物販

Amazonとメルカリ、せどりをするならどっちがおすすめ?両者を徹底比較!

Amazonとメルカリは、せどりの販売先として有名です。そのため、どちらを利用したほうが良いのか迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、どちらを利用したとしても利益を出せることに違いはないので、好きな方を選んで構いません。

とはいえ両者は通販サイトとしての性質が明確に異なるため、取り扱う商品や販売の規模によっては有利・不利がでてきます。

ということで、今回は両者の違いを比較しながらAmazonとメルカリをご紹介していきます。ぜひ、せどりをする際の参考にしてください。

Amazonとメルカリの違い

それではさっそく両者の違いを比較していきましょう。

どちらにも利点があるため、一方を使っていれば他方は使わなくていいということはありません。両方の良いところを把握したうえで、上手く使い分けていくことが大切です。

せどりでは、小さな違いが大きな差となって現れるため、具体的な違いを正確に把握しておきましょう。

仕入先として

Amazonとメルカリは、仕入れた商品の販売先として使えると同時に、商品の仕入れ先としても役立ちます。両者はネット上で商取引を行うためのサイトという点では同じカテゴリーに属していますが、販売スタイルには違いがあります。

Amazonは、同じ商品を扱っている出品者の数が多いことから、ある程度安定した仕入れ先として機能します。その反面、商品ごとに価格がほぼ決まっているため、掘り出し物を見つけるのには不向きです。

これに対して、メルカリはフリマサイトなので、出品されているのは中古品がメインです。そのため、安定した仕入れは期待できませんが、相場より安価な掘り出し物が見つかる可能性はあります。

再出品

返品された商品を再出品する際の手続きでも、両者には違いがあります。

メルカリでは、商品を再出品するには、最初に出品するときと同様に、1点ずつ商品ページを作成しなければいけません。再出品のための仕組みがそもそもないため、取り扱う商品が多ければ多いほど手間がかかる傾向にあります。

それに対して、Amazonは再出品の仕組みが充実しているので、その手続きは簡単そのものです。なので、取り扱い商品が多い場合は、Amazonのほうが使い勝手がいいと言えます。

発送

商品の発送に関しては、Amazonのほうが圧倒的に勝っています。その理由は、FBAの存在にあります。

FBAとは、販売者に代わってAmazonが商品の発送や保管を行ってくれるサービスです。このサービスを利用すれば、発送・保管に必要な手間が大きく軽減されます。

一方、メルカリでは、商品の保管も発送も自分でするしかありません。

したがって、発送にかかる業務が煩わしいという人は、Amazonを利用したほうが良いでしょう。

顧客対応

Amazonでは、FBAを利用している場合に限り、顧客からのクレームや返金要求に対する応対をコールセンターが行ってくれます。クレーム対応等は労力がかかる割に得るものが少ない業務なので、その対応を代行してもらえるのは大きなメリットです。

これに対してメルカリは、フリマサイトということもあって顧客への返金対応からクレーム対応まで全て自分で行う必要があります

ただし、Amazonであっても商品の説明や使い方の解説などは自分で行う必要があります。FBAを利用しているからとって全て任せられるわけではないので、自分が取り扱う商品に関する最低限の知識は身につけておかなければなりません。

商品ページ

Amazonでは、既に販売されている商品に相乗りするかたちで出品することになるため、新しく写真を撮ったり説明書きを書いたりする必要はありません。おかげで手間がかからない反面、誰も出品していない商品(未登録商品)を出品する場合を除き、自分好みの商品ページを作成することはできません

一方メルカリでは、逐一商品ページを作成する必要があり、写真や説明文などの用意に手間がかかりますが、その反面、ゼロベースで商品ページを作成できるため、自分好みのページにするには向いています。

ただ、取り扱う商品が増えてくると、毎回ゼロから商品ページを作るのは大変です。そのため、薄利多売ビジネスをするのであれば、Amazonを利用したほうが無難です。

偽物や資格について

どちらで販売するにしても、中古品を取り扱うのであれば古物許可証が必要になります。また、偽物や盗品を取り扱った場合は、どちらのサイトでも大きなペナルティを科されるうえ、警察沙汰になる可能性が生じる点でも違いはありません。

なお、個人が販売しているメルカリの方がやや偽物を掴まされる危険が高い傾向にあります。したがって、メルカリで仕入れる際は特に自分が取り扱う商品の偽物が出回っていないかに注意するとともに、商品を仕入れる際は、相手が信用できる販売主かどうかを慎重に見極めることが大切です。

手数料

メルカリの手数料(販売手数料)は、商品代金の10%です。

これに対して、Amazonでは、小口出品と大口出品のいずれの出品形態を利用するかによって手数料は違ってきます。また、FBAを利用する場合は、別途利用料がかかることも忘れてはいけません。

複数の商品を取り扱っている場合、メルカリのほうが手数料の面でAmazonより安くなることはありません。ただ、メルカリだと商品が売れないかぎり手数料が発生することはないのに対して、Amazonでは小口出品者として利用している場合を除いて月々の手数料が発生するので、取り扱う商品が少ないと手数料の元が取れないこともあります。

支払い方法

個人出品者がほとんどのメルカリでは、決済方法が限定されており、後払いや分割払いは利用できません

対してAmazonでは、法人が取引相手になることもあって、支払い方法が豊富に用意されています。そのため、ビジネスの規模が大きくなればなるほどAmazonのほうが便利だと感じるようになるでしょう。

メルカリの活用方法

両サイトはそれぞれ得意分野が異なるため、どちらか一方だけに利用を限定するのはおすすめしません。必要に応じて使い分けることでさらなる利益アップも狙えることから、各サイトの使い方を覚えて使いこなせるようになることが大切です。

そこで、まずはメルカリの活用方法から見ていきましょう。

販売先としての使い方

メルカリでは、商品ごとに自分で商品説明を記載し、商品の写真をアップするなどの手間がかかるため、薄利多売型の商品の販売先としては不向きです。

しかし、商品の写真や説明を工夫すれば、「こんな物が?」といった物でも買い手がつく市場です。そのため、ボロボロの中古品や石・枯れ木といった、Amazonでは高値がつきにくい物品を販売するにはもってこいです。

仕入れ先としての使い方

メルカリは、販売先としてだけでなく仕入れ先としても有用なマーケットです。相場より安いものが出品されているときは、それを購入してAmazonやヤフオクなどに転売すれば差額分の利益を得ることが可能です。

フリマサイトでは個人が自分の好きなように販売価格を決めていることが多いため、掘り出し物が見つかる可能性があります。頻繁にサイトをチェックして、お得な商品がないか確認してみましょう。

メルカリで仕入れた商品をAmazonで販売する

Amazonの使い方としては、メルカリで安価に仕入れた商品の販売先として利用するのがおすすめです。この逆のパターンで利益を出すのは難しいので、仕入れと販売の順序を間違えないよう気を付けてください。

続いては、メルカリで仕入れてAmazonで販売するメリットについてご紹介します。このメリットにはせどりビジネスで利益を得るためのエッセンスが詰まっているので、ぜひチェックしてください。

相場を理解しないまま値付けされていることが多い

前述したように、メルカリでは個人が値段を設定しています。そのため、商品の相場が分からずに相場より高額、若しくは安価で出品されていることがよくあります。

知る人ぞ知るプレミア品や、一般人には見分けがつかない限定品などが思わぬ低価格で出品されているケースも珍しくありません。それらの商品を仕入れて適正価格で販売すれば、大きな利益を得られます。

反対に、相場以上の値段で販売されている商品は仕入れないように注意しなければなりません。

相場を調べてから仕入れる商品を決めるようにすれば相場観を養う練習にもなりますので、積極的に相場を調べるようにしましょう。

価格交渉ができる

メルカリのメリットのひとつに、自然な形で価格交渉ができる点があります。これは多くの人が行っていることなので、遠慮する必要はありません。

言い値のままで仕入れたのでは利益が出るか微妙な商品でも、交渉を重ねて値を下げてもらえれば、それなりの利益を期待できる商品に変身します。価格交渉によって利益が出る商品を自ら生み出せるのは、他の販売サイトにはない大きな強みです。

付加価値が高く高額で売れる

Amazonに出品すれば、相場より値段が高くても売れる可能性が高いです。その理由は、サイト自体が持つ様々な付加価値にあります。

例えば、送料無料で購入できる商品が多く出品されていますし、プライム会員であればお急ぎ便が無料で利用できます。利便性が非常に高いため、他のサイトより少し価格が高い程度のことは気にせず購入してもらえることが多いのです。

FBAが利用できる

Amazon最大の強みはFBAにあると言っても過言ではありません。せどりにつきものの保管、梱包、発送にかかる煩わしい作業を全てAmazonに肩代わりしてもらえるのですから、こんな便利なことはありません。事前に商品をAmazonの倉庫に発送しておくだけで後はおまかせで、24時間対応してくれるため、忙しい時期や深夜の注文にも慌てる必要がありません。

このサービスのおかげでビジネスにかける労力を大きく軽減できるとあって、他サイトとAmazonではせどりの難易度が大きく異なっています。基本的にメリットしかないサービスであり、利用しない手はありません。

禁止行為について

せどりビジネスには様々なやり方がありますが、サイトによっては禁止されている行為があります。儲けを出せるからと安易に手を出してしまうと、最悪の場合、アカウントを凍結されて二度とそのサイトではビジネスができなくなってしまうこともあります。

続いては、それぞれのサイトで禁止されている行為についてご紹介します。以下で取り上げる方法は、理由のいかんを問わず絶対に手を出さないようにしましょう。

無在庫転売

在庫をあらかじめ確保せず、注文を受けてから商品を発注し購入者に発送するのが無在庫転売です。売れ残りの在庫を抱える必要がなく、リスクが低いビジネス形態として話題になったこともありましたが、基本的にこの販売方法はメルカリとAmazonのどちらのサイトでも禁止されています。

無在庫転売では、仕入れ先から直接購入者に商品を発送する方法が一般的です。購入者からすれば、あなたから商品を買ったはずなのに全く知らない第三者から商品が届くことになるため、不信感を持つことになります。その結果、トラブルに繋がることもしばしばです。

無在庫転売は信用を失う行為であり、短期的には儲けられても長期的にはうまくいきません。長期的にかつ真っ当に稼ぎたいのであれば、在庫を確保した上で販売する有在庫販売を徹底しましょう。

アカウントの売買

通販サイトでは、物だけではなく、情報が販売されている場合もあります。例えば、不正に作成したアカウントを販売して、利益を得るといった具合です。

しかし、不正アカウントは販売するのも購入するのも法に触れる行為であるため、逮捕されたとしても文句は言えません。アカウントの不正利用が禁止されていることは利用規約にも記載されています。アカウントの売買には絶対に手を出さないようにしましょう。

まとめ

Amazonとメルカリでは、仕入れられる商品や販売にかかる手間などが大きく異なります。どちらかが優れているわけではなく、両者を上手く使い分けることが大事です。

初心者のうちはメルカリでせどりビジネスの基本的な流れを学び、ある程度軌道に乗ってきたらAmazonで本格的なビジネスを展開していくというのが理想です。最終的には両者のいいとこ取りができるような使い方を心掛けてください。

禁止行為さえしなければ、せどりは自由度が高いビジネス形態です。取り扱う商品や仕入れ先を選びつつ、より効率的に利益を出せる方法を見つけていきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!