物販

Amazonの小口出品は何ができて何ができない?大口出品との違いも徹底解説!

Amazon(アマゾン)で物販ビジネスを始めようかと考えている方にとっては、出品方法は気になるところではないでしょうか。Amazonはセラーが利用できる出品プランとして小口出品大口出品の二種類を用意しています。

今回は小口出品と大口出品のプランの違いを説明するとともに、どの出品プランを選べばいいかヒントとなる情報を紹介します。

小口出品と大口出品の相違点

まずは、小口出品と大口出品の違いに注目してみましょう。

出品プラン利用料

Amazonを利用して物品を販売するには、利用料を支払う必要があります。そして、選択するプランによって利用料の中身は異なってきます。

まず、小口出品プランで出品する場合は、商品をひとつ出品するごとに「基本成約料」という手数料(税別で100円)を支払わなければなりません。出品ごとに支払うのですから、出品数が多くなればなるほど経済的負担が増すことになります。

一方、大口出品プランを選んだ場合は基本成約料を支払う必要がない代わりに、税別4,900円の「月間登録料」の支払いが求められます。 上記の点を踏まえると、一か月の出品数が49個以下なのであれば小口出品プランをを、50個以上出品する場合は大口出品プランを利用すると良いということが分かります。

参考:料金プラン、配送手数料、料金シミュレーター Amazon出品サービスの料金

一括出品ツールが利用できるか否か

次に小口出品と大口出品プランの違いについて説明します。

Amazonで出品を行うためには以下の7つの項目を登録する必要があります。

  • 出品者SKU(自社出品商品管理のための番号)
  • コンディション(商品の状態)
  • コンディションの説明
  • 販売価格
  • ポイント
  • 在庫
  • リードタイム

小口出品を行う場合は一つの商品を出品するごとに毎回上記の7項目を登録する必要があります。しかし、大口出品プランを利用するのであれば、出品の際に登録する必要のある7項目を一括で登録できる「一括出品ツール」を利用することが可能になります。

扱う商品数が多ければ多いほど登録にかかる手間が増えるので、商品数が多い出品者は大口出品を利用する方が時間を節約できるでしょう。

Amazonビジネスレポートが利用できるか否か

小口出品と大口出品プランの2つ目の相違点は、「Amazonビジネスレポート」が使えるか否かです。

物販ビジネス成功のカギは、バイヤーが今何に興味があるのか、どのような商品が良く売れているかなど、現況を詳しく知れるかどうかにあります。この点で大きな助けになるのが「Amazonビジネスリポート」です。

Amazonビジネスレポートでは当日の売り上げや注文数、日別・週別・月別の売り上げの推移、日付別で出品や注文に関係する評価を確認したりすることが可能です。

ビジネスレポートを分析し傾向と対策を組み立てることはAmazonで売り上げを伸ばせるかどうかに大きくかかわってくるため、セラーの多くは日々定期的にビジネスレポートに注意を払っています。

大口出品を利用するセラーはこのAmazonビジネスレポートを利用できますが、小口出品の方は利用することができません。Amazonで物販ビジネスを軌道に乗せたいのであればやはり大口出品を利用するのがおすすめです。

小口出品のデメリットに注目

前項では大口出品と小口出品の違いに関して簡単に説明しました。

この項目では、小口出品を利用する際のデメリットをより詳しく解説していきます。

商品一つごとにかかる基本成約金

小口出品プランを利用する場合、一つの商品が売れるたびに税別100円の基本成約金を支払う必要があります。

一つの商品が売れるたび100円(税別)が売り上げから引かれるということは、仮に100個売れると10,000円(税別)、500個売れると50,000円(税別)の利益減になるということです。特に扱う商品の単価が安い場合は、一つあたりにかかる成約金が相当の痛手となります。

そのため、前述した通り、毎月の販売個数が50個以上になるようであれば、月間登録料4,900円を払って大口出品プランを利用したほうが賢明だということです。

新規出品ができない

小口出品プランには、Amazonですでに販売されている商品しか販売できないという制限があります。つまり、小口出品を利用するセラーは、他の出品者によって販売されたことのない商品を出品することができないということです。

また、自社ブランドの製品を売り出すためには「新規カタログ登録」をする必要がありますが、これを行うには大口出品を利用しなければなりません。

アカウント停止のリスクが高い

小口出品を利用する場合、一つの商品が売れるたびに、毎回自分で出品業務を行う必要があります。そのため、商品が売れたらすぐに発送できる準備と心構えをしておくことが求められます。

出荷作業が遅れることはクレームに直結します。仮に突然の体調不良が原因で出荷が遅れたとしてもバイヤーにとっては関係のないことです。クレームが重なり、評価を落とし続けると、アカウント停止の危険性さえも出てきます

この点、大口出品者でFBAを利用するなら、Amazonが出品を自動で行ってくれるのでアカウント停止の危険性も回避できるうえ、注文後即時出荷されるのでバイヤーからの評価も向上し売り上げにもつながります

出品できる商品に制限がある

小口出品プランには出品できる商品に限りがあります。

小口出品利用のセラーが扱うことができない商品カテゴリーは以下の通りです。

  • 食品&飲料
  • ペット用品
  • コスメ
  • ヘルス・ビューティー
  • 時計
  • ジュエリー
  • アパレル・シューズ
  • バッグ

このように列挙すると、小口出品で扱えない商品カテゴリーが多く存在していることがお分かりいただけるかと思います。

上記の商品も大口出品であれば、出品のための申請を出すことで取り扱いが可能になります。

Amazonセラーアカウントの取得方法

ここまではAmazonの小口出品と大口出品プランの違いに注目し、大口出品にできることと、小口出品ではできないことについて見てきました。

比べてみると小口出品には制限も多く、できないことがたくさんあると分かりました。Amazonで物販ビジネスを本格的に行うのであれば大口出品プランを利用する方が賢明です。

この項目では、Amazonのセラーアカウントを開設する方法と、事前に行っておくべき準備事項について詳細に説明していきます。

Amazonセラーアカウント登録のための必要資料

Amazonセラーアカウントを開設するための必要なものは以下の通りです。

  • 銀行口座番号
  • 銀行の通帳の写し
  • 身分証明書(顔写真入り)
  • 携帯電話(キャリア契約をしているもの)
  • Eメールアドレス
  • クレジットカード(デビットカードでも可)
  • 各種取引明細書(180日以内に発行されたもの)

セラーアカウントを作成するに際してAmazonから上記の資料を要求されます。事前に準備しておくとスムーズにアカウント登録を行えるでしょう。

Amazonセラーアカウントの登録方法

Amazonセラーアカウントの登録方法を説明します。

まずは、以下の参考リンク「Amazonに出品する」からセラーアカウントの登録ページに移動してください。

ページにある「さっそく始める」という表示をクリックしてください。

次いで、amazon seller centrarlページの一番下段にある「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

移動したページ先で上から順に、名前・Eメールアドレス・パスワードを入力して「次へ」をクリックしましょう。

登録したEメールアドレスに送られてきた確認コードを入力し、「アカウントの作成」をクリックします。

移動したページ先で事業所の所在地と、業種を入力し、「同意して続行する」をクリックしてください。

業種の項目欄に関しては以下の業種から選択します。業種の項目で個人を選択した場合は、氏名の項目にローマ字で入力してください。

  • 国有企業(法人):公務員の方
  • 上場企業(法人)
  • 非上場企業(法人)
  • チャリティ(法人):NPO法人等
  • 個人:個人または個人事業主の方

参考:Amazonに出品する

法人情報

業種の項目で法人を選択した場合、引き続き法人情報(ビジネス情報)を入力していきます。

正確な情報が必要となりますので、登記簿謄本をあらかじめ準備しておきましょう。入力の際は、登記簿謄本と照らし合わせながら入力していきます。

入力項目の「確認のための電話番号」は登記している番号ではなく、連絡がつく個人の電話番号で構いません。

一番下の「主なご担当者のお名前」の欄には本人確認をする人と同一人物の名前を入力しましょう。

入力が完了したら、「次へ」ボタンをクリックしてください。

出品者情報

次に出品者情報のページに移動するので入力していきます。業種の項目にて個人を選択した方は「所在地」と「業種」を選択し、「同意して続行する」をクリックすると同じ画面に移動できます。

上から順に入力していきます。まず「国籍」と「出生国」を選択します。身分証明書については戸籍証明書、運転免許証、パスポートのどれを選択してもOKですが、そこに記載されている情報を提出する必要があるので準備しておきましょう。

次いで本人確認資料に基づいて「発行国」と「国民IDに記載されている名前」を入力します。

「居住住所」と「携帯電話番号」を入力し、選択項目を選択し終えたら「次へ」をクリックしましょう。

マーケットプレイス

次にマーケットプレイス(あなたが商品を販売したい国)を選択します。

「北米」、「日本」、「ヨーロッパ」の中から商品を販売したい地域を選択することができます。

越境ECビジネスをする予定で、すべてのプレイスで販売を計画していればすべてのチェックを入れたままでOKです。仮に日本だけでの販売を考えているのであれば、北米とヨーロッパのチェックは確実に外しておきましょう。

選択し終えたら「次へ」をクリックしてください。

請求先情報

次いで請求先情報(クレジットカード情報)を入力していきましょう。

ここで登録するクレジットカードは、個人と法人、どちらの名義でも構いません。

すべての項目を入力し終えたら「次へ」をクリックしましょう。

ストア情報

ストア情報のページではストア名と商品情報を入力していきます。


項目の上から順に、ストア名を入力(登録後でも修正可能)、商品コードがあるかどうか、ブランド品を扱っているかを選択しましょう。

自社ブランド商品(OEM)を販売する場合、商品コードの項目と、ブランド所有者の項目共に「はい」を選択します。

すべての選択が終わったら、「次へ」をクリックしてください。

認証

認証のために本人確認資料を提出しましょう。

まず氏名、生年月日、出生国を入力します。

確認資料は基本的には運転免許証で大丈夫ですが、仮になかったとしても他の本人確認ができる資料を提出すれば認証してもらえます。また、どの本人確認資料もサイト上でアップロードする必要がありますので、写真を撮るか、スキャナーにかけるかして提出できるファイルを準備する必要があります。

次いで居住情報や会社住所、法人名、法人番号を入力していきます。

本人確認資料を添付し、すべての項目を入力し終えたら「送信」をクリックしましょう。

以上で必要な手続きはすべて終了です。後は審査の結果を待つのみです。

ビデオ通話を用いた審査

現在、大口出品アカウントを開設するための手続きとして、資料の提出だけでなくビデオによる審査も追加されました。ただし、現状はすべての登録希望者に対してではなく、ランダムで選ばれた人に対してのみ行われています。

ビデオ審査の対象者にはAmazonから連絡が届くので、仮にAmazonからの連絡を受けたならビデオ審査を受ける希望日時を予約して当日に臨みましょう。

ビデオ審査の内容

ビデオ審査は事前予約した日時きっかりにスタートするのであらかじめビデオ通話サービスにログインしておきましょう。

ビデオ審査で行われることは主に本人確認です。

本人確認のために登録したメールアドレスの照合、提出した身分証明書を画面越しで確認、顔写真と相違ないかの確認、どのような商品を販売するかの確認、審査結果の通知に関する説明などが行われます。

提出した資料との照合等ありますので身分証明書を用意しておくと良いでしょう。

本人確認等に問題がなければ審査は通るので、ビデオ審査の対象者になったとしても特別緊張はしなくても大丈夫です。なお、審査結果は24時間以内にメールで連絡が届きます。

まとめ

今回はAmazonの出品プランの「小口出品」と「大口出品」の違いに注目してみました。

Amazonでの物販に興味があり、運営の仕方を探ることが目的であれば小口出品でも構いませんが、本格的にビジネスを展開することを考えているのであれば、大口出品の方が有利に働くでしょう。

また、Amazonの出品プランは途中で変更することも可能です。最初は小口出品から始めて状況に応じて大口出品に変更するという方法も一つの手段です。

まずは、今回ご紹介したAmazonセラーアカウントの開設方法を参考にしつつ、物品を販売するために必要な登録手続きから始めてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!