【メルカリ】取引完了後メッセージの例文を紹介!評価の分かれ目や重要知識も詳しく解説!

メルカリでは、購入者と出品者が互いに相手を評価すると取引が完了します。その際に誰もが気になるのが、相手の評価コメントではないでしょうか。

コメントは他のユーザーにも公開されるので、良い評価の場合は安心ですが、悪い評価とコメントをもらった時は要注意です。

そこで今回は、メルカリで良い評価をもらうためのポイントや知っておくべき知識、さらに購入者と出品者それぞれの評価コメントの例文を紹介します。

目次

「評価」の基本

まずメルカリにおける「評価」について、基本的なことを解説しましょう。

「評価」とは

メルカリでは、購入者が問題なく商品を受け取ると「受取評価」を行います。これは、今回の取引が全体的にどの様なものであったか、その満足度を具体的に表す場といってよいでしょう。

この受取評価の後に、今度は出品者が購入者を評価し、それが済むと出品者に入金されるという流れになります。つまり、相互の評価が済まなければ、最後の支払いが完了しないということです。

評価」が行われる大きな理由は、「アプリ内での取引環境をより良くするため」に尽きます。

購入者が純粋に「メルカリで買い物をしてよかった」と思えたら、何度でもアプリを開いてショッピングに訪れるでしょう。そして、「自分も出品して誰かを喜ばせたい」と思うかもしれません。同じく相手から「あなたから買ってよかったです。ありがとうございました。」などと心温まるコメントをもらえたら、もっと素敵な商品を売りたいと考えるでしょう。

このような好循環が至るところで広がれば、メルカリのフリマアプリとしての価値は確実にアップするので、既存ユーザーの定着度は上がり新規ユーザーも増えていくと考えられるのです。

評価基準は2種類

評価には「良かった」と「残念だった」の2種類があり、さらに任意で評価コメントを入力することができます。

かつては「ふつう」という評価もあったのですが、現在は上記の2択となりました。3種類だった時より評価基準が明確になったため、出品者も購入者もそれぞれに自身の振る舞いがどうであったかをストレートに知ることになります。しかもそこにコメントが付けば、高評価なら嬉しかったりホッとしたりするでしょうし、低評価なら落ち込んだり疑問に感じたり、腹が立つこともあるかもしれません。

しかも評価は、他のユーザーに公開される点も重要なポイントです。出品者の場合、評価が総合的に高ければ購入希望者が増えると期待できますし、購入者は悪評が続くと販売を拒否される恐れもあります。

したがって、メルカリを長く続けたいと思うなら、出品者であっても購入者であっても、自身の評価を高めるに越したことはないのです。

評価の確認方法

評価はアプリ内で簡単に確認することができます。

マイページを開いて自身の名前(ニックネーム)の部分をタップ(またはクリック)します。

プロフィール画面の星部分タップ(またはクリック)してください。

/

すると直近100件分までの評価が表示されるので、そこから確認したい評価を選んでチェックします。

ちなみにプロフィール画面に表示される星の数は、自身が過去に行ってきた全ての取引の評価をメルカリが総合的に判断した結果決定されます。

評価は分かれるポイント

高評価低評価に分かれるポイントを、具体的に3つ紹介しましょう。これらを忠実に実行するだけで、評価は確実に高まるので、ぜひ覚えておいてください。

約束を守れるか

メルカリは、お金のやり取りがある、れっきとした商品取引の場です。金額の高い場合は、一度の取引で万単位のお金が動くこともあります。

しかし、そこで使うツールはスマホやパソコンのみのため、直接相手の顔を見たり声を聞いたりすることは一切できません。その分、この相手は信頼できると思ってもらうための努力が必要といってよいでしょう。

そのための具体策の一つが、「約束を守る」ということです。 ・商品情報は具体的に真実を述べる丁寧に梱包し、相手の期待を裏切らない状態で送り届ける ・期日までに入金する といった相手との約束やメルカリの規定を確実に遵守するという姿勢が、大きく物を言うと考えてください。

言葉が丁寧か

直に対面できないため、やり取りはすべてコメントや取引メッセージを通じてとなります。

よって、第一印象も、最終的な評価も、送られてくる文言や使われている表現によって大きく左右されることを忘れないでください。

最初のあいさつに始まり、相手からの問い合わせに対する返答、売ったり買ったりしてもらえることや、発送・入金への感謝など、あたたかく丁寧な表現を使うことができれば相手は安心し、最後まで気持ち良く取引が進められるでしょう。

くれぐれも暴言や恨み節、いたずらに相手を困らせる悪意に満ちたコメントは送らないように、心掛けてください。

返信が早いか

レスポンスの早さも非常に大切です。 問い合わせたものの何日も音沙汰がないとなると、相手は非常に不安になります。

購入者・出品者に関わらず、評価が高いユーザーの特徴は、例外なく返信が早いという点です。 しかも質問や疑問に対して的確な返事ができれば、なお相手はスッキリとするはずです。

もしやむを得ない理由ですみやかに返信できない可能性がある場合は、それがいつまでか理由も含めて前もって伝えておけば、安心を与えるだけでなく信頼も得ることができるでしょう。

評価メッセージのポイント

評価コメントを書く際の大事なポイントについて解説しましょう。

理由を明確にする

評価コメントは、相手に向かって送る最後のメッセージになります。その内容によって、送られた側はとても満足することもあれば、不可解な思いとともに悶々としてあとを引くケースもあります。

とくにスッキリしないとすれば、「評価が良くなかった時の理由が、よくわからない」という場合がもっとも多いようです。

よって、「何がどう良くなかったのか、残念だったのか」を短くてよいのでわかりやすく伝えることが大切です。その内容は他のユーザーの目にも触れるので、取引の際の参考にもなるでしょう。もちろん高評価の場合も、その理由を添えると喜ばれるためおすすめです。

「良い評価」の例文

それではここから、評価コメントの例文を紹介しましょう。まず「良い評価」からです。

購入者の場合

購入者は、良い商品が望んだ価格で手に入ったこと、相手の態度や心遣いが終始素晴らしかったことなどを、感想としてお礼と共に述べるようにします。

例文:
「この度は、◯◯をお売りいただき誠にありがとうございました。大変丁寧な梱包で早々に送っていただき感激しております。家族で大切に使わせていただきます。感謝の気持ちを込めて高評価とさせていただきました。今後も機会がありましたら、ぜひよろしくお願い致します。」

「この度は、大変お世話になりありがとうございました。実はメルカリ初心者で少し不安でしたが、親切で丁寧にご対応くださったおかげで、最後まで気持ちよく取引できました。その点を踏まえ、高評価とさせていただきました。またのご縁がございましたら、どうぞよろしくお願い致します。」

出品者の場合

出品者は、購入はもちろん、入金や受取評価をしてもらったことへのお礼を正直に述べるとよいでしょう。

例文:
「この度は、◯◯をお買い上げいただきありがとうございました。早々のご入金と受取評価をしていただき、最後まで気持ちよく取引ができました。今後も機会がございましたら、よろしくお願い致します。」

「この度は、値下げをお断りしたにも関わらず、お買い上げいただき誠にありがとうございました。今後もお喜びいただける商品を出品してまいりますので、ぜひよろしくお願い致します。」

「悪い評価」の例文

続いて「悪い評価」をする際の例文です。

購入者の場合

なぜ満足できなかったのか、理由を端的に伝えます。クドクドと悪態をつくようなコメントにならないように注意してください。

例文:
「この度は大変お世話になりました。商品説明と異なり、汚れが思ったより酷かったことと梱包が雑だったのが残念でしたので、このような評価とさせていただきました。ご理解いただけますと幸いです。」

あるいは、ポジティブな雰囲気を前に出して伝えるのも良いでしょう。
「この度は、◯◯をお売りいただきありがとうございました。前々から欲しかったのでとても嬉しく思っています。ただ、もう少し早く返信いただけると良いと思いました。今後も機会がありましたら、よろしくお願い致します。」

出品者の場合

評価コメントを送るということは、商品を買ってもらい、その購入者が評価も行ってくれた証拠ですから、できるだけ気持ちよく終われるとよいでしょう。

例文:「この度はお買い上げいただき誠にありがとうございました。ただもう少し早くにお支払いいただけましたら安心できたと思います。次回も機会がございましたらよろしくお願い致します。」

【購入者】注意点1 評価をしない方が良い場合がある

実は購入者の場合、すぐに受取評価をしない方が良いケースがあります。

それは商品が破損していたり、説明と違うものが届いたりして、返品したい場合です。

一旦受取評価をしてしまうと、最終的に納得して購入したとみなされるため、評価は撤回できません。そのまま出品者が評価を終えると、入金が実行されてしまいます。

よって、もし返品を希望する場合は評価手続き自体をせずに、手を止めてください。

【購入者】注意点2 返品希望は出品者に確認を

返品を希望したり、どうしても納得がいかなかったりする場合は、まずその旨を出品者に取引メッセージで伝えてください。

その返事次第では、納得できることもあるかもしれません。もしそれでも難しければ、返品手続きに移ります。

ただし、出品者から無視されたり満足のいく返答がもらえなかったりしてそれ以上の手続きが進まない場合は、評価は行わずすみやかにメルカリ事務局に相談してください。

評価についての重要な知識

最後に評価全般にわたっての大切な予備知識を紹介しましょう。

評価が確認できるタイミング

自分の評価がアプリ内で確認できるのは、出品者が評価を行って入金が実行された後になります。

もし先に評価を行った購入者のコメントがすぐに分かってしまうと、その内容によっては出品者の評価が変わってしまう可能性があるからです。

例えば、購入者から低評価をもらったうえ、辛辣なコメントが寄せられたとします。するとそれに気分を害した出品者が、本当は高評価を送ろうとしていたにも関わらず、報復として低評価をつけることも考えられるでしょう。

公正な評価が行われるためにも、取引が完了しなければ互いに評価は確認できないようになっているのです。

評価メッセージは公開される

互いの評価は、アプリ内で他のユーザーにもすべて公開されることになっています。そのため、コメントのやり取りは常に見られていると思って冷静に行うのが、何より大切です。

もし相手から厳しい口調でコメントが送られてきた場合でも、感情的になって同じく愚痴や文句の一辺倒で応酬してしまう…ということのないように注意してください。

これからも何十、何百と取引を控えているとすると、たった一度のことで自身の評価を落とすのは、あまりに勿体無いといえるでしょう。常に礼節を重んじて、丁寧に、ブレずに対応してください。

評価メッセージは140字以内

評価メッセージは、「140字以内」と決まっています。よって繰り返しますが、「評価コメントは、端的にわかりやすく」を心掛けてください。

素敵なメッセージは真似しよう

何度か取引を繰り返していると、とても素敵なメッセージを送ってもらえることもあるでしょう。

その場合は、表現を記憶しておいて、機会があれば真似てみるのもおすすめです。すると高評価の好循環が起こるので、一層取引が楽しく心地良いものになっていくと期待できます。

評価メッセージは消せない

一旦評価をしてしまうと、修正や削除はできません。後悔して書き直したいと思ってもコメントは相手に送られてしまうので、評価はしっかりと確認のうえ、慎重に行ってください。

まとめ

評価は、いわば取引における成績表のようなものです。良ければ自信に繋がりますし、悪くても原因を認識して修正できるとよいでしょう。

記事内で紹介した例文や注意点を参考にして、ぜひ素敵なアカウントを育てていってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次