物販

Amazon Mastercardの審査内容とは?審査落ちする理由も解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「AmazonのMastercardを作りたいけれど審査落ちしないか不安」、「Amazon Mastercardの審査内容や審査落ちする理由が知りたい」、この記事をご覧のあなたは、このような悩みをお持ちではないでしょうか。そこで今回は、Amazon Mastercardの審査内容について詳しく解説していきます。「審査落ちする理由」も触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

Amazon Mastercardのメリット・デメリットとは?

Amazon Mastercardは、Amazonの利用に特化したクレジットカードです。では、特徴やメリット・デメリットを見ていきましょう。

Amazon Mastercardの特徴

Amazon Mastercardの特徴は、大きく分けて2つあります。

・Amazonの利用で高還元率
・ゴールドカードはプライム特典使い放題

普段使いであれば、クラシック・ゴールドともに一律で「1%」のポイント還元率です。しかし、Amazonで買物をするとクラシックカードのポイント還元率はプライム会員であれば「2%」、非プライム会員は「1.5%」、ゴールドは「2.5%」と決められています。

Amazon Mastercardクラシックのメリット

Amazon Mastercardクラシックのメリットは、以下の通りです。

・年1回の利用で年会費が無料
・ポイントの有効期限は実質なし

クラシックは初年度の年会費が無料ですが、2年目以降は1,375円(税抜)を支払う必要があります。しかし、前年度に1回以上利用していれば年会費が無料になります。

また、ポイントの有効期限が実質的にないという点もメリットになります。基本的にAmazonポイントの有効期限は「最後の注文から1年間」と決められています。

ですが、新しく注文したりポイントを獲得すると、さらに有効期限が延長されていく仕組みになっています。そのため、Amazonで買物をしている限りはポイントを消失することはありません。

Amazon Mastercardクラシックのデメリット

Amazon Mastercardクラシックのデメリットは、以下の通りです。

・Amazon以外では還元率が低い
・お買い物安心保険が年間100万円まで
・旅行傷害保険は用意されてない

大きなデメリットは「Amazon以外では還元率が低い」という点です。また、お買い物安心保険(ショッピング保険)が年間100万円までという制限があり、旅行傷害保険にいたっては用意されていません。

Amazon Mastercardゴールドについて

上位版のAmazon Mastercardゴールドは、年会費として「11,000円(税込)」が必要なものの、クラシックよりも条件の良い保証や保険が用意されています。

このカードのメリットは以下の通りです。

・お買い物安心保険は年間300万円まで
・旅行傷害保証は最大で5,000万円(国内・海外ともに)
・全国の空港ラウンジが利用できる
・プライム会員機能を利用できる

Amazonでのポイント還元率は「2.5%」になるので、日常的に利用している人はメリットが大きいです。また、年間4,900円(税抜)のプライム会員機能が自動で付帯されるため、かなりお得なサービスがついたカードとなっています。

ただし、デメリットとして「審査が厳しい」という点があります。安定した収入がなければ審査を通過することが難しいでしょう。

申し込み方法

ここからは、カードの申し込み方法を解説していきます。まずはAmazonのトップページから、カードの販売ページへ移動してください。ページ内に「今すぐ申し込む」というボタンがあるのでクリックします。

次に「即時審査サービスで今すぐ申し込む」をクリックしてください。

規約をしっかりと確認したのち、「同意のうえ、入力画面へ進む」ボタンを押しましょう。

同意すると、個人情報や支払い口座を設定する画面に切り替わります。

職業や年収を入力する部分がありますが、虚偽の情報を登録しないでください。

暗証番号は、生年月日や電話番号以外で設定しましょう。忘れないようにどこかにメモしておくことをオススメします。

情報をすべて入力し終えたら、間違いがないかを確認してページ下部にある「この内容で送信する」をクリックします。

すると、登録した支払い口座の「口座振替設定」を行う画面に切り替わります。「同意する」ボタンを押して、各金融機関で設定をしてください。

無事に設定が完了すると、以下のような画面が表示されます。「次のページへ」をクリックします。

口座振替設定が終わると、即時審査サービスがスタートします。

審査に合格すると、以下のような画面が表示されます。

Amazonでアカウント情報を確認すると、テンポラリーカードが追加されているはずです。無事に追加されていれば、申し込みが完了したことになります。

Amazon Mastercardの審査内容とは?

ここでは審査内容や難易度、どれくらいの審査期間が必要なのかについて詳しく解説していきます。

三井住友カード株式会社が審査を行う

審査を行うのは、「三井住友カード株式会社」です。大手銀行系のクレジットカードの中でも審査が厳しいため、楽天カードのように気軽に発行することは難しいです。Amazonで使う際はとても魅力的なカードですが、三井住友カード会社が審査をしていることは覚えておきましょう。

審査は比較的厳しい

先ほども触れましたが、発行は三井住友カード会社が行うため、審査の難易度は比較的高めとなっています。年間収入や信用情報などを詳しく調べられるケースも多いです。

しかし、「即時審査サービス」を利用すると、テンポラリーカード(仮のクレジットカード)を発行できます。この場合の審査内容は簡単なものなので、よほどのことがなければ審査落ちすることはありません。

学生でも審査に通りやすい

実は、Amazon Mastercardは学生でも審査に通る可能性が高いです。クレジットカードの法律である「改正割賦販売法」によると、限度額30万円以下のクレジットカードは簡易な審査で発行できるとされています。

学生であれば支払い能力が審査されないことが多いため、滞納や過剰な債務などのよほどのことがない限りは、クレジットカードの発行が可能となります。

ただ、18歳未満の未成年であれば「親権者の同意」が必要になります。もし未成年の学生でクレジットカードを作りたい場合は、両親に相談しておかなければいけません。

審査期間は平均で1週間ほどかかる

Amazon Mastercardの審査期間は「平均で1週間ほど」かかります。なるべく早く発行して欲しいのであれば、あらかじめ必要な日数などを確認しておきましょう。

ちなみに、審査自体は「最短3営業日」で完了します。審査の申請が多数ある場合は「5~6営業日」ほどになる場合も考えられます。休日をまたいでしまえば審査が長引くので、申し込み日にも注意しておきましょう。

発行されたカードは「書留」などを使って送られてきます。配達時に不在であれば受け取るための日数が増えてしまうので、配送状況も確認することをオススメします。

審査結果やカードの発送はメールで通知されるので、随時チェックしてください。

もし審査が長引いていたり、現在の状況を知りたい場合は、三井住友カードの「審査状況照会」を確認しましょう。申し込み番号などを入力すると状況を確認できます。

参考:審査状況照会(三井住友カード公式ホームページ)

ここで「審査に通りやすくなるためのポイント」を3つ紹介します。

・虚偽の情報を記載しない
・限度額を30万円以下にする
・キャッシング枠を設定しない

虚偽の情報を記載しないことはもちろんですが、一番大切なのは「限度額を30万円以下にする」ことです。限度額を抑えることで、審査に通りやすくなります。

また、キャッシング枠を設定しないことで、審査に時間がかかりにくくなります。後から追加することも可能なので、キャッシングが必要な時に申請すると良いでしょう。

Amazon Mastercardの「即時審査サービス」とは?

Amazon Mastercardには、必要情報を入力して3分ほど待てば審査結果がわかる「即時審査サービス」があります。次の段落から、このサービスについて詳しく解説していきます。

即時発行サービスでは「テンポラリーカード」が発行される

即時発行サービスで審査に通過すると、「テンポラリーカード」の使用が可能になります。仮のクレジットカードなので、以下のような制限が設けられています。

・申し込みは20歳以上から
・利用可能枠は3万円
・支払い方法は1回払いのみ
・利用期限は発行日の翌々月末日まで

Amazon Mastercardの審査に通過することができれば、後日クレジットカードが配送されます。テンポラリーカードは正式なカードが届くまでの代用品ということです。その他の詳しい条件は、三井住友カードの公式ホームページをご覧ください。

参考:即時審査サービスとは?

即時審査サービスを使うときに注意したいポイント

即時審査サービスを使うときに注意したいポイントは、以下の通りです。

・簡易的だが審査がある
・法人名義での申し込みは不可
・すでにAmazon Mastercardを所持している人は申し込み不可
・過去にAmazon Mastercardの申し込みをした人は利用できない
・テンポラリーカードは家族カードが発行できない
・テンポラリーカードはAmazonギフト券を注文できない

仮とはいえ、クレジットカードと同様の機能を持つカードなので審査を受ける必要があります。簡易的な審査ですが実際に落ちた人もいます。

また、Amazon Mastercardをすでに所持している人や、過去に申し込みをした人は「即時審査サービス」を利用することができません。

テンポラリーカードでは「Amazonギフト券」を注文できないことと、家族カードも発行できないことを覚えておきましょう。

Amazon Mastercardで審査落ちする理由とは?

Amazon Mastercardの審査は比較的厳しいので、落ちてしまう人もいます。もし審査落ちした場合でも、カード会社から理由を明かされることはありません。

そのため、審査に落ちた理由や原因を自分で考えて対策を練る必要があります。次の段落から、「審査落ちしやすい理由」を解説していきます。

カードの発行対象から外れている

初歩的なミスですが、「カードの発行対象から外れている」ことが理由で、カードの審査に落ちてしまう人がいます。Amazon Mastercardでいえば、クラシックが満18歳以上、ゴールドは満20歳以上から申し込みをすることができます。

基本的な情報を見落としてしまうケースもあるので、カードの発行対象から外れていないかを確認してください。

申請時に虚偽の情報を記載してしまった

申請時に虚偽の情報を記載すると、審査落ちしてしまいます。カードが欲しいからといって、自分の年収を偽ったり勤務先を偽ったりしないように注意してください。

場合によっては悪質だと判断されて、三井住友カード会社で「ブラック」と判断される可能性があります。そうなると、同社のカードを作ることが難しくなるので、必ず正確な情報を記載してください。

もし申請した情報に間違いがあったのなら、すぐにAmazonもしくはカード会社に連絡しましょう。

カード会社による本人確認ができなかった

「カード会社による本人確認ができなかった」という場合も、審査落ちになる可能性があります。とはいえ、Amazon Mastercardは本人確認が必須ではありません。

ただ、何らかの理由で電話による本人確認や在籍確認が行われることもあります。審査が完了するまでは、本人確認の電話に出やすいようにしておきましょう。

収入が安定していない

収入が安定していなければ「支払い能力がない」と判断されて審査に落ちてしまいます。利用可能枠をどれくらいに設定するかは「年収」で判断しています。

たとえカードが発行できたとしても、利用可能枠が低く設定されるでしょう。そのため支払い能力がない専業主婦やニート・無職はカードを作ることが難しいです。

ちなみに、利用限度枠は「支払可能見込額の9割以下」で設定されています。

他社カードでの分割払いやローンがある

他社カードでの分割払いやローンがある場合、審査に落ちる可能性があります。審査時には「信用情報機関」に登録された情報が使われます。

もし他のカードで分割払いやリボ払い、ローンなどを利用しているのなら、まず債務を整理したうえでAmazon Mastercardに申し込みましょう。

半年以内にカード審査に落ちたことがある

半年以内にカード審査に落ちたことがある場合、再度申し込みをしても審査落ちする可能性が高いです。なぜなら、以前審査に落ちている人が半年ほどで「信用状況」が良くなるとは考えにくいからです。

過去にAmazon Mastercardの申し込みをした情報は「信用情報機関」に登録されていて、申し込み時の情報と審査落ちした理由も残っています。

もし半年以内に審査落ちしたことがあるのなら、当時を振り返って原因を探してください。可能であれば分割払いやローンなどの債務を整理することをオススメします。

信用情報機関に一切情報がない

信用情報機関に一切情報がない場合も、審査落ちする可能性があります。こういう人たちは「スーパーホワイト」と呼ばれていて、これまで一度もクレジットカードを作ったことがなく、分割払いやローンなどを利用した経験がありません。

もちろん信用情報がまったくないので、過去のデータから信用できるかを分析することは不可能です。そのためカード会社も信頼できるのかどうか判断しにくくなってしまいます。

クレジットカードや分割払いを使ったことがない人は、まず楽天カードなどの比較的作りやすいものから信用情報を積み重ねていきましょう。

過去に滞納や債務整理をしたことがある

過去に滞納や債務整理をしたことがある人は、Amazon Mastercardの審査に落ちる可能性があります。たとえば、他社のクレジットカードで支払いを滞納していたり、スマホの分割払いを滞納していたりという場合は信用情報機関に記録されています。

滞納や債務整理をしたという情報は「最長で5年間」も記録されてしまうのです。カードの審査時には当然、信用情報を確認しますので滞納などの金融履歴はすべて審査対象となります。

過去に滞納があったり、現在進行形で滞納がないかを確認してください。ちなみに、自分の信用情報は「個人信用情報機関(有料)」で確認することができます。

まとめ

今回は、Amazon Mastercardの審査内容について解説しました。発行元が「三井住友カード株式会社」ということもあり、審査は少し厳しく行われます。記事内で解説した「審査落ちする理由」を参考に、あなたが審査に落ちないよう対策を取ってください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る