物販

FBAとは?手数料やメリット・デメリットを徹底チェック!

この記事を監修した吉田です。
2021年9月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

突然ですが、Amazon上でセラーをしている人にとって便利なFBAというサービスがあるのをご存知でしょうか?聞いたことはあるものの、いまいち仕組みがわからないという人も多いはず。

今回はFBAとは何か、その手数料やメリット・デメリットを詳しくまとめてみました。Amazonでセラーとしてビジネス展開している人は参考にしてみてくださいね。

FBAとは?

最初に、FBAとは何かという基本情報から整理していきましょう。

フルフィルメントとは?

FBAとは「fulfillment by Amazon(フルフィルメント・バイ・アマゾン)」の頭文字をとったものです。まずは、フルフィルメントが何を意味するのかを学びましょう。そうすることでFBAがどのようなサービスなのかをより理解しやすくなります。

もともと英語の「フルフィルメント」という単語には、「業務実行」「業務遂行」といった意味があります。一方、ECサイト業界では、商品が注文されてから消費者のもとへ届くまでに行われるすべての業務を「フルフィルメント」と呼びます。

細かく説明すると、販売する商品を発注、買い付けることから始まり、梱包、発送、在庫管理に返品対応に至るまでの業務すべてが「フルフィルメント」に含まれます。商品がお客さんに届けられたら終わりではありません。クレームの処理や決済管理なども「フルフィルメント」に当たるのです。

FBAとは?

仮に自身で店舗を持ち、商品を販売しているとすれば、以上の業務は全部自分で行わなければなりません。しかし、手数料を払ってAmazonの「FBA」サービスを利用すれば、Amazonがセラーに代わってこれらの業務を行ってくれます。例えば、在庫管理だけでなく、梱包、発送、クレーム対応まですべてAmazonが代わりに行ってくれます。

もちろん自分で行わなければならない業務もあります。商品を仕入れること、Amazonに出品、納品するところまではセラー自身が行わなければなりません。

FBAに含まれる業務内容

Amazonはどんな業務を代行してくれるのでしょうか?簡単にまとめてみました。

  • Amazon倉庫内での在庫管理
  • 商品の販売
  • 受注業務
  • 梱包作業
  • 発送業務
  • 返品処理
  • クレーム処理

これほど多くの作業をAmazonが担ってくれるのですから、残った時間をトレンド調査や商品リサーチなどに使うことができ、スムーズにビジネスを動かすことができそうですね。

FBAの利用にはいくらかかる?

FBAのサービスを受けるのに必要な料金は、「月額基本料4,900円+手数料・保管料」です。基本料はサービスを受けるために最低限必要な料金のことを指し、別途配送費やカスタマーとトラブルが生じた際に発生する手数料などがかかってきます。

また、保管料としてAmazon倉庫に商品を保管するための料金も発生します。送料や保管料は商品の大きさや期間などで変わってくるので、その都度料金表を見て確認するようにしましょう。

配送代行手数料

「配送代行手数料」は送る商品の大きさや重さによって異なり、料金は17区分に分けられています。その内の二つの手数料を例に挙げてみましょう。

  • 一番小さいサイズ 25cm×18cm×2.0cm以内/ 250g以内:290円
  • 一番大きいサイズ 260cm以内(最大寸法)/ 50kg以内:5,625円

詳しくは配送料の料金表をご確認ください。

参考:Amazon 出品にかかる手数料

在庫保管手数料

「在庫保管手数料」は、Amazon倉庫の使用料を指します。Amazonが所有する倉庫に荷物を保管してもらう上で料金が発生します。保管したい商品のサイズや保管する期間によって値段が変わってきます。お歳暮やクリスマスシーズンに入る年末は在庫保管手数料が格段に上がるので要注意です。

「在庫保管手数料」は一日当たりの金額です。商品を置くために一日あたりどれくらいのスペースを利用するかに基づいて料金が設定されているので、手数料を計算する際は、「値段×日数」としなければなりません。

一例を挙げてみます。

小型商品(服&ファッション小物、シューズ&バッグカテゴリーを除く)
1月~9月5.160円×[商品サイズ(cm3)] / (10cm×10cm×10cm)×[保管日数] / [当月の日数]
10月~12月9.170円×[商品サイズ(cm3)] / (10cm×10cm×10cm)×[保管日数] / [当月の日数]
小型商品(服&ファッション小物、シューズ&バッグカテゴリー)
1月~9月3.10円×[商品サイズ(cm3)] / (10cm×10cm×10cm)×[保管日数] / [当月の日数]
10月~12月5.50円×[商品サイズ(cm3)] / (10cm×10cm×10cm)×[保管日数] / [当月の日数]

仕入れる商品や在庫の数に応じてその都度プランを変更していくと無駄なく管理できます。

その他手数料

上述した必須手数料以外にかかる手数料も見ていきましょう。商品をAmazonの倉庫へ預けている期間が1年を超える場合は「長期在庫保管手数料」顧客との問題を処理する際には「返送・所有権の放棄手数料」各商品ごとの梱包に「FBA梱包準備サービス代金」がそれぞれ必要になります。

参考:Amazon 出品にかかる手数料

FBAサービスを利用するメリットとは?

ここからはFBAサービスを利用するメリットついてみていきましょう。

(1)販売品がAmazonプライム対象商品扱いに

一つ目のメリットは、あなたの商品がAmazonプライムの対象商品になることです。

Amazonプライム会員は特典として、いち早く商品を届けてもらう「お急ぎ便」や、地域限定の「当日お急ぎ便」をいつでも無料で利用できます。あなたの商品がAmazonプライムの対象となっていれば、バイヤーは送料無料で、かつ早く商品を手に入れることができるので、Amazonプライム対象ではない同一商品に比べて売れやすくなります。

配送スピードでバイヤーに喜んでもらえれば顧客満足度指数に反映されますし、結果的にビジネスをより円滑に動かすことにも繋がります。

(2)販売品が「Amazonからの発送」商品扱いに

二つ目のメリットは「Amazonからの発送」を記載してくれる点です。

Amazonを利用するバイヤーの大半は、発送元がAmazonかそうでないかを重視します。Amazonで購入したからといって必ずしもAmazonの倉庫から配送されるとは限りません。発送元を気にするお客さんは、商品掲載ページの「出荷元 Amazon」の記載をチェックしています。この記載があるほうが購入者に安心してもらえるため、売れやすいというメリットがあります。

(3)時間を節約できる

三つ目のメリットは、配送業務にかける時間を大幅に削減できることです。

FBAを利用すれば、梱包作業や発送業務など、本来自分で行うべき業務をAmazonが担ってくれます。そして、節約できた時間を商品のリサーチやトレンドの調査、企画会議などに使うことができるのです。

(4)上位表示される

四つ目のメリットはFBA商品は商品ページの上位に表示されるという点です。

バイヤーが商品検索を行ったとき、あなたの商品がページの上位に表示されていて、なおかつ送料が無料なのであれば、売れやすくなるのは当然ですね。

(5)Amazonカートが取得できる

五つ目はAmazonカートの獲得資格を得られることです。

カートを獲得(取るともいう)できれば、Amazonのトップページにあなたの商品を表示させられるようになります。反対に、カートが獲得できなかった場合は、目立たない後ろの方のページに表示されることになってしまいます。したがって、売り上げを上げるには、カートを取ることがとても重要といえるのです。

その点、FBA利用者は自動的にショッピングカートボックスの獲得資格を得られる仕組みになっているのが魅力的です。

(6)支払い方法の選択肢を増やせる

六つ目は、支払い方法を増やせることです。

FBA商品は代引きによる支払いが可能になります。クレジットカードを使用しないバイヤーも購入可能になるので、売り上げの向上につながります。

(7)Amazon以外のECサイトも一括管理できる

七つ目は、「FBAマルチチャネルサービス」が利用できることです。

「FBAマルチチャネルサービス」とは、Amazon以外の様々なECサイトからの注文や配送、在庫管理などをAmazonのフルフィルメントセンターで一括管理できるサービスです。

FBAのオプションサービスなので依頼する毎に手数料が発生しますが、複数の販促経路を持っているバイヤーにとっては在庫や売り上げの管理を容易にしてくれる便利なサービスです。

(8)FBA小型軽量プログラムが使える

八つ目は、「FBA小型軽量プログラム」を利用できることです。

利用するには登録を事前に行う必要がありますが、条件次第で通常のFBA手数料よりも安く利用できるようになります。条件は、商品の重量が950g以下でメール便のサイズに収まっていること、過去4週間に25個以上の販売実績があること、1,000円以下の安価な商品であることなどが挙げられます。他の条件については公式サイトをチェックしてください。

以上八つのメリットに注目してみました。FBAは、Amazonでセラーとして成功するうえで有用なツールとなることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

参考:Amazon FBA小型軽量商品プログラム

FBAサービスを利用するデメリットとは?

次に、FBAを利用するデメリットについても説明しておきます。

(1)FBA手数料が発生する

一つ目のデメリットはサービス手数料がかかることです。

付加的なサービスなので当然と言えば当然ですが、「基本料金」に加え「配送代行手数料」、「在庫保管手数料」がかかります。

さらに、Amazonに商品を預ける期間が1年を超える場合は「長期在庫保管手数料」が、バイヤーとの間に生じる問題やクレームを処理する際には「返送・所有権の放棄手数料」が、各商品を梱包してもらうのに「FBA梱包準備サービス代金」がそれぞれ掛かってきます。

参考:Amazon 出品にかかる手数料

(2)倉庫にある商品を目で確認できない

二つ目は、一度商品をAmazonの倉庫に入庫すると、以後は商品の状態を確認できなくなってしまうことです。

お客さんから商品の色味や形状、状態に関する問い合わせがあった場合、手元に商品がなく自分の目で確認できないため少し面倒なことになります。

もし商品の状態を確認したければ、自分で配送料を払ったうえで商品を手元に戻し、状態を確認した後、もう一度配送料を払ってAmazonの倉庫に送る必要があります。しかも、この方法を利用しても送り返された商品のみ確認できるだけで、すべての商品の状態が確認できるわけではありません。

上記の点を踏まえると、コンディションの変化に影響されにくい商品がFBAに向いているといえるでしょう。

(3)手間や費用か掛かる

三つ目は、FBAの利用を開始するために手間や費用が掛かるという点です。

これはデメリットと呼ぶほどのことではありませんが、Amazonの倉庫に送る前に自分で一通り行う作業があり、多少の手間が生じます。例えばAmazonの倉庫に配送料自己負担で商品を送り、納品準備に必要な資料や商品ラベルを準備し、さらに商品一つ一つに張り付けていく作業などです。ここまではセラーが自身で行う必要があります。

(4)預けることのできる商品に制限がある

四つ目は、預けることのできる商品に制限があることです。

例えば以下の物品は預けることができません。

  • 常温管理不可の商品
  • 動植物
  • 危険物および化学薬品
  • 医療機器
  • 医薬品および酒類
  • 金券、商品券
  • ネオジウム磁石、磁気が他の商品に影響を及ぼす恐れのある強力磁石
  • ゴールド、プラチナ、銀などの貴金属バー、インゴッド、地金
  • 金貨、銀貨、銅貨、記念コイン
  • 古銭、古札

出品前は、販売予定の商品が預託可能荷物に該当するかを確認しておきましょう。

参考:FBA禁止商品

利用上の注意点

FBAを利用する際の注意点も学んでいきましょう。

利益の残存率を把握する

FBAを利用するとなると出店費用以外の費用もかかってきますので、どれほどの利益が残るのか事前にしっかりと計算し、把握しておきましょう。

参考:出品にかかる費用

マルチチャネルサービス利用上の注意点

マルチチャネルサービスを利用する際の注意点は、バイヤーがAmazon以外のECサイトから商品を購入した場合でも、配送ラベルの送り元に「Amazon」と記載されることです。バイヤーの混乱を避けるために事前に連絡を入れておく方が無難でしょう。

また、さきほど述べたとおり、預けられる商品に制限があるほか、チラシの同梱やギフトラッピングはサービスに含まれません。

購入者情報は追跡できない

Amazonは個人情報保護のために、FBA利用者がバイヤーの個人情報を追跡することを許していません。そのため、何らかのトラブルが生じたとしても、自分では対応できず、カスタマーセンターに事後処理を委ねるしかありません。

しかし、Amazonは大企業でカスタマーサービスもしっかりしているので、考えようによってはバイヤーとのややこしいやり取りを任せられるのは大きなメリットになりえます。

FBAの利用を停止する際の注意点

FBAの利用を停止する場合は、預けている商品を廃棄するか、返送してもらわなければ保管料をずっと支払い続けることになります。

また、預けている商品の処理が終わって解約した後も未入金の売り上げが振り込まれることがあるので、登録している銀行口座の名義にも注意しておきましょう。例えばAmazonアカウントがなくなった場合、その名義人の銀行口座に売り上げが振り込まれても引き出せないといったトラブルが生じることがあります。銀行の名義人の名前の変更など、必要に応じた処理を行いましょう。

まとめ

FBAを活用すればオンラインビジネスの配送業務や管理業務を効率よく行うことができ、空いた時間をトレンド調査や商品リサーチなどに使うことでよりビジネスを発展させることが可能です。

ぜひ今回ご紹介したFBAのメリット・デメリットを把握した上で、FBAを活用してみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!