物販

Amazonの「値段指定」機能とは?価格を絞り込んで利益率の高い商品を探そう!

この記事を監修した吉田です。
2021年10月現在で成功者続出の秘密のノウハウを限定公開します。
今すぐ確認してください。

クリックして"1300万円稼いだ方法"を読んでみる。
吉田
吉田

世界で最も品揃えが豊富と言われるAmazon。

しかし、その圧倒的な品揃えのため、商品が探しにくかったり、検索機能が使いにくかったりして不便だと感じる方も多いことでしょう。

そんなときに便利なのが、Amazonの「値段指定」機能です。

値段指定機能によって値段を細かく設定することで、欲しい商品を予算内で検索したり、利益が出る商品を効率的に見つけたりできます。

そこで今回は、Amazonの価格指定機能を使って効率よく絞り込み検索を行う方法をご紹介します。

Amazonの標準的な値段指定機能

最初に、Amazonの標準的な値段指定機能の使い方について解説します。

パソコンとスマートフォンでは方法が異なるため、それぞれご紹介していきます。

パソコンでの値段指定機能の使い方

まずはパソコンでの値段指定機能の使い方から説明します。

1.トップ画面で商品のカテゴリを選択(または商品名を入力)して、検索ボタンを押します。

2.画面左端を下へスクロールすると「価格」の範囲表示が出てくるので、絞り込みたい価格帯にチェックを入れます。

3.すると、指定した価格帯の商品が画面に表示されます。

スマートフォンでの値段指定機能の使い方

次に、スマートフォンでの値段指定機能の使い方を解説します。

1.トップ画面で商品名を入れて検索ボタンを押します。

2.右上にある「絞り込み」の文字をタップします。

3.表示された画面をスクロールしていき、「価格&セール」という項目の希望する価格帯を選びます。

4.すると、指定した価格帯の商品が画面に表示されます。

一部ジャンルは非対応

Amazonの商品の中には、以下のようにカテゴリを選択しても価格指定が行えないジャンルがあります。

  • Kindleストア
  • プライムビデオ
  • Audible/オーディオブック
  • Amazonデバイス
  • Amazon定期おトク便

標準的な値段指定機能のデメリット

Amazonの標準的な値段指定機能は、「0-1,500円」「1,500-5,000円」「5,000-10,000円」「10.000-30,000円」「30,000円以上」といったように、かなり広い範囲で価格帯が設定されているのが特徴です。

しかし、これでは「1,000円以下」や「3,500円以上~4,999円以下」のような細かい値段設定ができません。

そこで、さらに細かく値段指定をする方法を次の項目でご紹介したいと思います。

Amazonでより細かく値段を指定する方法

この項目では、Amazonでより細かく値段を指定する方法をご紹介します。使いこなすと大変便利ですので、ぜひ参考にしてください。

「○○円以上」の商品の指定

まずは、「○○円以上の商品」の指定の仕方をご紹介します。

○○円以上の商品を指定するコマンドは以下の通りです。これを検索時に商品のURLの末尾に入力します。

&low-price=○○

たとえば、3,000円以上の商品を検索する場合は以下の手順になります。

  1. Amazonのトップ画面で検索したい商品のカテゴリを選択(またはテキストボックスに商品のキーワードを入力)
  2. 「検索」ボタンをクリック
  3. URLの末尾に「&low-price=3000」と入力

すると、3,000円を超える商品が画面に表示されます。

「○○円以下」の商品の指定

次に、○○円以下の商品の指定を紹介します。

○○円以下の商品を指定するコマンドは以下の通りです。これも検索時に商品のURLの末尾に入力すればOKです。

&high-price=○○

3,000円以下の商品を検索する方法は以下の手順になります。

  1. Amazonのトップ画面で検索したい商品のカテゴリを選択(またはテキストボックスに商品のキーワードを入力)
  2. 「検索」ボタンをクリック
  3. URLの末尾に「&high-price=3000」と入力

すると、3,000円以下の商品に絞り込んで検索が行われ、画面に表示されます。

「○○円~○○円」の商品の指定

○○円~○○円の商品を指定したいときは、先ほど説明した○○円以上/○○円以下のように、商品のURLの末尾に指定コマンドを入力します。

指定コマンドは、以下の通りです。

&price=○○-○○

ただし、価格の単位表記が少し異なります。

たとえば、1円であれば「1.00円」、100円であれば「100.00円」、1,000円であれば「1000.00円」となります。つまり、0が2つ増えるということです。

仮に1円~1,000円までの商品を指定する場合は、以下のように入力してください。

&price=100-100000

1円~1,000円までの値段指定の方法は以下の通りです。

  1. Amazonのトップ画面で検索したい商品のカテゴリを選択(またはテキストボックスに商品のキーワードを入力)
  2. 「検索」ボタンをクリック
  3. URLの末尾に「&price=100-100000」と入力

これで1円から1,000円までの商品を絞り込んで検索できます。

また、さらに細かい値段指定をしたい場合は、

URLの末尾に以下のコマンドを入力し、●●●の部分に価格の下限額と上限額を指定します。ただし、この場合は価格の単位は通常通りです。

&low-price=●●●&high-price=●●●

仮に999円~1,299円の商品を指定する場合は、以下のコマンドをURLの末尾につければ、その範囲の価格の商品が表示されます。

&low-price=999&high-price=1299

ただし、商品によっては指定範囲以外の金額の商品が表示される場合もありますので注意してください。とは言え、おおむね範囲内の商品に絞り込めるため、うまく利用すればかなり便利になることでしょう。

さらに便利な指定コマンド

Amazonの値段指定機能には、以下のようなさらに便利な指定コマンドもあります。それぞれのコマンドについて詳しく解説していきます。

  • 割引率の指定コマンド
  • 在庫の指定コマンド
  • プレミア商品の指定コマンド
  • 本/書籍の指定コマンド

割引率/在庫指定コマンド

割引率と在庫についての指定コマンドは、下記のとおりです。

割引率の指定コマンド

できるだけ商品を安く購入したい場合は、割引率の指定コマンドを利用しましょう。

たとえば、50%割引の商品を検索する場合は、以下の指定コマンドを商品のURLの末尾に入力すればOKです。

&pct-off=50-

また、50~80%割引の商品を探したい場合は、以下のように入力すれば50%~80%Offの商品を表示できます。

&pct-off=50-80

在庫の指定コマンド

URLの末尾に以下のコマンドを入力すると、在庫切れの商品が表示されます。

&sort=-salesrank

過去に出品されていた商品について調べたい場合に役立つので使ってみましょう。

プレミア商品の指定コマンド

仕入れの際に、定価以上の価格に設定されているプレミア商品を探すときに役立つコマンドです。

商品のURLの末尾に以下のコマンドを入力すると、プレミア商品が表示されます。

&pct-off=-0

品薄な商品を手に入れたいときにおすすめです。

本・書籍の指定コマンド

値段指定以外にも、便利な指定コマンドがあります。たとえば、本や書籍を検索したい場合は、「ISBNコード」と呼ばれる国際標準図書番号を利用するのがおすすめです。

本や書籍に記載されている10桁(または13桁)のコードを検索窓に入力すれば、検索したい商品が表示されます。

Amazonの価格指定機能の注意点

Amazonの価格指定機能を使用する際は、いくつか注意点があります。この項目ではその注意点について詳しく解説します。

スポンサープロダクトは通常表示される

Amazonには、「スポンサープロダクト広告」という広告機能があり、商品検索結果ページや商品詳細ページ、検索結果内などに表示されます。


このスポンサープロダクト広告は、値段指定機能を使用して絞り込み検索をした場合も通常通り表示されるため注意が必要です。

複数の価格が設定されている場合はうまく反映されないことも

商品の中には、サイズやカラーによって複数の価格が設定されていることがあります。

このような複数の価格が設定されている商品の場合、値段指定しても設定した価格に収まらず、効率的に商品を検索できないことがあります。

以上のように、たとえ指定コマンドを使ってもうまく反映されない商品があることは把握しておきましょう。

Amazonの値段指定機能を使うタイミングは?

この項目では、Amazonの値段指定機能を使いこなすためのタイミングについてご紹介します。おすすめのタイミングは以下の二つです。

  1. 商品を予算内で収めたいとき
  2. 利益率の高い商品を探すとき

商品を予算内で収めたいとき

商品を探す際に、予算を決めて検索する方も多いと思います。値段指定機能は、ピンポイントで価格を指定することができるので、商品を予算内で収めたいときにも大いに役立ちます。

商品のURLの末尾に範囲指定コマンドの「&price=○○-○○」、または「&low-price=●●●&high-price=●●●」を入力すれば、予算範囲内の商品を検索することが可能です。 金額を細かく設定して商品を探したいときにおすすめです。

利益率の高い商品を探すとき

Amazonは世界最大級のオンラインマーケットなので、転売ビジネスの仕入れ先として利用している方も多いでしょう。しかし、その億単位と言われる商品の中から利益率の高い商品を瞬時に見つけ出すのは至難の業です。

しかし、値段指定コマンドを上手に利用することで、利益が見込める商品を効率よく絞り込むこともできます。

まず、○○円以上の商品を検索するコマンド、「&low-price=○○」を使って、売値が高い商品を絞り出してみましょう。

また、プレミア価格コマンドである「&pct-off=-0」を入力し、定価以上の商品を探し出すのも効果的な方法です。

以上のようなコマンドを使って商品を絞り込むことで、転売時に売上が大きくなりそうな商品を探す大きなヒントになります。

Amazonの値段指定コマンドを使って効率的に商品を検索しよう

今回は、Amazonの値段指定機能について詳しく解説しました。

Amazonには標準的な値段指定機能がありますが、これだけでは商品をある程度絞り込むことはできても、細かく指定するのが難しいというデメリットがあります。

そこで、おすすめなのがコマンドを使った値段指定です。

指定コマンドを使うと、「○○円以上」「○○円以下」「○○円以上~○○円以下」といったように具体的に金額の指定ができるほかにも、割引率指定や在庫指定、プレミア商品指定なども可能になるため、より細かく商品を絞り込むことができるようになります。

これにより、予算内で欲しい商品を探したり、利益率の高い商品を仕入れたりできるほか、低価格で高品質な商品を絞り込める可能性も高くなるのです。

転売ビジネスに従事している方は、ぜひこのAmazonの値段指定機能を積極的に活用して、効率的な商品検索に役立ててください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • ○○○で仕入れた商品を1週間で1300万円販売したノウハウ
  • 2021年、海外で成功者続出中の最新事例
  • セレクトショップの商品を7割引で見つけるヒミツの方法
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 114円で仕入れて10倍の値段で販売した実例

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!