物販

アメリカのアマゾン(Amazon.com)でお得に購入する方法。クーポン情報から注意点まで徹底解説!

「基本的に何でもある」でお馴染みのAmazonですが、本家アメリカのAmazon.comは更に品揃えが豊富で値段も安いです。しかも、日本のAmazonとレイアウトが同じで使いやすいため、輸入事業者にとっては魅力的な仕入れ先と言えます。

今回は、アメリカのAmazon.comで商品を購入する方法や、購入の際の注意点などを解説します。

Amazon.comの概要

Amazonは元々アメリカ発の巨大ECモールです。日本を含めた世界16カ国に、それぞれの国に対応したAmazonがあります。

中でも本家Amazon.comは市場規模が桁違いに大きく、仕入れ先として最適と言えます。

Amazon.comで購入できる商品

商品カテゴリは日本とほぼ変わりません。基本的に何でも購入できます。

日本に発送できない商品もある

ただし、Amazon.comで販売されている商品の中には、日本への発送に対応していないものもあります。「Ships to Japan」と表記されているものは日本へ送ってもらえますが、表記されていないものは転送サービスを使わないと購入できません。

Amazonアプリでの設定

スマホのショッピングアプリからもAmazon.comを利用できます。

参考:Android版アプリ

参考:iOS版アプリ

アプリでAmazon.comを利用するには、まずは国・言語の設定を変更する必要があります。アプリを開いたら、左上の「三」をタップして、プルダウンメニューから「設定」を選択して、「国と言語」をタップしてください。

「国:日本」をタップして、プルダウンメニューから「インターナショナルショッピング」を選択して、言語は「English」を選択してください。

クレジットカードが必須

Amazon.comで仕入れるために必要なものは以下の3つです。

・メールアドレス
・住所
・クレジットカード

3つとも日本のものでも問題なく登録できます。

購入の流れ

まずはAmazon.comのホームページを開いてください。

参考:Amazon(アメリカ)

表記は英語ですが、サイトのデザイン・レイアウトや基本的な使い方は日本版のAmazonと変わりません。検索フォームに英語で欲しい商品名を入力し検索しましょう。

商品画像かタイトルをクリックすると、商品ページに飛びます。

カートに入れる

商品をとりあえずカートに入れる場合は「Add to Cart」を、購入手続きを飛ばしたい場合は「Buy Now」(日本版Amazonの「今すぐ買う」のこと)をクリックしてください。

購入手続きに進む

購入したい全ての商品をカートに入れたら、「View Cart」(画面右上にあるカートマークのことです)をクリックしてください。

カートの内容が表示されます。購入手続きに進むには「Proceed to checkout」をクリックしてください。

アカウント作成

サインイン画面が表示されるので、下の方にある「Create your Amazon account」をクリックしてください。

新規アカウント作成フォームが表示されたら、名前・メールアドレス・パスワードを入力して、「Create your Amazon account」をクリックしてください。

これでアカウントの作成は完了です。

お届先住所の登録

続いて、お届け先住所を登録しましょう。「Add a new address」をクリックして、住所を英語で入力してください。

例えば、以下の氏名・住所・電話番号を英語で登録するとします。

氏名:山田 五郎
郵便番号:123-4567
電話番号:080-1234-5678
住所:東京都千代田区永田町1-2-3 ウルトラタワー 4階

この場合は、以下のように入力しましょう。

【Full name】 Goro Yamada
【Street and number P.O. box, c/o】 1-2-3,Nagata
【Apartment,suite, unit, building, floor】 Urutora tower 4F
【City】 Chiyoda
【State / Province / Region】 Tokyo
【ZIP Code】 123-4567
【Phone number】 +81-80-1234-5678

支払い方法の登録

次に支払い方法を登録します。今回はクレジットカード払いを選択します。

まずは「Add a Card」をクリックしてください。「Name on card(カード名義)」と「Card number(クレジットカード番号)」と「Expiration date(有効期限 月/年)」を入力して、「Add your Card」をクリックすれば登録完了です。

支払い通貨の設定

クレジットカードで支払う場合は、支払い通貨の選択ができます。日本円で支払う場合は「My card is in Japanese Yen」、他の通貨で支払う場合は「My card is in different currency」を選択して、プルダウンメニューから通貨を選択してください。

支払い通貨を設定したら、「Continue」をクリックしてください。

合計金額の確認

すると、最終確認画面になります。合計金額などをよく確認してください。

Shipping&handlingは送料と手数料のことです。

問題がなければ、「Place your order(注文確定)」をクリックしてください。

セール・クーポン情報

日本のAmazonでもセールやクーポンが結構ありますが、アメリカではさらにたくさんあります。常に何かしらのセールが開催されているくらいです。上手に利用してお得に仕入れましょう。

Coupons(クーポン)

どのようなクーポンがあるのかは、以下のリンク先をチェックしてください。

参考:Coupon

クーポンをクリックして購入手続きをすれば、自動的に割引されます。ただし、同じ商品でもサイズや色が違うだけでクーポン対象外になることがあります。注意してください。

Outlet(アウトレット)

Outlet(アウトレット)情報は、以下のリンク先に記載されています。

参考:Outlet

AmazonのOutletは在庫処分セールのようなもので、正規品が割引価格で販売されています。

Warehouse Deals(訳あり商品)

Warehouse Dealsでは、返品された商品が割引価格で販売されています。

参考:Warehouse Deals

ブラック・フライデー

ブラック・フライデーはアメリカ最大のセールです。11月の第4木曜日の翌日から開始します。

Amazon.comの配送について

アメリカのAmazonで商品を購入すると国際配送で送られてくるため、配送には時間がかかります。また、Amazon.comでは基本的に送料無料にはなりません。

配送方法

Amazon.comでは、3つの配送方法を選択できます。配送方法の表記と、お届け日数の目安は以下のとおりです。

・AmazonGlobal Standard Shipping(2〜3週間)
・AmazonGlobal Expedited Shipping(1〜2週間)
・AmazonGlobal Priority Shipping(1週間以内)

下に行くほど送料は高くなります。

配送状況の確認

配送状況を確認したい場合は、Amazonのトップページの右上にある「Account&Lists」にカーソルを合わせて、メニューから「Your Orders」をクリックしてください。これは日本のAmazonでいうところの「注文履歴」にあたります。ここから配送状況の確認ができます。

Amazon.comの注意点

Amazon.comを使った個人輸入には3つ注意点があります。

関税がかかる

輸入には関税がかかります。個人輸入の場合は、商品代金の60%が課税価格となります。そのため、関税の計算式は以下のようになります。

関税=(商品代金×0.6)×関税率

関税率は品目ごとに異なります。詳細は税関のホームページで確認できます(関税率は毎月更新されています)。

参考:輸入統計品目表(実行関税率表)

税関によると、以下のいずれかに該当する場合は個人輸入とみなされます。共通して言えるのは、「自分で使うことを目的として購入する」という点です。

(1)自分が使うための商品を、輸入者自身が直接海外のECサイト・小売店・メーカーに注文して直接購入する
(2)自分が使うための商品を、輸入代行業者に注文して、その代行業者を通じて購入する

個人輸入の場合は、課税価格が1万円以下だと基本的に関税はかかりません。つまり、商品代金が16,666円以下なら基本的に免税となるのです。

しかし、1つの商品の課税価格が1万円以下でも、同梱された商品の合計課税価格が1万円を超える場合は課税されます。例えば、課税価格が9,000円の商品を単品で輸入した場合は関税はかかりませんが、5,000円の商品を4つ購入してまとめて梱包して発送してもらった場合は、同梱商品の合計課税価格が1万円を超えるため関税がかかります。同梱してまとめて配送してもらえば送料は安くなりますが、場合によっては関税がかかる場合もあります。注意してください。

1-click決済

Amazon.comにも、日本のAmazonと同じく、商品ページに1-click決済ボタンがあります。本当にワンクリックで注文が確定してしまうため、代金・送料などをよく確認してからクリックしてください。

クレジットカード必須

Amazon.comで購入するにはクレジットカードかデビットカードが欠かせません。

日本のAmazonならコンビニ払いやネットバンキングで決済できますが、Amazon.comではこのような決済方法は利用できません。ただし、アメリカに口座がある場合は別です。

アメリカ版Amazonで使えるカードは以下のとおりです。

・JCB
・Visa
・MasterCard
・American Express

輸入するならAmazon.com!

輸入転売の仕入れ先として使えるECモールはいくつかありますが、なかでもAmazon.comの品揃えと使いやすさは他の追随を許しません。輸入初心者はぜひAmazon.comをご利用ください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。