物販

Amazonの販売手数料の計算方法を初心者向けに解説

Amazonで商品を販売するには所定の手数料がかかりますが、料金体系が少々複雑で、最終的な利益がわかりづらいです。

今回は、Amazonで商品販売にチャレンジしたい人向けに販売手数料について解説します。

大口出品と小口出品の違い

Amazonで出店する場合は、2つの出店プランがあります。

・大口出品サービス(月額税込5,390円)
・小口出品サービス(月額0円)

月額料金がかからない小口出品サービスは、気軽に出店可能です。しかし大口出品と比べて成約料などの手数料が別途かかり、利用可能なツールやサービスが限定されます。

大口出品サービスの特徴

大口出品の料金は下記のとおりです。

・月額登録料:税込5,390円
・販売手数料:注文価格の8~15%ほど
・カテゴリー別成約料(本やDVDなど)

大口出品者は、Aamzonが提供するさまざまなツールやサービスを利用できます。

・一括出品ツール
・注文管理レポート
・すべての決済方法(コンビニ払いなど)
・マケプレプライム
・Amazonスポンサープロダクト
・法人向け販売

また、Amazonで販売されたことがないオリジナル商品を出品したい場合は、大口出品サービスの利用は必須です。せどりなどで、本格的に商品を販売したいなら大口出品サービスがおすすめです。

小口出品サービスの特徴

小口出品での料金は下記のとおりです。

・基本成約料(税込110円/1点)
・販売手数料:注文価格の8~15%ほど
・カテゴリー別成約料(本やDVDなど)

大口出品との大きな違いは、月間登録料と基本成約料の有無です。

小口出品では、5,390円の月間登録料はかかりませんが、商品が1点売れるごとに110円の基本成約料がかかります。

単純計算で、月間50点以上の商品を出品・販売する場合は大口出品のほうが得です。先にお伝えしたとおり、使えるツールやサービスにも大きな違いがあります。

「試しに出店・出品してみたい」人には、小口出品サービスがおすすめです。小口出品から大口出品への切り替えはいつでもできるので、まずは小口出品から始めてみてもいいでしょう。

商品を仕入れる前に手数料を必ず確認する

Amazonに商品を出品するなら、価格競争に勝たなくてはなりません。そして商品を販売して利益を得るには、Amazon手数料の理解は必須です。

商品を仕入れる前に、手数料や送料を差し引いても利益が出るのか見極められるようになりましょう。

Amazonで商品販売時にかかる手数料とは?

商品販売時の手数料は、大きく分けて下記の2つです。

・販売時にかかる出品サービス手数料
・FBA利用時にかかる手数料(利用する場合のみ)

FBA手数料についてはのちに説明しますので、まずは販売時の手数料を解説します。

販売時の手数料は大口出品者と小口出品者で異なりますが、次の3つに分けられます。

・基本成約料(小口出品者のみ):税込110円/1点
・販売手数料
・カテゴリー別成約料

小口出品者のみ徴収される基本成約料

基本成約料は小口出品者のみ徴収される出品手数料で、1点につき110円です。大口出品者は、月額登録料の5,390円がかかりますが基本成約料は不要です。

基本成約料は、商品のジャンルや価格に関係なく常に定額です。1ヶ月に50点以上の商品を出品・販売する場合は、大口出品サービスを利用した方が得です。

ビジネスを始めたばかりで、月5,390円も負担するのは抵抗があるかもしれません。1か月に50点売ろうとすると1日あたり2点未満です。慣れてしまえば月50点出品はすぐ達成できます。

今後Amazonで商品販売を拡大していく予定があるのなら、大口出品サービス利用がおすすめです。

すべての商品にかかる「販売手数料」

販売手数料は、商品の注文成約時にかかる基本的な手数料です。

販売手数料はおおむね8~15%で、商品のカテゴリーによって決まります。せどりで稼ぐ場合は、比較的手数料や送料が安い電化製品(パソコンやスマホ、ゲーム機など)がおすすめです。

カテゴリー販売手数料最低販売手数料
本・CD・レコード・DVD15%なし
AV機器・カメラ・パソコン8%30円
おもちゃ&ホビー10%30円
服・ファッション小物15%30円
主な商品の販売手数料を紹介しました。その他の手数料は下記リンクで確認してください。

参考:Amazon出品サービスの手数料

一部の商品にかかるカテゴリー別成約料

カテゴリー別成約料とは、本やCD、DVDといったメディアを販売したときにかかる手数料で、商品一点当たりの手数料は下記のとおりです。

商品カテゴリーカテゴリー成約料(日本)販売手数料
80円15%
CD・レコード140円15%
DVD140円15%
ビデオ(VHS)140円15%
カテゴリー別成約料が設定されている理由は、本やCD、DVDは低価格で出品されるものも多いからです。あまりにも安い価格で出品されると、Amazonが販売手数料を取れなくなってしまうので、設定されていると考えられます。

Amazonの手数料には消費税がかかる

2015年の消費税法の改正に伴い、Amazonの出品サービス手数料にも消費税が課税されるようになりました。

例として、小口出品者が2,000円のDVDを販売した場合の手数料は下記のとおりです。

基本成約料:100円
販売手数料:300円(15%)
カテゴリー別成約料:140円

販売時にかかる手数料:540円
消費税10%:54円
合計手数料:594円(540円+54円)

大口出品手数料を実際に計算してみる

大口出品者が45,000円のパソコンを販売した場合の手数料を計算してみます。

基本成約料:0円
販売手数料:3,600円(8%)
カテゴリー成約料:0円
消費税:360円(10%)

販売にかかわる手数料は、3,960円になります。

例外的な販売手数料に注意

Amazonの販売手数料は商品のカテゴリーごとに決められていますが、一部商品は、カテゴリー内で適用される手数料(%)が異なります。

・ビューティ
・TVゲーム
・文房具・オフィス用品
・ホーム(キッチン)
・食料&飲料

たとえばTVゲームの手数料は15%ですが、ゲーム機は8%です。該当するカテゴリーの商品を出品する場合は、あらかじめAmazonのガイドラインで確認しておきましょう。

FBAを利用する場合の手数料は?

FBA(フィルメント by Amazon)は、大口出品者が利用できるサービスです。商品の保管、販売、発送作業などを一括してAmazonに任せることができます。

大量の商品を販売する人には便利なサービスです。FBAを利用して出品すると、primeマークがついて商品が購入されやすくなるメリットもあります。

FBAを利用する場合、商品の販売に関わる手数料とは別にFBA手数料がかかります。FBA手数料は次の二つに分けられます。

・配送代行手数料
・在庫保管手数料

FBA手数料は2020年4月に値上げされましたが、2021年6月に再度値上げ予定です。

参考:2021年フルフィルメント by Amazonの手数料改定の概要(Amazon.co.jp)

FBAの商品区分と配送代行手数料

FBAの手数料は商品の梱包、発送、配送、その後のカスタマーサービスすべてを含んだ料金で、商品パッケージの大きさと重さによって決まります。

・小型
・標準(4区分あり)
・大型(8区分あり)
・特大型(4区分あり)
・小型・軽量

サイズや重量は、梱包資材を含めたものになるので注意が必要です。

商品区分ごとの配送手数料は下記のとおりです。

「FBA小型・軽量商品プログラム」の条件(メール便サイズで1,000円以下)を満たす商品は、小型サイズよりもさらに安い手数料になります。

FBAの在庫保管手数料

在庫保管手数料は、簡単に言うとAmazonの倉庫代です。FBAに商品を委託した日から、商品が購入されて出荷した日までが対象になります。手数料の基準は、前述の商品区分と商品サイズ(体積)、保存期間によって決まります。

【基準料金】※小数点に注意

在庫保管手数料は、次のように求められます。

「基準料金×商品サイズ(㎤)÷1,000×保管日数÷当月の日数」

下記商品の在庫保管手数料を計算してみます。

保管期間:4月の1か月間
商品サイズ:15㎝×26㎝×34cm
商品区分:標準

在庫保管手数料=5.160円×13.26×30(保管日数)÷30(4月の日数)=68円

その他のFBA手数料について

配送代行手数料と在庫保管手数料以外にも、FBAでは下記を利用すると料金が発生する場合があります。

1.商品の梱包も任せる場合(FBA梱包準備サービス)

FBAを利用する場合、Amazonに商品を送る時点で商品を袋に入れておき、ラベルを貼り、梱包するだけで発送できる状態にしておく必要があります。この作業も含めてAmazonに委託する場合は、所定の手数料がかかります。

手数料は先述の商品区分によって決まります。一つの作業にかかる手数料は下記のとおりです。

2.在庫を長期間保存する場合(長期在庫保管手数料)

商品の保存期間が1年(365日)を超える場合も、所定の手数料がかかります。

・1,000㎤あたり17.773円
・商品1点あたり10円

いずれか大きい方が請求されます。

3.商品の返送・破棄をお願いする場合(返送・所有権の放棄手数料)

Amazonに保管されている商品の返送、破棄の依頼をする場合の手数料(商品1個当たり)は下記のとおりです。

また、納品した商品に不備があったり、購入者に返品された場合も別途手数料がかかります。

手数料が高くてもAmazonで販売する理由

Amazonの手数料は、高額さゆえに「Amazon税」と言われるほどです。

たしかに安くはない手数料ですが、Amazonを利用して販売すれば金額以上の価値があります。

驚異の集客力を活用できる

Amazonは、日本国内でもっとも利用者の多い通販サイトです。

月間のアクセス数は約6億回で、Google、Yahoo、YouTube、Twitterに次ぐアクセス数です。Amazonに出品すれば、多くの人の目に留まる可能性があります。

FBAによって半自動化できる

FBAを利用すれば、商品の管理や販売、カスタマーサポートまで、商品の販売にかかわる作業のほとんどをAmazonに任せることができます。その分、商品の仕入れに集中できます。

ツールで情報収集できる

ショッピングリサーチャー for Webというツールを使えば、Amazonでどの商品がどれだけ売れているかが一目でわかります。手数料を考慮するのは大切ですが、商品の価格や売れ行きの目安を知ることも重要です。

参考:ショッピングリサーチャー for Web

まとめ

Amazonの手数料体系をすべて覚える必要はありません。下記手数料がかかることを大まかに把握しておけばOKです。

【販売にかかわる手数料】
・基本成約料(小口出品者のみ)
・販売手数料
・カテゴリー別成約料(特定のカテゴリーのみ)

【FBA手数料(利用者のみ)】
・配送代行手数料
・在庫保管手数料
・その他の手数料

必要に応じて詳細を調べながら、確実に利益を出していきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!