliExpress(アリエクスプレス)は、中国の大手通販サイトです。商品を安く仕入れられることで有名ですが、取り扱い商品が中国製というだけあって不良品が届くことも珍しくありません。

ここでは、AliExpressの返金方法を紹介します。確実に返金される方法も解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

AliExpressとは?

ここでは、AliExpressの概要を紹介していきます。

AliExpressの特徴

AliExpress(アリエクスプレス)は、海外向けの大手通販サイトです。中国の大手企業である、アリババによって運営されています。中国・香港の出品者が多く、商品価格が安い事が特徴です。品数が豊富で、ブランド品や高額商品も多数出品されています。ただし、コピー品や模造品なども多く販売されているため、仕入れには注意が必要です。

AliExpressの商品ラインナップ

AliExpressに出品されている商品は検品が甘いため、傷や動作不良があったり、別の商品が届くこともあります。質を重視する方には、AliExpressはおすすめできません。

AliExpressを使うときの注意点

AliExpressは海外向けなため、英語でのコミュニケーションが基本です。日本語翻訳機能もありますが、実用的ではありません。出品者によっては中国語での対応も必要です。

AliExpressを使うメリット

AliExpressの利用には以下のようなメリットがあります。

・商品価格が安い

・商品数が多い

・珍しい商品が見つかりやすい

AliExpressでは、驚くほど安い価格で商品が出品されています。国内通販サイトの半額の値段になっているケースも珍しくありません。送料無料の商品も多いので、仕入れコストを抑えることができます。

また、品数も多いため、さまざまな商品の仕入れに有効です。国内最大級のオークションサイトであるヤフオクと比べても遜色ありません。日本で手に入らない商品も豊富です。コピー品や模造品に注意すれば、有効な仕入先として利用できるでしょう。

AliExpressを使うデメリット

ただ、AliExpressには以下のようなデメリットもあります。

・決済はクレジットカードが基本

・関税が発生する

・商品に関するトラブルが多い

AliExpressの決済は、クレジットカードが基本です。そのため、クレジットカード情報が漏洩するリスクは避けられません。

クレジットカード情報を漏洩させたくない方は、デビットカードやプリペイドカードを利用しましょう。

また、AliExpressでは関税が発生する場合があります。関税が発生するケースは以下の通りです。

・課税価格の総額が20万円以上

・課税価格が一万円以上

・免税対象でない商品

海外輸入される商品は、「ギフト」の場合に免税されます。それ以外の商品は、関税が発生するので注意しましょう。

AliExpressでは商品に関するトラブルも多いです。動作不良・商品相違・個数間違い・配送事故などなど、数え上げればキリがありません。特にブランド品や高額商品を仕入れる時は注意してください。

AliExpressで返金は受けられる?

AliExpressは顧客満足度を重視していることもあって、「商品に不具合があった」「違う商品が届いたといった提供側に不備があった」といった場合には、きちんと返金してくれることが多いです。もしAliExpressでの買い物で何か問題が発生したら、Open Dispute(公開紛争)で申し立てをすることもできます。

中国のショッピングサイトでは、店によって対応が悪く返金を受けられないようなお店も中にはあります。しかしAliExpressではそのような心配はありませんので、何か不都合があれば、返金手続きをすれば大丈夫です。

AliExpressの返金方法

ここでは、AliExpressの返金方法を紹介します。

返金方法の種類

AliExpressの返金方法には2種類あります。

・販売者と直接やり取りをする

・AliExpressを通す

トラブルを早めに解決するには、販売者と直接やり取りする方法がおすすめです。

出品者が返金してくれない場合は、AliExpressを通すようにしましょう。

AliExpressの返金依頼は受取確認前にする

AliExpressで返金を依頼する場合は、受け取り確認をしてはいけません。

受け取り確認は、商品に問題がなかったという意思表示になってしまうからです。受取確認後は、出品者も返金に対応する必要がなくなります。

AliExpressの返金依頼はすぐに行う

返金依頼する場合は、期間が空くほど返金されにくくなるため、注文配達後15日以内、もしくは荷物受け取りの確認期間の最終日までに連絡しましょう。

セラーに直接連絡して返金してもらう方法

セラーに直接連絡して返金依頼する流れをみていきましょう。

まずは注文履歴から、返金したい商品を選択してください。

商品内に、販売者の社名と取引相手の名前が書いてあります。その中のメールのマークをクリックしましょう。

メッセージセンターに移動します。返金依頼したい商品情報の「メモを送る」をクリックして返品を依頼する理由について詳細に記載してください。

正当な理由であるほど、返金されやすくなります。返金依頼する経緯を、写真付きで説明することが大切です。

再発送を提案されることもある

商品によっては、再発送を提案してくれるセラーもいます。

再発送を依頼すれば、ほぼ確実に良品を手に入れることができます。商品到着まで気長に待てる場合は応じるのも良いでしょう。2〜4週間ほど待つのが一般的です。

再発送に応じる場合は、追跡できる発送方法を指定しましょう。

AliExpressを通す場合

セラーが返金に応じてくれない時は、AliExpressを通しましょう。AliExpressを通した紛争解決には、公開裁判である「Open Dispute(オープン紛争)」を利用します。

Open Dispute(オープン紛争)への連絡は、セラーが商品を発送して11日目から、配達時間が終了するか商品の到着15日以内に行ってください。

利用する際は、下記の情報を用意しましょう。

・メッセージ画面のスクリーンショット(セラーに連絡した証拠)

・商品画像

・追跡画面のスクリーンショット(商品の到着時期)

AliExpressのOpen Dispute

基本的に、トラブルはセラーとの話し合いで解決するのが一番です。

それでも解決できない場合の最終手段としてOpen Disputeを利用しましょう。

AliExpressのOpen Disputeには証拠が必要

AliExpressのOpen Disputeを利用するには、トラブルの元になった証拠が必要です。不良品が届いた場合は商品画像、未着の場合は追跡画面のスクリーンショットを提出すれば良いでしょう。

商品が入っていなかったことを主張するには、開封動画を提出するのが一般的です。スマホやカメラなどの高額商品を仕入れたときは、特に注意しましょう。

セラーとのメッセージ画面も証拠になる

セラーとの連絡画面もOpen Disputeの証拠になります。セラーと十分に話し合ったことが分かるようなメッセージ画面を提出しましょう。

Open DisputeをちらつかせるメッセージはNGです。場合によっては脅迫に取られることもあります。日数が経ってから返金希望を伝えるくらいにしておきましょう。理想的なのは、「返金」という言葉をセラーから引き出すことです。

商品の再発送依頼をメッセージ内でしても構いません。購入者側に落ち度はないからです。

AliExpressの返金方法は全額返金と部分返金がある

AliExpressの返金には、全額返金と部分返金があります。

部分返金の返金額の割合は自分で決めることができます。商品に問題はあるけれど、返品するほどでもないという時に利用しましょう。

全部返金の証明は、部分返金よりも大変です。全額を返金請求できるだけの証拠を集める必要があり、最低5日間は裁定が出ません。早く解決したい時は、返金の同意を取り付けましょう。

AliExpressのOpen Dispute(部分返金)

ここでは、AliExpressのOpen Disputeで部分返金してもらう方法を紹介します。

Open Disputeで部分返金する

商品に問題はあるけれど返品するほどではないという場合は、部分返金を依頼します。海外への返送料を負担したくない方にオススメです。

AliExpressのOpen Disputeで部分返金する方法

Open Disputeで部分返金を依頼する場合は、証拠画像を用意します。証拠画像が用意できなければ、部分返金は不可能です。

早速、Open Disputeで部分返金を依頼する方法を見ていきましょう。

My AliExpress⇒ Orders ⇒Oder detaisl ⇒Open disputeへと進んでください。

次の画面で、希望する返金額を入力します。

移動ページで、「商品が届いているか」「返金の理由」「商品の状態」など、基本的な事項を入力します。簡単な英文なので分かると思いますが、理解できない時はGoogle 翻訳を利用してください。返金理由はできるだけ詳細に書きます。

証拠画像をアップロードする際は、画像の容量に注意してください。AliExpressでは、画像は1枚5MBまで、最大3枚までアップロードできます。

全て入力し終わったら裁定期間に入ります。裁定期間は5日間です。

AliExpressのOpen Dispute(全額返金)

75日経過しても商品が届かない場合や商品が発送されない時は、全額返金を依頼しましょう。

商品が届いている場合は返品が必要

商品が届いている場合は、商品の返品が必要です。返品しなければ、全額返金は無理だと思ってください。

全額返金を依頼する場合は、全額返金を請求する価値があるのかじっくり考えてください。

商品購入から75日以上経っても届かないときは全額返金請求する

商品を購入してから75日以上経っても届かないということは滅多にありません。どのような配送業者でも、正当な理由もなく75日以上かかることはありません。

75日以上商品が届かない場合は、商品を発送していない可能性が高いです。そのような場合は、AliExpressに全額返金を依頼しましょう。

商品が届かないときの対処法

商品が届かない時は、セラーに商品が届かない旨を送信するなどして、全額返金の準備をしましょう。商品を注文してから10日経った時点で最初のメッセージを送り、以降も10日経つ毎に1回の割合でメッセージを送るのがおすすめです。50日経過時に、返金を希望する旨を伝えましょう。前述のとおり、75日経過後はAliExpressに依頼します。

AliExpressのOpen Disputeで全額返金する方法

AliExpressで全額返金請求する方法を紹介します。

1.My Ordersから返金を希望する商品を見つけ、「Order details」をクリックする

2.次の画面で表示される「Open dispute」をクリック

3.希望の返金額を入力する。全額返金の場合は全額を入力。

4.返金理由などを記載する

返金理由や証拠画像のアップロードなどのやり方は、部分返金と同じです。返金理由は、「Purchase Protection is running out, but package is still in transit.(購入者保護が切れるが、まだ届かない)」がおすすめです。

分からない英文があるときは、Google翻訳を使いましょう。

証拠画像は、トラッキングコードが更新されていないのならCAINIAOしか対応してません。

参考: CAINIAO

セラーとのメッセージ画面もアップロードすると、より良いです。

Open Dispute後の流れ

Open Dispute後は、5日間の裁定期間を待ちましょう。販売者が弁明してきても拒否してください。裁定期間が終わって2日もすれば、AliExpressによる裁定が下されます。

返金方法はクレジット会社で異なります。返金期間などを知りたい場合は、別途問い合わせが必要です。

AliExpressで返金情報を確認する方法

AliExpressで商品をキャンセルしたり返金申請をしたりしても、それが完了しなければ手続きが上手く進まなかったり、返金が受けられないということがあります。ここではAliExpressで返金情報を確認する方法をお話ししていきます。

パソコンで確認する

AliExpressで購入した商品がキャンセルされたかどうかは、注文情報画面で確認することができます。

やり方としては、まずAliExpressにログインして「My AliExpress」にある注文情報画面をクリックします。その後に「Seller agreed to order cancellation(販売者が注文のキャンセルを了解しました)」という表示がされていればキャンセルできた証拠になります。

また注文番号をクリックすると、返金処理を追跡することができます。返金処理が今どのような状態になっているかは以下のどれかに当てはまるので状況を確認してみてください。

・Waiting Refund(確認中)
・Refund Processing(処理中)
・Refund(返金完了)

モバイルで確認する

モバイルから確認するには、始めにパソコンと同様にAliExpressにログインします。その後は「Account」→「Orders」「View All」「商品選択」「Refund informatio」と進めていくと確認することができます。すると以下のいずれかの表示が出ていると思います。

・Waiting for Refund(確認中)
・Refund Processing (返金処理を行っている状態)
・Refund Complete(返金が完了している状態)
・Refund Amount (返金された金額の表示)

手続きが完了すると「Refund Complete」になります。

AliExpressで返金されないパターンとその対処法

返金の手続きを申請したとしても、その手続きが完了するには時間がかかります。というのも手続きを完了させるには提供側の合意が必要だからです。そのため合意が得られないといつまでも手続きが完了しないことになってしまうのです。

また、AliExpressで返金が完了したとしても、クレジットカードに返金がされるまで3〜20営業日くらいかかることがあります。

返金処理中のままになっているパターン

セラーが返金に同意するとステータスが「返金処理中」に変わります。これだけ見るとしばらく待っておけば返金がされると思いがちですが、このステータスがいつまで待っても返金完了にならないパターンがあります。これはカード会社によって返金処理が遅くなってしまうことが原因になります。

なので返金処理中のままになっている場合には、AliExpressではなくカード会社の処理が遅れていると考えましょう。

返金処理が完了したのに返金されないパターン

返金処理をしてから3ヶ月以上経っても返金処理がされない場合には、さすがに遅すぎるのでAliExpressの運営側に問い合わせるようにしましょう。問い合わせの際は日本語ではなく、中国語や英語となるので、google翻訳などを活用して問い合わせるようにしましょう。

返品したにも関わらず返金がされないパターン

購入した商品に不備があった場合には、返品して返金を受けることができます。ですがこの返金処理は、返品されたことを証明するものがないと受けることができません。そのため返品をする際には、必ず追跡番号がある発送方法を選ぶようにしましょう。追跡番号がない発送方法の方が安いですが、それだと発送の証拠が残らないので万が一トラブルが起きた時を考えると損をしてしまいます。

AliExpressの返金についてよくある疑問

AliExpressで商品を返品するためには、様々なパターンがあって色々と疑問が出てくることも多いです。ここではAliExpressの返品や返金に対してよくある疑問を紹介していきます。

返金後に商品が届いてしまったら?

返金がされたにも関わらず、商品が届いてしまったらまずはセラーに連絡を取るようにしましょう。このパターンではセラーに落ち度があるので、受け取った側としては返金されたのに商品が届いてしまったということを正直に伝えればOKです。

連絡をしなかったとしても特にペナルティが課せられることはありません。

アプリからキャンセルや返金申請はできる?

商品のキャンセルや返金申請はアプリからもすることができます。やり方としてはまずアプリでAliExpressを開き「アカウント」「注文」へ移動して注文履歴を確認しましょう。その際に、キャンセルしたい商品に「追跡中」もしくは「商品の受け取りを確認中」となっていれば、キャンセルすることができます。

他の方法としてセラーに直接連絡する方法があります。チャットで返金理由を送信すればキャンセルの手続きを行うことができます。

返品なしの全額返金はできるのか?

全額返金をしたい場合には、基本的に返品を行う必要があります。しかし場合によっては返品をしないでも全額返金を受けることができるパターンがあります。
それは、商品に明らかな不備があった場合です。不備があった内容を証拠として画像に残しておいて、Open Dispute(公開紛争)に申し立てれば返品無しで全額返金を受けられる可能性があります。

まとめ

AliExpressは国内の通販サイトと同じようには使えません。販売されている商品の値段は安いですが、トラブルも多いです。あまりにひどいトラブルに遭遇したときは、返金してもらいましょう。

返金は直接セラーと連絡を取り合って行うのが理想的です。もし返金を渋るセラーがいたら、Open Disputeを利用しましょう。Open Disputeで返金してもらうには、証拠画像をアップロードする必要があります。

ただ、Open Disputeは最終手段なので、全額返金を希望する場合でも、75日以上待ってから依頼するのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次